ユナイテッド93

【監督】ポール・グリーングラス
【出演】ベッキー・ロンドン/シェエン・ジャクソン/チップ・ジエン/クロー・シレーン/クリスチャン・クレメンソン/コリー・ジョンソン/他
【公開日】2006/8.12
【製作】アメリカ、イギリス

【ストーリー】
2001年9月11日。午前8時42分、ニュージャージー州ニューアークからサンフランシスコに向けてユナイテッド93便が飛び発った。
その直後、ワールド・トレード・センターに2機の旅客機が激突。93便の乗客乗員は何も知らず穏やかなフライトを続けていたが、その時機内にいたテロリスト達が一斉に動き出し、機内はパニックと化す。やがてもう1機の旅客機が国防総省に激突。3機の情報を聞いた乗客たちは自分たちもどこかのターゲットに向かっていることを確信し絶望する。しかし何もしなければまた多くの犠牲を出してしまう。愛する者に最後のメッセージを残し、乗客たちは勇気と団結力を胸に行動を開始した・・


【コメント】
この事件をテレビで見た時の記憶は今でも留めています。
仙台から一時帰省してきた兄貴とゲームをしていた時に、下にいた母から『NHK見てみろ』と言われ、何事かと思いながらNHKに切り替えたら、あの忘れられない光景が目の前に写し出されていました。
ワールドトレードセンターが黒煙を上げているのを見て、最初は一体何が原因でこんな事が起きたのか分からなかったけど、後になってそれがハイジャックされた旅客機による自爆テロだと知り、国や人種も違えど、自分も1人の人間としてショックを隠しきれませんでした。

あの9.11事件から今年で5年が経とうとしてますが、本作はその事件でテロに使われた4機の旅客機の1つである、ユナイテッド93便の中で起こった悲劇をドキュメンタリータッチでリアルに描いています。

この事件が起きた後日本でもこぞって9.11の出来事を扱った特番が放映され、それによって自分も今日に至るまで一応の情勢は把握したつもりではいましたが、この映画を観てまだまだ知らない事が多すぎた気がしてなりません。
情報が入り乱れ、誤報が飛び交い、迅速な判断が遅れてしまった管制塔や防衛庁の混乱の様や、93便内でのテロリストと乗客たちの墜落までの恐怖と絶望の時間。監督のポール・グリーングラスが犠牲者の家族などにインタヴューをし、真実に近い徹底さを求めただけあり、当時の緊迫感のようなものががひしひしと伝わってくる。

キャスティングにしても有名な俳優や女優を起用せず、無名の人達や実際に事件を目にした管制官達をそのまま本人役で起用すると言う点からも分かるとおり、エンターテインメント性を求めたものじゃないグリーングラス監督のこの事件に対する真摯な思いが良く分かります。

93便内での出来事は目撃者もいないので劇中のシーンが本当にあった事なのかどうかは誰にも分かりません。でもテロリストに立ち向かう際に、乗客の各々が機内電話や携帯で家族や恋人に最後の言葉を残すシーンは、遺族の証言から察するに本当の事だと思う。それ故に凄く胸を打たれる。
『愛してる・・・さよなら』と、皆一貫して口にする言葉。それを観て自然と涙が出て来ました。

この9.11事件には自爆テロ以外にも様々な陰謀説があり、その信憑性はどこへやらな感じにもなってますが、確かなのはこの事件によって数多くの方が亡くなったというのは紛れも無い事実であり、一番悲しい事だと思う。
テロにしろ陰謀にしろ、あの惨劇は二度と見たくも無いし、起きても欲しくない。しかし忘れてもならないと思うからこそ、出来れば自分もより多くの人にこの映画は観て欲しいと思いますね。

『ユナイテッド93』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 アメリカ ドラマ&サスペンス 監督:ポール・グリーングラス 出演:デヴィッド・アラン・ブッシェ     リチャード・ベキンス      スーザン・ブロンマート      ハリド・アブダラ2001年9月日、アメリカ国内の空港を飛び立った旅客機4...
緊迫感に満ちた迫真の再現映画。疲れと同時に平和への思いが沸き立つ。
あれから5年、最も恐ろしいのはユナイテッド93の悲劇が忘れ去られてしまうこと ■監督・脚本 ポール・グリーングラス■キャスト コーリイ・ジョンソン、デニー・ディロン、タラ・ヒューゴ、サイモン・ポーランド、デヴィッド・ラッシュ□オフィシャルサイト  『
久々、1人で映画館☆ United 932001年9月11日―― 4機の旅客機がハイジャックされた。 3機はターゲットに到達。 これは、その4機目の物語である。 来週の火曜日に 仕事で映画鑑賞をすることになりまして。なにせ20人の大所帯で映画館に行くので、「映画館、自宅から近い
2001年9月11日― 午前8時42分、ニューヨークからサンフランシスコに向けてユナイテッド93便が飛び発った。
■ 「ユナイテッド93」 オフィシャルサイト2001.9.11それは たった5年前。この映画を観て思い出しました。--あの瞬間--「一体何が起こったのか?」なんて、 誰も 正確に
劇場予告はいつも涙が出そうになった。9.11の同時多発テロは、一機目の突入後のニュース速報からずっとTVの前でリアルタイムに見ていた。まさかの二機目の突入。何度見ても『なんてことを・・』を思わずにいられない。 ほとんどドキュメンタリーのよ
「ユナイテッド93」 2006年 米★★★★2001年9月11日。同時多発テロが起こったその日を アメリカ人ではなくとも私達も忘れる事はないだろう。4機の旅客機がハイジャックされ、2機はNY、世界貿易センター・ビルに激突。1機はワシン...
 東宝シネマ二条にて、「ユナイテッド93」を鑑賞。お盆休みということもあり・・・・観客は普段の何倍もの人チケット購入のために30分以上の時間待ち一瞬帰ろうかなんて思ったが・・・。その後は私用もあるため、気長に待つ事にした。さてこの映画だが、2001年の9
《ユナイテッド93》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - UNITED 9
『ユナイテッド93』? 公式HPはこちら ●あらすじ2001年9月11日、40名の乗客乗員を乗せ、サンフランシスコに向けて飛び立ったユナイテッド93便。しかし、次々と不穏な動きをする飛行機を管制官が気づき、騒ぎになっていた・・●コラム あの9・11の時は皆
評価:85点{/fuki_love/}ユナイテッド93私はジェットコースターが大嫌いです。それでも乗らなければならない時があります。大抵混雑しているので、大嫌いなものに乗るために、時には1時間以上も待たなければなりません。落ちるとわかっているものに乗らなくてはいけな
もうすぐ5年目のあの日2001年9月11日・・・アメリカで同時多発テロ発生アメリカの東海岸上空で4機の民間旅客機がハイジャックされ、そのうちの2機があのニューヨークの貿易センタービルに突入。未曾有の大惨事を引き起こした。これは誰もが知っている事件だと思う。さらに
「ユナイデット93」は5年前に全米を震かんさせた9・11でハイジャックされたユナイデット航空93便で起こっていた出来事を再現した映画である。もう5年の時を経たもののまだその傷跡は癒えないだけにこの映画を通じて運命を共にした乗員の勇敢に戦った事に敬意を表し
原題:UNITED 93製作国:アメリカ製作年度:2006年上映時間:111分監督:ポール・グリーングラス脚本:ポール・グリーングラス出演:ハリド・アブダラ/ポリー・アダムス/オパル・アラディン/ルイスアルサマリsto
 9・11事件を描いたユナイテッド93を見てきました。テーマが重いだけあって、気合いを入れてみなければ・・・。
その時わたしは仕事から帰って、のんきに海外ドラマ「フレンズ」を観てた。。。。大好きな街NY、、、母からの電話ですぐにチャンネルを変えると、生涯忘れられない衝撃が。涙があふれた、、、、。あれから今年で5年。早くも数本映画化されると聞いた時、どうせハリウッドス
評価★★★★★+★実話をもとに。2001年、9月11日。旅客機4機が、ほぼ同時刻にハイジャックされた。ドキュメントのような映像。監視官、軍関係者、連邦航空局、実際に、911の時、勤務していた人たちが多数出演すごい映画でした。大泣きしました。911の、こ..
2001年9月11日、ECC英会話からの帰り道、友達からのメールでこのテロ事件を知りました。家でみたTVの映像はまるで映画でも見ているようで衝撃を受けたのを覚えています。今日はこの映画によってあの時と同じような衝撃を映画館で受け、映画終了後にはすぐに席を立つ...
2001年9月11日この時私は中学2年生。いつも通り夜寝て、いつも通り朝起きて、テレビを見たら世界が変わっていた。テレビでは飛行機がビルに突っ込んでいた。「何コレ?」以外の言葉が思いつかなかった。繰り返し流されるビルの映像。こんなことが映画の中ではなくて現実に起
映画、ユナイテッド93を見てきました。これは、エンターテメントしてでは、なく。記録的な感じが印象的でした。本当に緊張感ある息も呑めないような展開に一瞬たりとも気が抜くことができませんでした。また、管制官などは、9月11日に実際にその場にいた本人が自ら演じてい
これは「テロを許すな」というメッセージ性の映画ではないと思える。たまたまその便に乗り合わせた人たちの勇気ある行動を記録した映画に思えるのだ。なぜ、ユナイテッド93便だけが目的を果たせなかったのか、それは離陸の遅れが要因している。先に起こった突撃事故の...
原題:United 93あの日、帰宅してテレビを観たとき、まるで映画のワンシーンのよう、まるで映画のセットのよう、まるでスローモーションのよう、とても現実だとは・・ 2001年9月1日、この日4機の旅客機がハイジャックされた。最初に乗客92名を道連れにアメリカン11
とても見たかった映画だったので期待して見に行きました。。。 自爆テロなんてどうしてできるのかな~? せっかくもらった命なのにさ~もっと楽しく生きることはできないのかな? さてさて、この映画はノンフィクションなんでしょうか? 事実らしいですが。。。 飛行機の
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]       2006/08/12公開  (公式サイト)衝撃度[:どんっ:][:どんっ:][:どんっ:][:どんっ:][:どんっ:]緊張感[:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:]満足度[:星:][:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】ポール・グリーングラス
見てからなんていうのか…。ずっと言葉が出てこなかった。どこか言葉にするのも難しくて言いたい事が上手く言葉に出来なければ、いっそのことずっと書かないでおこうかと思った。でも未熟ながら・・・自分の記憶に留める分だけ少しだけ書いてみようかと。実はこの作品は見た
「ユナイテッド93」★★★★ポール・グリーングラス監督、2006年、アメリカ忘れられない記憶9.11ハイジャックされ、唯一目標点に到達しなかった飛行機の中で何が起きたのか。何が絶対的な正義なのか曖昧な時代だそれでもどんな崇高な目的の為であ...
「ユナイテッド93」 UNITED 93/製作:2006年、アメリカ 111分
ゲイのラグビー選手、初孫に会いに行く老夫婦、元警官のスチュワーデス、ナチの迫害から逃れてきたお婆さん、「議員になる」と言ってはばからない野心家のおじさん、そして一番興味のあった日本人の乗客と、他の監督なら「グランド・ホテル」形式の映画にしそうな素材を、あ
2001年9月11日4機の旅客機がハイジャックされた。3機はターゲットに到達。1機のみ到着せず。
映画館で、出演:ハリド・アブダラ/ポリー・アダムス/オパル・アラディン/ルイス・アルサマリ/デヴィッド・アラン・ブッシェ/リチャード・ベキンス/スターラ・ベンフォード/オマー・バーデゥニ/スーザン・ブロンマート/レイ・チャールソン/クリスチャン・クレメンソン/脚本
☆☆「ユナイテッド93」、見に行こうかどうか、正直、迷っていた。 あの時のニュー
 9.11事件でテロリストに乗っ取られた4機の内、ただ1機テロリストどもの目的を遂行できなかった便のドキュメント風映画です。  この映画です
監督:ポール・グリーングラス2001年9月11日・・・・・アメリカで起きた同時多発テロの際にハイジャックされた4機の内、犯人の目的地とは違った場所で墜落した「ユナイテッド93便」を描いた作品。ギリギリまで見るかどうか迷いました。何故ならきっと辛くなるだろうから・
5年前の今日、皆さんはどこでこのニュースを見たのでしょうか。私は、ソウルにいてBSニュースやKBSのニュースの生放送をみて時間が止まってしまったような画像を見ていました。一機めが突っ込んだ画像だったと思います。何が起こっているのか訳がわからなかったのは阪神淡
 近年稀に見る臨場感と緊迫感、そして真に迫った映画『ユナイテッド93』。
ユナイテッド 932006年   ポール・グリーングラス 監督ハリド・アブダラ 、ポリー・アダムス 、オパル・アラディン 、ルイス・アルサマリ 、デヴィッド・アラン・ブッシェ出演者、全員新人? トウシロー??てか、管制員の方々も、himself というの、多かったで...
「ユナイテッド93」評価 ★★★★★(4.5)『あらすじ』 2001年9月11日、その日、人々は「いつも」の日常をはじめようとしていた。だが、ある男たちはこれから自分たちが行うことに対して「祈り」を捧げる。晴れ渡る空の下、空港へと集...
ユナイテッド93上映時間 1時間51分監督 ポール・グリーングラス出演 ハリド・アブダラ ポリー・アダムス オパル・アラディン ルイス・アルサマリ評価 10点(10点満点) 今年「ホテル・ルワンダ」に続く、10点満点作品!最後の方は鳥肌立ちっぱなしで...
アメリカ同時多発テロが起きて、早くてもう5年が過ぎましたね。 あの日、私は何をしていたのだろうと思い出すと、ちょうどバイトをしていました。 店舗内のテレビを見ていると、ビルに飛行機が突っ込む映像が…なんともいえない衝撃的な映像でしたよね。 当初、何かの映画.
製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 111分 監督 ポール・グリーングラス 製作総指揮 ライザ・チェイシン 、デブラ・ヘイワード 脚本 ポール・グリーングラス 音楽 ジョン・パウエル 出演 ハリド・アブダラ 、ポリー・アダムス 、オパル・アラディ....
最初から最後まで、涙の止まらない映画。だって、ラストがどうなるか、知ってるんだもん。なのに、冒頭の普通感が、たまらない。ユナイテッド93便に乗り込む彼らは、当然、これから起こることなんて、知るはずもなく。いつも通りに客を誘導して、いつも通りに飛行機に乗って
ユナイテッド93United 932006年 アメリカあの日、普段は見ないNHKのニュース
 監督:ボール・グリーングラス2001年9月11日、ニューアーク国際空港発サンフランシスコ国際空港行き「ユナイテッド93便」は朝の離陸ラッシュに巻き込まれ、予定時刻を30分程遅れて乗員、乗客合わせて40人を乗せて出発。しかし93便に潜入していたテロリストによって93
 『2001年9月11日 4機の旅客機が ハイジャックされた。 3機はターゲットに到達。 1機のみ到達せず。』 コチラの「ユナイテッド93」は、8/12公開になった9.11を初めて真正面から描いた映画として話題になった作品ですが、早速観て来ました。5年前に感じた衝撃を思い...
なんとなくずっと観れずにいた『ユナイテッド93』をやっと鑑賞しました。9・11テロを題材にしたものとして比較するなら、個人的には『ワールド・トレード・センター』よりこちらの作品の方が好みかも。 2001年9月11日、アメリカ国内の空港を飛び立った旅客機4機が、ほ...
2001年9月11日―― 4機の旅客機がハイジャックされた。 3機はターゲットに到達。 これは、その4機目の物語である。

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

echo&コメ、ありがとうございました!
なぜこんな事が起こるのか、、、
日本人には、理解出来ないことだと思います。
ただこの、宗教のなのもと、神を騙ったテロリストたちは、必ず地獄に堕ちているでしょう。
テロへ導く神はいない。

理解不能

>猫姫さんこんばんわ♪

日本は無神論者が多いこともあって、こういうテロとかに関しては無知無縁な国ですよね。
神の御心とかお告げとか有りもしないものを信用して、そこから自爆テロを行うと言うテロリスト達の行動は自分も理解できない・・というかしたくもないですねホント(--;)

 ども、たましょくです。

 同じ人間が起こしたこととは思えないほど
愚かな行為、それによって突然、家族や親し
い人々と別れの言葉を交わすことなく犠牲に
あった方々。言葉では言い表せないショック
を受けました。

 この作品と「ワールドレトレードセンター」
は、絶対風化させてはいけない記憶として、
観賞した人間の心に止めねばと思います。

風化させず

>たましょくさんこんばんわ♪

9.11は思い返すのも辛い悲劇の事件。でもたましょくさんの言うとおり、風化させず忘れてもいけない事件だとも思うから、ポール・グリーングラス監督も真摯な思いでこの作品を作ったんだと思いますね。

10月公開の『ワールドトレードセンター』も注目していますが・・・自分10月になったら岩手に出張だから観れるかどうか怪しいですね・・(^^;)(汗

過剰な美化をせずに乗員乗客の行動を描いていた事に好感が持てました。
たくさんの人に観てほしいと思えるほど、よく出来た映画でした。

無名なのは正解

>ぴょん吉さんこんばんわ♪

これで有名なハリウッド俳優とか使ってしまったらエンタメ性の方に偏ってしまうから、無名な俳優などを使って事実により近い作りにしたのは正解ですね。
同じ題材を扱った『ワールドトレードセンター』は自分はまだ観ていませんけど、あれはニコラス・ケイジとかが出演しててなんか違和感出てる気がするんですよねぇ。賛否も激しいですし、未だに観るのためらっております(汗

そうなんですよねぇ~

ニュースなんかで観ると
犠牲者何人みたいな感じで、
単なる数字でしかないような印象さえ
持ってしまうのですが、
犠牲になられたのはそれぞれが一人間で
あったことを思い起こされましたね。

数以上に・・

>miyuさんこんばんわ♪

911の犠牲者は3000人強と言われ、当事者でない自分達からしたらその数にただ驚くばかりだと思いますが、現地ではその数以上の悲しみが渦巻いていたと思うといたたまれないですね・・。

PAGETOP