あずみ2

【監督】金子修介
【出演】上戸彩/石垣佑磨/栗山千明/小栗旬/永澤俊矢/北村一輝/高島礼子/平幹二郎
【製作】2004年/日本

【ストーリー】
群雄割拠の戦国時代が終わりを告げ、世を二分する徳川と豊臣の戦いも終盤を迎えていた頃、剣を手にし戦場を駆け抜ける一人の少女がいた。その少女の名前はあずみ・・・。
使命の為共に修行をしてきた初恋の相手をも斬り、目の前で次々命を落としていく同士の屍を乗り越えて生き延びてきたあずみ。激しい攻防の末唯一残った仲間・ながらと共に、残る標的・真田昌幸を今日も追う。そんな中、彼女の心を惑わす一つの出会いがあった。敵の追っ手に狙われたあずみを救ってくれた夜盗軍団の一人・銀角と言う男が、かつてあずみが最強の暗殺者として独り立ちするために斬った最愛の青年・なちとうりふたつだったのだ・・・

【コメント】
北村龍平の手掛けた前作と比べるとやっぱり見劣りを感じてしまうのは、アクションの稀薄さ。今回は金子監督に移った事で、アクション性よりもどっちかと言えばストーリー性にこだわったといった感じでしょうか?
刺客として使命をを全うする事をただただ考え、ひたすらに戦い続けるが、自分が殺したなちクリソツな人物と出会い、またも心が揺らぐ・・
結構ありがちと言えばありがちなんですが、ストーリー的には前作よりもこう言うお約束的な展開の方が個人的に好きでもあるんですよね♪

そして上戸彩を始め若手の俳優を軸とし、それを脇で固める熟練の俳優さん方の起用にも今回は力が入っていて、栗山千明は、何だかこう・・『キルビル』以降、すっかり一癖ありそうな小憎たらしい役柄がハマッているし、高島礼子に到っては途中から『極妻』を彷彿させる威厳を見せる。
じゃかぁしいっ!!ははっきり言ってちょっとビビりましたさね・・(^_^;)

ただやっぱり前作と同じ不満点として、あずみが無傷過ぎる事がやっぱり・・・
演出としてはもうちょっと手傷負ってもいいんじゃないの?と突っ込みたくなるくらいにダメージ率約5%(笑
同時代に同じく活躍していた前田慶治(by原哲夫画)でも、あれだけ敵兵に囲まれてると5~6箇所くらいは傷負うと思うのですが・・(;^_^A
それだけあずみが尋常ならざるくらい強いって事なら納得するしかないのですけどね。

『あずみ2』公式サイト


あずみ 2上戸彩 (2005/09/22)アミューズソフトエンタテインメントこの商品の詳細を見る[監督] 金子修介[出演] 上戸彩,石垣佑磨,栗山千明,小栗旬,遠藤憲一,永澤俊矢,神山繁,北村一輝,高島礼子,平幹二朗[製作国] 日本[製作年] '0

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP