MAKOTO

【監督】君塚良一
【出演】東山紀之/和久井映見/哀川翔/ベッキー/室井滋
【製作】2004年/日本

【ストーリー】
大学の法医学研究所に勤める監察医、白川真言(東山紀之)は、この世に想いを残して死んでいった者の霊が見えるという特異な能力を持っていた。
死者の想いを代弁し、仲間達と共に様々な事件の意外な真相へと近付いていく。突然死した幼女、絞殺された女子高生、飛び降りたはずの男・・死者達は残された者達へ想いを伝えるべく霊となって真言の前に現れる。
真言の妻・絵梨(和久井映見)もその1人だった・・・

【コメント】
『泣けるホラー』と言う割にはそれ程怖くも無く、そして泣きもしなかったのですが感動はしました。
劇中は様々なサイドストーリーを間に入れて、事故死した真言の妻が生前伝えられなかった想いを突き止めていくといった流れなんですが・・
『死人に口無し』と言う言葉がピッタリ当てはまるように、出てくる幽霊さん方は何も語らずただそこにボーーー・・と立っているだけ。(あるいは頷くだけ)
何かを伝えたいのに、真言はその想いを正に手探り状態で究明しなければならないため、時折見せる悲壮感と言うか苦労が良く分かり、そこらへんは感情移入しちゃいましたね。観てるこっちまで歯がゆくなってきます。
また、真言が死者の想いを代弁して真実を究明し、それを残された人々に伝えたとしても決して全てがハッピーエンドにはならないと言う所も一辺倒過ぎなくて◎
救われる者もいれば逆に知らなかったほうがいい真実を知ったために苦悩する者もいたりとラストに行き着くまでの物語も結構魅力的です☆

ただ、時折のシーンで音が以上にデカイ所等があって、そのシーンでのセリフはやや聞きづらいのが残念。
東山が扮する真言はどっちかと言えばそれほど明るいキャラではないので、声量も少し控えめな感じなのも合わさって聞き辛いセリフが少々ありました。

更に言うならラストのオチもかなり中途半端な感じ・・
ラストの手前、真言と妻の絵梨が再び再会(?)するシーンなんかは感動モノなのに、オチで総崩れさせてるような・・

やっぱり2時間と言う枠の中では、この作品の本当の良さを活かし切れないのでしょうかね~?
マモラ氏の同名コミックでドラマにもなった『きらきらひかる』と同じように、ドラマ化にすればもっとこの作品は『味』が出ると思うのは自分だけでしょうか・・・

映画館で観る分には、夫婦の方に多く観て欲しい映画でもありますね♪


※あ、↑で『それ程怖くも無く』と言いましたが、1箇所だけ怖い所・・と言うか思いっきりビビッた所が・・(汗
敢えて詳しくは言いませんが、これだけは1つ。

別所には気を付けろっ!!
 

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP