ゲド 戦いのはじまり

【監督】ロバート・リーバーマン
【出演】ショーン・アシュモア/ダニー・グローヴァー/クリスティン・クルック/イザベラ・ロッセリーニ/アラン・スカーフュ/セバスチェン・ロシュ
【製作】アメリカ

【ストーリー】
多島世界アースシー。魔法が大いなる力を持つこの世界は、<平和の腕輪>と巫女たちの祈りの力によって平穏が守られてきたが、ある日その腕輪が割られてしまう。それを機にカルガド帝国は各地の侵略を開始する。一方、ゴンド島で鍛冶屋の息子として生まれたゲドは、魔法使いを志すものの、それを認めない父親に反目を抱いていた・・・


【コメント】
ジブリの『ゲド戦記』はあまり満足とは呼べない出来映えだったので、口直し的に今度はこのゲドを観たわけですが、やはりこちらの方が面白い・・・さすがホールマークはお金掛けてます( ̄▽ ̄;)

ジブリゲドは原作の3巻目を中心に描いた物語ですが、『ゲド 戦いのはじまり』は原作の1・2巻目である若かりし頃のゲドを描いた最初の物語。

鍛冶屋の息子だったゲドが大賢人オジオンに弟子入りし、魔法使いを目指すものの、自分の力に慢心し師匠にも反発するようになるといった展開を見ていると、スターウォーズのアナキンを彷彿としてるようでしたね。もしかしたらアナキンのルーツはこのゲドなのかも?(笑
後に魔法学校で魔法を学ぶものの、禁断の魔法を使用し、邪悪なる存在と呼ばれる『名なき者』を呼び出してしまい自身の影に追われる身となるゲドなんですが、アレンもそうだったように、若き日のゲドも同じ経験をしていたんですね。だからアレンにも親身になっていたんでしょうかね。

また、『ゲド戦記』では些か説明不足だったゲドとテナーの出会いもしっかりと描かれていたので、原作未読な自分もこれですっきり♪2人が長い時間を経てやっと出会えたシーンも感動的です。クモはさすがにいませんでしたけど(^^;)

ただ劇中で1つ疑問に思ったのはゲドの真の名前。『ゲド戦記』ではゲドが真の名前だったのに対し、本作では何故かハイタカが真の名前になっていました。これってばどっちなんでしょうね?どっちとも真の名前とかってやつなんでしょうか?(マテ
それとホールマークってB級にしてはスケールが大きくてVFXもふんだんに使っているのでボリュームがあって結構好きなんですけど、上映時間もそれに比例して長大。
2部構成みたいになっているので、全部で何と172分!3時間と殆どどっこいです。ぶっ続けで観るとなるとやはり『忍耐』と言うスキルが必要になってくるかも知れません・・(汗

自分と同じく原作未読の人は、ジブリゲドを観る前に『ゲドビギニング』のような本作を事前に観ておくと、もしかしたら若干見方が変わるかもしれませんね。自分も最初にこっちを観るべきでした・・

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
アースシーの島々が誕生した頃、世界は邪悪な”名無き者”に支配されていた。巫女たちの一団が平和の腕環を作り、その力でアチュアン島の神殿の奥深く幽閉し平和が訪れたが、やがて腕環は割れ、強大なカルガド帝国が各地に侵攻、アースシー全域は戦乱の渦に巻き込まれること
『Earthsea 』公開:2004年TVM製作国:アメリカ監督:ロバート・リーバーマン原作:アーシュラ・K・ル=グウィン出演:ショーン・アシュモア、クリスティン・クルック 、イザベラ・ロッセリーニ、ダニー・グローヴァー、セバスチャン・ロッシェ☆story☆“世界三大ファンタ
最新VFXを駆使した”実写版ゲド戦記”。視聴動機は不純。日本語吹替でのゲド役が石田彰氏だと聞いて(笑)何度も言うけど、特別石田ファンというわけではない。けど、石田さんにアスランを求めてしまっているのは間違いなし。(今回はちょっとウフフだっ
アーシュラ・K・ル=グヴィン (原作者)  ロバート・リーバーマン (監督)  ショーン・アシュモア (出演者)  イザベラ・ロッセリーニ (出演者)  クリスティン・クルック (出演者)  ギャヴィン・スコット (脚本)  「ゲド戦記」世界で唯一の実写版!大賢人ゲド...
どうやら、2006年の邦画興行収入1位はジブリの「ゲド戦記」らしいね。ひらりん的には気に入らなかったので・・・ブログでは、コテンパンに酷評。実写ではどうなるのか??という事で、TVムービーの作品を見てみました。

コメントの投稿

非公開コメント

当然の如く(?)原作者激怒の作品なんですが、
一般的にはジブリ版よりも見やすいというか、楽しめるんじゃないかと思いますね。
あくまでも原作ファンでなければ、ですが(苦笑)。

ジブリよりイイ♪

>Excaliburさんこんばんわ♪

自分もジブリゲドよりはかなり面白かったですね♪原作は読んでないんですけど、ジブリゲドより端折り加減は少ないように思えますし、3時間近い長丁場もあって、物語も結構壮大。
何よりダニー・グローヴァーを久々に見れて嬉しかったですね(笑

PAGETOP