7月24日通りのクリスマス

【監督】村上正典
【出演】大沢たかお/中谷美紀/佐藤隆太/上野樹里/阿部力/劇団ひとり/川原亜矢子/沢村一樹/YOU/小日向文世
【公開日】2006/11.3
【製作】日本

【ストーリー】
生まれ育った長崎で単調な毎日を送る市役所勤めの目立たない女の子・サユリは、妄想の中でポルトガルのリスボンで暮らし、出会う男性に『自分だけの王子様ランキング』を付けて退屈な日常を過ごしていた。
ある日、幼なじみの漫画オタク・森山に『恋がしたい』と愚痴りながらの悶々としていた中、サユリは王子様ランキングトップ独走中で、憧れの先輩でもある聡史に再会する・・・


【コメント】
2006年度の鑑賞映画一覧を見て今更気付きましたが、今年はこういった恋愛映画を殆ど観ていなかった自分。ジャンル的には嫌いな方じゃないんですけど、もしかして無意識に避けていたのかなと?б(^~^;)(汗

しかし女性版電車男とは良く言ったもので、映画版の電車男でエルメスを演じた中谷美紀が、今度は憧れの先輩に告白をするべく奮闘する地味でドンくさいサユリと言う女性を演じているのですから中々面白い。多分この設定が集客にも一役買っているんだと思いますけど、ヒロインが中谷美紀じゃなかったらあまり食い付きが良くなかったかもしれませんね。

中谷美紀は『嫌われ松子の一生』の時もそうでしたが、最近体当たりな役柄が多い気がします。本作でもバサバサな髪に厚いメガネ、そして地味な服装と、今までとはこれまた一味違った魅力(?)を醸し出していました。
でもイメチェンすればやはり美人な中谷美紀。ビフォーアフターが激し過ぎて匠も自分もビックリです(^▽^;)

また主演の大沢たかおと中谷美紀の他にも、脇を固めている俳優陣もコミカルなキャラで盛り上げてくれる。
『嫌われ松子の一生』でも中谷美紀と共演した劇団ひとりは、登場するたび女性にビンタされるのが結構笑えるし、佐藤隆太をYOUが店でからかうやりとりにもまた笑いを誘う。中谷美紀に負けないくらいの地味な格好をした上野樹里も普段とはまた違った印象を受けましたし、時々出て来てはサユリを応援するポルトガル人の親子も謎めいていて存在自体がなんか面白かったです♪

でもストーリー的には普通過ぎた感じもして、もうちょっとこう・・・聡史とサユリがデートしている所で、偶然亜希子とバッタリ遭遇してしまう・・なんていうドロドロチックで少女漫画風なものも想像したんですけどね~(^▽^;)もしかしたら韓国の人には受けが良いかも?(汗
だけどストーリーの中で自分の好きなベタなシーンも結構多く取り入れてあったので、その点は個人的に好印象ですね。『電源見てきますね』とサユリが壇上に上がった瞬間ライトが点灯するなんてもうベッタベタですよ~!(笑

この映画の舞台はクリスマスの1ヶ月前の長崎と言う事になってますが、撮影当時の長崎は7月の猛暑だったと言いますから、冬服で撮影していた俳優陣はホント辛かったでしょうね~。
というわけで、今回はベタで王道な展開プラス撮影時の頑張りも含めた評価にしましたとっ♪

『7月24日通りのクリスマス』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
7月24日通りのクリスマスは市役所勤務の地味で平板な彼氏いない歴29年の29歳の女性が妄想を抱きながらもクリスマスに向けて恋に走り出すストーリーである。平凡な女性と言われるとどの範囲をいうのかわからないけれど、恋に臆病になっている人が観るといい映画かもし
もう学校ではクリスマスツリーが飾られています♪
文化の日、イオン下田TOHOシネタウンでの文化人気取り映画ハシゴ観、1本目は「手紙」を観てメチャメチャ泣いてしまった訳ですけれども。こうい
≪ストーリー≫生まれ育った長崎で単調な毎日を送るOL・小百合は、妄想の中でポルトガルのリスボンに暮らし、出会う男性に“自分だけの王子様ランキング”をつけて退屈な日常をやり過ごしている。そんな彼女にとって、唯一の自慢は、超美男子の弟・耕治だけ。にもかかわらず
昨日は、どの映画にしようか迷いましたが、「デスノート」は前編でかなりがっかりさせられたので、パス。「手紙」も暗そうな感じだったので、笑える映画かなと思い、「7月24日通りのクリスマス 」を選択。スクリーンは、大きめのスクリーンだったけど、お客さんは20
「7月24日通りのクリスマス」ニッショーホールで鑑賞ニッショーホール、ウソンポスター貼ってない。消防会館でしょうが!消防官募集とかそんなのばっかり。ウソンポスターで消防官募集すればいいのになんて余計なお世話でした。根っからのクリスマスムービー。商魂たくま
 王子様ランキングの第4位に甘んじてしまったホセ・ロドリゲス。1位はやっぱりアンソニーなのか、それともテリーか・・・
 『7月24日通りのクリスマス』』※舞台挨拶付試写会監督:村上正典(「電車男」)出演:中谷美紀 大沢たかお 佐藤隆太 劇団ひとり「7月24日通りのクリスマス」ビジュアルブック 公式サイト◇阿部力(つよし)さん ....
7月24日通りのクリスマス情報満載です!
7月24日通りのクリスマス を観て来ました!原作の「7月24日通り」も気になっていたものの、未読です。先に映画を観て来てしまいました。キャスティングが、中谷美紀、大沢たかお、佐藤隆太、上野樹里、劇団ひとり、小日向文世、YOU・・・と個性あ
「7月24日通りのクリスマス」邦画ではめずらしく、ロマンティック・コメディに挑戦したんですよね。クリスマスという時期、謎のポルトガル親子を登場させたり、イケメンの頭には王冠を書き足したり、映像は頑張っていて、それなりの雰囲気は楽しめた。弟・耕治(阿部
クリスマスには、告白しよう。告白する?◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆妄想ならワタクシだって負けてません是非、お友達になりましょう♡  冴えない女の子であるはずのサユリなんだけど演じる中谷美紀が可愛いので、どういじっても可
今秋樹里ちゃん第4弾!今回は完全な脇役。クリスマス向けの大本命の和製ロマンティック・コメディ。やっとハッピーエンドだ。
妄想のリスボン(実は長崎)を舞台に、ダメな私の恋が始まる!クリスマスには、告白しよう。
予告観て、ちょっと期待してました(笑)『7月24日通りのクリスマス』は、めずらしく、友人と鑑賞ハンカチ用意していったんだけど・・・あ、あれ~^^;;;おかしいなぁ・・・必要ないじゃん(爆)本田サユリ・・・いけてない地味な、夢見る夢子のようなOL毎日、王子様
主演の二人に入り込めなくて,眠たいラブストーリー。
「今週の王子様ランキング」いがらしゆみこの「アモーレアモーレ」の王子様、ホセその舞台となるポルトガルのリスボン、「7月24日通り」お姫様の履く様なきれいな白い靴クリスマスまで1か月そして、王子様ランキングに輝き続ける大学時代からの思い人漫画的な話だな
7月24日通りにようこそ!王子様は、必ずしも王女様と一緒に成るわけじゃないのよ
まだ、少し早いけれど、クリスマス向けのファンタジーです。こうしたファンタジーとしてありがちな結末になるようなならないような...と気を持たせておいて、落ち着くべきところに落ち着く。軽~~~くひねりは入れてあるものの、安心して観ていられる良質の御伽噺に仕上
公開日に映画を観たのは初めてかも。車ばんざーいですな。(`・ω・´) 勢いで前...
じみ~なファッションにバッサバッサの髪、そして、ずり落ちる黒ぶちのメガネ。生まれ育った長崎で、単調な毎日を送る市役所勤めの目立たない女の子、サユリ(中谷美紀)は、妄想の中でポルトガルのリスボンに暮らし、出会う男性に“自分だけの王子様ランキング”をつけて.
DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆公開日:2006年11月3日配給:東宝監督:村上正典出演:大沢たかお,中谷美紀,佐藤隆太鑑賞日:2006年10月30日(試写会)ニッショーホール(座席数742) 【ストーリー】生まれ育った長崎で単調な毎日を送るOL・サユリは、...
『7月24日通りのクリスマス』鑑賞レビュー!クリスマスには、告白しよう。その日わたしはリスボンの7月24日通り(実は長崎西通り)で彼に出会った....。けなげで一途でちょっぴりドンくさい上質なロマンティック・コメディ 『電車男』製作チームが豪華キャストを迎え
  『7月24日通りのクリスマス』 ダメな私の、はじめてのクリスマスがはじまる。 『DEATH NOTE the Last name』を観た後なので結構疲れてました。大丈夫か?、ちょっとでもツマらなきゃ寝ちゃうぞ!なんぞと観る気40%くらいのテンションで望んだですけど
一つ言うてええですか。 上野樹里ちゃんを”メガネモミノキ”にするなんて~~~。 しかも自分そっくりの境遇のオンナの子に キャラ設定するなんて~~。 ありえんありえん。ヾ(¬。¬ ) ネェネェ 本来中谷美紀さんが主演なんですけど、 地味に見せたってこのカメオちゃん目立
笑い度[:ラッキー:]            2006/11/03公開  (公式サイト)妄想度[:きのこグリーン:][:きのこグリーン:][:きのこグリーン:]満足度[:星:][:星:]【監督】村上正典 【脚本】金子ありさ 【原作】吉田修一 『7月24日通り』(新潮社刊) 【主題歌】K 『フ
先日、映画「7月24日通りのクリスマス」を鑑賞しました。
これはまるで少女漫画の世界だよね、『電車男』製作チームによるクリスマス・ラブストーリーというキャッチコピーは、なんとも一抹の不安を抱かされた・・ サユリ(中谷美紀)は長崎で市役所勤めの地味で冴えない女の子、自分の住む町をポルトガルのリスボンとダブらせて&quo
満 足 度:★★★★★★ (★×10=満点) 監  督:村上正典 キャスト:大沢たかお 、      中谷美紀 、      佐藤隆太 、      上野樹里 、      阿部力 、      劇団ひとり 、他■ストーリー■ サユリ
クリスマスまで、あと一ヶ月と少し。クリスマス商戦もヒートアップするなか、今年こそは彼氏とクリスマスを迎えたい!!そんなどこにでもいる女性のごく当たり前の願いを、妄想一杯・暴走も少々一緒に描いたハートフルな作品『7月24日通りのクリスマス』クリスマス前に、素
原題:―製作国:日本製作年度:2006年上映時間:108分監督:村上正典原作:吉田修一脚本:金子ありさ音楽:服部隆之出演:大沢たかお/中谷美紀/佐藤隆太/上野樹里/劇団ひとり/小日向文世/YOUstory:地味な
要領が悪く、地味で目立たない女性の恋愛物語です。
★★★☆  とにかく音楽が良い。それもロマンチックで、夢のある曲ばかりだ。 そして風景が良く似合う。港があり、銅像があり、そして坂が多い。とかく長崎は、ポルトガルのリスボンに似ているのだ。  その長崎に住む主人公サユリは、ブスでドジな少女マンガオタクである
期待値:65%  大沢たかお 中谷美紀主演映画。 ザ・クリスマスムービー。 恋してます! 予告編:ホ
クリスマスには、告白しよう。製作年:2006年製作国:日本監 督:村上正典出演者:大沢たかお/中谷美紀/佐藤隆太/上野樹里/阿部力 時 間:108分[感想]久しぶりに人が死なない日本映画を観た気がするわ。正直、微妙な感じだったのよね。映画じゃなくても2時間ドラマで
嫌われ松子の一生 ドラマ あらすじ 映画 dvd 内山理名 ネタバレ tbs 視聴率 サントラ レンタル 挿入歌 ストーリー 主題歌 画像 音楽 実話 壁紙 wiki 曲 サウンドトラック 感想 ウィキペディア テレビ wikipedia tv 中谷美紀 キャスト ピアノ bgm 内山嫌われ松子の一生オフ
 評判の悪い作品だったのでみるのをためらわれましたが、スケジュールが合ったので遅まきながらでかけました。  まあ、それほど悪い作品ではありま
 クリスマスには、告白しようガンバ~レサユ~リ先週の木曜日、支援の仕事でE・Mさんとこの映画を鑑賞しました。場所は三条河原町の東宝公楽で・・・。祝日でしたが、お客さんも少なくて、ゆったり鑑賞いくつか映画を紹介したら、これがいいとのことでした。彼女もこんなが
今年のお笑いのトレンドに島田珠代、オアシズ(光浦、大久保)、森三中、北陽、アジアン、ハリセンボンらブス芸人達の妄想話というのがありまして、もてたことのない彼女達の凝縮した濃い設定の話は、本当に面白いのですが、それを彼女達自身が演じたコントは、調子に乗った小
出演 大沢たかお、中谷美紀、佐藤隆太、     上野樹里、劇団ひとり ほか 長崎
サユリ(中谷美紀)はポルトガルのリスボンに暮らしている…というのは妄想で,本当は生まれも育ちも長崎.市役所に勤めながら,出合った男性に「王子様ランキング」をつけていた.現実の恋愛には興味も無く,妄想を膨らませていた.クリスマスを1ヵ月後に控えたある....
宣伝である程度の内容は想像していましたが、あまりにもその通りでちょっと残念。少し「嫌われ松子」とかぶるものの、あそこまでぶっ飛んでないので中途半端。“憧れの王子様”を取るか“気付けばいつも傍にいた人”を取るか…少女漫画などにありがちな内容なので、ベタ好き
あらすじ長崎の市役所に勤めるサユリ(中谷美紀)は出会う男性に“自分だけの王子様ランキング”を付けて妄想する退屈な日常を送っていた。そんなある日、ランキングトップ独走中のあこがれの先輩である聡史(大沢たかお)に再会し・・・。感想今度は、電車女!?村上正典..

コメントの投稿

非公開コメント

おかえりなさい

メビウスさん、お久しぶりです。
岩手は大変でしたか?それとも楽しめましたか?
とにもかくにも映画復活ですね!

こういう少女マンガ的な展開は嫌いじゃないんです。ベタシーンも好きです♪解りきってるけどにこっとしてしまいます。
けど後半の展開が微妙でした。私なら王子様は選ばずどう考えても身近にいる佐藤隆太のほうがいいなぁと思ってしまってました。

身近な人

>なななさんこんばんわ♪

ご無沙汰しておりましたが無事復帰しました♪岩手は中々楽しかったですよ。仕事はキツかったですけど、週末色々な観光名所に行ったりして癒されたりもしましたから☆

なななさんもベタシーン好きですかっ(^▽^;)(笑)王道な展開は見てるだけではにかんでしまいますしね♪
でも自分ももし意中の人を選ぶとしたら、高嶺の花じゃなくそれこそ幼なじみといった身近な人か、ずっと親交を深めて来て信頼出来る女性を選びたいですね~

季節

全て夏だったんですか!!
驚きです。
季節が気になってはいたのですが、
役者さんも大変ですね~

白くなかった

>kossyさんこんばんわ♪

今思うと夜のシーンでは吐く息が白くなかったような気がします。季節が冬なら自然と白いはずですが、そんな所は見受けられなかった気がしました。
猛暑で革ジャンの大沢たかおに、重ね着の中谷美紀はホント大変だったでしょうね(^^;)

ちょっと物足りないの(笑)

こんばんは~メビウスさん
出張お疲れ様でした~
期待していたものの、なにか乗り切れなくって^^;
微妙な作品になってしまいました。。。
やっぱりね~ぱらぱら漫画にほだされなきゃ(笑)
いずれ王子様に向くにしても、そんな相手の気持ちを受け止める
ことができる、キャンディみたいだったら
もうちょっと違ったかも~っと勝手なこと思ってます。

長崎の夏は暑い

ですよね・・・役者さんて大変だあ。
しかし、この映画、どーもイマイチでした・・・
でも、いがらしゆみこにはときめきました!
実はキャンディ・キャンディ世代です(笑)

素敵な恋物語でした(^-^)

サユリが、どんどん綺麗になって行くとこは、
さすが、中谷美紀さんですよねぇ~
元が良いですもん(^○^)
王子様が、王女様と結ばれなくたってOKですよね♪
こんなラブストーリー、良いですよねぇ~(*^_^*)

いがらしゆみこより・・

>にゃんこさんこんばんわ♪

自分も11月の最初の作品の中では結構期待していたんですが、やっぱりストーリーが普通すぎましたね(^^;)少女漫画のような恋物語にときめく中谷美紀はかなり異質・・でも自分もキャンディキャンディとか読んでおくべきでした!(汗

>カオリさんこんばんわ♪

劇中に出てきたアモーレアモーレはいがらしゆみこの描き下ろしなんでしょうかね?(^^;)この映画のみの作品みたいですからかなりレアですね(笑
でも自分、いがらしゆみこの作品あんまり知らないんですよね・・(汗)昔妹が『りぼん』とか買ってましたけど、載ってなかったような気がしましたし、自分は『ママレードボーイ』にハマッてましたし・・(ぇ

>すぅ☆さんこんばんわ♪

そうそう、どんなにドンくさくて地味でも中谷美紀は素材が良すぎるから、ちょっとしたイメチェンですぐ変わってしまう。女性から見ても羨ましい要素なんでしょうね(笑
最後は無事ハッピーエンドでしたけど、個人的には幼なじみの森山とのハッピーエンドもちょっと期待してしまったんですけどね♪

いっそ佐藤隆太をイメチェンして
中谷美紀と二人揃ってびしッとキメてみる・・・ダメ?
どうも主役の二人が脇役に食われてた気がして
夢物語にイマイチ乗れませんでした。

そもそも大沢たかおより佐藤隆太のほうがいいのにと
思った段階でAgehaさん的には
物語が破綻しちゃいました・・・とホホ。

佐藤隆太派

>Agehaさんこんばんわ♪

大沢たかおと無事ゴールインの正統派な流れも良いですけど、出来れば佐藤隆太とゴールインな方も見たかったですよね。それに自分もどっちかと言えば佐藤隆太の方が役者としても好きですし♪
よくDVDに特典としてアナザーストーリーが追加されている事がありますけど、森山のハッピーエンドとか追加されているのを期待したいですね♪

僕もベタ好きですけど

やっぱりラストが微妙でした。。
佐藤隆太とくっつく方が嬉しかったですね~。
さらに言えば主役も上野樹里で・・。
全く違う映画になっちゃいますけど(苦笑)。

ひと捻り

>こーいちさんこんばんわ♪

こういう恋愛映画にもちょっとしたどんでん返しがあれば面白いと思うんですけどねー。大沢たかおじゃなく佐藤隆太とゴールインする結末を抱いていたのは自分やこーいちさんだけじゃないですからね。(色々なブログを見ても)
それとサユリの弟の耕治と、メグミがどういう経緯で出会ったかというのも気になりますね。その辺り思い切り端折られてたので(汗

前半がよかっただけに、後半がもったいなかったな~と私も思いました。
大沢たかおがショボくなっていった風に見えたのは、現実を反映していたんでしょうか?

離婚

>aq99さんこんばんわ♪

そいえば大沢たかおと広瀬香美が離婚したんですよね。結構ビックリしました。撮影当時からこの離婚の事は内輪で起こっていたと思いますし、やはりその雰囲気が映画にも影響したとか?(汗

コメント有難うございます

佐藤隆太と結ばれるのが
最近のパターンだと思いますが
あくまで昔の少女マンガチックに
王子様と結ばれましたね。

私は、最近のパターンの方が好きです(^_^;)

安全パイ

>YOSHIYU機さんこんばんわ♪

自分はドラマもあまり見てないし、恋愛映画もちょっと遠のいているんですが、最近は佐藤隆太とくっつくのがパターンなんですか?う~ん、やっぱりサユリは勿体無いことしたかも?(笑
自分は高嶺の花を狙わず、佐藤隆太が演じてた森山のような安全パイの方がどっちかと言えば理想なんですけどねw

PAGETOP