アビエイター

【監督】マーティン・スコセッシ
【出演】レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ブランシェット/ケイト・ベッキンセール/ジョン・C・ライリー/ジュード・ロウ/アレック・ボールドウィン
【製作】2004年/アメリカ

【ストーリー】
1930~40年代、第1次黄金時代を迎えたハリウッドにアメリカ中がその言動に注目し、熱狂した1人の男がいた。
その名はハワード・ヒューズ(レオナルド・ディカプリオ)。
20歳を過ぎたばかりのハワードはハリウッドへ飛び込み、父が遺した莫大な財産を注ぎ込んで、航空アクション映画『地獄の天使』を製作する。映画は空前の大ヒットとなり、ハワードは一夜にしてハリウッドセレブリティの仲間入りを果たす。
やがてハワードは有名女優キャサリン・ヘップバーン(ケイト・ブランシェット)と恋に落ち、愛を深めていく。
そしてハワードはもう一つの夢である、世界最速の飛行機を創る為に航空会社を設立、次々とスピード記録を更新し、世界中の注目を浴びるようになる。しかし、夢にのめり込みすぎた時、彼の中で何かが狂い始めた・・

【コメント】
『レイ』とか『モンスター』でもそうなのですが、こういった偉人、奇人を扱ったトゥルーストーリームービーって、実際に起こった出来事な為か映画を観てても非現実的な感じを受けず、個人的に真実を元にした映画って好きなんですよね~♪
ハワード・ヒューズと言う人物は初めて知った名前なのですが、映画を観る限りじゃ、こりゃまたひどく破天荒な人生を送った人なんですね~('∇';)

ストーリー的にはかなり複雑で、アメリカの航空関連の用語や1930年代の時代背景も重なってか、デカピー(ディカプリを自分はこう呼んでます)が出演しているとはいえ、あまり若者受けはしないんじゃないでしょうか?
それに3時間近い上映時間な為に、『飽き』が来る人も少なからず出るとは思います。
ただそれらを除けば、今回のデカピーの演技は正に迫真というか鬼気迫ると言うか、今まで見たデカピー出演の映画の中では個人的に1番イイ映画です♪
アカデミー賞ではジェイミー・フォックスに取られちゃいましたけど、でも『レイ』と比較してみるとこれは本当に接戦だったのではないかとも思えてしまいます。

それに航空マニアや飛行機好きな方にとっては、このハワード・ヒューズと言う頭のてっぺんから爪の先まで飛行機の事しか考えていない彼の気持ちに共感出来るのではないでしょうか?


う~~ん・・・でもデカピーの写真は正直あまりいらない・・(-_-;)

『アビエイター』公式サイト


映画と飛行機に情熱を傾けた伝説の実業家、はたまた晩年は奇行で知られたハワード・ヒューズの半生を描いた大作です。監督マーチン・スコセッシ、主演はレオナルド・デカブリオ。「ギャング・オブ・ニューヨーク」のコンビです。古い映画ファンなら、ヒューズの名を知らな..
「ハワード・ヒューズの伝記」なんですけどね。…ハワード・ヒューズって誰?こんな人だったのね。一言。168分は長い。伝記映画だから、ヒューズのことを丁寧に描こうとしているスコセッシ監督の意図は伝わってくるのだけど、ヒューズの何についてを描こうとしていたのか
ケイト・ベッキンセイル Kate Beckinsale ケイト・ベッキンセイル Kate Beckinsale  生年 ■ 1973/07/26 出身地 ■ イギリス/ロンドン 両親はともにTVドラマを中心に活躍する俳優
 コチラの「アビエイター」は、「ギャング・オブ・ニューヨーク」、「ディパーテッド」、そして現在公開中の「シャッターアイランド」と、実に4作もコンビを組んでいるマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオ主演のバイオグラフィー映画です。  実在した...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

この作品、映画館でみました、凄かったディカプリオあまり好きじゃなかったんだけど、見直しました。
ハワード・ヒューズの逆境から一発逆転の人生、最高です。

坊や

>hiroさんこんばんわ♪

デカピー出演の映画を多く観てないというのもあって、あまりデカピーを好きにはなれなかったんですが、この映画は自分が観たデカピー映画の中では最高かも♪(暫定)
でもケイト・ブランシェットと2ショットになると、デカピーが坊やな印象を受けるのです。髭をあまり似合ってなかったので・・(汗

にゃはは

デカピーですか?w
でも、これは良かったですよね!
あたしもこうゆうのは好きかも。
全然知らなかったけど、すごく興味深く観れましたね。

ドラマチック♪

>miyuさんおはようございます♪

いつの世にもこのハワード・ヒューズのような夢一直線の人物っていますよねぇ^^時折痛いシーン(牛乳瓶をトイレ代わりにしたり・・)もありましたけど、ハイリスクハイリターンともいうべき彼のビジネス手腕や女優たちとのロマンスなどはかなりドラマチック見応えあったと思います。

PAGETOP