日本沈没

【監督】樋口真嗣
【出演】草剛/柴咲コウ/豊川悦司/大地真央/及川光博/福田麻由子/吉田日出子/柄本明/國村隼/石坂浩二
【公開日】2006/7.15
【製作】日本

【ストーリー】
潜水艇『わだつみ6500』のパイロット・小野寺俊夫は、同僚の結城と共に地球科学博士・田所雄介の指揮の下、深海調査に参加していた。その結果、小野寺たちは海底プレートの急速な沈降で日本列島はわずか1年沈没するという驚愕の事実を知る。日本の危機を訴える田所に他の科学者たちは狂言だと一蹴するも、事態を重く受け止めた内閣総理・山本は危機管理担当大臣として、田所のかつての妻であった鷹森を任命。山本自身も避難民の海外受け入れ要請のために旅立つ・・・


【コメント】
劇中で震源プレートを爆破するためにN2爆薬なるものが使われていましたが、これって絶対カメオしていた庵野秀明=エヴァンゲリオンにあやかってでしょう( ̄▽ ̄;)。爆発力も似たようなもんでしたし、エヴァを見た事ある人ならピンと来るでしょうね~♪(そういう自分もピンと来た)

『日本沈没』は73年に一度公開され、本作はそのリメイク作品。最新の映像技術、そして自衛隊や防衛庁の全面協力もあって、日本が崩壊していく恐怖や絶望感がリアルに描かれています。

メガホンを取った樋口監督はオリジナル版の日本沈没を観て、映画作りの道を決めたと言っている辺り、『キング・コング』を観て衝撃を受けたピーター・ジャクソン監督と何だかとても似通っていると思いました。でも樋口監督にしてみれば正に念願叶ったりな本作なんでしょうね。
そんな樋口版日本沈没の見所は、上記でも述べているようにやはり最新の映像技術を使ったディザスターシーンがその1つ。日本の見知った場所が大地震や溶岩で次々と破壊されていくのを観ると、映画の中とはいえやはりちょっとした衝撃を受ける(リアルですし・・)。
CGもあまり違和感は感じなくて良かったんですけども、一部大津波や地盤沈下などと言った災害が、なんの前兆もなく襲い掛かってくる所は何とも突飛過ぎて少々違和感。あれはさすがに逃げる暇もないですよ・・・(汗

キャストに至っては主役陣も脇役陣もかなり豪華。主演に草剛、柴咲コウをはじめ、豊川悦司に大地真央といった人気実力共に申し分無い面子なのですが、ハイパーレスキュー隊の阿部玲子を演じた柴咲コウだけは役柄が妙に合っていない気がする・・・公開以前に『平気の平左』のへー太さんが呟いていたのを思い出したのですが、ハイパーレスキュー隊という体を張る仕事なのに、その役作りを彼女は本当にしていたんでしょうか?少なくとも観賞しててそう思わせるシーンなどは見受けられませんでした。せめて劇中で引き締まった腕の筋肉とかを見せて、『おっ?(この映画のために)相当鍛えたんだなー』と分かるようにして欲しかったですけど、それは無茶ですか?

後公式サイトにもありましたが、本作にはカメオ出演をしているビッグな人達もたくさんいて、その人たちを探すのも1つの楽しみですね♪でも全部探せた人っていたんでしょうか?原作者である小松左京、更には丹波哲郎までカメオしているらしく、全然気付きませんでした(汗

自分はオリジナルを観た事が無いので、リメイクと比べるとどこが劣っていてどこが勝ってるのかというのは分かりません。でも樋口監督自身『オリジナルは絶対超えられないので、結末を変更した自分なりの日本沈没』と言っているところからして、やはり別モノのように観るべきなんでしょうかね~?

『日本沈没』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(155) 日本沈没これはちょっと......「日本沈没」は、jamsession123goの年代では流行語にもなったほどヒットした映画だ。1973年に出版された小松左京の原作を当時史上最高の5億円をかけて....
この記事は日本沈没試写会感想記事ですが、基本的にネタバレはしません。とくに、「話題やのは知ってるけど詳しくは、、、」って人に対して、是非映画館に行きたくなるような記事を書きたいと思います。では早速、過去関連記事とともにどうぞ♪※てれすどん2号の日本沈没紹
 日本  SF&パニック&ドラマ 監督:樋口真嗣 出演:草なぎ剛     柴咲コウ     豊川悦司     大地真央ある深海調査に参加した潜水艇・わだつみ6500のパイロット・小野寺俊夫はそこで驚愕の事実を知る。海底プレートの急速な沈降で、日...
「日本沈没」は33年前に映画化された「日本沈没」を33年ぶりに再映画化した作品である。タイトル通り日本が沈没する光景を描くのだが、この映画を通じて未来にありえる事と地震、津波、洪水など未曾有の事態をより考えさせてくれた作品でもある。
遠征中とはいえ、逆に暇だったので映画でも・・とコレにした。珍しく相棒も付き合ってくれるって言うし。とはいえ不慣れな”MOVIX三郷”。人口も地元とは大幅に違うことでもありチケットは”おさきにNet”にて事前購入。・・で、大正解!!劇場到着
『日本沈没』日本全国縦断 完成披露プレミア試写会in大阪に行ってきた。 (5/
※映画の核に触れる部分もあります。鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。----これって小松左京のベストセラーだよね。日本列島が沈没・消滅すると言うタイトルそのままの物語。確か1973年にも映画化されている。「うん。でも時代が変わるとこ
 今のうちに海外移住計画を!会津でも大丈夫かも・・・
『日本沈没』(2006 / 日本 / 樋口真嗣) (ネタバレあり)Text By 仙道 勇人  出版当時一大センセーショナルを巻き起こし、日本のSF小説史上に燦然と輝く金字塔として知られる小松左京の「日本沈没」。1973年に映画化されたこの古典的名作を、現在のVFX技術と科学的研究成果を
公開:2006/07/15(07/17)監督:樋口真嗣原作:小松左京出演:草なぎ剛、柴咲コウ、豊川悦司、大地真央、及川光博、福田麻由子、吉田日出子、柄本明、國村隼、石坂浩二ある深海調査に参加した潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺俊夫は、そこで驚愕の事実を知る。...
好きなシーンはある。映像も圧巻。心に残るドラマもあるし,正直,嫌いではない。ただ,全体のあちこちが中途半端で物足りなさが沢山・・
≪ストーリー≫日本各地で大規模な地震が頻発する中、潜水艇《わだつみ6500》のパイロットの小野寺は、同僚の結城と共に地球科学博士・田所の指揮の下、深海調査に参加。その結果、大地震と噴火活動によって日本が1年以内に沈没するという驚愕の事実を知る。総理大臣・山本
樋口真嗣監督作品、草なぎ剛主演の、映画 「日本沈没」を観た。日本が沈没する!(まんま)1973年に製作された、「日本沈没」のリメイク版。感想。①何で沈むのは、北海道からなんだよ!(道民の叫び)②小野寺の一人称、「俺」か「僕」かハッキリしてくれ。③柴咲コウ
今日は東宝のウェブサイトで当選した 『日本沈没』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★
原作:小松左京 監督:樋口真嗣 出演:草?剛、柴咲コウ、豊川悦司、大地真央、及川光博大地震と火山の噴火でパニックに陥る日本。調査の結果このままでは1年以内に日本は沈没するという事実を突きつけられる。海外
日本海溝近辺の大規模な地殻変動により、日本列島のほとんどが海中に沈没するという驚愕の予測が下った。その予測を裏打ちするかのように、各地の火山が噴火、M(マグニチュード)8以上の大地震が次々と起こる。Xデーが避けられないと悟った政府は、諸...
ネタバレしないで書くつもりだけど、まぁ、タイトルからしてネタバレなのでその辺は許してください。リメイクだし。元は1973年の作品。全く記憶にございません。原作は、遙か昔に夢中で読んだ。でも、全く記憶にない。ただ、この映画と原作では結末が違う気がする。映..
「日本沈没」リメイク作品の宿命として、観客の期待度、ハードルが高く、誰が製作・監督しても満足することはないでしょう。その点で言えば、昨年の「戦国自衛隊」に比べれば、概ね満足出来る内容である。「ローレライ」公開前、フジテレビ・亀山プロデューサーの対談番組
小松 左京 日本沈没 上 小学館文庫 こ 11-1  「日本沈没」PHOTO BOOK featuring 草なぎ剛  日本沈没OFFICIAL BOOK―沈没へのカウントダウン 出演■草薙剛、柴崎コウ、及川光博、大地真央、豊川悦司、榎本明、國村隼、石坂浩二 他・・・監督■樋口
「日本沈没」★★★草なぎ剛、柴咲コウ、豊川悦司 主演樋口真嗣 監督、2006年広島旅行中、せっかくなので映画でもと、繁華街で見つけた「日本沈没」の看板。広島宝塚588席と規模はまあまあ。席も座りやすい。映画はどうだろう、話題の大作だ。地...
いやぁ~、良かったねぇ d(^O^*≡*^O^)bSunMin thanX Kubotaの歌う♪Keep Holding U♪ これ聴きたかったんです・・・てヽ(ー ー")エイガトチガウノカ実はね、33年前の『日本沈没』をリアルタイムで劇場に観に行った者の
映像はすごいです!! このごろの邦画もVFX(CG)は、素晴らしい進歩ですね~(^^) …でも、、、なんだか物足りないんです。
今日はNT中央の映画館でチョナンカンことクサナギ君主演の日本沈没を見に行きました~[:ジョギング:]日本映画を見る事はほとんどなく、ましてや映画館で見たのは初めて☆日本の地下プレートの影響で日本が沈没するんじゃないの~?みたいな話。クサナギ君は前に「ホテルビー
『日本沈没』  公式HPはこちら ●あらすじ深海調査に参加した潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺(草なぎ剛)、田所博士(豊川悦司)は、そこで驚愕の事実を知る。海底プレートの急速な沈降で、日本列島が1年後に沈没するという悪夢の初まりに・・・・
この夏話題の映画は多々ありますが、とりあえず早速2本ほど見てきました。1本は「日本沈没」、もう1本は「パイレーツ オブ カリビアン/デッドマンズ・チェスト」です。どう見ても地雷臭のする「日本沈没」。しかし、意外なことにこの作品は面白かった。草薙君が「奇跡は起き
story科学者田所は綿密な研究の結果、海底プレートの急速な沈降で、日本列島はわずか1年後に沈没するという事実が判明する。危機を訴える田所に当初政府の一部は、妄言と一蹴するが・・・。point久々にようできた日本映画ではないでしょうか? ネタバレ(原作の?)この...
リメイクものが大流行~で1973年の映画のリメイクが登場しかも、小松左京の『日本沈没』昨今の地震の頻発している状況で、こーいう可能性がないとは言い切れませんが・・・オリジナルの映画観てるかなぁ?ヒロイン由美かおるだったような小野寺は藤岡弘だった...
地殻変動による大地震で、沈没していく日本の様子を描いた作品です。
2006/日本監督:樋口真嗣出演:草? 剛、柴咲コウ、   及川光博、石坂浩二、   豊川悦司、大地真央、etc避難先の国は、モナコ、イギリス、フランス、オーストラリア、スイスなんかがいいなぁ~!あ、みんな観光地だった![:たらーっ:]以下、ネタバレ感想感動した!と
国土だけでなく 心まで失ってしまうのか?1億2千万人 すべての日本人に捧ぐ     日本各地で大規模な地震が頻発する中、潜水艇《わだつみ6500》のパイロットの小野寺は、同僚の結城と共に地球科学博士・田所
ネタ切れリメイクブームなのはハリウッドだけではないらしい。こちらは1973年のパニック映画ブーム真っ只中に公開された、小松左京原作、森谷司郎監督の「日本沈没」のリメイク。劇場映画の後、同名のテレビシリーズも作ら
のっけから駿河湾で大地震が発生し、アメリカの学者が「近い将来日本は沈没する」と断定。ここまではスピーディーなんですが、科学者の豊川悦司が「いや、一年も無い!」と反論し、政府首脳をバカ呼ばわりする辺りから迷走が始まります。気が付けば、危機管理能力に欠け、保
「日本は一気呵成に沈んでいくんだ!!」「守りたい人がいるんです。奇跡は起きます。起してみせます!」国土だけではなく、心まで失ってしまうのか?1億2000万人、すべての日本人に捧ぐ――
日本SF界の巨匠・小松左京氏が、33年前に書き下ろしたSF小説「日本沈没。巨大な地殻変動によって日本列島の殆どが海面下に沈んでしまうという奇抜なストーリーが話題となり、上下巻合わせて385万部という大ベストセラーとなった。同年にこの作品は映画化されたが、
イオン下田TOHOシネタウンでの「映画4作品10時間耐久レース」も、1本目の「カーズ」、2本目「トリック劇場版2」と観続けてきましたが、3本目に観ようと思ったのが、この、「日本沈没」。2本目を観終わったのが15時20分で、この3本目の開始が15時30分。なん
1年ほど前から映画館に映画を見に行くことが好きになって、選り好みしながらも色々見
いのちよりも、大切なひとがいる。CAST:草なぎ剛/柴咲コウ/豊川悦司/大地真央/及川光博 他 ■日本産 135分良く出来た大作だと思うけど、観ててなんか気分が暗くなって凹んだ・・・。やっぱり映画とはいっても日本列島がめちゃくちゃになったり、地割れに人が落ちたり
オリジナルを観ていないわたしには前作との比較は出来ないのですが、感想は日本版『アルマゲドン』だなって思いました。日本がまさに沈没してしまうという恐怖よりは人間愛の方に重点が置かれているように感じて全く恐怖心などは感じませんでした。パニック映画が好きなわ..
映画、日本沈没を見てきました。話題の作品だけあって出演者が豪華です。この映画をみて感じたことは、言葉を丁寧に選んでいるようで、発される言葉一つ一つに重みがありました。あまり現実味のない話ですが、実際に日本が沈没することになったときに、自分だったらどうする
 今年、夏の大作というと洋画では「MI:3」が思い浮かぶが、邦画も負けていない。
先週,「日本沈没」を見て来た「日本沈没」は,半年前から見たかった映画だから,すごく楽しみだった潜水艇「わだつみ6500」のパイロットである小野寺俊夫(草なぎ剛)は,災害の中で,倉木美咲(福田麻由子)を救出した阿部玲子(柴咲コウ)と知り合った.もともと小....
感動度[:ハート:][:ハート:]       06/07/15公開   (公式サイト)娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:] 満足度[:星:][:星:]【監督】樋口真嗣【脚本】加藤正人 【原作】小松左京(小学館刊)【出演】草?剛/柴咲コウ/及川光博/國村隼/石坂浩二
公開早々、あまり良い評判を聞かないこの映画。( ^ _ ^;ともかく観てみないとね。地球科学博士・田所は海底プレートの急速な沈降により日本列島が1年経たない内に沈没することを知る。田所は懸命に日本の危機を訴えるが、政府の要人たちは聴く耳を持たない。やがて各
日本沈没を見てきました。映画館に行ったのは去年のマジレンジャーの舞台挨拶以来だね。今年はボウケンジャーのを見に行く予定もないので今年はこの映画のみになりそうかも。期待していかなかった分楽しめました。北海道、九州…とどんどん火山が噴火したりして沈没してい..
日本に大きな衝撃を与えた名作が最新科学の力を借り、舞台を現代に置き換え作られた。緊迫したストーリー展開に、2時間15分があっという間に感じられます。ただし単なるリメイクではなく。それを顕著に表しているのが、潜水艦「わだつみ」の操縦士小野寺。この小野寺の心..
今月の日経の名コーナー「私の履歴書」は、小松左京である。先頃公開された『日本沈没
日本沈没  監督:樋口真嗣出演:草なぎ剛/柴咲コウ/豊川悦司/大地真央/石坂浩二/及川光博日本各地で大規模な地震が頻発する中、潜水艇《わだつみ6500》のパイロットの小野寺は、同僚の結城と共に地球科学博士・田所の指揮の下、深海調査に参加。その結果、大地震と..
田所博士に小野寺くん、そして潜水艇わだつみ・・・まだ小学生のころ、劇場で観た「日本沈没」、なぜかこの固有名詞とともに小林桂樹、藤岡弘、いしだあゆみが浮かんでくる。。。あれから30年以上経っているわけだから、当然時代背景~日本国政府や生活様式、災害時の....
     評価:★7点(満点10点)監督:樋口真嗣主演:草磲剛 柴咲コウ 豊川悦司 大地真央 及川光博2006年 135min潜水艇(わだつみ6500)のパイロット、小野寺俊夫(草磲剛)は地球科学博士田所雄介....
日本沈没2006年  樋口真嗣 監督草磲剛 、柴咲コウ 、及川光博 、豊川悦司 、福田麻由子 、吉田日出子 、大地真央泣かせます、、、かなり良かったです。これはまぁ、壮大なSFなんだケド、オリジナルと対比出来るほどには、オリジナルを覚えていないので、恋愛パ....
 ホント最近邦画ががんばっています。この映画はどうでしょうか?日本沈没を見てきました。
『日本は一気呵成に沈没する。』北海道が分断、阿蘇山大噴火で熊本大惨事!!四国が上下に分かれ、首相の乗った飛行機は噴火とタイミングドンピシャで墜落。面白いのはディザスターな部分だけ、ドラマはイマヨンぐらいだった←イマイチの四倍妄想感想いきます....
2006/07/15公開の作品。むかーーし、テレビ版はかすかに記憶にぃーーー。(年がばれるぅ)結末とか覚えてないし・・パニックものだし・・新たな気持ちで見る事に・・・。
日本沈没上映時間 2時間15分監督 樋口真嗣出演 草磲剛 柴咲コウ 豊川悦司 大地真央 及川光博評価 4点(10点満点) ご存知リメイク作。内容的には凄く興味はあるけどね。たまに嫌なことあると、沈没しないかなーとも思ったり。 何マゲドンですかね....
73年版をリメイク。特撮監督出身の樋口真嗣が腕を振るい、「泣かせる」要素も入れて女性の活躍場面も多い現代版の登場となった2006年 日本 SF、パニック、ドラマ2006年8月4日 ワーナーマイカル・シネマズ・新百合ヶ丘監督 樋口真嗣原作 小松左京出演 草薙剛(ホテル・
あの黒澤明監督が、女性を描くのがヘタというのは有名な話だが、特撮が女性の100倍好きだというオタク監督は、全く女性に興味がないんではないかというくらいの名シーンを描ききりました!!あの柴咲コウに「抱いて」と言わせといて(このセリフ自体もトンデモないが)、草
最近日本映画を見る機会が増えたように思えます。 話題作も多くなったのか、宣伝が多くなったのか、わかりませんが、この作品もなかなか面白いものでした。 ストーリー: 日本海溝近辺の大規模な地殻変動により、
http://www.nc06.jp/すごい迫力有っておもしろかった・・・・のですが・・・あちこちで地震、火山の噴火などが起きて渋谷109が崩壊した映像で結構びびりました。よくできた特撮だなぁと。全体を通してみると単なるパニック映
日本は島国・単民族国家である。その日本に住む日本人にとって、考えたくもない究極の恐怖とは、おそらくこれ以外にないだろう。『国土がなくなる』難民となっても、帰ることができるふるさとがないのだ。
出演者 【主演】草なぎ剛、柴咲コウ 【出演者】及川光博・福田麻由子 吉田日出子 柄本明 ・ 國村隼 石坂浩二(特別出演) / 豊川悦司 大地真央 スタッフ 【原作】小松左京(小学館刊) 【脚本】加藤正人 【監督】樋口真嗣 【特技統括/監督補】尾上克郎 【特技監督】神
日本沈没 公式サイトこの作者(小松左京)の小説が好きで、学生の頃はよく読んでいました。まさかリニューアルされるとは思ってもいませんでした。30年も昔のリニューアル版と言うことは若い人は知らない...
『日本沈没』これほど分かりやすい題材でありながら、この映画は何を描きたいのかよく分りませんでした。草?剛演じる主人公、小野寺は終盤に差しかかるまで無駄にウロウロしているだけだし、柴咲コウ演じる玲子はハイパーレスキュー隊でありながら肝心な時に何の役にも立ち
日本沈没 Nihon chinbotsu (2006/日本)コウたん!コウたん!監督樋口真嗣 Shinji Higuchi脚本加藤正人 Masato Kato原作小松左京 Sakyo Komatsu出演草?剛 Tsuyoshi Kusanagi (小野寺俊夫)柴咲コウ
もともとあまり興味のない系統の映画でしたが、それなりに話題になってるので観てみましたが…正直微妙です。まず長い。実際長いんですが、長く感じるし要らないシーンも多い。そして感情移入ができない。いまいち状況にリアリティが湧かないからか、主人公の行動に共感でき
 『日本沈没』を見に行ったつもりが、上映されていたのは『アルマゲドン』もどきの作品……。  これもまた、今夏悪名高い作品の一つですが、まずい
http://www.nc06.jp/いつも一緒に映画を観に行く先輩が試写会に当たったのでご一緒させてもらうことに。これ、お金払っていたら、いや、自分で貯めたポイントさえも使っていたら暴れていたかもしれません(=_=)
「日本沈没」(2006)「ローレライ」「亡国のイージス」を手がけた樋口真嗣監督の最新作は、小松左京原作の映画のリメイクだった。草彅剛、柴崎コウ主演、感動のラブストーリー超大作!!のはずが・・・。ひと夏のハッタリ話題作として、何年かあとにはキレイに記憶から消えて
「日本沈没」を観てきました。平成「ガメラ」の特撮監督として名高い樋口真嗣監督作品
タイトル:日本沈没/東宝ジャンル:切ないラブストーリー+パニック/2006年/135分映画館:三番街シネマ1(614席)鑑賞日時:2005年8月XX日 満席・売り切れ私の満足度:65% オススメ度:65%今年の1月、京都東宝・スカラ座のさよなら上映でみたオリジナルの「日本沈没」。少
草彅剛さん、柴咲コウさんが出演している「日本沈没」をだいぶ前になってしまいましたが、観てきました。
2006年:日本原作:小松左京監督:樋口真嗣出演:草なぎ剛、柴咲コウ、石坂浩二、豊川悦司、及川光博、大地真央深海調査に参加していた潜水艇「わだつみ6500」のパイロット・小野寺が知った驚愕の事実。それは、海底プレートの急速な沈降で、日本列島は1年後に沈...
日本沈没 スタンダード・エディション (2006/日本)大規模な地殻変動によって日本列島が海中に沈没するという危険性が指摘され、それを証明するかのようなマグニチュード8以上の大地震が次々と発生する。そんな中、大地震の被害にあった潜水艇のパイロット小野寺と幼い少
「てめえは馬鹿か、・・・・・・ いいか、よく聞け!・・・・・・  富士山の大噴火と共に、日本は一気呵成に沈んでいくんだ!」
 『いのちよりも大切なひとがいる。1億2000万人、すべての日本人に捧ぐ――』 コチラの「日本沈没」は、今週末7/15公開になる小松左京の同名小説の映画化なんですが、試写会で観てきましたぁ~♪実を言うとあんまり期待してなかったのですが、予想に反してかなり楽しめ...
バクテリアが原因でプレート断絶。そして、日本列島は沈んでいく。凄い論理ですね。昔の映画は、見たけど全く覚えていませんので新鮮な気持ちでリメイク版を見ました。
先日、TV放映されていたのを録画して見ました。 <あらすじ> 日本各地で大規模な地震が頻発する中、潜水艇《わだつみ6500》のパイロットの小野寺は、同僚の結城と共に地球科学博士・田所の指揮の下、深海調査に参加。その結果、大地震と噴火活動によって日本が1年以内...

PAGETOP