着信アリ2

【監督】塚本連平
【出演】ミムラ/吉沢悠/瀬戸朝香
【製作】2005年/日本

【ストーリー】
保育士の仕事をする傍ら、チャイルドセラピストの勉強を始めている杏子(ミムラ)は、恋人の尚人(吉沢悠)と会う時間も取れずにいた。尚人はカメラマンを目指し修行中。しかし2人はそれぞれの夢を追い励ましあっていた。
その日尚人のアルバイト先に向かった杏子はそこで薄気味悪い着メロを耳にする。
それは1年前に起きた、その着信を受けた人間は必ず死ぬと言う”死の予告電話”のメロディだった。呪いはまだ終っていなかったのだ。
やがて杏子の携帯にもあの不吉な着メロが流れ出し、杏子は恐怖にかられ始める。

一方、一連の死の着メロ事件を追うルポライターの孝子(瀬戸朝香)は、1年前水沼美々子の怨念が起こした事件との違いに気づき、その鍵が台湾にある事を突き止める・・・

【コメント】
かなり気だるさが残ったラストシーンで印象的だった前作なだけに、今回は一体どうやって繋げて行くのだろうと若干期待はしていましたが、なんか観終った後、前作よりもかなり気だるさが残りました・・

要所要所に出て来る展開と伏線にかなり無理矢理な感じが見え隠れしていますが、本来ホラー映画は『非常識』な展開は当たり前なので、突っ込むべきではないのですが、でもストーリー的に見ると『えっ?!なんでそこに○○があるの?!』みたいな突発的な辻褄合わせみたいなものが発生して、そこでちょっと期待感を削がれますね。

今作は大雑把なストーリー展開にすると、前半は日本編、そして後半は台湾編みたいな感じになるのですが、台湾編になるとなんだかガラリと内容が変わってしまう・・・
元々本作は『携帯から死の着信メロディが届くと必ず死ぬ』と言う都市伝説的な恐怖を描いたものであるにも関わらず、後半に入ると都市伝説と言うよりも『昔から言い伝えなれている~』みたいな伝承的恐怖に入れ替わってしまう。一本道なストーリー展開が駄目だったのなら、最初から『呪怨』のような無差別的恐怖にした方が良かったような・・・(-_-;)
それに終盤には何やら『リング』の井戸から貞子の遺体を発見して、その辛さと悲しみを共感するシーンに非常に酷似しているような場面が見られ、『またパクリか・・・』と思ってしまいました・・

まあこの作品、個人的に粗探しをすればかなり出て来る事とは思いますが、それでも良い点も幾つかは存在します。
前作でもそうだったのですが、無理なストーリー展開を除けば、ホラー映画の”キモ”みたいな部分でもある『脅かし』は今作でも◎です♪
主要キャラの後ろを音も無く過ぎ去り、ハッ!と後ろを振り向くとすでにそこには誰もいないみたいな脅かし方は、もう見慣れているので対して驚きもしませんでしたが、意表を突く場所からいきなり手がガバッ!と出てきたりする脅かし方は相変わらず慣れません・・と言うかその際に音が急にデカクなるので、もしかしたら自分はそれにビビッてるのかもしれません(笑


※でも出演しているピーター・ホー、相変わらず演技がぐでんぐでんです・・(-_-;)
『パラダイスロスト』の時とあまり進歩してないのでは?

仮面ライダーサイガも死の着信には勝てなかったと言うわけですか・・(・ロ・;)

女優のミムラさんと結婚した世界的な指揮者である金聖響さんが大阪市のザ・シンフォニーホールで、コンサート「ブラームス・チクルス」の会見に出席しました。そしてミムラさんとの甘い新婚生活について、自ら初めて明かしてくれました。ミムラさんといえば着信アリに...

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP