カーズ

【監督】ジョン・ラセター
【声の出演】オーウェン・ウィルソン/ポール・ニューマン/ボニー・ハント/ラリー・ザ・ケーブル・ガイ/ジョージ・カーリン
【公開日】2006/7.1
【製作】アメリカ

【ストーリー】
ピストン・カップの若き天才レーサー、ライトニング・マックイーンは、レーサーとしては絶大な人気を誇ってはいるものの、信頼できる友達は1人もいなかった。
ある日、彼はルート66号線沿いの小さな田舎町『ラジエーター・スプリングス』に迷い込んでしまう。そこで待ち受けていたのは、オンボロレッカー車のメーターをはじめ、今まで見た事も無い不思議な車たち。しかし平和に見えるこの町には、誰も知らないある秘密があった・・・


【コメント】
時間の都合もあって今回は字幕ではなく吹き替えで観たのですが、メーターの吹き替えを担当したぐっさん(山口智充)が普段とは全然違う声色を出していて、とても上手かったです♪ポール・ニューマンやミハエル・シューマッハの声も聞きたかったですけどね。

実は自分ピクサーアニメは殆ど未見で、それこそデヴューは前作の『Mrインクレディブル』だったりします(^▽^;)
モチロン初めて観に行った当初は、本編の前にお決まりの短編作が先に上映されるなんて事を全然知らなかったので、インクレディブルを観に行った時『あれ?もしかして映画間違えた?』と思い、焦りながら短編を観ていた記憶が蘇りました(^▽^;)・・・・・でもその教訓(?)を踏まえたのもあって、今回は短編をゆっくり楽しく観る事が出来ましたですよ♪(馬鹿

そして車の世界を描いた本編の『カーズ』ですが、いやいや♪洋画のアニメで素直に感動したのってなんか久しぶりです。今更ながらピクサーアニメの面白さに気付いてしまった自分。映像技術の面においても、そしてストーリーの面においても抜かりがないですね。

フロントガラスに付いた目もコロコロと変わり、表情が豊かで多彩。登場人物ならぬ登場車もそれぞれが個性的でとても面白いんですよね~。自分は車に詳しくないのですが、詳しい人なら更に面白く観れるかもしれませんね。
ストーリーの方も車の擬人化とはいえ、なかなかに泣かせてくれます。自分勝手な主人公マックイーンが、悲しい過去を持つ町ラジエーター・スプリングスで暮らす住民達と触れ合ってく中で、友情や絆の大切さを知っていくといった所も丁寧に描かれていますし、サリーとのロマンスやドックの秘密も見所です♪

見所と言えば、冒頭と終盤に見られるピストンカップのレースシーンもその1つですね。スピード感や走行音などは正に本物のレースさながらで凄い臨場感に溢れています。
更に凄いと言えば、フォークリフトのグイドのタイヤ交換の早さにも驚愕してしまいました∑( ̄□ ̄;)5秒も掛かってないんじゃないでしょうか?(笑

ピクサー作品をまだ2作しか観ていない自分が言ってもかなり説得力がない事は重々承知ではありますけど、それでもこの『カーズ』は歴代のピクサー作品の中でもかなり上位に位置する出来なのではないかと思ってしまいます。

レーシング車はクラクションやライトが付いていないと言う事も初めて知り、管理人メビウスは知恵も1上がりました♪

『カーズ』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 PIXAR(ピクサー)最新作「カーズ」を、昨日朝一番に観に行ってきた。チビスケと二人で・・・。? 「ちゃんといい子で観ることできる?大きな声を出したり、泣いたりしたらいけないんだよ。」 「できるぅー」 「ほんと?パパとふたりだよ。ママはいないよ。」
「カーズ」評価 ★★★★★(4.6)『あらすじ』 ピストン・カップで接戦を究める3台の車。ベテランの走りを見せるキング、相手を挑発し、時に進路妨害をする万年2位のチック・ヒックス。そして、稲妻の如くレーシング界に現れた新人のマッ...
鑑賞日 2006年7月1日(土) TOHOシネマズ錦糸町声優 戸田恵子/山口智充 他映画の日&土曜日だったので、久々に友人と。私が観たい「DEATH NOTE」、友人が観たい「カーズ」の2本を観てきました。この「カーズ」。実は全く期待してなかったの。友人に誘
クルマだらけの大博覧会から現実に戻ると全ての自動車に愛着が湧いていました。マックィーン欲しい~(無理
ピクサー社がディズニー社との提携を打ち切り、2社が提携してでの作品はこれで最後...となるハズだったのにね。さすがピクサー作品だけあってCGは文句の付けようがないデキ。車に映り混む背景やネオンなどなど、思わず唸ってしまう美しさ。車のデフォルメさ加減も絶...
カーズCARS監督 ジョン・ラセターアメリカ 2006
轟渡るエンジンの爆音!タイヤの焼ける匂いまで伝わってきそうなリアリティ溢れるレーシングシーン。迫力のあるレーシングカー同士のデッドヒートには、いやが上にもテンションは急上昇!今年のピクサーアニメの主人公?主人車?は、レーシングカーのライトニング・マックイ
「モンスターズ・インク」や「ファインディング・ニモ」でおなじみのPIXAR社の...
「ビックリした!」というのがファーストインプレッション。ジョン・ラセター御大自らが、久々に送り出してきた作品が、これほどマニアックな代物だったとは。「カーズ」は、勿論非常に優れたファミリー映画である
 ケニーG風の音楽聴いてたら眠くなって事故るぞ!
「カーズ(Cars)」の予告編を初めて見たときは「擬人化もTOYや虫や魚だと大丈
今度の奇跡は「クルマ世界」に起こる地図から消えた街「ラジエーター・スプリングス」を救え! ■監督・脚本 ジョン・ラセター■キャスト(声) オーウェン・ウィルソン、ラリー・ザ・ケーブル・ガイ、ボニー・ハント、ポール・ニューマン、マイケル・キートン□オフ
車たちの世界を舞台に、レースでチャンピオンを目指す人気者のレースカーと、それを取り巻く車たちの物語です。
今日は支援の仕事で、Hさんと映画「カーズ」を鑑賞しました。お天気は今一つでしたが、運良く雨には遭遇する事なくて良かったです。私はこの手の映画は初めてです。3Dでの映像って凄いですよね単なるアニメーションとは一味違い・・・。観ているだけで、吸い込まれそうな迫
※画像は試写会終了後に行われたキャラクター人気投票でbobbyshiroが投票した「グイド」です。「トイ・ストーリー」のジョン・ラセター監督の新作ピクサー映画「カーズ」の試写会に行ってきました。ワンパターン的な感じもあるがどうして「ピクサーの映画」は楽しくて勇気と
吹替え版だと字幕を見ない分、画面に集中できます。いや凄まじいですね、レース会場のシーン。画面を覆いつくす全ての車がモゾモゾと動いてます。こういうのはフルCGアニメの強みですね。
「カーズ」を観てきました~♪新人レーサーのマックイィーンは、その天才的な才能の為、他人をまったく信じず、勝利しか頭になかった。カリフォルニアで開かれる決勝レースに向かう途中、ルート66沿いにあるラジエーター・スプリングスという街に迷い込んでしまう・・・
「今度の奇跡は[クルマの世界]に起こります」監督:ジョン・ラセター脚本:ジョン・ラセター声の出演:オーウェン・ウィルソン、ポール・ニューマン、ボニー・ハント、ラリー・ザ・ケーブル・ガイ、ジョージ・カーリン、リチャード・ペティ、マイケル・キートン、ジョン・ラ
ディズニー映画は好まないので、「トイ・ストーリー」も「モンスターズ・インク」も「ファインディング・ニモ」も観てなかったりする。なのに何故?予告編で惹かれたものがあったような覚えがあるけど・・・食わず嫌いを直そう、これもありかな?(以下ネタ
絶対観るなら、字幕よねーーポール・ニューマン出てるし主役の名前がライトニング・マックウィーンだし・・・なんて思って、わざわざ越境して観にいったのにもかかわらず途中で寝ちゃったのよね^^;;;;微妙に(爆)でも、後半のクライマックスシーンだけで・・・...
車たちの世界を舞台に、レースでチャンピオンを目指す人気者のレースカーと、それを取り巻く車たちの物語。今回観たのは、日本語吹替版です。
ピクサー映画が大好きな私ですが未だに『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』を越えるような作品が出てこない状況でこのカーズの予告を観た時に…機関車トーマスのパクリじゃん!車が主役なんて全然キャラも可愛くないし、なんだか期待薄だななんて思っていたの..
車好きでなくても魅入られるが、車好きならきっともっと、魅入られる。{/cars_red/}大人も満足のほろ甘いコメディ・アニメ。{/star/}2006年 アメリカ アニメ、ファンタジー、コメディ2006年7月1日 ワーナー・マイカル・シネマズ新百合ヶ丘監督・脚本 ジョン・ラセター(M
『カーズ』鑑賞レビュー!ディズニー/ピクサー最新作!6月9日に全米3985館で封切られ初登場No.1を記録ピクサー・アニメーション・スタジオの20周年記念作品♪同社は1986年にアップルコンピュータ現CEOのスティーブ・ジョブス氏によって創立され、これまでに『ト
「カーズ」家族愛を描いた「Mr.インクレディブル」も良かったが、「カーズ」は更に素晴しい出来映え。ディズニー/ピクサーの作品は、ツボを押さえていて、サスガとしか言いようがない。ストーリーは先読み出来るが、個性的、魅力的なキャラクター、田舎町のノスタル
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(150) カーズ-「カーズ」には古き良きアメリカの再興に向けた希望が感じられる。ピクサーのアニメと聞くと、反射的にスティーブ・ジョブズの顔が連想されてしまい、良い映画のは....
≪ストーリー≫カー・レースの最高峰ピストン・カップに出場する若きレーシングカー、マックィーン。新人ながら天才的な実力と圧倒的な人気を誇る彼は、優勝まであと一歩のところまで登りつめていた。ところが次のレースの開催地へ向かう途中、マネージャーとはぐれたマック
2006年07月01日公開の声の出演 オーウェン・ウィルソン、ポール・ニューマンのCGアニメ映画「カーズ CARS」を見ました。擬人化されたクルマの世界のお話。あまり期待できなそうと思いつつ鑑賞してたのが、終わる頃には
そこは、地図から消えた町―――CAST:山口智充/戸田恵子 他■アメリカ産 122分他の製作会社のCGアニメは字幕版で観るけど、ディズニー、ピクサー作品だけは吹替版で観るという変なポリシーを持っているワタシ。おもちゃ、昆虫、モンスター、魚、ヒーロー、ときて今回は車
公式サイト監督:ジョン・ラセター評価:90点(ネタバレあります)トイ・ストーリーをはじめてみたときに、そのCGのリアルな質感に驚いたものだ。あれは画期的な映画だった。それからPIXERはいくつものCGアニメ映画を作ってきたが...
見れば面白い・感動する・・・ディズニー&ピクサーアニメなんだけど・・・クルマが喋る・・・っていうのにちょっと抵抗感。しかし、全米興行収入3週連続トップだとか・・・主人公の声が、オーウェン・ウィルソンだとか・・・だったので、字幕版で観て来ました。
都会育ちの人気レーサー、ライトニング・マックィーン。彼はある日、ルート66号線沿いの小さな田舎町《ラジエーター・スプリングス》に迷い込んでしまう。そこで出会ったのは、オンボロ・トラックのメーターをはじめとする不思議なクルマたち。そして、平和...
車がしゃべっちゃう??大好きなピクサー作品でも流石に今回ばかりは抵抗がありました。たいしてキャラもかわいくないしどうなるかと思っていたら・・・やっぱし楽しめちゃったのでした♪車が主役なのを気にしていたことなんてすっかり忘れてしまってました。こんな世界だっ
オーウェン・ウィルソン、ポール・ニューマン声の出演マックイーンは新鋭の赤いレーシング・カーですピストン・カップのレースで今日が引退試合のチャンピオン青いキング ストリップ・ウェザーズキングに勝ち自分が王者になろうとしている緑のチック・ヒックスゴールを目指
ディズニー/ピクサー作品『カーズ』を観に行った。 私がディズニー/ピクサーで初
息子との本日の乗り切り方に悩み、映画に行こうかと誘ったら乗ってきた。 何かないかな、と探ると、ディズニー映画の「カーズ」が面白そう。息子自身も車好きなので、公式サイトを見せると「行きたい」と言った。...
「ファインディング・ニモ」「Mr.インクレディブル」のピクサー社がクルマの世界を舞台に描く冒険ファンタジー。監督は「トイ・ストーリー2」以来6年ぶりとなるジョン・ラセター。天下のピクサーといえども、車を擬人化させるなんて大丈夫かなぁ?と一抹の不安を...
登場するのは全て車、車、車レース場のシーンで観客も全て車 その車が人間の様な動きや表情をする。とにかく画像がキレイキレイ過ぎるっ さすがピクサーマックィーンとサリーがドライブデートする景色なんて丸で本物みたい。ピカピカに磨かれた車体は 丸みを帯びていて..
http://www.disney.co.jp/movies/cars/映画館の予告を見ていて気になった作品。予告の中で、「この町が地図から消えちゃう」というような台詞が有ってどこか異次元(?)にとばされたりするのかと期待したのですが本編にはそ
宮崎駿の真の子供は、今のところ(「ゲド」見る前なので)、吾朗ではなくジョン・ラセターのようである。ピクサー大好き!ディズニーが女の子とそのお母さんを対象にしたアニメ作りをしているのに対して、この会社は男の子とそのお父さんをターゲットにしてる感じがするから
今日は某新聞サイトで当選した 『カーズ』(吹替版)の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★
4月に青森に来てから、映画館までは遠く、試写会当たっても車で片道60kmとかなんで、1本だけ観て帰るというのはなんか勿体ない気がしてきた。ならばハシゴ観じゃハシゴ観!って事で、東京にいたとき、NANAとか3作品ハシゴ観は何度かあるんですが、今回は青森で一
こんにちは、イー・ステート・オンラインの安田です。 先週、ディズニー&ピクサー映...
 僕がディズニー好きになったのは美女と野獣から。確か高校の頃。当時、野獣とベルが踊るシーンのあのCGは当時すさまじいもので、感動してました。もちろんストーリーや音楽も好きでLDを買い、何回も何回も見てました。
うおおおぉぉ・・・ ちょ~っと~すごく感動したんですけど~(T-T) うさぎは感動ものは絶対に見に行かないんです。。。泣くのがいやだから。 これにはだまされたね~ 夏休みの子供向けの映画だと思っていたのですが、あるサイトで すごくいいと書いてあったのでチェック
期待して観に行った映画はいつも割りと評価が低いものなのですが、今回期待を裏切りませんでした!序盤からスグに引き込まれ、車なのに愛着がわきます。特にラストはとにかく感動!普通に泣きました。成長していく姿は見ていて良いものですね。ディテールも細かい部分まで凝
『カーズ』アメリカでは一大メジャースポーツとしてF1以上の人気を誇るといわれるNASCAR。今作はそんなアメリカンレース特有のエキサイティングなシーンが満載でとても楽しかったです。 中でもお気に入りはミハエル・シューマッハ(フェラーリ)の登場シーン。シュ
●カーズ/CARS●●監督/脚本;ジョン・ラセター●声の出演;オーウェン・ウィルソン/ポール・ニューマン/ボニー・ハント/ラリー・ザ・ケーブル・ガイ他『終戦記念日』8/15に鑑賞。朝9時の上映なので、8時半に高崎109シネマズに。開場の早いエスカレーターから....
この日は、うかつにもオロナミンCを飲み忘れた我々は数百万体の霊に追い詰められてしまい、絶対絶命のピンチを迎えた。しかし、その時!なんと本物のカーズが現われ我々を乗せ、安全な場所まで運んでくれた。その後、おいしい漬物の作り方の話で盛り上がり意気投....
2006年8月19日鑑賞Tagline: Ahhh... it's got that new movie smell.ストーリーレース界期待の新星、ライトニング・マックィーンはレーサーとして絶大な人気を誇るものの、信頼できる友人は誰一人いない。ある日
はい、こんにちは。さあああ、月曜日です。今週もがんばろ!充電バッチリの雪華です。ハワイ島で地震が起こって、たいへんそうみたい・・・少し気がかりです。でも、脳天気なブログは続くのです。ハワイ便は、子供達も多いですから、ディズニー&ピクサー製....
(244)Who do you think you are?       〔自分を何様だと思っているの?〕アニメ映画・カーズを見たのですが、とにかく映像が綺麗で宮崎アニメもオチオチしていると、本家ディズニーに足元をすくわれる気がします。ストーリーも大人が見ても十分楽しめますし、
7点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)やばい・・・めっちゃ楽しいです!やっぱりピクサーだなぁ~。隅から隅まで、これでもかってくらいに楽しませてもらいました。まぁね、基本的には子供向けですよ。これはピクサー作品に限らず他のCGアニメでも
アニメ映画『カーズ』ですが、アニメも綺麗で車のキャラも可愛いし、ストーリーも面白く、感動でき、よく出来た作品です。以下、カーズのネタバレ感想書きます。
無機物であるところの車たちが、なんとイキイキとしていること! アメリカのCGアニ
あらすじピストン・カップ決勝レースで初の新人優勝を狙うライトニング・マックィーン。しかし、自分を含む3台が同着となり、1週間後にカリフォルニアで決着をつけることになるが、その移動中にトラブルが起こりルート66沿いの田舎町・「ラジエーター・スプリングス」..
 コチラの「カーズ」は、7/1公開の「ファインティング・ニモ」や「Mr.インクレディブル」のディズニー/ピクサーの最新作なんですが、試写会で観てきましたぁ~♪ 監督は、「トイ・ストーリー」や「バグズ・ライフ」のジョン・ラセター監督って事で、なんとなく「バグ....
ピクサースタジオが、 ディズニーと契約した最後の作品となる筈でしたが、 その後ピクサーは、 ディズニーに買収されたのでした、♪チャン、チャン。( ^ _ ^; でも評判良かったので、 今更ながらですが、観てみました。 最高峰のカーレース「ダイナコ400」?...
 「面白い度☆☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆☆」 「車は楽しみに行くために走っていたんじゃなくて、楽しみながら走っていたの。」  映画史に残るとんでもなく奇抜な設定の映画、そ

コメントの投稿

非公開コメント

エコー&コメント有難う御座います♪

こんばんは~♪
☆印ですね!
ワタクシもかな~~り楽しめました^^
子供が観て楽しいのはもちろんですが、大人が観ても楽しめて感動出来るのがピクサー作品の素晴らしいところですよね!
ワタクシ、いちおー全て観てますけど、この作品は間違いなく今までのピクサー作品の中でも最上位ですよ^^

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪

最上位納得

>Aki.さんこんばんわ♪

ピクサー作品をあまり観ていない新鮮さゆえに、面白く見えたのかもと思っていたのですが、全作品を見ているAkiさんでも最上位というくらいですから、自分の評価も案外間違ってなかったんですね・・(苦笑

ロードショーでもよくトイストーリーとか放映されるので、今度はスルーしないようにしなければです(^▽^;)

最近は

F1観戦が映画鑑賞に次ぐ趣味になっているので、
コレも楽しかったです。
アニメとは言っても映像がスゴイですよねぇ~。

知識付きました♪

>miyuさんこんばんわ♪

ほうほう、miyuさんはF1観戦が趣味なんですね♪確かに車関係の趣味を持っている方だと、この映画はより一層面白く観れますよね。自分はあまり車には詳しくないんですけど、この映画で得た車の知識はなるほどと納得するものもありましたね。

ピクサーのアニメは年々進化してるようですし、このまま行くと実写と見分けが付かなくなるくらいのリアルさを確立するかもしれませんね。

こんばんは

コメントありがとうございます。

私もそこまで自動車には詳しくないのですが、この映画いいですよね。

当初は設定がぶっ飛んでいて正直「とうとうピクサーもこけたな」と思っていたんです。興行収入も「ゲド戦記」にぶつかって振るわなかったようですし。
しかし私にとってこの映画はピクサー作品でナンバー1です。予想を大きく裏切られて感涙しましたw。

よくそれについてすごい詳しい人たちがオタクトークしていると、なんだかそれについて知らない門外漢の私も「楽しそうだな」と思うことがあるのですが、この映画はまさにその現象が起こりました。
このキャラの車種の元ネタはなんだろう??と車の本やサイトを調べた思い出がありますね。

浅い範囲で上位w

>ゴーダイさんこんばんわ♪

この作品って別に車をモチーフにしなくても凄い感動できる内容ではあるのですが、その車の擬人化ならではの要素なども加えて更に面白くしてるように思えたんですよねぇ。映像が綺麗なのは言うまでも無いですし、疾走感あるレースシーンも迫力があって問題なし。正直ピクサー作品はそれほど数をこなしていないものの、それでも自分が観てきた作品の中では上位に入ってますね(ちなみに1位は『ウォーリー』だったりしますw)

・・でもピクサー作品って面白いのは確かなんですが、自分は映画館で1回も字幕で観た事がありません・・^^;子供にも配慮して吹替え優先なのは分かるんですが、一応字幕派でもあるので、アニメもそのまんまで観たい所があったりしますね。

おおお!

メビウスさんは『ウォーリー』でしたか。ピクサー作品では久々の直球のお話でしたよね。
その後に『カールじいさん』という超変化球を持ってくるあたり、作品ごとの落差がたまりません(笑)。

無機質なのに・・・

>ゴーダイさんこんばんわ♪

ウォーリーは自分の浅いピクサー作品鑑賞の中で一番印象に残ってますねっ。無機質なロボツト、しかもセリフもあまりないのにあそこまで感情移入出来るなんて驚きで、ウォーリーとイブのラブストーリーと相まって涙ちょちょぎれちゃいましたねw

カールじいさんに到っては冒頭10分で涙腺壊れちゃいました^^;

PAGETOP