サイレントヒル

【監督】クリストフ・ガンズ
【出演】ラダ・ミッチェル/ショーン・ビーン/ローリー・ホールデン/デボラ・カーラ・アンガー/キム・コーツ/アリス・クリーグ/ジョデル・フェルランド
【公開日】2006/7.8
【製作】アメリカ

【ストーリー】
『サイレントヒル・・・』。その奇妙な言葉を毎夜繰り返す愛娘のシャロン。母親のローズはその謎を解くため、ウェストヴァージニア州に実在する街・サイレントヒルを訪ねた。しかし全く人気が無く、深い霧に覆われたその街は、一度足を踏み入れたら抜け出す事が出来ない呪われた街だった。そこで失踪してしまったシャロンの身を案じるローズは、恐る恐るサイレントヒルを探索するうちに、想像を絶する恐怖に見舞われていく・・・


【コメント】
ラジオが出ないなぁ~・・・と思ったら、映画版ではラジオの代わりに無線機や携帯が敵を知らせる役目だったんですね(^^;)アレンジが加わっていたけど、ゲームのようにラジオを常に持ち歩くよりは自然ですね(笑

ゲームメーカー・カプコンの代表的ホラーゲームである『バイオハザード』と同等の人気を誇るコナミの代表的ホラーゲーム『サイレントヒル』の実写映画版。このゲームは自分も『3』までプレイしているので『一応』ファンなんですが(^▽^;)、いやいやこの出来には自分も驚いてしまいました。
雑誌などに『忠実』と書かれていたのを事前に読んでいたんですが、実際観てみると正にファン必見です♪
若干映画風にアレンジが加えられているものの、殆どがゲームから引っ張ったようなシーンの数々。監督のクリストフ・ガンズ自身もゲームの大ファンらしいので、その徹底ぶりが映画全体に滲み出ていますね。
ゲームをやりもしないで、ただ人のプレイだけを横で見て作ったという『サイレン』の堤幸彦監督も見習って欲しいものです。

劇中ではとにっっかく各場面、そして異形のクリーチャー、登場人物やその仕草など、随所にゲームへのオマージュが込められています。
最初にシャロンを探す際にライターを付けたローズを、上から捉えたカメラアングルもゲーム視点そのままですし、裏世界独特の暗黒感に至っては映画の方が怖い気がします。
クリーチャーにしても毒吐き&そこら中にいてめっちゃウザかったライングフィギュアや、奇怪な動きが印象的だったバブルヘッドナース、そして巨大鉈の即死攻撃にいつも泣いたレッドピラミッドシングなどなど『サイレントヒル2』ゆかりの者が次々と登場するのも嬉しい♪

キャラクターも同様に忠実ではあるのですが、映画版の方ではかなり変更されている所もありました。
ゲームではハリーという男性が主人公なのに、映画版は女性のローズに大幅に変更されており、これはやっぱり母親の方が父親よりも親子愛のようなものが強調されるからなんでしょうね~。それにホラーには女性がお約束みたいな感じですし(笑)演じていたラダ・ミッチェルもなかなかの絶叫振りです。
他にもローズと一緒にサイレントヒルを彷徨う警察官のベネットも出ていましたし、更には看護婦のリサまで!!∑( ̄▽ ̄;)(驚
キーパーソンのアレッサはちょっと幼い感じがしますけど、演じていたジョデル・フェルランドが可愛いから許します(ニャンニャン♪がツボ)
そしてすっかり『イイ人』も板に付いてきてしまっているショーン・ビーン(^▽^;)ローズの夫、シャロンの父であると同時に、この映画を観る人にとってはサイレントヒルという非現実的な場所から現実の場所へと呼び戻してくれる・・・そんな存在のようにも思えるんですよね~。最後に家で待つ姿が何ともいえない哀愁を漂わせています。


久々に長々と書いてしまいましたが、この実写版『サイレントヒル』は、ファンにとっては本当に良作だと思います。
また初めて観る人にとっても、サイレントヒルの斬新な世界観に魅了されるかもしれませんし、これで日本でもウケが良かったらゲームのように続編になってもいいのではないか?と淡い期待を込めてしまうメビウスでありました。

『サイレントヒル』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 手におえなくなった者は焼いてしまえ!魔女狩りにとどまらず、痛烈なブッシュ批判なのではないかと思えるくらいの社会派SF映画。
このところぬるいホラーばかりが続いている中、本国で大ヒットしたのを聞いて期待していた「サイレントヒル」が公開されたので早速観てきました。ちなみに原作はテレビゲームらしいですが、ゲームの中身については全く知りません。★★★★不気味だけれど怖くは無い。全然怖
2006/アメリカ監督:クリストフ・ガンズ出演:ラダ・ミッチェル   ローリー・ホールデン   ショーン・ビーン   キム・コーツ   ジョデル・フェルランド   アリス・クリーグバイオハザード同様、ゲームやりたくなっちゃった[:おばけ:]以下、ネタバレ感想
≪採点(読むなび!参照)≫合計:65点 採点内訳へ≪梗概≫『バイオハザード』を超える衝撃─ 大ヒット・ホラーゲーム完全映画化!「サイレントヒル……」と謎の言葉を発して悪夢にうなされるシャロン。そして、
「サイレントヒル」をシネマート心斎橋にて鑑賞。「サイレントヒル……」と謎の言葉を発して悪夢にうなされながら失踪してしまった最愛の娘シャロン(ジョデル・フェルランド)を探すため、ウェストバージニア州の街“サ
監督:クリストフ・ガンズ出演:ラダ・ミッチェル、ローリー・ホールデン、ショーン・ビーン、キム・コーツ、ジョデル・フェルランド、アリス・クリーグ評価:78点公式サイト(ネタバレあります)クリスタベラ許すまじ。と言っても見事に....
何かヘンなものがまた出てくるっぽいCMをチラッと観ちゃったのでダメそうなニオイがしてたんだけど、、、。今日はズバっと言いたい気分ネタばれあり!で書いちゃいます。これほんとにホラーですか????「バイオハザード」も知らないし、この作品、コナミのゲームの映画化
【渋谷シネパレス】ローズ(ラダ・ミッチェル)とクリストファー(ショーン・ビーン)の夫婦は、9歳になる娘シャロン(ジョデル・フェルランド)の奇妙な言動に悩んでいた。しばしば情緒不安定になり、“サイレントヒル”とつぶやくシャロン。彼女を救う手掛かりを探すロー
邦題:サイレントヒル 原題:SILENT HILL 監督:クリストフ・ガンズ 出
え、浜松公開ないの?^^;;;てっきり公開されるとばかり思ってたのに・・・浜松のゲーマー人口少ないわけもないでしょうに『サイレントヒル』公開されましたねー。まった越境なんですね。。。なぜかゲームはサイレントヒル2だけ持ってますが・・・途中で、できなく...
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 凄まじい・・・サイレントヒルズ族  
コナミの大ヒット・ホラーゲーム「サイレントヒル」の映画化。私はゲームの1が出た頃、ちょっとやった事があるくらいで、正直あんまり覚えていないけど、世界観や雰囲気はなかなか上手く再現している様に思う。※以
日本のゲームメーカー、コナミが送り出し、世界中にファンを持つ大ヒットゲーム“サイレントヒル”シリーズ。映像の美しさと、人の心の闇に入り込む恐さで圧倒的な支持を集めるこのゲームが、一流のスタッフで映画化された。多くのファンのいるゲームの映画化には、不安も.
2006年39本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「ジェヴォーダンの獣」のクリストフ・ガンズ監督作品。廃墟と化した不気味な街に足を踏み入れた一組の母娘を、想像を絶する恐怖が襲う。まず、ショーン・ビーンが出演している事に驚きました。ゲームの雰囲..
震えるほどの怖さはないが,テンポのいいドラマで訴える子供への愛は伝わる。
「サイレント・ヒル」★★★★オススメラダ・ミッチェル、ショーン・ビーン 主演クリストフ・ガンズ 監督、2006年アメリカ日本発の大ヒットゲームの映画化ゲーム自体を知らないが、ストーリー以外の視覚的な味付けはゲームの雰囲気も持っている。...
『バイオハザード』を超える衝撃─ 大ヒット・ホラーゲーム完全映画化!(ネタばれありだと思います) バイオハザードを越える衝撃・・・まったく受けなかったんですけど。。。 どうしましょう。。。。もう、うさぎには怖いって言う気持ちがなくなったのかしら? ホラー
廃墟となった街“サイレントヒル”に足を踏み入れた母娘に襲いかかる恐怖を描いたホラー・サスペンス。原作はコナミのホラーゲーム。これはゲームファン必見ではないでしょうか。世界観はゲームそのもので雰囲気はバッチリ、完成度は高いよ。もちろん映画なので多少の...
「サイレントヒル」☆×6+(殿堂入り・リミットオーバー)監督:クリストフ・ガンズ“その街では、祈りさえも、悲鳴に変わる――”【ローズとクリストファーの夫婦は、9歳になる娘シャロンの奇妙な言動に悩んでいた
廃墟と化した不気味な街に足を踏み入れた母娘に襲い掛かる想像を絶する恐怖を描いたコナミの大ヒット・ホラー・ゲーム「サイレント・ヒル」の映画版。主演は「ピッチブラック」「ネバーランド」のラダ・ミッチェル。共演に「フライトプラン」「スタンドアップ」のショ...
昔、ゲームをやったことがあります。かなり初めの段階で挫折しましたが(笑)このほんの少しやったというだけでも、観ているうちにゲームの世界をなんとなく思いだし、なるほど映画になるとこんなふうになるんだなと
え? サイレントヒルの獣ッ!?廃墟と化した灰が降る不気味な街に足を踏み入れたとき、想像を絶する恐怖が襲う。人気ホラーゲームをジェヴォーダンの獣のクリストフ・ガンズ監督で映画化。
ラダ・ミッチェル、ローリー・ホールデン、ショーン・ビーン主演ローズ・メイソンは夢遊病の娘シャロンを子に持ち何とかこの原因不明の不治の病から娘を治そうとします娘がつぶやいたサイレント・ヒルと言う町の名前を聞きこの病気を治すにはその町へ行き謎を究明する事と考
評価:20点サイレントヒル友達に付き合って見てきました。見ているときの感想は大体こんな感じ↓ん?母親がわざわざサイレントヒル行く意味がわからんぞ(子ども連れて現地調査する前にやることがあるだろ)。まあ、ホラーだからそこら辺は仕方ないか。ん?勝手に色々なモ
『サイレントヒル』  公式HPはこちら ←クリックゲームの公式HP ←クリック●あらすじローズとクリストファーの夫婦は、9歳になる娘シャロンの情緒不安定や夢遊病に悩んでいた。『サイレントヒル』と奇妙な言動をつぶやくシャロン。彼女を救う手掛かりを
  クリストファー夫婦の娘・シャロン(ジョデル。フェルランド)は、「サイレントヒル」という言葉を発し、夢遊病にうなされていた。 彼女の病気の根源でもあろうかと思われるサイレントヒルという街が実在する事を知った母のローズ(ラダ・ミッチェル)....
●じわじわと忍び寄る、人間の弱さを負の側面から炙り出す恐怖を効果的なビジュアルエフェクトで描いた上質ホラー作品●ダーク・ナース集団との「サバイバルdeだるまさんがころんだ」は手に汗握るゾ。ホラーが苦手でなければ観逃すな!
突然大音響とともに怪物が現れてビックリ、という演出は一切ない心臓に優しいホラーです。
”Silent Hill”。監督=クリストフ・ガンズ。夢遊病の娘のうわ言に誘われるように辿り着いたのは、30年前の大火事でゴーストタウン化し、封印された町「サイレントヒル」。果たして母親は襲い来る恐怖のステージをクリアして、生きてこの町を出ることが出来るかどうか…
ゲームはほとんど知りませんが・・・・。この「サイレントヒル」はホラーゲームを映画化したものだそうです。ゲームメーカーのコナミが発売したもので、全世界で530万本の売り上げがあったという人気商品これをクリストフ・ガンズ監督(フランス)によって実写化アメリカ
2006年7月8日公開 バイオハザードより怖い!?っていううたい文句で、日本のヒットゲームコンテンツがまたもやハリウッドで映画化! まずはこの、日本の優良文化の輸出現象に素直に拍手を送りたいですね。 し
只今、公開中です。"SILENTHILL"監督・・・クリストフ・ガンズ出演・・・ラダ・ミッチェル、ショーン・ビーン、ローリー・ホールデン、デボラ・カーラ・アンガー、キム・コーツ、ターニャ・アレン、アリス・クリーグ、ジョデル・フェルランド、他。・物語序盤・ロ
『サイレンがなると隠れろ!』う~ん、どこかで聞いたような・・『サイレントヒル』公式サイト原題;SILENTHILL 制作データ;2006カナダ仏米日/松竹 ジャンル;ホラー 上映時間;127分 指定;PG-12監督;クリストフ・ガンズ出演;ラダ・ミッチェル/ショーン・ビーン/ロ...
 「サイレントヒル」という映画を見ました。原作は世界中にファンを持つ日本の大ヒットホラーゲームで、監督もゲームの大ファンだそうです。 ローズとクリストファーにはシャロンという養女がいました。2人はシャロンが夢遊病であることに心を痛めています。「サイレン
原題:SILENT HILL製作国:アメリカ/日本/カナダ/フランス製作年度:2006年上映時間:126分監督:クリストフ・ガンズ脚本:ロジャー・エイヴァリー出演:ラダ・ミッチェル/ショーン・ビン/ローリー・ホールデン/デ
全世界で累計530万本以上の売り上げを記録した同名ゲームを実写版として映画化したホラームービー。ゲーム版の熱狂的なファンである『ジェヴォーダンの獣』のクリストフ・ガンズが監督に抜擢され、壮大なオープンセットと最新鋭の特殊効果を融合させた未曾有の映像美を構築
2006年5月6日鑑賞Tagline: Enjoy your stay.ストーリーローズ(ラダ・ミッチェル)とクリストファー(ショーン・ビーン)は、赤ん坊の頃に養女として引き取った娘・シャロン(ジョデル・フェルランド)の奇妙な言動に悩
 今回はゲームが原作の映画サイレントヒルです。ゲームが原作の映画と言えば、バイオハザードや、スーパーマリオ、ファイナルファンタジー、サイレンなどいろいろありますが、正直言って「おもしろい!」ってのないんですよね~。さて、今回はどうでしょうか。
Where is Silent Hill?What is Silinet Hill?Welcome to Silent Hill.サイレントヒル、つうか、サイレンで夜?現題:「SILENT HILL」監督:クリストフ・ガンズ出演:ラダ・ミッチェル、ローリー・ホールデン、ショーン・ビーン、デボラ・カーラ・アンガー、ジョデル・フェル
サイレントヒル SILENT HILL2006年  クリストフ・ガンズ 監督ラダ・ミッチェル 、ショーン・ビーン 、ローリー・ホールデン 、デボラ・カーラ・アンガー 、キム・コーツKONAMI の同名ゲーム サイレントヒル の完全映画化? ですか??ま、原作ものは、自...
ゲーム版「バイオハザード」の大ブレイク以後、同系統のホラーゲームがブルース・リーのソックリさん映画なみに大量製作されました。まぁそのだいたいは「ホラー」というジャンルの不文律であるかの如くアレなデキだったわけですが、コレの原作であるゲーム版「サイレントヒ
ホラー映画見て参りました。?映画館でホラー見るの何年ぶりだろう・・・??ヘタレなのでホラーは敬遠してるんですが、評判良いので思い切りました。 コナミのゲームソフト「サイレントヒル」が原作だそうです。?私はゲームのほうは、やったことないです。
本作は元々ゲームだったのを映画化したもの。ゲームはやったことがないので、世界観が同じように仕上がったのかどうかは判断できないけれど、同じゲームからの映画化作品『バイオハザード』『DOOM』よりはずっと完成度が高く、その世界観、映像美は素晴らしい!ローズ...
4点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)ワタクシも凄くハマった(1限定だけど・・・)体感ホラーゲームの映画版という事で色々と楽しみにしながら観ました。例えば!あの独特の世界観をどー表現してるのか?謎解きのネタは?三角ヘッドの扱いは?ラ
 サイレントヒル「サイレントヒル」 ★★★☆SILENT HILL (2006年アメリカ/日本/カナダ/フランス)監督:クリストフ・ガンズ脚本:ロジャー・エイヴァリーキャスト:ラダ・ミッチェル、ショーン・ビーン
監督 クリストフ・ガンズ 主演 ラダ・ミッチェル 2006年 アメリカ/日本/カナダ/フランス映画 126分 ホラー 採点★★★ 15~18世紀のヨーロッパで巻き起こった魔女狩りにより命を失った人数は、数万人にも上ると言われている。有名な所では“セイラム魔女裁判”が挙げ
主人公ローズ(ラダ・ミッチェル)は、情緒不安定な9歳の娘シャロンが口走る「サイレントヒル」という地名が気になっていた。調べたところ、30年前の火災の影響で、今ではゴーストタウンと化した実在の町とわかる。彼女はそこに娘を連れていけば、何かがわかると思い、早速
ホラー映画洋画 ホラー映画初心者のすけきよです。メビウスさんもオススメと教えてくれた「サイレントヒル」観ました。 DMMでレンタルする あらすじ:愛娘・シャロンが悪夢にうなされて叫ぶ、"サイレントヒル"という奇妙な言葉。シャロンの母親・ローズは、
レビューを更新しました。レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。Review→映画レビュー、から見れます
WOWOWで鑑賞―【story】「サイレントヒル・・・」と謎の言葉を発して毎夜悪夢にうなされる娘シャロン(ジョデル・フェルランド)を救おうと、ローズ(ラダ・ミッチェル)は、夫(ショーン・ビーン)が止めるのも聞かずに、ウエストバージニア州の「サイレントヒル」を訪れ...
サイレントヒル 全世界で累計530万本以上の売り上げを記録した同名ゲームの実写版 ゲームは人気あるらしいけど、こういうのは苦手でやった事ないので あまりストーリーも理解できぬまま終わってしまった( ゚Д゚)ポカーン 何より虫みたいなのはキモ...
「ひらりん的ホラー特集2009夏」 の第3弾。 史上最も怖いホラーゲームに選ばれた・・・ というkonamiの同名ゲームの映画化という事らしい。
<サイレントヒル を観ました> 原題:Silent Hill 製作:2006年アメリカ ランキング参加中 人気ホラーゲームの映画化作品。ちょうど「バイオハザード」が流行った頃に、似たようなゲームが沢山出て、そのうちの一つだったような気がします。 ゲームも気になって...

コメントの投稿

非公開コメント

メビウスさん、こんにちは!
トッドにイマイチ盛り上がっていらっしゃらないようでしたので、コチラにお邪魔しました(笑)
私はトッドで超ハイテンションな感想を書いたので・・・無視して下さいぃぃぃ~

ところで、この映画の題材となったゲームは全く知らなかったのですが、、、なかなか雰囲気が良くって楽しめました~
怖いというよりも不気味で・・・映像がとても美しかったです。
ゲームを知らないので、イマイチ???の部分もありましたが、もう1度観たいなぁ~という気持ちにさせられました。
ちなみにグロイ看護婦は夢に出そうです(汗)

忠実で嬉しかったです♪

>由香さんこんばんわ♪

あはは・・(^^;)今回のティム&ジョニー作品は、自分はちょっと受けが良くなかったかも・・?出演者の演技は素晴らしかったけど、ストーリーの方が自分には合わなかったです(汗

この『サイレントヒル』は自分もゲームのファンだったので、その忠実な世界観には驚いてしまいました♪ゲームの方も凄い不気味で怖いんですけど、映画の方も負けず劣らずですね。特にクリーチャーの造形が素晴らしくて、心の中で感極まってましたw
由香さんが苦手なグロイ看護婦も不気味でしたが、何故かプロポーションだけは良くて、自分はそこにも目が行ってました(笑

PAGETOP