長い散歩

【監督】奥田瑛二
【出演】緒形拳/高岡早紀/杉浦花菜/松田翔太/大橋智和/原田貴和子/津川雅彦
【公開日】2006/12.16
【製作】日本

【ストーリー】
安田松太郎は高校の校長を定年退職した厳格な教育者。しかし幸せな家庭は築けず、アルコール依存症だった妻を亡くし、一人娘からは憎しみをかっていた。人生に悔恨を背負った松太郎は、引っ越したアパートの隣室に母親と二人で暮らしている幸という5歳の少女と出会う。ボール紙で作った擦り切れた天使の羽をいつも背中に付けた幸は、母親に虐待され心を開けなくなっていた。そして松太郎はある日、幸を救い出して一緒に旅に出る・・・


【コメント】
モントリオールの映画祭で3冠受賞と言う偉大な功績を成した奥田瑛二監督の最新作。(自分は初見)
心に自責の念を持つ初老の男性・松太郎が、親の虐待によって心を閉ざした幼女・幸との出会いによって、贖罪の旅を決意すると言うロードムービーとして描かれています。・・・ってロードムービーで括っていいんだろうか・・?(^▽^;)(汗

予告編観た時にも思ってましたけど、やはり中々に重い雰囲気を漂わせる作品です。松太郎の人生の再生と並行して、深刻な社会問題の1つともなっている幼児虐待も痛切に描いていますし、UAverの『傘がない』も、色々な意味で『重さ』の相乗効果を加えている気がする(汗
でも時折音楽がコミカル調になったり、松太郎が『そうじゃない、そうじゃない』と困りながらも、幸を追いかけてスタミナ切れになってしまうシーンなどに、ちょっとだけ可笑し味を感じてしまう所もあります。
また、松太郎と幸が旅をしてる最中に色々と見られる山や川、空といった何気ない風景も印象深く見せていたと思う。季節は秋だったのか、色づいた紅葉が映えておりました。

松太郎を演じた緒形拳の静かなる演技もベテランの風格が漂っていて、多くを語らずともやっぱり存在感ありますねぇ。幸とも最初は不器用なコミュニケーションしか取れなかったけど、旅の途中2人で色々な経験をして行きながら、徐々に打ち解け合っていく姿が微笑ましい。後半で幸と一緒に寝て男泣きするシーンに自分も貰い泣きしてしまいましたヨヨヨ・・
そして天才子役と言う肩書きもあながち間違ってはいない、幸役の杉浦花菜。しかしながら幸の母親の真由美から虐待を受けるシーン等で、彼女が上げる叫び声は観ていてとても辛い・・
虐待を受け続けたため誰にも心を開かず、旅先でも松太郎を何度か困らせてしまう幸の行動は、子供の持つ無邪気な悪戯心の類じゃないので悲痛な思いにも駆られてしまいましたが、そう言う難しい演技を幼いながらも良く表現していたと思いましたので、拳さん同様素晴らしい演じっぷりでした。でもスーパーで果物潰しするのはいただけないなぁ~自分、イチゴはパイナップルの次に好きなのに・・・・どうでもいい事ですけどw

天才子役とベテラン俳優、そして脇を固めていた駄目母の高岡早紀、意味深青年の松田翔太、チョイワル刑事の奥田監督の好演(?)もあって、結構胸を打たれる作品でもあったんですが、最後の結末は妙ぉ~に『しこり』のようなものが残る終わり方だったんですよね~。
幸のその後も気になるし、また再び真由美の元へ?・・・なんて思うと凄く心配です。なんせ子供の接し方を問い詰められて『親がした事と同じようにやってるだけ』なんて最悪な答え方をしただけに、悪い方向ばかり考えてしまいます・・・(--;)

『長い散歩』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを
監督:奥田瑛二 CAST:緒方拳、杉浦花菜、高岡早紀 他モントリオール国際映画祭グランプリ受賞STORY:元教師の安田松太郎(緒方拳)は妻を亡くし娘からも見放され、安アパートに1人で暮らし始める。松太郎の隣室には水商売風の女とその子供が住んでいたが、幼い子供
人生の悔いを背負った男、松太郎天使の羽根を背負った 傷ついた少女男は少女を救い出し、一緒に旅に出たしかし、社会はそれを誘拐と呼んだ人生は長い散歩。愛がなければ歩けない。
『ミリオンダラー・ベイビー』で、イーストウッドが娘に出し続けてた手紙、『弓』の爺さんと少女の語られなかった出会いの部分を補完してるような映画やった。望月六郎のアウトローなところと、熊井啓の社会派目線が、いい頃合いで融合してて、なるほど優等生的な映画で、日
評価:65点
  京都シネマにて、土曜日より上映が始まった。夕方鑑賞昼間の上映時間に監督の奥田瑛二さんと主演の緒方拳さんの舞台挨拶があって・・・・満席状態で立ち見だったようだ。入れ替え制なのだが、挨拶のため、夕方の上映時間はずれ込んでいた。ようやくは入れることに・・・
{/kaeru_en4/}この橋は、通称、"かもめ橋"。人だけが通る人道橋だ。{/hiyo_en2/}こちら側の人はこの橋を通ってあちら側のダイエーまで買い物に行くんでしょうね。{/kaeru_en4/}毎日、長い散歩をしているわけだ。{/hiyo_en2/}映画の緒形拳と幼い女の子のように?{/
人生は長い散歩愛がなければ歩けない。 ■監督・原案 奥田瑛二■脚本 桃山さくら、山室有紀子 ■キャスト 緒形 拳、杉浦花菜、高岡早紀、松田翔太、原田貴和子、木内みどり、津川雅彦、奥田瑛二   □オフィシャルサイト  『長い散歩』 主人公の安田松太郎(緒
主人公は安田松太郎。一瞬でもサッカーを思い浮かべると、松木安太郎の名と混同してしまう・・・
監督・企画・原案:奥田瑛二脚本:桃山さくら、山室有紀子出演:緒形拳、杉浦花菜、高岡早紀、松田翔太、原田貴和子、奥田瑛二定年まで高校の校長を務めた松太郎は、妻をアルコール依存症で亡くし、ひとり娘とも絶縁状態。家庭を顧みなかった過去の自分を後悔しながら、安..
 映画(DVD)「長い散歩」(奥田瑛二:監督) 長い散歩 プレミアム・エディションジェネオン エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 奥田監督の監督3作目で、 2006年モントリオール世界映画祭で グランプリほか3冠を受賞した作品。 妻亡き後、アパート暮らし
■動機 「な行」強化月間 ■感想 奥田瑛二という人は映画監督もできるのか・・・ ■満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ■あらすじ 名古屋の高校の校長職を定年退職した安田松太郎(緒形拳)は、妻の葬式を済ませた後、これまでの人生を清算するかのように質素なア?...

コメントの投稿

非公開コメント

デコポンが好き!

果物つぶしのシーンは、ボケ老人がやるのを映画やドラマで、よく見てましたが、実際よくみかけます。
子供は、果物より、魚・肉コーナーでやってんの見かけます。
2歳児くらいは、目を離すとすぐ触ってつぶそうとしたりするんで、スーパーに連れて行くとずっとついて行かないといけませんねん。
買う時は、パックに穴開けられてないか、よく見てくださいね~。

しかし、この映画見た人って結構少ないですね。

目を光らせないとですね

>aq99さんこんばんわ♪

aq99さんも幸に近い(?)お子さん持ちとしては、スーパーで買い物する時もお子さんがいたずらしないように目を光らせていないといけないから、気が気でないですね(汗
魚とかナマモノ潰されると果物よりもタチ悪いです・・

この映画って思い切り単館系ですから、観てる人あまり多くないですねホント・・そのまんまDVDになってしまいます・・(汗

怪演ですか~~!

メビウスさん
TB・コメントどうもですv-237
なるほど怪演かも・・・・。普通に、自然に、子どもを
演じているんですよね。虐待されてるんだという気持ち
なるのでしょうかね?緒方拳もびっくり!!でしょう。
この日、緒方拳のお姿も拝見しました。あの方も
怪奇な感じでしたv-12

正に鬼気迫る

>mezzotintさんこんばんわ♪

mezzotintさんは舞台挨拶付きの鑑賞だったんですよね。羨ましいです。自分も今年は何回舞台挨拶を拝める事やら・・
杉浦花菜ちゃんは演技を見て凄いと思ったのは、やっぱり虐待されると言う難しい役所を鬼気迫る感じで演じていた事でしょうね。幼いながらもあの演技力は怪演と呼ぶに相応しくないでしょうか♪

焼きそば

食べ物がらみではファミレスでのシーンが凄いな~と思いましたヨ。
熱いままだったら、緒形拳も大怪我してるところ?
このシーンがあったから焼きそばもやられるだろうな~と思っていたら、やっぱり・・・でした。学習能力が足りなさすぎでした(笑)

NG厳禁

>kossyさんこんばんわ♪

ハンバーグ定食って凄いジュージュー音鳴っていたので、相当熱かったと思うし、加えて祭りの時に花菜ちゃんが焼きそばブワッと巻き散らかす所も髪に掛かって汚くなっちゃいますし、食べ物のシーンでのNGは許されなかったでしょうね~(^^;)

 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。

 後半はほとんど泣きながら観てました。
 松太郎とサチのその後が、幸せなものであってほしいと心から祈りたいです。。

幸せな結末を・・

>miyukichiさんこんにちは♪

自分も後半は結構涙腺脆くなりましたね。特に松太郎と幸が2人一緒に寝るシーンにジーンと来ちゃいました・・(涙
続編とかは期待できませんけど、松太郎と幸のその後は見た人それぞれの想像に任せると言った感じでしょうか?自分も2人には幸せな日常を送って欲しいとかまた再会して欲しいとか考えてしまいますね。

PAGETOP