ありがとう

【監督】万田邦敏
【出演】赤井英和/田中好子/尾野真千子/前田綾花/光石研/尾美としのり/柏原収史/高橋和也/今福将雄/薬師丸ひろ子
【公開日】2006/11.25
【製作】日本

【ストーリー】
1995年1月17日未明、神戸市を突然の激しい揺れが襲った。地響きとともに家々は倒壊し、ビルは崩れ落ち、高速道路はなぎ倒されていった。やがて上がった火の手は街を焼き尽くし、鷹取商店街では995棟が全焼、105名が命を落とした・・
カメラ店を営んでいた古市忠夫の家も例外ではなく、跡形も残らなかったが、忠夫は街の復興に向けてボランティア活動に取り組む。
そんなある日、忠夫は自分の車が無事であると知らされる。車のトランクを開けると、そこには震災の業火から免れた無傷のゴルフバックが横たわっていた・・・


【コメント】
1995年に震度6強の地震が神戸市を襲った『阪神・淡路大震災』。当時日本中が注目していたこの大災害ですが、劇中でもあった上空からの映像や断片的な記憶しか自分にないのは、自分が被災者でないが故の、この災害に対する当時の無関心さが含まれていたのではないかと思い、今更ながら情けない気持ちが込み上げてきました・・

本作はその『阪神・淡路大震災』で被災した、古川忠夫という方の実話に基づいた物語。
地震の発生から、街の復興や地元住民との心の交流、そして現在もなおプロのゴルファーとして活躍している彼が、還暦目前にもかかわらずゴルフのプロテストに挑戦するまでのストーリーを描いています。

劇中でも『地獄』と言われていた震災後の光景・・その凄惨な場面を前半の震災シーンで本格的に見せてくれる。家屋が倒壊し、橋はなぎ倒され、至る所で火災が発生し、当時の人々の混乱ぶりや惨状が良く分かります。
しかし実際に被災を体験した方々にとっては、かなり辛い映像かもしれない。助けたくても助けられなかった人達もたくさんいたと思いますし、そうしたシーンが本作にも盛り込まれているので、過去をフラッシュバックさせるような危険もあるのでは思う。・・でも『ユナイテッド93』の時もそうでしたが、こう言った出来事を真摯に描く事によって、決して忘れてはならないものだと色々な人に知ってもらうのは良い事だと思いますし、自分もその点は理解出来るんですけどね。

だけど後半のゴルフ映画・・・・じゃなくて(汗)、古市がプロゴルファーになるまでの流れが少し悪い。
プロテストの予選のようなものをかなり端折ってしまっているせいもあり、還暦間近の古市が何の問題もなく簡単に予選を通過出来てしまったように見えてしまう。2000人中50人しかプロになれないと言う狭き門なのに、その説明が随分無駄だったようにも感じましたし、それに最終ホールで見せた林の中でのミラクルショットも実際あったんでしょうかね?(^▽^;)(汗
さすがにあれは自分もありえねーと思ったんですが、やはりあそこは真実よりもエンターテインメント性を重視したのかな?と、そう言う自分もあのシーンは結構ジーンと来ちゃったわけなのですが・・(笑

後キャストも賛同出演者を合わせるとかなり豪華な顔ぶれなのですが、個人的に一番良かったのはやはり古市忠夫役を演じた赤井英和。演技の方ではなく、彼の力強い言葉に励まされ、勇気付けられたような感じがしました。エンドロールの最後にも妻役の田中好子と一緒に、心を込めて『ありがとう』と言う姿が印象的です♪・・・と言うわけで足早に席を立たないように(笑




※しかしこの映画を観て思いましたが、自分って『ありがとう』と言う言葉をちゃんと言えていないような気がする・・
それこそ『ありがとう』と言う言葉を正確に言うのがめんどくさいから、『あざーす』とか『あんがと』とか、そうやって簡略しながら言う人が増えてる気がしますし、自分もその1人(--;)それじゃ誠意も伝わらないってものです。たまには自分もちゃんとした言葉で感謝の気持ちを伝えたい・・

と言うわけで、先ずは自分を生んでくれ、そして育ててくれた両親に『ありがとう』。

小学校から現在まで親友でいてくれているSに『ありがとう』。

怒られてばかりだけど、それでもいつも職場で仕事を教えてくれている上司や先輩達に『ありがとう』。

そして最後に、『シネマをぶった斬りっ!!』を見て下さっているたくさんの人達に『ありがとう』。


・・なんか今回のレヴューは上手い〆方だねっと♪(笑

『ありがとう』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
あれから、もう11年も経つのか。テレビ画面に写った神戸の街は、まるで爆撃に遭ったか、怪獣にでも襲撃されかの様だった。私は、1989年のサンフランシスコ大地震を経験している。あの時も高速道路が落ち、埋
『ありがとう』鑑賞レビュー!大切なのは、感謝して生きる気持ち。1995年1月17日 阪神淡路大震災発生これは再び笑顔を取り戻した人々の勇気と感動の実話『わしら生かしてもろてんねん!生かしてくれた人に感謝せな』☆゜・*:.。.☆゜・*:.。.☆.。.:*・゜☆ ★review★ 本
1995年1月17日阪神淡路大地震発生これは、再び笑顔を取り戻した人々の勇気と感動の実話。   評価:★6点(満点10点) 2006年 125min監督: 万田邦敏主演:赤井英和 田中好子 薬師丸ひろ子【あらすじ】1995...
感謝の気持ちは忘れちゃならない・・・エンドクレジットも極端に大きな文字だったことが証明している。
「ありがとう」は1995年1月17日5時46分に発生した阪神・淡路大震災で被災者になった古市忠夫さんが復興で立ち直る姿から還暦直前でプロテストを受けて合格する実話のストーリーが描かれている。あの阪神大震災から色々な人の人生が変わってしまったけれど、これだ
“ありがとう”大切なのは、感謝して生きる気持ち。これは、再び笑顔を取り戻した人々の勇気と感動の実話なのです。1995年1月17日未明、神戸市を突然の激しい揺れが襲った。寝室で寝ていた忠夫は、妻・千賀代と二人の娘を非難させ、自分は災害救助にあたる。やがて火の....
今日、地元テレビ局で当たった「イオンりんくう」の中にある「ワーナーマイカル泉南」の鑑賞券を持って、「ありがとう」を見に行きました。内容は、阪神大震災で家がなくなったカメラ屋さんのご主人が震災で逃れた車の中にゴルフバックを見つけ、そのゴルフバックでプロゴル
大切なのは、感謝して生きる気持ち。1995年1月17日 阪神淡路大震災発生これは、再び笑顔を取り戻した人々の勇気と感動の実話。苦しなったら顔上げて、奥歯折れるまでかみしめて、笑うんやで。
震災のあの日、『日本沈没』の田所博士は、スゥエット姿で屋根に登っていたのでした。
今日、地元テレビ局で当たった「イオンりんくう」の中にある「ワーナーマイカル泉南」の鑑賞券を持って、「ありがとう」を見に行きました。内容は、阪神大震災で家がなくなったカメラ屋さんのご主人が震災で逃れた車の中にゴルフバックを見つけ、そのゴルフバックでプロゴル
「車いすやギプスの子を見ていると、おれが現役で大きなけがもせず、活躍できたのも、この子らが身代わりとなって守ってくれたおかげやと、ホンマ思いますわ」「身体障害者野球を応援する会」の理事長も務め、ことあるごとに阪神・赤星らにボランティアをすすめる“世界の盗
冒頭の震災のシーン「日本沈没」よりリアリティがあり、恐ろしかった。おそらくあの時の恐怖を思い出す人もいるのではないだろうか…。長く住んだ町が崩壊する、何もかも失う。考えただけでも恐ろしい。
あれからまだ、12年も経ってないんだよね、もう随分昔の遠い出来事のように感じてしまうのだが・・彼は59歳11ヶ月の史上最年長でプロテストに合格した 1995年1月17日、真冬の夜のまだ明けきらぬとき、それは突然やってきた、阪神淡路大震災・・古市忠夫(赤井
11月25日全国ロードショー  出演 赤井英和、田中好子、薬師丸ひろ子 ほか  
ありがとう 試写会@ニッショーホール「3つの顔をみた」『自分はもういいからと死んでゆく顔、自分さえよければいいという顔、人のために一生懸命な顔・・・』3/4は被災から復興まで、1/4はプロゴルファーを目指すというストーリー。未曾有の災害から10年、その前
期待値:88%  1995年に起こった阪神大震災が舞台。 赤井英和、田中好子、薬師丸ひろ子出演。他に
 もう終了間近ですが、ありがとう見てきました。いつも行く映画館では昼間しかやっていないので、会社帰りに見に行くこともできずに、遅くなってしまいました。
16日は「硫黄島からの手紙」、「暗いところで待ち合わせ -Waiting in the Dark-」を観たんですが、ま、
{/kaeru_en4/}「日本消防会館」って日本中の消防士がいるのかな。{/hiyo_en2/}消防署じゃないから、ここにはいないと思うけど。{/kaeru_en4/}阪神・淡路大震災のときは、消防士も大活躍だったけどな。{/hiyo_en2/}消防士じゃないけど、被災者の救出に大活躍した町の写真屋さ
1995年1月17日午前5時46分.近畿地方各地を大地震が襲った.なかでも,神戸市一帯や淡路島などでは大きな被害をうけ,壊滅状態.私にとって,被災地に乗り込んで「ここはもう,神戸じゃないみたいです」と全国に向かって伝えていたテレビのアナウンサーが印象的だった...
 『1995年1月17日 阪神淡路大震災発生 これは、再び笑顔を取り戻した人々の 勇気と感動の実話。』 コチラの「ありがとう」は、11/25公開の文部科学省選定、文化庁支援、日本赤十字社支援って言うちょっと堅苦しい感じのしちゃう映画なんですが、試写会で観てきちゃ....

コメントの投稿

非公開コメント

1995年

1995年は私が生まれた年なんですよ~
ぜひともこの映画は見たいと思います♪

10年前

>はなねえさんこんにちは♪

早速コメント残して頂き有難うございます♪
この阪神淡路大震災は今から10年前に起こった大規模な地震災害なので小学4~5年生くらいの子供たちにとっては記憶が薄いものかもしれませんね。
映画を通して、今の多くの子供たちにも観て知って欲しい出来事です。

こんばんは

確かに、ありがとうって言葉、いわなきゃいけないシチュエーションは沢山あるけど、案外キチンと言えていない気がします。
この映画ってその事を含めて三つ言いたいことがあったと思うんです。
後の二つは、震災の記憶を風化させない事と、人間いつからでもチャレンジできるって事ですね。
最後の一つが今ひとつユルイ仕上がりなのが残念ですが、最初の二つはしっかり伝わってきましたね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

後半が今一つ・・

>ノラネコさんこんばんわ♪

震災の出来事を風化させないこと、忘れない事を強調したのが前半部分。そして人間いつからでもチャレンジできる、夢や希望を諦めてはいけない事を強調しているのが後半部分・・と言った感じでしょうか?でもその後半部分が自分も少し不満な点でもありましたね。なんか雰囲気みたいなものがガラッと変わっちゃったので・・(^^;)

>晃弘さんこんばんわ♪

こちらもいつもTBやコメント頂き、感謝しております♪
リンクを貼って頂けると言う事ですが、自分のブログは特に連絡無しで勝手に貼って頂いても至極幸せなので(ぇ)、リンクは大丈夫ですよ☆
紹介文みたいなものは・・・晃弘さんが自由に入れて頂いて構いませんよ(^▽^;)自分が考えたものだと、なんか贔屓目になりそうなので・・(汗

こんばんは!

「ありがとう」は、阪神大震災のときに起こった実話をもとに作られた映画ですよね。
別の映画を見に行ったときは公開の前日だったんですが、個人的には赤井英和の主演抜擢に納得しています。

ところで、メビウスさんのブログをオレメデアからリンク張らせていただきました!
サイドバーのリンク集と、こちらの記事↓
http://blog.livedoor.jp/myoko_am/archives/50790495.html
の下の方にあるので、ご確認いただけると幸いです。

実話

>晃弘さんこんばんわ♪

実話を基にした作品って自分の好きなジャンルの一つなので、この作品も結構良かったですね。何より自分は阪神大震災の被災者ではなかったので、当時の出来事を詳しく知る上でも観ておきたかった作品でもありました。

それとリンクを貼っていただき有難うございました。自分も晃弘さんのブログを貼らせて頂きます♪

はじめまして。

はじめまして。ポプラと申します。
この映画、同じ関西人として是非、観たい映画です。
「ありがとう」・・・単純な言葉ですが、とても大切な言葉ですよね。私も日々、感謝の気持ちを忘れずにしようと思っている今日このごろです^^
解りやすくて素敵なページですね、またおじゃまさせて頂きます。

多くの方に

>ポプラさんこんばんわ♪初めまして♪

賛否両論が分かれている作品なのですけど(後半が特に・・)、自分は観て良かったなーと思いましたね。あの震災からすでに10年以上経ちますし、この出来事を知らない子供たちもいますので、被災していない者の意見としましても決して風化させてはならないものだと思います。
映画を通してより多くの人に知ってもらい観てもらいたいものですね♪

※それと当ブログを賞賛して頂き有難うございます。お時間があったときにでもまた見て頂ければ幸いです♪

ありがとうと言わない

私も「ありがとう」と言わない人です。
この映画を見て、早速ヨメさんに「ありがとう」と言ったら、「気持ち悪~、なんかあったん?」と言われてしまいました。
なんでもかんでも言うのじゃなくて、時と場合を選ばないといけません。

キツイ・・

>aq99さんこんばんわ♪

ウワ・・奥さんキッツイですね~・・・( ̄▽ ̄;)旦那さんがせっかくありがとうと言ったのに・・(苦笑
でも確かに突然そんな事言われると相手も「?」と思ってしまうかも?やはりそれなりの雰囲気も必要って事ですね(笑

ありがとう

起承転結という脚本の基本からしても、完全に失敗してますよね。
でも、脚本も見事で緊迫感に溢れてはいたけど飛行機が落ちっぱなしだったあの映画より、こちらを断固支持します(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。

体験を基に

>にらさんこんばんわ♪

飛行機のあの映画も実話ですけど、機内の目撃証言が皆無なので信憑性が乏しいのが少し残念。でも『ありがとう』は古市氏本人の体験を基にした実話なので、感情移入等の面でもこちらが良いのも頷けるものがありますね。

そうなんだよねぇ~

「ありがとう」って言い忘れてしまいがちがけど、
とても大切な言葉ですよね。
で、言われると「あぁ~、そんなん言われたら、次からもしてやろうと思ってしまうじゃないの!」と
思いつつもしてしまうのですよね(´∀`*)ウフフ

簡略するな・・・と

>miyuさんこんばんわ♪

『ありがとう』って言うと照れくさいのもあってか、最近じゃはっきりと言う人は少ないかもしれませんね。言ったとしてもむしろ『あざーす』とか簡略した言い方が多いんじゃないでしょうか?
自分の近くのコンビニの店員さんも『有難うございました』じゃなく『ありやとっしたー』ってもの凄く簡略してて、おまえどこの運動部だ?って突っ込みたくなってしまいますw
だから自分もせめてブログ上では『ありがとうございました♪』ってはっきりと言ってるんですよねぇ。この映画観た後改めたのでした(汗

PAGETOP