新暗行御史

【監督】志村錠児
【声の出演】藤原啓治/小林沙苗/宮本充/朴路美
【製作】2004年/日韓

■ストーリー■
いにしえの国、聚慎(ジュシン)に『暗行御史(アメンオサ)』と言う隠密要員がいた。
彼らは王の特使として秘密裏に地方を巡り、悪性を糾弾し、庶民を救う特殊官吏であった。しかし、その聚慎が滅んでしまった今、ひとりの暗行御史、文秀(ムンス)がこの乱世を流浪っていた。
迫り来る数多の悪や魑魅魍魎。暗行御史の証である”馬牌(マハイ)”を操り、護衛である山道(サンド)を得て真実を問い続ける文秀。彼が探していたのは聚慎を滅ぼしたひとりの男だった・・

■コメント■
日本文化開放政策が行われているお隣韓国で、来年には日本のアニメにも開放令が出され、その先駆け作品として日韓合同で製作された今作。

原作を見てない方等に分かりやすく言うと、韓国版の水戸黄門です。
そしてもう少し捻りを入れるなら腹黒い水戸黄門です(爆
山道と言う助さん格さんのような強い護衛をお供にし、紋所のような馬牌を高らかにかざして『暗行御史の出頭(おでまし)だ!!』と言う所など、結構日本の水戸黄門と酷似している部分がある、そんなアニメです。(史実ではあるのですが、原作はかなりアレンジされています)

自分もこの原作は凄く好きで毎回立ち読みしてるほどです(コラ
でも劇場版を観ると凄さ半分、そしてガッカリ半分といったところでしょうか・・
確かに志村監督も力を入れてると言っていた、馬牌から幽幻兵士(ファントムソルジャー)が召喚されるシーンはCGをフル活用していて凄いカッコイイ。
戦闘シーン等も結構スピーディな部分も多く、初の日韓合作にしては、従来のアニメにも追随をなす出来映えです。
しかしやっぱり個人的に気になったのは背景の粗さ
しょっぱい!!背景が凄くしょっぱいです!!
全部が全部駄目とは言わないのですが、それでもやっぱり粗い背景+キャラクターが被ると、どうしてもキャラクターの方が浮いてるようにも思えてしまい違和感を感じてしまいました。

もし・・・もしですが、来年には韓国でもジャパニメーション文化が開放されるので、もしまた今作の続編とか作るのであればっ!!今度は新海誠作品ばりの美しい背景をプラスして欲しいものです。


※でも文秀役に藤原啓治と言うキャスティングは非常に適役だと思う♪
『クレヨンしんちゃん』のしんちゃんパパの声とは180度変わって、かなりドスの効いた重みのある声がカッコ良かったです☆(密かに好きな声優さんですし)

『新暗行御史』公式サイト
 
 韓国版『北斗の拳』といった雰囲気なのか?と想像していたが、世界観、ストーリーは全く違っていた。最も違っている点は、「本当に強いのか?」と感じさせるところだ・・・ いにしえの国、聚慎(ジュシン)に隠密要員である暗行御史(アメンオサ)は王の特命を受け、地方
最近「新暗行御史」の事を語っておりませんでしたが、忘れている訳ではありません。今でも、大好きであります!!!劇場版は、映画館には観に行けませんでしたが、DVDが7/8に発売されていたので購入しました。発売日翌日に買ったけど、観る時間も元気も無かったので今

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP