花田少年史 幽霊と秘密のトンネル(評価:☆)

花田少年史 幽霊と秘密のトンネル

【監督】水田伸生
【出演】須賀健太/篠原涼子/西村雅彦/北村一輝/安藤希/杉本哲太/もたいまさこ/上田耕一/他
【公開日】2006/8.19
【製作】日本

【ストーリー】
小さな港町で評判のわんぱく少年・花田一路はある日、トラックと衝突する大事故に遭ってしまう。九死に一生を得た一路だったが、その時から何故か幽霊が見える不思議な能力が身に付いていた。その日から彼の周囲には様々な幽霊が出現し、願い事や相談を持ちかけてくる・・


【コメント】
『ALWAYS 3丁目の夕日』に出演していた子役の須賀健太くんが主演を務めているのもそうですけど、予告編などを観て何とな~く雰囲気もALWAYSに似てるな~?(ぇ)とも思い、今月の作品の中でも結構気になっていましたが、これは個人的にアタリでしたね♪笑って泣けて感動しました♪

ALWAYS同様、本作も漫画が原作。見た事はないですけど、アニメの方も凄い好評だったとか?
やっぱり原作の漫画読んでおくべきでしたかね~?予備知識があったらもっと面白かったかも?主人公の一路他、一路の家族や友達、幽霊と、魅力的な登場人物たちもいっぱいですし、冒頭で一路に人質に取られる猫や愛犬となるジロも可愛くて、動物キャラもとても良い役所ですね♪

本作では突出した大きな笑いと言うよりも、細かい場面に適度に笑いが転がっていて、面白さを終始持続させている感じにも見えます。次はどこで笑えるのだろうかと観ていてワクワクさせられる気分も味わえるんじゃないかと(^▽^)

また、一路の父・大路郎の過去や、一路の友達の壮太が死んだ自分の父親と運動会で出会うシーン等は涙無しでは観る事かないません。
借り物競争で壮太が『お父さん』と書かれた紙を・・・・・・・・・ぐあぁぁあ~~!!!やはり自分の涙腺は耐える事が出来ませんでした(TоT)
大路郎も何で運動会で一路じゃなく、壮太の方を応援してるのかな?と最初疑問に思ったんですが終盤でその謎が・・・・・・・・・ぐあぁぁあ~~!!!二度泣きは久しい気がします(TоT)
音楽もいい所でグワッと盛り上がるので、泣かせる雰囲気出しまくりでちょっと卑怯ですよ(笑


最後に海でドラ●ンボー●のような戦闘が繰り広げられるシーンは意味があったのかなと思うほど違和感ものでしたが、それだけを我慢すればこの映画は凄く見応えがありました♪
親の過去って知ってるようで実は知らなかったりする事が多いし、そういう自分も親父の青年時代や自分が生まれる前はどうしていたか?など、はっきり分かっていなかったりする。(そういう話題を面と向かって聞くのも恥ずかしいと言う理由も含まれているんですけど)

一路のように自分も父親の過去を知る事で、今以上に親子の絆は深まるだろうか?その辺りも変に興味が沸いて来ましたぞ(笑

『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪

2 Comments

miyukichi  

 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。
 よろしくお願いします。

 笑って泣けて感動。
 ええ、ほんとそのとおりでした☆
 須賀くんが、すごいよかったです。

2007/01/29 (Mon) 01:34 | EDIT | REPLY |   
メビウス  

子役がイイ♪

>miyukichiさんこんばんわ♪

この映画、須賀くんと他の子役もかなりイイ演技してたんですよね♪壮太は自然体な演技で、自分もかなりお涙頂戴になってしまいました(^^;)

2007/01/30 (Tue) 01:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

39 Trackbacks

この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』
  • 幽霊に出逢って、家族の絆を知った、不思議なひと夏  ■監督 水田伸生■脚本 大森寿美男■原作 一色まこと(「花田少年史」講談社刊)■キャスト 須賀健太、篠原涼子、西村雅彦、安藤 希、上田耕一、もたいまさこ、松田昴大、北村一輝、杉本哲太、大平奈津美
  • 2006.08.21 (Mon) 00:27 | 京の昼寝~♪
この記事へのトラックバック
  •  『花田少年史/幽霊と秘密のトンネル』を観たよ。
  • 『ドラゴンボール』のカメハメハを、つい連想しちゃったところもあったりはしたけど。『花田少年史/幽霊と秘密のトンネル』参考:花田少年史 幽霊と秘密のトンネル@映画生活 花田少年史 幽霊と秘密のトンネル-シネマトゥデイ20
  • 2006.08.21 (Mon) 12:16 | 【待宵夜話】++徒然夢想++
この記事へのトラックバック
  •  花田少年史~幽霊と秘密のトンネル~
  • 昨夜、よみうりホールで行われた試写会で観てきました。水田監督、ALWAYS三丁目の夕日で有名な須賀健太くん、安藤希さんの舞台挨拶もありました。健太くん、かわいい[:猫:]健太くんのご家族が会場にいるらしく、後から舞台にあがった監督に指をさして教えたり・・・、安藤さ
  • 2006.08.21 (Mon) 15:29 | GOING MY WAY!
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』
  • ※映画の核に触れる部分もあります。鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。[その前に]この映画で主人公花田一路の姉・徳子が読んでいた本は何でしょう?※ヒント「冬のソナタ」。----これも原作はコミックなんだって?チラシを見るとノスタル
  • 2006.08.21 (Mon) 23:10 | ラムの大通り
この記事へのトラックバック
  •  「花田少年史 幽霊と秘密のトンネル」
  • 原作がマンガだそうですが、なるほど、マンガのドタバタコメディのテイストが出ていて、な~んにも考えなくても楽しめました。
  • 2006.08.22 (Tue) 11:38 | しんのすけの イッツマイライフ
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  花田少年史 幽霊と秘密のトンネル
  • 監督:水田伸生  原作:一色まこと 出演:須賀健太、篠原涼子、西村雅彦、他不覚にも何度か泣かされてしまった…。子供たちが人生の複雑さにめぐり合って、それを受け入れて行く様子が健気で切ない。子役の須賀健太君と松田昴大君の演技が上手すぎ。もう反則もの。周りを
  • 2006.08.22 (Tue) 23:45 | Chocolate Tran9uilizer
この記事へのトラックバック
  •  終盤に安さ爆発 「花田少年史 幽霊と秘密のトンネル」
  • 評価:70点花田少年史 幽霊と秘密のトンネル結構、シンプルでベタなストーリーながらも、笑って、泣けて、親子関係などについて考えさせられたり、中々上手くまとまった作品でした。わかりやすく「これは伏線ですよ」ってな謎がばら撒かれてる気がしますが、それ以外にも
  • 2006.08.23 (Wed) 15:54 | 平気の平左
この記事へのトラックバック
  •  「花田少年史-幽霊と秘密のトンネル」みた。
  • 原作コミックスも読んだことがないし、単なる認識不足なのかもしれないけれど、なんだかイマイチ付いていけないんだけど・・・というのが第一印象かなぁ。(以下ネタばれあり) とにかく時代設定がわからない。冒頭で”ドラクエ”なんかやっているところを
  • 2006.08.23 (Wed) 17:38 | たいむのひとりごと
この記事へのトラックバック
  •  『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』2006・8・20に観ました
  • 『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』? 公式HPはこちら ●あらすじわんぱく坊主の一路はある日、トラックと交通事故に巻き込まれてしまう。臨死体験中の一路が女子高生の幽霊に救われて生き返った・・・そのあとの一路に異変が・・・・●コラム 幽霊が見
  • 2006.08.23 (Wed) 20:32 | 映画と秋葉原とネット小遣いと日記
この記事へのトラックバック
  •  【花田少年史】 試写会に行ってきました
  • 先週、映画 花田少年史の試写会に行ってきました。幽霊が見えるようになったわんぱく少年を主人公にしたひと夏の冒険物語です。人気コミックの実写映画化で、原作のユーモアを生かした胸躍る冒険のドラマと家族の絆をファンタジックにつづっています。日本の風景が残る....
  • 2006.08.23 (Wed) 23:43 | 美人手帳
この記事へのトラックバック
  •  映画:花田少年史 幽霊と秘密のトンネル 試写会
  • 花田少年史 幽霊と秘密のトンネル 試写会@よみうりホール「もしかして・・・ゆうれい?」始めはあまりにマンガのようなノリでちょっとひいてしまいましたが・・・気がついたら一路少年やその周囲の人々のぐーっとなり、泣いてました。ほのぼのとした中で家族や友達
  • 2006.08.24 (Thu) 11:21 | 駒吉の日記
この記事へのトラックバック
  •  花田少年史
  • この夏、すべての家族に贈る、笑いと涙にあふれた心温まる感動作!
  • 2006.08.25 (Fri) 07:14 | Enjoy Life♪
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  花田少年史 幽霊と秘密のトンネル
  • 幽霊が見えるようになってしまた田舎のワンパク少年が、幽霊達の願いを叶えていくことで成長して行くハートフルコメディー漫画『花田少年史』が映画化されたので早速観てきました。ちなみにアニメ版は知りません。★★★★原作ファンな私も嬉しくて涙した映画オリジナルのス
  • 2006.08.26 (Sat) 00:04 | そーれりぽーと
この記事へのトラックバック
  •  花田少年史 幽霊と秘密のトンネル/感想
  • 2006年08月19日公開の映画「花田少年史 幽霊と秘密のトンネル」を見ました。* ネタバレあり *大味というか大雑把というか…粗いストーリーにウケ狙いの酷いCG。けれど、それもあり(売り)かなと思わせる不思議な
  • 2006.08.26 (Sat) 01:57 | 映画★特典付き前売り券情報局
この記事へのトラックバック
  •  花田少年史
  • 小さな漁村に住む『シックス・センス』少年、花田一路君。今時、こんな田舎(当地)でもあまりお目にかからないようなワンパク少年だ。交通事故で九死に一生を得た一路少年は、幽霊が見える能力を身につけてしまう。おぉぉ、臨死体験です。幽霊が見えてくることによって、さ
  • 2006.08.26 (Sat) 08:44 | 迷宮映画館
この記事へのトラックバック
  •  花田少年史/幽霊と秘密のトンネル
  • 「花田少年史/幽霊と秘密のトンネル」 2006年 日★★★★「ハリー・ポッター秘密の部屋」に似たタイトルで^^いや~~昨日、観たDVD「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」に続き、この映画も ”父の愛”がメイン。家族の絆がテーマで今、TVで ...
  • 2006.08.27 (Sun) 21:14 | とんとん亭
この記事へのトラックバック
  •  花田少年史を見ました
  • 『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』を見ました。瀬戸内ののどかな田舎町に5人家族で住むわんぱく少年・花田一路。交通事故でトラックに衝突して頭にケガをした一路は一命をとりとめる。そして、なんと幽霊が見えるようになってしまったのだ。怖くて迷惑な能力のおかげで
  • 2006.08.28 (Mon) 22:50 | 思いつき日記 ~雑記帖~
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  海 ~「花田少年史 幽霊と秘密のトンネル」~
  • 水田伸生監督作品、須賀健太主演の、映画 「花田少年史 幽霊と秘密のトンネル」を観た。お化けと会話が出来る悪戯小僧・一路の、笑いと感動の物語。(原作漫画「5巻・番外編」の批評はこちら)感想。①ブドウの食べ方がおかしい。②冷蔵庫を開けっ放しにするな!③ラスト
  • 2006.08.30 (Wed) 21:59 | サナダ虫 ~解体中~
この記事へのトラックバック
  •  花田少年史|幽霊と秘密のトンネル☆独り言
  • 公開直後、観にいきそびれたら・・・あ、プレミア通常料金♪お得だーー!!っと『花田少年史|幽霊と秘密のトンネル』観にいきました。今更知ったのは、原作は漫画で、TVアニメにもなってたのね^^;予備知識は・・・予告編だけで・・・結構うるうる涙が出そうになってた
  • 2006.08.31 (Thu) 00:18 | 黒猫のうたた寝
この記事へのトラックバック
  •  『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』★★・・・
  • 『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』公式サイト制作データ;2006日本/松竹 ジャンル;ファンタジー上映時間;123分監督;水田伸生声出演;須賀健太/篠原涼子/西村雅彦/北村一輝観賞劇場:8/30(水)東劇◆STORY◆近所でも有名なわんぱく少年・花田一路は、ある日トラック..
  • 2006.08.31 (Thu) 12:22 | ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ
この記事へのトラックバック
  •  『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』
  • 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:]       2006/08/19公開  (公式サイト) (公式ブログ)感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]泣き度[:悲しい:][:悲しい:]満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】水田伸生 【脚本】大森寿美男 【原作】一色まこと
  • 2006.08.31 (Thu) 20:49 | アンディの日記 シネマ版
この記事へのトラックバック
  •  花田少年史
  •  今日は寝ることなくみました。 少し眠たかったですが・・・ 笑いあり、涙ありの映
  • 2006.09.02 (Sat) 06:25 | いろいろと
この記事へのトラックバック
  •  花田少年史~幽霊と秘密のトンネル~
  • ハムカツに こだわる自分の 歴史観  ハムカツが好きなボクである。だからか。印象に残っている、同級生の女の子。桂って名だっけ。同じ同級生の仲良し壮太と義理の兄弟になっちゃうとか。桂のお父さんと壮太のお母さんが再婚? 四人での食事のレストランでのシーン。桂
  • 2006.09.06 (Wed) 12:27 | 空想俳人日記
この記事へのトラックバック
  •  「花田少年史 幽霊と秘密のトンネル」
  • 「花田少年史 幽霊と秘密のトンネル」一色まことの人気コミックの実写映画化。コミック、アニメもまったく知らなかったが、ユーモアがあって、そこそこ笑わせて、泣かせてくれた。いろいろな世代の人にも伝わる、分かりやすい娯楽作品であるといえる。花田一路(須賀
  • 2006.09.07 (Thu) 00:33 | わたしの見た(モノ)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  『花田少年史』鑑賞!
  • 『花田少年史-幽霊と秘密のトンネル-』情報!大人気コミックが遂に実写映画化!わんぱく少年とその家族が繰り広げる笑いと感動の物語!公開日::::2006年8月19日鑑賞日::::2006年8月20日上映時間::::123min(2時3分)配給::::松竹 ★review★ 本作は、『A
  • 2006.09.09 (Sat) 23:27 | ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
この記事へのトラックバック
  •  花田少年史/幽霊と秘密のトンネル
  • 少年のひと夏の成長の物語です。いわゆる「ベタ」な作品です。幽霊を持ち出してコミカルな味を加えていましたが、ところどころ泣かせるポイントも抑えられていて、少年たちの見事な演技も加わって楽しめる作品に仕上がっていました。私自身は、基本的に、「霊感」のない方
  • 2006.09.12 (Tue) 00:38 | 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
この記事へのトラックバック
  •  花田少年史 -幽霊と秘密のトンネル-
  •  映画(DVD)「花田少年史 -幽霊と秘密のトンネル-」        (水田伸生:監督/大森寿美男:脚本/         一色まこと:原作)  交通事故に遭い、九死に一生を得た 花田一路少年(須賀健太)は、 幽霊が見え、彼らと会話ができるようになっていた
  • 2007.01.28 (Sun) 21:24 | miyukichin’mu*me*mo*
この記事へのトラックバック
  •  「花田少年史 幽霊と秘密のトンネル」
  • 最近、邦画を見てなかったので、去年の話題作を・・・。主演が、人気子役の須賀健太くん。。これも、漫画の実写化なんだよね・・・漫画はもちろん、ひらりんは未見。
  • 2007.06.13 (Wed) 02:21 | ひらりん的映画ブログ
この記事へのトラックバック
  •  『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』'06・日
  • あらすじわんぱく坊主の花田一路(須賀健太)は今日も母親の寿枝(篠原涼子)とテレビをめぐって激しいバトルを繰り広げていた。怒り狂う母親から逃げるため、自転車を猛スピードで走らせていた一路はトラックに跳ねられてしまうが奇跡的に一命を取りとめる。しかし、幽霊..
  • 2007.09.30 (Sun) 21:58 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
この記事へのトラックバック
  •  映画「花田少年史 幽霊と秘密のトンネル」
  • これはチョット気にはなっていたけど、あの三丁目の夕日と似た雰囲気を感じてはいたけど、・・ファンタジーがやや過ぎるけど、泣かせてくれる良い映画です・・ わんぱく坊主の花田一路(須賀健太)は、花田大路郎(西村雅彦)と花田寿枝(篠原涼子)の両親に姉の...
  • 2008.02.01 (Fri) 02:20 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
この記事へのトラックバック
  •  【映画】花田少年史 幽霊と秘密のトンネル…あの兄弟の話では無かったのね
  • {/kaeru_rain/} 最近の日曜日は「ナディア」の再放送で目を覚ますピロEKです(…って日曜日に書くべき内容でしたか{/eq_1/}{/face_ase2/})。 うちの洗濯機と、 食器洗浄機がマジやばいです{/face_acha/} …来る高額出費にビビる我が家を応援してください{/face_ase2/}...
  • 2008.02.05 (Tue) 22:33 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
この記事へのトラックバック
  •  『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』
  • 花田少年史 幽霊と秘密のトンネル 事故に遭った少年が蘇生すると 幽霊が見えるようになっていた... 【個人評価:★★】 (自宅鑑賞) 原...
  • 2009.08.12 (Wed) 02:11 | 『映画な日々』 cinema-days
この記事へのトラックバック