グエムル 漢江の怪物

【監督】ポン・ジュノ
【出演】ソン・ガンホ/ペ・ドゥナ/パク・ヘイル/ピョン・ヒボン/コ・アソン
【公開日】2006/9.2
【製作】韓国

【ストーリー】
韓国で一番大きく、美しく穏やかな河、漢江。河岸には花が咲き乱れ遊覧船がゆったりと往来し、天気の良い休日は家族連れや恋人達が集まってくる。そんな韓国の平和の象徴ともいえる漢江に、ある日突然正体不明の怪物『グエムル』が現れる。
河川敷で売店を経営していたパク一家の目の前で、人々が次々と襲われていく中、パク一家の長男・カンドゥの娘のヒョンソがグエムルにさらわれてしまった。しかも一家はグエムルは未知のウィルスの宿主だと発表した政府に隔離されてしまう。しかし、携帯電話からヒョンソの着信を受けたカンドゥは、家族と共に病院を脱出。漢江へと向かう・・・


【コメント】
社会派なものから歴史的なもの、ラブストーリーにコメディと韓国の映画も多彩ですけど、本作のような怪物が出てくるパニック映画は韓国初だそうじゃないですか。
韓国での異例の大ヒットも、もしかしたらこういったジャンルに慣れ親しんでいない(?)お国だから新鮮に写ったという可能性もありますけど、ゴジラやガメラその他諸々の特撮等で目が肥えていた自分としては、全体的に観てあまりのめり込めなかったですね。

自分はそれこそ本作を結構単純な怪物映画とばかり思ってたんですが、劇中では更にパク一家の家族愛なども深く描いてる辺り、かなり独特な感じを受けました。
さらわれた孫娘のヒョンソを助けるべく、家族一丸となってグエムルに挑む姿は無謀そのものなんですけど、これが訓練とかされた人達じゃなく、普通の一般市民が戦うって所が変にリアリティを醸し出している気がします。
けどやっぱり自分はこういうジャンルに関しては結構単純なストーリーの方が好きなんですよね~(^▽^;)
病院みたいな場所で隔離されるシーンとか観ていてちょっとダルかったし、実は眠気にも少し誘われそうになりました(汗
シーンの各所に取り入れているユーモアを含んだ笑いもあまり笑えず、個人的にはむしろ冷めた。家族4人でカップ麺食べてる最中に、いきなりヒョンソ(?)が出てくるシーンもあまり意味が分からず、違和感を残す場面もちらほらと・・・(--;)

でも本作の見所の1つとして、やはりグエムルの出来映えに驚きましたね。アップで観ると凄いグロテスク。
おまけに動きも不気味で素早いし、尻尾を巧みに使い橋伝いに移動したりと器用な面も見せる。初めて登場するシーンもインパクトがあり、人込みに向かって突っ込んでくるシーンはかなり怖いです( ̄□ ̄;)
元々は毒物を廃棄してしまった事が原因で、漢江に棲息していた魚か何かが突然変異して生まれたそうですけど、この設定が『パトレイバー』の廃棄物13号のエピソードともちょっと似てるなーと思ってしまい、変な所でオタクセンサーがビビッと反応してしまいました(笑


自分は『殺人の追憶』などを観ていないので、ポン・ジュノ作品は本作が初めてになるんですけど、観終わってみるとこれがカンヌで大絶賛されたと言うのがちょっと不思議に思えてきました(^^;)
まあ、自分は映画を表面上でしか観ていない事が多いので、『グエムル』の根幹にももっと深いテーマが盛り込まれているのかもしれない。
今月期待していた映画の1つでしたが、期待以上の出来とは言えませんでした・・・(凹

『グエムル 漢江の怪物』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
映画館にて「グエムル-漢江の怪物-」ソウルを流れる漢江(ハンガン)に突如出現した怪物(グエムル)を巡るパニック映画。この映画のジャンルはなんだろう? SFでもありホラーでもありコメディの味付けもあり家族の愛情物語でもある。そして強い社会風刺と体制批判の匂いを
2006/韓国監督:ポン・ジュノ出演:ソン・ガンホ(パク・カンドゥ)   ピョン・ヒボン(パク・ヒボン)   パク・ヘイル(パク・ナミル)   ペ・ドゥナ(パク・ナムジュ)   コ・アソン(パク・ヒョンソ)韓国映画なんてぜんぜん見たいとおもわなかったけど、予
全くノーマークだった韓国製モンスターパニック映画『グエムル 漢江の怪物』を、ニューヨークタイムズの大げさな評に釣られて観てきました。★★★観終わって、ニューヨークタイムズの評は何を指して言っているのか、いくら考えてもわからなかったのですが…。昔の香港映画
すばらしい。監督第二作にして、「殺人の追憶」という殿堂級の傑作を物にしたポン・ジュノが、何と「怪獣映画」をやると聞いて以来、観たくてたまらなかった作品だが、今日観て確信した。ポン・ジュノは、韓国は勿論、現在
 韓国 パニック&ドラマ&ホラー  監督:ポン・ジュノ 出演:ソン・ガンホ      ピョン・ヒボン     ペ・ドゥナ      パク・ヘイル     ソウルの中心を東西に貫く大きな河、漢江(ハンガン)。その河川敷で売店を営むパク一家の5人の...
ヨン様出演モノや"韓流"にはついていってないけど、韓国映画は意外とけっこう観てるのです♪♪この作品、カンヌ映画祭では熱狂、韓国で大ヒットを記録したという。その前評判と、世間での高評価ほどではないけどなかなか面白かった、『殺人の追憶』     の36
怪獣映画の皮をかぶった社会派映画?ホラー映画の皮をかぶったコメディ映画?それともオタマジャクシの皮をかぶった在韓米軍映画?
●『グエムル 漢江の怪物』120分。2006年9月2日公開。めずらしい韓国産怪獣映画。なんだか『トレマーズ』みいたな怪物が走り回るように見える。ペ・ドゥナって・・・昔の初恋の人に似ている(笑)そういえば結構話題になった『韓半島』は公開しないのかな?...
 ポン・ジュノ監督、『グエムル 漢江の怪物』、Tジョイ久留米にて鑑賞。 正直言って今まで韓国映画を観て面白いと思ったことがありません。 韓国映画に注目したのはかなり早い方だとは思っています。何しろ『火山高』を劇場まで観に行ったぐらいだから(あの頃は今のよ
グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-2006年    ポン・ ジュノ 監督ソン・ガンホ 、ピョン・ヒボン 、パク・ヘイル 、ペ・ドゥナ 、コ・アソン (一番下)恐れ入りました、、、 お見それしました、、、そうですよね、怪獣映画じゃないんですよね。 怪物映画...
突然ですが、昨日 「グエムル 漢江の怪物」 を観に行ってきました。例によって(?)「映画秘宝」と何度か観た CM で気になりだし、前々日にダンナに「なんか観たくなったんだけど……」と申し出て、本当にいきなり行くことになりました。「とりあえずなんだかよくわからな
社会派の怪獣映画。
「グエムル -漢江の怪物-」公開直前まで全くノーマークだった本作だが、劇場で観れて良かったと思う。怪獣映画であるが侮れない、十分にお金を払う価値のある作品。ハリウッドのヒーローモノとは異なり、定石とおり進まないので、観終わった後、スッキリとはさせてもらえ
「グエムルー漢江の怪物」★★★☆オススメソン・ガンホ、 ピョン・ヒボン 、パク・ヘイル 、ペ・ドゥナ 主演ポン・ジュノ 監督、2006年、韓国現在も韓国で公開中、5週連続首位をひた走る、内容成績ともまさに怪物映画だ。日本での公開はハコの大きさ...
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 立ちはだかる、さまざまな゛怪物゛ 
まず言っておきたいこと。てれすどん2号が梅田三番街シネマで映画観終わった後、頭がイタイ。久しぶりに大学の体育の授業、バスケで走り回ったからかな(笑)、それともこの映画のせい!?(笑)とにかく、この映画の感想をひとことで言うと、頭イタくなる映画ってゆっても
グエムル漢江の怪物 試写会@なかのZEROホール「お父さん、聞こえてる?」韓国映画でパニックものは初めてかも。駒吉の中のパニックものの定石を色々覆してくれました。こういう怪物って初めは目に止まるかどうかギリギリでパーツをちょろちょろ見せて、ここぞとばか
{/kaeru_ang3/}なに、この川?{/hiyo_en2/}渋谷川よ。{/kaeru_en4/}だいじょうぶだろうな。{/hiyo_en2/}なにが?{/kaeru_en4/}この川、「グエムル」みたいな怪物いないだろうな。{/hiyo_en2/}たしかに、濁った川の色といい、緑とコンクリートの殺風景な景色といい、「グエム
「お父さん、助けて!」正体不明の怪物がソウルのど真ん中に出現!娘をさらわれた家族は、怪物を倒すことが出来るのか?怪物にヒョンソをさらわれた家族の命をかけた死闘が始まる!「必ず助ける!」
韓国のスピルバーグと讃えられる、弱冠36歳の奇才ポン・ジュノ監督が、驚異のパニック・エンタテインメントで世界に挑む!!。韓国の人々のオアシス、漢江(ハンガン)に突如出現した怪物を巡る事件に肉迫するパニック映画。怪物に娘を奪われた一家の奮闘を描く。情けな.
情報求む!後半に出てくる斜視の米軍医。あの人って『羊たちの沈黙』に昆虫学者役で出てた人でしょうか?
  「グエムル-漢江の怪物-」公式サイト「マイアミ・バイス」と迷ったあげく、こちらを選択。でもきっと大正解だったと思います♪ソウルを流れる大河の漢江(ハンガン)に、謎の怪物“グエムル”が現れ、次々と人を襲う。河川敷で売店を営むパク家の長男カンドゥ(ソン・ガ
先週、韓国映画の「グエムル」をみにいきました。最初、くえむる・・・ぐえむる・・?って思ってたんですがなーんってことないグエムルって「怪物」の韓国語読みだったんですね。ま、ストーリーはいたってシンプル。ソウルの自殺の名所でもある漢江(川)に怪物が現れ、人々
公開前から話題になっていた「グエムル 漢江の怪物」を観てきました。 初日初回の有
「殺人の追憶」で韓国の黒沢明と異名をとったポン・ジュノ監督の新作が怪獣映画だと!そんで「カンヌでの評判が上々でうんぬん」っていう評判は話し半分で聞いてたけど、ここまでとは!「怪獣映画といえば・・・」としか思えない硬直した頭の私は、ソン・ガンホ同様麻酔ナシ
今朝の目覚ましTVでのびっくり(笑)韓国で『日本沈没』が『グエムル』の観客動員数を超えた!!ってそりゃ、"日本"が沈没するから・・・受けたんでしょうに(ぉって、ことはさておき『グエムル-漢江の怪物-』実は、昨日観ました(爆)一応予告観て、怪物く..
2006年46本目の劇場鑑賞です。公開当日劇場で観ました。「ほえる犬は噛まない」「殺人の追憶」のポン・ジュノ監督作品。謎の巨大生物に娘をさらわれた一家が、政府の理解を得られぬまま独力で怪物に立ち向かう。シリアスかコメディかよく分かりにくい映画でした。冒頭で漢..
断じてパクリなんかぢゃないぞぉ。インスパイア(inspire, Inspiration)とか、オマージュ(仏語hommage )でしょう。(笑)恐るべき類似点から推測するに、廃棄物13号の残党が漢江(ハンガン)で発見されたということか?!■韓国映画「グエムル-漢江(ハンガン)の怪物」と日本ア
グエムル、キモい!!でも体の構図がすんごい気になっちゃってメッチャ観てました。にしてもあの迫力はすごかった!面白かったです♪ただ単に怪獣と人間の戦いでも楽しもうかなぁ~的な感じで観に行っただけだったんですが、ただの怪獣映画で終わってはいませんでした。家族
出演■ソン・ガンホ、ペ・ドゥナ、パク・へイル、ピョン・ヒボン、コ・アソン、キム・レハ  他・・・・監督■ポン・ジュノ <ストーリー> ソウル中央を流れる雄大な河、漢江(ハンガン)。そこで売店を営んでいたパク一家は突然、河から巨大な怪物が人々
?うーん…正直言ってなんとも評価しづらい映画でした。傑作だとは思わないんですが決して駄作というわけでもない…。とりあえず色んな意味で新鮮だったことは間違いないです。上映中の2時間退屈することはなかったですし。まず驚いたのは怪物の登場シーン。従来の怪物映
「グエムル」漢江の怪物評価 ★★★★☆(4.3)『あらすじ』 韓国、ソウルの中心を流れる大河・漢江(ハンガン)。人々の生活の憩いの場として、その日も多くの人々が河岸で各々の時間を過ごす。売店を経営するヒボンは、息子のカンドゥのぐ...
 見たい映画が4本あるのですが、その中でも一番早く終わってしまいそうな映画グエムル 漢江(ハンガン)の怪物を見に行く事にしました。
  基本的にネタバレはしませんが、この映画を白紙の状態で純粋に楽しみたい方は読まない方が良いかもしれません。 『ほえる犬は噛まない』『殺人の追憶』のポン・ジュノ監督作品。 漢江はソウル市内を流れる川。そのほとりで売店を営む一家がいた....
監督=ポン・ジュノ。撮影監督=キム・ヒョング。VFXスーパーバイザー=ケヴィン・ラファティ。クリーチャー・デザイン=ジャン・ヒチュル。模型制作=WETAワークショップ。米軍施設が垂れ流した化学薬品が数年後、凶暴な怪物(グエムル)を誕生させて、ソウル市
缶ビールで ほんとうの怪物に かんぱ~い  おっもしろいなあ、この映画。長女ナムジュのアーチェリー大会のテレビ中継に食い入る長男カンドゥとその娘のヒョンソ。親父は店の売り物の缶ビールを二人で飲もうとする。娘が一口口にして、ビールじゃない、これ、と。すると
「グエムル 漢江の怪物」を観てきました~♪ソウルの中央の流れる川、漢江。その川原で売店を営む、パク一家は、突然川の中から現れた怪物(グエムル)に娘ヒョンソ(コ・アソン)を攫われてしまう・・・ヒョンソは、死んだものと思われていたが、携帯電話へヒョンソからの
韓国史上空前の観客動員!しかし、僕は試写会場で、「無感動」に脱力していた。試写会に足を向けたのは、10年ぶりかもしれない。知人にもらった招待状。あんまり、試写会という空間が好きではない僕は、普段なら「いや、ちょっと」とか言って遠慮するのだが、この映画は、喜
久しぶりの韓国映画。・・・といっても異色の怪物モノ。韓国では大ヒットしたらしいけど、怪獣王国ニッポンではどうかなっ?
 この映画、事前のマスコミ人気が凄かったんですよ。30分前にマスコミ試写に行っても、既に満員で入れなかったという人が続出したんです。それが何度も何度も続いて、記事のデッドラインに間に合わなかったという映画ライターや評論家も多かったはずです。試写室が小さいっ
平日レイトショーを観るテクニックを身に付け、映画「グエムル」を観てきました。ちなみに、「グエムル」ですが、「THE HOST」という英語のタイトルもあります。これは、「ウィルスのホスト」という意味のようです。
監督:ポン・ジュノ出演:ソン・ガンホ、ピョン・ヒボン、パク・ヘイル、ペ・ドゥナ、コ・アソン評価:79点公式サイト(ネタバレあります)なんでだよう。どうして死んじゃうんだよう。うう、ヒョンソー!ヒョンソー!最後の最後まで、生き返って....
 劇場公開を見逃した作品の中で、わたしが一番観たかった作品が「グエムル/漢江の怪物」である。 DVDが出るのを、首を長くして待っていた。 怪物の造形については、チャチだったとしても許そうと思っていた。「デビルマン」や「キャシャーン」を観た時の苦い経験があ
 >・・・・今、試される、家族の愛と勇気。 ★★★★☆ 監督:ポン・ジュノ 主演:ソン・ガンホ、ペ・ドゥナ、ポン・ジュノ、ピョン・ヒョボン、パク・ヘイルほか これ観ると「どろろ」がますますダメダメに思えてくるなあ。 予告編からその姿をおしげもなく見せて
私好みのB級映画の臭いがプンプンしますねー。韓流は好きではないのですが「箪笥」以来、韓国B級映画に一目置いている私です。韓国では大ヒットした映画だとか。しかし、脚本ゼミの友人が「自分史上、最悪に気持ち悪い映画だった」と言うので、ちょっと心配。DVDで鑑賞
韓国産怪物映画、おもしろかったです。なんか微妙な批評が多かったのが、まあよくわかりますが怪獣好きな人は見ていたほうがいいですよ。大人はこわくないけど子供が見たらかなりトラウマになりそう。構図も撮影もなかな
正体不明の怪物がソウルのど真ん中に出現!
2006年9月6日お台場で観てきました。久々にお台場で映画観た!専門学校のときの特別講義以来かも?w 嗚呼、ソン・ガンホ上手く描けないよう…orz 「グエムル -漢江の怪物-」2006年公開・韓国 監督・原案/ポン・ジュノ  脚本/ ポン・ジュノ、ハ・ジョ...
あらすじソウルを流れる大河の漢江(ハンガン)に謎の怪物“グエムル”が現れ、次々と人を襲う。河川敷で売店を営むパク家の長男カンドゥ(ソン・ガンホ)の中学生の娘、ヒョンソ(コ・アソン)も怪物にさらわれてしまう。カンドゥは妹ナムジュ(ペ・ドゥナ)らとともに病..
監督 ポン・ジュノ 主演 ソン・ガンホ 2006年 韓国映画 120分 パニック 採点★★★ 持ち前のワガママさと気まぐれさがあってか、人に対する好き嫌いが極端にハッキリしている私。「好き!!」って人にも「嫌い!!」って人にも、わざわざ言葉で説明する必要がないくらいに態度
監督:ソン・ガンホ※ネタバレあり「殺人の追憶」のソン・ガンホ監督が作った怪獣映画。怪獣映画といっても一番のテーマは「家族」。ストーリーはアメリカ軍が漢江に垂れ流した薬品で、グエムルという怪獣が誕生。主人公の娘がグエムルにさらわれ、主人公、その父、弟、妹4
原題:The Host盗作疑惑もあったりして、日本公開ではすっかりすべってしまったけど、モンスターパニック映画なのにコメディ要素がとっても効いててバランスはいいね・・・ パク・カンドゥ(ソン・ガンホ)は、漢江の川辺でおじいちゃんのパク・ヒボン(ピョン・ヒボン)
 『お父さん、助けて!』 コチラの「グエムル-漢江(ハンガン)の怪物-」は、9/2公開になる韓国のパニック・ホラーなんですが、試写会で観て来ましたぁ~♪想像してたよりも割とコミカルなシーンが多かったです。 カンヌ映画祭で上映され上映作品の中で一番面白か...
グエムル 漢江の怪物(2006年) 見ました。 原題:怪物 괴물 邦題:グエムル 漢江の怪物 英題:The Host <超概略のあらすじ> 漢江(ハンガン)で売店を運営す...
モンスターパニックアジア ホラー映画初心者のすけきよです。すけきよ初の韓国作品「グエムル-漢江の怪物-」観ました。 DMMでレンタルする あらすじ:「助けて、お父さん!」ソウルの中心を南北に分けて流れる雄大な河・漢江に、突如現れた正体不明の怪物グエム...
THE HOST/怪物 2006年:韓国 監督:ポン・ジュノ 出演:ソン・ガンホ、イム・ピルソン、イ・ドンホ、コ・アソン、ピョン・ヒボン、イ・ジェウン、ペ・ドゥナ、パク・ヘイル ソウルの中心を東西に貫く雄大な河・漢江(ハンガン)に、ある日突然、正体不明の巨大な生...
<グエムル 漢江の怪物 を観ました> 原題:The Host 製作:2006年韓国 ←クリックしてね♪ランキング参加中 「殺人の追憶」「母なる証明」のポン・ジュノ監督作品。 以前「母なる証明」を観てから、この監督のほかの作品が観てみたくて、やっと探した一本。「殺...
徐々に姿を見せて恐怖感を煽るんじゃなくて、堂々と最初からその姿を目にすることの出来る迫力ある怪物というのが面白い。漢江の川べりをすばやい動きで走りぬけ、人々を襲って喰ら...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!いつもありがとうございます!
あたしは楽しめました。
でも、あのコメディーのセンスには、、、ついていけません。
こういう部分は、無視しました。

韓流笑い

>猫姫さんこんばんわ♪

この映画観てなんとなく思っちゃいましたね。韓国のお笑いももっと勉強しなきゃいけないと・・(汗
思えば自分、韓国のコメディ映画とかあんまり観てない気がするので免疫が付いてなかったのかも・・( ̄▽ ̄;)

僕も、、、

やはり日本の特撮に慣れているでしょうか、いわゆる怪獣映画の良さを感じることができませんでしたね。期待のものは見れませんでしたが、それでも独特の世界観を楽しませてもらえた気がします。

お国柄

>てれすどん2号さんこんばんわ♪

やっぱりこう言ったモンスターパニック系で、家族愛とか社会風刺などはかなり独特ですよね。
ただモンスターが暴れまわって、登場人物たちと戦うなんて言う単純明快な方が自分も好きなんですけど、家族の絆や愛も取り入れる辺りは韓国のお国柄を感じますね。

マンガ好き

そうでしたか。
私は、日本では撮りえない怪獣映画ものとして、かなり評価高いです。
「パトレイバー」のそれは見てないですけど、監督は大のマンガ好きだそうですからありうりますね。

お国が違うと・・・

おはよーございます♪
猫は結構楽しんじゃった口です。(笑)
韓国映画も結構観てるから、笑いのベタな感覚も予測できるし^^;
見た目、日本人に近いがゆえ、よけい辛口になっちゃうんでしょうかねぇ?
それにしても、兵役があるせいかなぁ?ライフルもって怪物君と対峙する家族たち
あまりにも・・・自然すぎ
まぁ、だからこその”おまえなんか、やっつけてやる!ヒョンソ~~~~!!”
ってことになるのでしょうが・・・
『パトレイバー』に似てるっていう印象持つ方、結構いらっしゃいますね。
機会があれば検証してみたいです。

メビウスさん、こんにちわ。
お勉強終わりましたか?長い間ご苦労様でした!
良い結果が出るといいですね。

私はごく普通の怪獣映画だと思っていましたのである意味驚きました。
でもこういう作りもありだな~って思ったりです。
にしてもグエムルキモかったです。ヌメヌメしてて・・・
あんなん普通に出てきたら嫌だぁ(笑

怪獣モノ

むしろ動物パニックモノに近い感じですよね。
怪物というより獰猛な大型肉食動物のニュアンス。

それじゃどうして『怪物』ってタイトルなのかって?
それに英語のタイトルはどうして「HOST」かと?

HOSTは細菌感染者を意味します。
だから、怪物=HOST=ガンホ先輩(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。

あ、それから、例の試験、挑戦ありがとうございました。
遅ればせながら、お礼と40点だったことをお伝えします。

やっぱりパクリかな・・?

>aq99さんこんばんわ♪

日本の怪獣映画に家族愛とか社会派とか滅多に(と言うか全然)入りませんよね。そう言う意味でグエムルのストーリーはかなり独特でしたけど、自分のように『ただの怪獣映画』だと思って観に行った人も多分多いのではないでしょうか?
監督の作品をよく理解してる人でもないと絶賛出来なさそうですね・・(汗

>にゃんこさんこんばんわ♪

韓国映画は『ブラザーフッド』や『JSA』といった社会派なものは観てるんですけど、コメディ関係はとんと無頓着な気がする自分です。劇中の笑いに付いていけるように、もっと韓国のコメディ映画とかチェックしておくべきでした(^^;)
ちなみにグエムルパクリ疑惑も浮上してる『パトレイバー』の廃棄物13号は、『PATLABOR THE MOVIE3 WXIII』でも確認できるので機会があったら是非。
自分もDVDで再度確認しましたが、やっぱり似てます・・・

>なななさんこんばんわ♪

ウィ♪試験の方は5日に無事終わりました♪結果は今週中に来るらしいですけど、大っぴらに記事にするのもなんか恥ずかちいので、判明しましたら左上の近況電光掲示板辺りにサラリと流しておきますね(^^;)(笑
グエムルはやっぱりキングコングなどを制作した会社だけあって本格的ですね♪背景や人と合わせても全く違和感無くて溶け込んでますし♪口がグパッと4つに割けるのがホントグロイ!あの口に入っていたヒョンソに同情です(汗

タイトル

>にらさんこんばんわ♪

後から気づいたんですけど、英語のタイトルは『HOST』で結構カッコイイんですよね。
邦題のグエムルって名前も最初は怪物に後から誰かが命名するとばかり思ってたんですが、グエムルって韓国語で『怪物』って意味なんですよね・・・まんまじゃん(^^;)
怪物=HOST=ガンホ・・・・・邦題のタイトルは『カンドゥ』でも問題なかったかも(笑

※例の試験は40点♪
おぅいえっ☆我ながら頑張りました(;^^)でもかなり捻りのある問題で面白かったですよ♪あまりにマニアックすぎる問題が逆に挑戦意欲を掻き立てます(笑)
今度またやる機会があれば、再度挑戦してみたいですね♪

こんばんは。

賛否両論ですが私はこの作品楽しめました。ソン・ガンホの駄目駄目ぶり、さすが(笑)

この作品を観る前に監督の『ほえる犬は噛まない』『殺人の追憶』を観ておくとより楽しめると思います。「本当はそんなに上手くいかないんだよ」という現実主義や、独特の笑い(ここで評価別れてるっぽいですね。)、漫画的描写、社会風刺など前二作に共通する所が多いんですよね。

『パトレイバー』はパンフでも監督に聞いていましたが観ていないようです。ただ日本の漫画が大好きなので何らかの影響はあったみたいです。この手のものってどこか似てしまうこともあると思うので仕方がないのかな(・・・観ていないのでなんともいえませんが^^;)。


あれが持ち味

rainさんこんばんわ♪

評価が分かれると言うあの独特な笑いも実は監督の持ち味だと最近知りました。う~みゅ・・監督の作品を事前に観ておけば、あの笑いにも付いていけたのかもしれませんね。鑑賞不足・・(汗
パンフにもパトレイバーのことがっ?!直接真似ていないとは言え、監督もどこかでアニメを観て影響受けたんでしょうかね?

破棄物13号!!

ども、たましょくです♪

 うんうん、たましょくも大のパトレイバー好きとして
グエルムのデザイン(特に下半身)は、かなり劇場版の
「破棄物13号」を意識しているよーに思えました。

 久々の劇場観賞だったので、けっこー興奮しながら観
てしまいました!逃げ惑う人々が狭いコンテナの中に逃
げ込むも、格好の「餌場」になってしまうシーンや、グ
エルムの狡猾さに恐怖を感じて少年がチビってしまうシ
ーンは、リアル。

 笑いと要素、モンスターパニックとしての迫力、社会
派映画としての観点、確かにどれも「もう1歩」だとは、
思うのですが、なかなか良かったと感じました♪

レベルが高い韓国初怪物映画

>たましょくさんこんばんわ♪

劇場版の『WXIII』を観た方なら結構ピンと来ますよね。グエムルの最後も結構似てましたし。
グエムルがコンテナに突っ込んで、血がボタボタ滴り落ちるシーンはかなり凄惨なシーンで自分も怖かったです。韓国初の怪物映画が初っ端からこうもレベルが高いと、次もかなり凄そうなのが出てくるんじゃないかと期待する半面、ハードルが高すぎるというのも否めませんね。

こんにちは☆

コメント&TBありがとうございました~!
この作品は、只ならぬ怪物映画でしたね。独特の雰囲気と庶民の視点から見た賛否が分かれそうです。
リアリティや恐怖といったものに関しての切り口が斬新で観ていて僕は非常にのめりこんでしまったのですが・・・
怪物の造型は見事でしたね。何故か不快感を覚えてしまう姿形なのですが、人間の悪が生み出した悲しい生き物でもあると思います。
この監督の作品でしたら、『殺人の追憶』はオススメですよ~!こちらもリアリティを追求した作りに感嘆してしまいました♪

お国柄

>orangeさんこんばんわ♪

家族愛などを取り入れた韓国のお国柄が出ている怪物映画でしたが、考えてみれば単純明快な日本の特撮や怪獣映画も、他の国にはないお国柄が出ている作りとも言えるのかもしれませんね。

『殺人の追憶』も実際にあった事件を基にしているんですよね?実話系は自分の好きなジャンルでもあるので、岩手に出張に行ってる間に観ようかな?

TBどうもでした~♪

ネットの掲示板なんかでは、評判エエみたいだったので観にいったんですけどね・・・僕の腐った感性にはヒットしませんでした。
ペ・ドゥナちゃんもずっとジャージ姿だし・・・

好みそれぞれ

>はっちさんこんばんわ♪

映画の好みは十人十色ですから、やっぱり絶賛の作品でも自分の好みじゃないってものは良くありますよね。自分は観た映画を良く職場の先輩方に言って観る事を勧めてるんですけど、グエムルの場合は『あれグロイからヤダ』と、見た目でボイコットする人もいますからね~・・(^▽^;)(汗

怪物

TBありがとう。
なんか、やっぱり、「韓国」特有の物語と怪物の造型をでっちあげてほしいなあと。環境汚染だと、世界共通だからさ。キムチとか朝鮮人参からめるとかね・・・・無理か(笑)

無理やり

>kimionさんこんばんわ♪

グエムルの弱点を無理やりキムチとか朝鮮人参とかにして、お国柄を更に濃くすれば、違う意味で絶賛されてたかもしれませんね。劇中の笑いの要素は、個人的にあまり笑えなかったので無理のある笑いとか入れて欲しかったですね(笑

そっかぁ~

奥深くには何かあるのかもしれませんよね。
ちょっと展開が間道過ぎて
引き込まれにくい映画でしたよねぇ~(^-^;

何かしらのテーマが・・

>miyuさんこんばんわ♪

川に毒物を垂れ流していたから、環境問題のこともテーマに含んでいるのかと裏読みしていたんですが、全く違ってました(汗
この監督さんの作品はかなり独特なものが多いらしいので、ストーリーの奥深くにあるテーマを見極めるのは難しいでしょうね。自分も表面上でしか観ていないので、ただの怪獣映画として観ちゃいました(汗

こんばんは♪

外見はまさにパトレイバーの廃棄物13号でしたよね
アレが実際に現れて暴れたら、冒頭のようなことになるんだろうなぁ、なんて思いながら観てました。
その冒頭が圧巻の出来。最近見た韓国のモンスターものの「第7鉱区」と比べても良く出来ているし、橋の下をくるくると回りながら移動するところも良くできていました
環境問題、対米問題など、色々な問題を含んでいた作品ですが、基本は家族愛。
韓国独特のねっとりとした血の濃い家族のつながりが展開されていきましたが、弾数を間違えたとか、すぐ寝ちゃうとか、アホな展開が逆にいいアクセントになっていたと思います

とりあえず餌なげたれ~な冒頭の一般人の反応もリアルでしたね

13号でも差し支えなく?

>makiさん♪

makiさんのようにグエムルの姿を見て廃棄物13号と思った方が結構いて驚きっ。逆に本作を観てパトレイバーが広く認知されている事を再確認できたような気がしますねw

作品自体は化け物が生まれた背景などがしっかり描かれている反面、途中でガクッと『落とす』ようなゆるい場面を含ませたりと起伏が激しいようにも思えたのですが、これって多分自分が日本の特撮などを思い浮かべていた部分もあるから、どこか拒否反応があったのかも?本当は特撮とかそういう括りの作品じゃないんですけどね^^;(汗
でも冒頭のグエムル登場シーンは確かに凄かったです。あの突っ込んでくるシーンは今でも印象に残ってるので、再評価の意味でももう一度観たい気持ちですね。

PAGETOP