ブレイブストーリー

【監督】千明孝一
【声の出演】松たか子/大泉洋/常盤貴子/ウエンツ瑛士/今井美樹/田中好子/高橋克実/伊東四郎/他
【公開日】2006/7.8
【製作】日本

【ストーリー】
11歳の少年ワタルはある夜、お化けが出るという『幽霊ビル』の階段の上に奇妙な扉を見つける。そしてその扉の中へ入っていく転校生のミツルから『扉の向こうに行けば運命を変えられる・・・』と言う謎の言葉投げ掛けられた。
平凡な毎日を送るワタルだったが、そんな普通の幸せはある日前触れも無く崩れ去ってしまう。ワタルの父が突然いなくなり、そのショックでワタルの母は倒れ込んでしまう。そこでワタルは『運命を変えられる』と言うミツルの言葉を信じ、『扉』の奥へと足を踏み入れる・・・


【コメント】
えっと・・・幻界(ヴィジョン)って宝玉が何個あるんでしょう?(^▽^;)
自分はてっきり5つの宝玉をミツルとワタル、どっちが早く揃えるかっていう争奪戦のようなものを想像していたんですけどね。
もしかして幻界は旅人が来る度に宝玉が量産されるシステムなのかな?(汗

今回は宮部みゆき『ブレイブストーリー』が原作なので、GONZOの長編アニメデヴューでもあり、パクリシーン疑惑(特にジブリ)が浮上していた『銀色の髪のアギト』のような問題は無くてちょっと安心(^^;)
自分のアンチクショウな運命を変える為に幻界に旅立つ少年ワタルの成長物語と、そのワタルと一緒に旅をする仲間達との友情の描き方が、まるでロールプレイングゲームのように進んでいき、観ていると何とも手堅い面白さを感じますね。ゲームでRPGというジャンルがシューティングの次に好きな自分としても、このストーリー展開は中々ハマリます♪

そして本作を観賞する上でやっぱり気になっていたのは声優陣なのですが・・・・・今回は正直上手いのか下手なのか良く分からなかったですね。特に主要キャラであるワタルとミツルを演じていた松たか子とウエンツ瑛士に関しては。
松たか子が演じるワタルは子供っぽい声が良く出ていたんですけど、時折モロ女の子っぽい声に聞こえなくもないし、ウエンツ瑛士に至っては、成績優秀、スポーツ万能、だけどどこか影のあるミツルという役のためトーンの低いクールな声は合ってましたけど、やっぱり声優としての実力が足りないのかやや棒読みのように聞こえてしまう所もあるんですよね~。
でもこれら2人のマイナスな要素は、ワタルとミツルが『まだ声変わりもしていないどこにでもいる小学生』という部分を踏まえると、一概にマイナスと呼べないのかもしれない。もしかしたら2人とも意図的に声を抑えたり強弱付けていたのかもと考えると、やっぱり分からないですね~。

映画として纏める上でやはり原作のどこかを削り、決して忠実な出来とは呼べないのかもしれませんけど、原作未読な自分でも結構楽しめましたし、何より子供にも受けそう♪
GONZOの着実なレベルアップも感じる正統派なアニメですね♪

『ブレイブストーリー』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
映像の迫力と声優の演技のおかげで踏み止まっているものの,あまりにもシンプルな物語が退屈で少し眠くなる。
感動度[:ハート:]   2006/07/08公開  (公式サイト)満足度[:星:][:星:] 【監督】千明孝一【脚本】大河内一楼【原作】宮部みゆき 『ブレイブ・ストーリー』(角川書店刊) 【アニメーション製作】GONZO【声の出演】松たか子/大泉洋/常盤貴子/ウエンツ瑛士/今井美樹/
ドラゴンクエスト+ファイナルファンタジー+ネバーエンディングストーリー。
「ブレイブストーリー」は体力は平均、特別な力も、勇気もない。総合評価35点!の主人公が冒険の旅に出て、運命を変える戦いに挑むストーリーである。予定していた作品ではなかったけれど、内容として予想以上の良い作品だったし、運命は?というテーマでは非常に良い作品
これは、ボクの勇気のハナシ。公式サイト 2006/07/08公開 ジャンル:アニメ 監督:千明孝一 原作:宮部みゆき声の出演:松たか子、大泉洋、常盤貴子、ウエンツ瑛士、樹木希林 ほか《ストーリー》11歳のワタルは、幽霊ビルを探検中に奇妙な出来事を
宮部みゆきの原作の『ブレイブ・ストーリー』読んだときにはまさか映像化されるなんて思ってなかったんだけど中身的には、映像化おおいに結構な物語だから、ちょっとうれしかったりはしたんだけどただ、映像化するのがGONZOですよね?アギトでもキャラクター...
 RPGゲームをしたくなるアニメ映画。だけど最後にはしたくなくなる・・・
宮部みゆき作品に興味を持ったのは高校生の頃。野間美由紀原作「パズルゲーム☆はいすくーる」の単行本だったと思う。雑誌掲載時の広告欄に書かれた原作者のコラムより。何だけど最初に読んだ「パーフェクト・ブルー」に納得がいかず、そのまま保留となり、そ
映画『ブレイブストーリー』の試写会に行った。 原作は宮部みゆきの傑作ファンタジ
~ 孤独を抱えてるのは自分だけじゃない ~ベストセラー作家、宮部みゆきの冒険ファンタジー小説をアニメ化した作品。声優に松たか子、常盤貴子、大泉洋、ウエンツ瑛士、今井美樹、伊東四朗と、アニメ作品にして、とんでもない豪華キャスト。この辺りからも配給のフジ....
≪ストーリー≫11歳のワタルは、幽霊ビルを探検中に奇妙な出来事を目にする。キレイな顔をした少年が、宙に浮かぶ階段を上っていき、大きな扉の中へと入っていったのだ。翌日、ワタルは少年が隣のクラスの転校生・ミツルだと知り、扉の向こうに行けば、運命を変えられるのだ
しかし相変わらず非声優を使いたがりますね。なんでだ?ひょっとしたら非声優にはアニメ映画の質を上げる隠された何かがあるのかもしれません。観客には伝わらない何かが。
これは、ボクの勇気のハナシ。CAST:松たか子/大泉洋/常盤貴子/ウエンツ瑛士/今井美樹 他■日本産 111分この映画は願いを叶えるために5つの宝玉を捜す冒険ファンタジーもの。「ドラゴンボールと似てる」って思ってしまったのはたぶんワタシだけ・・・。ワクワクドキド
★★★  その扉の向こうに行けば、一番大切な願いがひとつだけ叶えられる。でもその扉の中は危険が一杯の異次元の世界なのだ。 突然、父と離婚し病に倒れる母。この降って湧いたような不幸な運命を変えるため、ワタル少年は、異次元への扉を開く。  こんな予告編と、原作
 今回はアニメです。予告編を見た時に 背景の美しさと、松たか子の声を聞いて見に行く事にしました。と言うわけでブレイブストーリーです。
原作宮部みゆきというのが気になって観にいった映画。アニメというのが引っかかるものの、今さらそれを恥ずかしがっても仕方ない(いろいろ観にいってるし(苦笑))。アニメだっていいものはいいのだ!という信念のもと(爆)←これ書いてる時点で言い訳してるってば(笑)
●ブレイブストーリー●●原作:宮部みゆき●監督:千明孝一●声の出演;松たか子/大泉洋/常盤貴子/ウェンツ瑛士/今井美樹●日本映画/112分世の中というのは変えられるものです。苦しんでいる人を助けたり、間違っているところを正すためにも変えてい....
2006年07月08日公開のアニメ映画「ブレイブ ストーリー」を見ました。原作・第一部のドロドロした重~い話に気が滅入ってしまい、“「こんなファンタジー、間違ってる!」気分を変えるんだ。”(映画のコピー的に
原作が宮部みゆきさんだし、TVCMで見て気になっていたので、映画「ブレイブストーリー」を見てきました★ (見たのは、パイレーツ・オブ・カリビアンと同じ日です) ...
今日は『ブレイブ ストーリー』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★★★☆》 面白かった!あまり観る
11歳の少年ワタル(声:松たか子)は,親友のカッちゃんと一緒に,「幽霊ビル」を探検していたところ,階段の上に浮かぶ奇妙な扉を見つけた.ワタルたちは,その扉の中へ入っていく優等生のミツル(ウエンツ瑛士)を見つけ,こう問いかけた.ワタル「あの扉の向こうには何が....
 活字離れをして早2年。大好きな“宮部みゆき”作品であるにもかかわらず、原作はまだ読んでいない。 読んでいないけれども、きっと、読む前に観た方がいいのだろうな。と思って会社帰りにちょこっと寄り道。そして、読
映画、ブレイブ・ストーリーを見てきました。子供向けの映画だけあって話の内容は単純明快です。ただ、宝玉を5個集めるのは時間的に難しかったみたいで、あっという間に集まってしまったのでなんか物足りなさを感じたけど、ショウガナイかな。また、違った見かたをすると、
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(165) ブレイブ ストーリー-こんな単純なストーリーでありながら、観る者の心を震わせる。父親が愛人を作って家を出た。生きる気力をなくした母親が、家で倒れた。不思議な力を使う...
崩壊した家族を取り戻すため、異世界で数々の試練に挑む少年の物語。宮部みゆき原作、冒険ファンタジー小説をアニメ映画化。原作は未読。目的を果たすために一直線に話が進むので、見せ所はあれどダイジェストを観ているよう。仲間のキャラたちとのエピソードがかなり...
劇場公開は行きませんでした。 だって松たか子の声は松たか子の声なんだも~ん・・・って 映画の感想云々の前に もうええかげんフツーに声優さん使ってやってよ全くって そこでとまっちゃったもんで。 ブレイブ ストーリー 特別版亀山千広 宮部みゆき 千明孝一 ワーナー・
オダギリジョー主演『ゆれる』の舞台挨拶を見る為に始発で出掛けたのだが、200人も徹夜組がいた為あえなく撃沈代わりにチケが余っていると夕刊に書いてあった『ブレイブストーリー』の舞台挨拶へ行ってきた。 サンスポ、報知とは言ってもマツリーヌこと藤間隆子様こと松
3点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)えっと、ワタクシは決してオタクと言うわけではないのですが、アニメはそれなりに好きでして、どーやら普通の人よりはアニメを観てるよーで・・・ま、ほんのちょびっとの差なんですけどね。いえいえ、決してオ
ブレイブ ストーリーposted with amazlet on 06.12.02ワーナー・ホーム・ビデオ (2006/11/23)売り上げランキング: 71Amazon.co.jp で詳細を見るおすすめ度:★★☆☆☆【STORY】11歳のワタルは、幽霊ビルを探検中に奇
「ボクのこの手で、運命を変えるんだ!」「ブレイブ ストーリー」(★★☆☆☆)2006年 フジテレビ。なんか、TVゲームをアニメにしたような作品ね。剣や魔法やドラゴンなんかが出てくる、よくあるファンタジーです。両親の離婚や、母の病気...
原作は宮部みゆきの同名小説。例のごとく、とても長い小説を2時間位にまとめたらしい。既に嫌な予感はするのだけれど、そんなに悪い評判は意外にも聞かないですね。テレビでやっていたのでそれを鑑賞也。小学5年生のワタルは、幽霊ビルを探検中に一人の少年が、宙に

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP