劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE

【監督】石田秀範
【出演】水嶋ヒロ/佐藤祐基/里中唯/徳山秀典/加藤和樹/森下千里/小林且弥/虎牙光輝/武蔵/他
【公開日】2006/8.5
【製作】日本

【ストーリー】
1999年巨大隕石が地球に落下し、世界中の海が一気に蒸発。更に隕石と共にやってきた地球外生命体『ワーム』が地球に侵入してしまう。ワームの脅威から人類を守るため、秘密機関ZECT<ゼクト>はマスクドライダー・システムを開発し、ワームと壮絶な戦いを繰り広げていた。
しかし隕石落下より7年後。ゼクトは内部分裂を起こし、反乱分子<ネオゼクト>が誕生。事態は<ゼクト対ネオゼクト対ワーム>と言う三つ巴の様相を呈していた・・・


【コメント】※仮面ライダーカブトのみのレヴューです。
今日はいっちゃん早い時間帯(8時)で観に行ったんですけど、お子様の朝ってやっぱり早いですね~・・・自分の予想を遥かに超えた親子連れの群れ群れ群れ!!
同日上映の『NARUTO』とも時間が被っていた為か、朝一から長蛇の列で驚いてしまいました。

去年の『劇場版 仮面ライダー響鬼』はストーリーもぶつ切りみたいな感じだったし、アームドセイバーの無理やりさもあって、個人的に何とも不評な出来映えだったんですが、今回の『劇場版 仮面ライダーカブト』は、毎度お馴染みのオリジナルライダーに加え、シリーズ初となる宇宙空間でのバトルも登場。尚且つ『泣かせ』要素も含めてと、色々な意味でスケールが大きくて中々楽しめました♪

今回はワームとの戦いよりも、むしろライダー同士での戦いが主で何とも自分好み♪カブト、ガタック、ザビー、ドレイクのTV版ライダーをはじめ、劇場オリジナルのケタロス、ヘラクス、コーカサス計7人のライダーバトルは結構激しくて見応えがある(でもサソードはチョイ・・・(汗)
人物設定も若干変わっていて、加賀美とひよりが婚約者になってるし、ザビーも影山からパーフェクトハーモニーな矢車に変更されてて、これまた嬉しい♪ザビーはやっぱり矢車が良く似合う♪

そして劇場版の見所でもある主役ライダーの新形態は今回も健在。『ハイパーゼクター』なるものを装着したカブトハイパーフォームは、『虫』らしいフォルムが更に強調されててカッコイイ。ハイパークロックアップで遂に時空を超える能力まで身に付けちゃったりと、もう何でもありって感じですね(^▽^;)

後、個人的にもう1つ見所だったのがやっぱりこの人。K-1ファイター武蔵選手。
 

最強のライダー・コーカサスに変身する黒崎一誠を演じてるわけですが、普段のイメージとは全然違いますね。『白』統一の服装が何とも微妙(^▽^;)帽子もあんまり似合ってないし(汗
でも彼が自分で考えたと言う空手の型を模した変身ポーズは、格闘家である彼らしいポーズでカッコ良かったです♪


劇場版のストーリーは毎回TV版とは異なるパラレルワールドなものになっていますが、今回は最後の部分だけTV版と上手く繋がってるように見せていて納得できるラストでもありました。
確かにあの結末だと、何故マスクドライダー計画以前に天道がベルトを持っていたのかと言う謎も一応の説明が付きますし、観終わった後妙にすっきりした気分にもなってしまいました。でもTV版はTV版でまた違った真相があると思いますが、劇場版の結末でも充分いけるんじゃないのかな?と思った次第です。

『劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
ちょうど1年前のブログの記事に響鬼の映画の話をした。それから歳月を超えて1年ぶりの映画の話。まず第一声はー    ゼクトのあのマントがほしい(特に矢車仕様)チケットを普通に買ってDVD付きパンフを買ってストラップを買ってあっといううまに5000円以上を投げ
さてさて、今日は「劇場版仮面ライダーカブト」の公開日です!初日に見に行こうと思ったのですが、やっぱり時間がありませんでした…。ということで、今日は諦めて後日ゆっくり見に行きます。昨日、メイキングDVDとカブトVol.1が来ました。メイキング&Vol.1まだ未開封です
『おばあちゃんが言っていた。俺は、天の道を往き、総てを司る男!』
はい ちょっとネット落ちしてました映画『仮面ライダーカブト&ボウケンジャー』感想。『ボウケンジャー』注目点は レッド"倉田"おやじ様でしょうか。アクションシーンが無きに等しいのが、勿体なかった。
 「ボウケンジャー」に続いて「劇場版仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE」を鑑賞しました。テレビ版は毎週楽しみにして見ていますが、劇場版はかなり設定が変わっていますね。  ゼクトは皆マント付制服を着用。ひよりが天道の妹?ひよりと加賀美がラブラブ?風間大介は
密かに平成ライダーシリーズはずっと見ていたりする。特別思い入れがあるわけではないけど、見始めると途中では止められなくなるような作品(笑)前作の『響鬼』は仮面ライダーとしては若干異色だった。これはこれでいい味を出していたので好きだったけれど
劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス観てきました。<丸の内TOEI1>まずひと言。どっちも短すぎ!せめてもう5分ずつあっても良かったんじゃないか?・カブトTVとは似て非なる世界観、人間関係。TVシリー
行ってきました!劇場版!いやー、楽しかった!!オッサンばっかでしたけど。ボクも大っきいお兄ちゃんなんですが・・。簡単な感想は、ボウケンはテンポが良く、気持ちいい納得できる作品だったと思います!カブトは面白かったけど、それよりスゲー!っ...
ライダーと料理の品数が増えるにしたがいTV版「仮面ライダー カブト」がすこぶる面白くなってきましたので、実は楽しみにしてました。去年の「劇場版」が、日本各地の名物ライダーであったのに対し、子供の頃からあこがれてた今ではペット屋や百貨店で金さえつめば買える
2006年42本目の劇場鑑賞です。公開翌日劇場で観ました。「劇場版 仮面ライダー剣(ブレイド) MISSING ACE[ミッシングエース]」の石田秀範監督作品。シリーズ第1作の放送開始から35周年の節目を飾るTVシリーズ「仮面ライダーカブト」の劇場版。地球の危機を救うため、..
 前回,トラブル(笑)により見られなかったカブトの映画,娘2人を連れて行って参りました。以下,感想等を述べたいと思いますが,(出来るだけ,ストーリーには触れないように,或いは伏せ字にしてありますが)一部ネタバレを含みますので,これから映画をご覧になる方,
友達の九純君からタダ券あるから見に行こうと誘われ見に行く事に。まさか2年連続でライダーを映画館で見る事になるとは思ってなかった。ネタバレな感想を書くつもりはあまり無いので見てない人が読んでも問題ない・・・
 今日は夏休みに子供と一緒に遊べる最後の休みでしたが、お昼から理容組合の会議で大阪市の天満で会議があり、3時半からはプロピアの講習が桜ノ宮であったので午前中に息子と映画「仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE」を見に行きました。毎年この時期になると見に行っ
方や2本立てのもう一本は<仮面ライダー生誕35周年記念>だそうで、Wアニバーサリーという宣伝の仕方をされておりました。こちらもとりたててアニバーサリー作品という部分は前面に押し出してはいないと思うのですが、舞台が宇宙空間だったりといったスケールの大きさは、
「ボウケンジャー」に続き、「仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE」で
2回目、観て来てしまいました~!かなり無理・・・無茶して、クロックアップ使ったりしながら時間作りました。(爆)劇場版の公式本を読み進めていくうちに、やっぱりもう一度見なくちゃと思いまして・・・。以下
『仮面ライダーカブト-God Speed Love』★★★☆ TVシリーズは全く
劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE2006年   石田秀範 監督水嶋ヒロ  佐藤祐基  里中唯  徳山秀典  加藤和樹  森下千里  小林且弥  虎牙光揮  武蔵  本田博太郎最近のこういうの、若いおかぁさまを巻き込ん...
「仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。仮面ライダーザビーについての解説です。仮面ライダーザビーはZECTがシャドウの指揮官兼カブトの抹殺任務に就かせたマスクドライダー第2号です。モチー
「仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。仮面ライダードレイクについて解説します。風間大介がドレイクゼクターによって変身する、マスクドライダー第3号です。モチーフはトンボ。基本カラーは水色

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP