愛の流刑地

【監督】鶴橋康夫
【出演】豊川悦司/寺島しのぶ/長谷川京子/仲村トオル/佐藤浩市/陣内孝則/高島礼子/富司純子/津川正彦/他
【公開日】2007/1.13
【製作】日本

【ストーリー】
ある朝、作家・村尾菊治が人妻・入江冬香を絞殺し逮捕された。担当検事の織部美雪は『愛しているから彼女を殺した』と言う彼の言葉に困惑しながらも、なぜ彼女を殺したのか探っていく。
前年の秋、菊治は自分のファンだと言う冬香と出会い、度々密会を重ねながら情事に溺れていく。そして彼は『本当に愛しているのなら、私を殺して』と言う冬香の求めに応じたのだった・・


【コメント】
そいえば渡辺淳一原作の『失楽園』が公開されていた当時は自分もまだガキでしたから観る事叶わなかった事を思い出しますね~(^▽^;)その後レンタルで役所広司と黒木瞳の絡みを観て『ここまでやっちゃっていいの?!』と純粋な驚愕と興奮を覚えたものです(;´▽`)

そしてこの『愛の流刑地』も同様、渡辺淳一原作の映画化。不倫に落ちる作家の村尾菊治と人妻である入江冬香の深い愛を描いており、その愛の表現である濃厚なベッド・シーンを豊川悦司と寺島しのぶが見事に熱演しています。

本作の内容の半分がそのベッド・シーンというだけあり、トヨエツと寺島の激しい絡みは『失楽園』以上に官能的なものがある。お互いに夫・子供がいる身なれど、出会う度に愛が深まり求め合う過激な描写や、寺島しのぶ演じる冬香が性に対してどんどん貪欲になっていく様には自分もかなり興奮してしまいました。・・でも寺島はガーターとか付ければもっとエロスだったと思うんですけどね~?1回も出て来なかったのが残念(;´▽`)´ヽァ´ヽァ

また後半の裁判シーンも、ベッド・シーンと同じ位本格的なものがあり、見所ですね。
冬香に『愛しているなら殺して』と言われ、そして村尾もまた冬香を愛するが故に殺したと言う動機が裁判でどのような判決になるかも注目でしたが、正直自分はそんな村尾と冬香の心情を、観ていてもイマイチ理解出来なかったものがあります。
2人のように燃えるような恋をした事も無ければ、その愛の果てに行き着いた先=死みたいな究極な状況に至った事も無いわけですし・・・・だからああいう愛の形もあるんだなって事で無理矢理納得してしまった感じです(--;)この辺りはもしかしたら結婚したり子供も居たりと、2人の生活環境に近しい人が一番共感出来るのかもしれませんね。

あと出来れば村尾と冬香両方の家族を深く描いて欲しかったのもありますね。2人の家庭環境、特に冬香の家庭をもう少し掘り下げてくれればストーリーはより良く濃いものになっていたのではないでしょうか?でも裁判シーンでの仲村トオルの憤りや、最後で重要な役所を演じた富司純子の演技は素晴らしい♪中でも富司純子は、『待合室』(未見)でも寺島しのぶと母子共演を果たしてるだけに、本作でも必見なシーンです☆

重い映画ではありますけど、個人的には『失楽園』のようにドロロォ~ン・・とした結末には見えませんでしたので、結構オススメ出来る作品っすね♪

『愛の流刑地』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(233) 愛の流刑地-渡辺淳一のファンの方には申し訳ないが、これは...(絶句)「こういう小説を書くことが書いた本人にとってどんな救いになったのだろうか」なるべく選んで読んだつもり...
「愛の流刑地」(R-15指定)は渡辺淳一原作の恋愛小説で2004年11月から2006年1月まで日本経済新聞で掲載されて愛ルケブームを起こした作品を映画化したものである。「愛しているから殺した」という恋愛究極のテーマに賛否両論もあり、愛するからこそどうする
哀歌(エレジー) 平井堅と映画「愛の流刑地」 平井堅の哀歌(エレジー)は、映画「愛の流刑地」主題歌で、2006年6月発売の『バイマイメロディー』以来となるニューシングルで2007年の第一弾シングル。映画の主題歌を手がけるのは『瞳をとじて』以来。原作と脚本を読み、インス
私は選ばれた殺人者なのです・・・もう、だれにもさわらせない
いいか、よく聞け。過失致死と嘱託殺人の弁明によって、被告人は一気呵成に沈んでいくんだ!
評価の分かれる映画でしょうか。失楽園を越えるのは難しいかも知れませんが、富司母娘の演技が二人の親子の縮図のように濃縮されていて、それだけでも見ごたえは十分です。狙っているとはいえ、見事なまでに花開いているといった感じです。
現実と回想が入り混じる中、ふたりの愛の真実を知った時、深い感動を覚えます。 実母である富司純子との共演も見所です。
ベストセラー作家渡辺淳一の原作をテレビ演出歴40年の以上のキャリアをもつ鶴橋康夫監督が手がけた「愛の流刑地」主演は4度目の共演となる豊川悦司と寺島しのぶ。作家(男)と主婦(女)の二人だけにしかわからない”純愛”を時に官能的に、時に感動的に描いている。果た
現代を生きる、すべての大人の女性に捧げる、“究極の純愛”ストーリー~中年の作家と、愛を知らない人妻が心と体を互いに深く求め合い、究極の愛情を構築する大人のラブストーリー。男と女の深遠な愛を描いた渡辺淳一の同名恋愛小説を、TV界で活躍してきた鶴橋康夫監督...
愛の流刑地を見て来た。なんかね…。めっちゃ泣きました。映画の宣伝見てると、ラブシーンの過激さを売りにしてるけど全然違うと思った。そんな部分が、一番の売りとして出てる映画じゃないよ。。とっても、切ない映画でした。映画観てる間、とにかく泣いてた…。菊治のセリ
冬香と菊治、オープニングでいきなり一糸まとわずのくんずほぐれつ、夫婦仲は既に壊れているとはいえ、お互いに子供もいる身なのに愛欲の炎に身を焦がす 男は村岡菊治(豊川悦司)、ベストセラー作家ながらもう何年も新作に手がつかない、女は入江冬香(寺島しのぶ)、菊治の
殺してください。女は言った。今、この幸せの絶頂で死にたい。そして、男は、女の首に手を掛ける。「失楽園」が社会現象にまでなった、渡辺淳一原作の文学的映画。。。らしい。私は、「失楽園」はテレビで見ました。ドラマも見ました。全く理解できなかったです。結局、ヤ..
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 命を尽くしてあなたとイキます 
『愛の流刑地』情報!連載中から話題の渡辺文学、早くも映画化!『愛しているなら、私を殺して』?究極の愛の果てに男と女が選んだ道とは… ★review★ 本作は、渡辺淳一の同名ベストセラー小説の映画化映像化したのはTVドラマの演出家で映画初監督となる"鶴橋康夫&quot
先週の土曜日、ついに愛の流刑地が封切りとなりました。なんか、感慨深いものがあるんだよね、これには。というのも、去年の5月、まだブログを書き始めた頃に取り上げたのがこのネタ。実際に映画館に足を運んだ方々の感想を読み回っているんだけど今日はちょっとこの映画..
最後は何故か・・ウルッときてしまいました。。。前評判ではかなりハードだと聞いてはいたが・・・何人もの主演女優候補がオファーを断りやっと決まった寺島しのぶ、当初決まっていた役所広司もなかなか相手役が決まらず業を煮やし降板、そして決まった豊川悦司、...
もう、だれにもさわらせない。
 ワーナーマイカルシネマズ板橋10番スクリーンにてSRD鑑賞。  自分の立場をはっきり書いておけば、渡辺淳一は必要であると思っている。彼にはどんどん書いていただ...
2007年/日本 監督/鶴橋康夫<TOHOシネマズ二条にて鑑賞>「この男はずるい。よって懲役8年」<物語について>「殺して」と訴えるほど女を追い詰めたのは、男。そこんとこ菊治はちゃんとわかっているのか。そこまで愛した女なら、なぜ共に苦悩してやらない。菊治には捨て
http://www.airuke-movie.com/index.htmlあなたは死ぬほど人を愛したこと有りますか?この映画の名台詞かもしれませんがそういう経験が無いのでorz(?)検事役の長谷川さんかなり怖いかも。ゆれる以降、裁判ネタの映画が
もう、だれにもさわらせない
DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆公開日:2007年1月13日配給:東宝監督:鶴橋康夫出演:豊川悦司,寺島しのぶ,長谷川京子鑑賞日:2006年1月13日MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】ある朝、情事の果てに女性を絞殺した村尾菊治が逮捕され...
中年作家と人妻の恋愛を描いた作品です。
公式サイトはこちら。見ちゃいました~(o・∀・o)ポッでもでも~トヨエツがいいんですぅ~寺島しのぶがいいんですぅ~トヨエツ演じるかつてベストセラー作家が恋をしていく様子、作品中にも登場しましたが、まさに「少年のように」ときめいている。45....
【日劇PLEX@有楽町】ある日、情事の果てに相手の女性を絞殺したとして一人の男が逮捕される。男は元ベストセラー作家の村尾菊治(豊川悦司)。被害者は夫も子どももいる女性、入江冬香(寺島しのぶ)。菊治は、冬香が殺してほしいと望んだからだと主張する。一方、事件を担
愛の流刑地公開中ストーリー ☆☆映画の作り方☆☆☆☆総合評価  ☆☆完成度   
もう、だれにもさわらせない  ■監督・脚本 鶴橋康夫■原作 渡辺淳一(「愛の流刑地」幻冬舎刊)■キャスト  豊川悦司、寺島しのぶ、富司純子、長谷川京子、陣内孝則、仲村トオル、佐藤浩市、佐々木蔵之介、貫地谷しほり、余貴美子、高島礼子、津川雅彦、浅田
今週の平日二本立て鑑賞の1本目。日経新聞で連載されてた・・っていう官能?法廷サスペンスなの??。経済新聞には縁もなく、小説も読まないので、もっぱら劇場の予告編から推察。
近所の映画館で、映画『愛の流刑地』をみてきました。この作品は、昨年1月末まで日本経済新聞に連載されていたものでして、私も毎日欠かさず読んでおりました。そんなわけで、上映開始前から気になっていたこの作品の鑑賞がやっとかなったワケです。私は映画に関して「原作
もう、だれにもさわらせない昨年「やわらかい生活」で共演した豊川悦司と寺島しのぶが再びコンビを組んだ、『愛の流刑地』を観てきました。日本経済新聞で連載された、渡辺淳一の小説だそうで、読者は経営者、サラリーマン、そしてOLの間で「朝の話題は愛ルケから」というく
彼と映画「愛の流刑地」を観にいこうか迷ってます。彼の反応が楽しみ(笑)他の映画も気になりますがね。
原作:渡辺淳一 CAST:豊川悦司、寺島しのぶ 他STORY:小説家の村尾菊治(豊川悦司)は人妻の入江冬香と愛人関係にあった。ある朝村尾は、情事の果てに冬香の首に手を掛け殺してしまう・・・元々見る気は無かったんだけど、友人がえらく涙したった事で一応見てきまし
1月25日(木)今日の日記は映画だけです。長くなるので。午後6時40分過ぎに有楽町のマリオンの9階にある劇場に入る。前から12列目の右通路側の席に座る。パッと見だが、客入りは6割くらいか。前の方は空いているが、真ん中から後ろにかけてはそこそこ埋まっている。客層の大
「愛の流刑地」 2007年 日★★★★★渡辺淳一の本は、苦手な私(元々全然読まないけど^^)何冊か読んだ感想ですが、どうも「愛至上主義者」ばかりの物語が多い気がして恋愛物に興味がなかった私は敬遠していたのでした。しかし、映画もこの歳にな...
 『もう、だれにもさわらせない』 コチラの「愛の流刑地」は、「失楽園」の渡辺淳一の原作が日本経済新聞で連載され「愛ルケ」現象を巻き起こした来年1/13公開になる映画化なのですが、試写会で観てきちゃいましたぁ~♪ 今回の試写会は、公開を1ヶ月後に控えたちょ...

コメントの投稿

非公開コメント

jamsession123goにはちょっと

初日初回で観てきましたが、jamsession123goには、ちょっと、×な映画にしか思えませんでしたね。
妻も一緒に観たのですが、彼女も×って言ってました。
でも、メビウスさんは評価されてるようだし。
ブログでレビューを書いている人がまだあまり見あたらないのですが、ひょっとしたら、jamsession123goの評価と世間の評価が大きくずれてしまってる可能性もありますね。(^_^;)

また賛否激しそうな作品で・・

>jamsession123goさんこんばんわ♪

う~ん・・自分も渡辺淳一原作の映画だと、本作と『失楽園』を入れて2本しか観てないですし、不倫をテーマにしたちょっと重い映画でもあるのでやっぱり好みが分かれる映画なんじゃないでしょうか?村尾と冬香の取った行動に共感出来るか否かによってもこれまた分かれそう。
でも『不倫は文化だっ』って言ってる某有名人は好きそうな映画ですねコレw

泣いた

俺は泣けませんでしたけど、周りには結構泣いてる人がいました!
ベッドシーンで一番過激だったのは『化身』だったかなぁ・・・

映画館でこの映画を見る奥様が多かったですよ

同じ映画を見ても 観客がその映画を
どのように解釈して見るかによって賛否が出てきますので
いろんな意見があってもいいかなと思います。
(これはきのう私が大奥を見てきた見方が他の人と違うけれど
それでいいやという伏線でもあります)
ところで、本を読んでいないのでわかっていないのですが
愛の究極の形が死なのに、なぜトヨエツのほうが生き残っているの?
という疑問があります。これは見ればわかるのかしらん?

化身あるかな?

>kossyさんこんばんわ♪

自分が観た劇場でも鼻すすり多かったですよー。特にトヨエツが寺島ママに土下座する所がっw
『化身』も確か渡辺淳一作品の1つですよね。あんまり古いから未見ですねー。ウチのボロレンタルには絶対置いてないと思う・・(汗

>香菜さんこんばんわ♪

良く観る側の判断に任せる映画ってありますけど、愛ルケもそんな感じなんでしょうかね~?冬香の行動は個人的に『逃げ』とも取れてしまうので、この作品も色々な意見が飛び交いそうです。
それとトヨエツがなぜ生き残るかと言うと・・・・『選ばれた殺人者』だからです(^▽^;)(ぇ
これ以上バラシちゃうとちょっと面白くなくなっちゃうので・・(汗

こんばんわ。

やたら濡れ場のことばかり話題になっている作品だったので、
ぶっちゃけそこに期待して観に行ったら、意外といろいろ考えさせられ
てしまった睦月です(苦笑)。

メビウスさんもおっしゃるとおり、この作品は、2人の主人公と境遇が
近い人ほど移入できるものだと思いました。

ちなみに、富司さんと寺島さんが親子だったことをつい最近知って
なんとなくショックだった睦月です・・・・(苦笑)

気になった1人

>睦月さんこんばんわ♪

ぶっちゃけ自分も濡れ場が気になって観に行った1人です(^▽^;)(汗
でも『失楽園』以上に愛情模様の複雑さが伺えた作品のようにも思えましたね。死ぬほどの恋をした事が無いので、共感するまでには至りませんでしたけど・・
富司純子って本当は寺島純子なんですよねー。実は自分も去年知りましたwフラガール辺りで(´▽`;)

理解は出来ないが・・・

あんな‘愛のカタチ’もあるんだと、伝わるものはありましたよ。
決して肯定はしない、自分もああはなりたくない、
遺されたものは不憫ですし。
この映画、‘伝わるものがあるかどうか’で評価が分かれるんでしょうね。

残された者の気持ち

>未来さんこんばんわ♪

残された冬香の家族の事を考えると、やはり彼女の取った行動は自分勝手という風にもとらえる事ができます。
ダンナはともかく子供は愛していたと思うし、残された子供達のその後の悲しみも汲み取った上であんな行動を取ったのでしょうかね?
『死』と言う結論に至った冬香の気持ちがやはり理解できませんです・・

おはようございます。

なんか、アダルト映画を観ているようでした(^_^;)
旦那につき合って見たんですが、
私的には、楽しめませんでしたv-292
もう少し、冬香夫婦の確執とかを語って欲しかったです。
そうしたら、もっと冬香の行動が理解できたかもしれません。

アダルト納得・・

>すぅ☆さんこんばんわ♪

アダルト映画というのもなんか納得(^^;)劇中の半分は官能シーンですもんね。
村尾と冬香の情事や愛をメインにした為か、2人の家族の視点をおざなりにしてしまっている感じがありますね。すぅ☆さんのように夫婦で観る人にとっては、仲村トオルよりで共感してしまう人が多いかもしれませんね。

1人で観賞

メビウスさん、おはようございます。
朝もはよからblogの更新にいそしんでいる女です。
所詮、わたしは独り者です・・・

そうそう。
原作では冬香の家庭背景がもう少し詳細に描かれていましたよ。
(上巻しか読んでないけど)
だから、2人の感情の発展でわかりにくい部分が多々ありましたよね。

>ああいう愛の形もあるんだなって事で無理矢理納得してしまった感じ
それでいいんです。
あれは愛の超稀少版でメビウスさんはもっと素敵な愛を育んでください。
ええ。
死ぬだの殺すだの不穏な恋愛はしないでください。
スワロからのお願いです。

早いっす

>スワロさんこんばんわ♪

5時からブログ更新ですか?自分寝てますよ?朝起きは三文の徳言いますけど早すぎますね~。ご飯もまだ炊ける時間じゃありませんwそれは置いといて・・

官能シーンちょっと省いて、原作通りに冬香の家庭環境も描いて欲しかったですね。夫と不仲だったのは分かりますけど、言葉だけじゃなく、場面でも観たかったとです。

死ぬだの殺すだの>う~みゅ・・人の愛は様々ですけど、ぶっちゃけ死んだら元も子もありませんしね(^▽^;)2次元世界では通用しそうですけど、現実では自分も実行したくないです。

でも自分も素敵恋愛したいですけど、仕事が忙しくて・・・と言うベタな言い訳をしてみるw

残暑お見舞いざんしょ^^

(^コ^)(^ン^)(^ニ^)(^チ^)(^ワ^)
メビウっちゃん!

ふむふむ。
>でも自分も素敵恋愛したいですけど
って彼女いないんだぁ?
まぁ恋愛だけじゃないもの、この世は。それに若いんだからこれからこれからぁ~^^(←どんだけ年上やねん 笑)
今頃ラセラかなぁ?な~んてね。

なんというか、手遅れらしいですw

>とんちゃんこんばんわ♪

こちらも残暑見舞い申し上げまっす。でも他の地域は分かりませんが、青森はもうかなり涼しくなってますね。ここ数日扇風機全然掛けていませんよw

む?彼女・・・?(・□・;)と言うより遊び友達みたいな子はいるんですけど、そこで留まっていますね。実際向こうも彼氏作るのめんどくせーとか言ってますし、かくいう自分もまだフリーで遊んだりもしていたいですし。・・と、こういう個人主張を先週の仕事の納涼祭で酒のつまみ程度に話したら、『それ、ダメだな・・』『もう手遅れだばなっ!』と先輩方からお褒めの言葉を頂きました(爆

メビウスさんは

ガーターベルトがお好みですか?(´▽`*)アハハ
でも、平凡な主婦のはずの冬香が付けてたら
ダンナもサスガに気付くかな?
でも、前半はありえないだろうけど、
後半はしててもおかしくなかったかもね。

ガーター

>miyuさんこんばんわ♪

女性のガーターベルトって、男から見るとかなりの魅力だと思いますよ♪(//▽//)付けてるのと付けてないのとでは段違いですし、自分もどっちかと言えば付けてる女性の方の方が好きですw
でも実際にまじまじとは見た事無いですけど(汗)、ガーターってなんか付けるのが凄く大変そうに見えるのは気のせいでしょうか?

あ、話題ずれた・・・(汗

こんにちは

はじめまして。またきますね。

はじめまして

>名無しさんこんばんわ♪初めまして。

ちょっと立ち寄って頂けただけでも感謝感謝ですっ。結構マニアックな記事ばっかり書いてるブログですが、お暇な時でも構いませんので、また拝見していただければ嬉しく思います♪

PAGETOP