小さき勇者たち GAMERA

【監督】田崎竜太
【出演】富岡涼/津田寛治/夏帆/寺島進/奥貫薫
【公開日】2006/4.29
【製作】日本

【ストーリー】
美しい海辺が広がる伊勢志摩。交通事故で母親を亡くしたばかりの少年・相沢透はある日、海岸で不思議な卵を拾った。手に取った瞬間ひび割れ、中からカメにそっくりな小さな生物が誕生し、透はそのカメを『トト』と名付け、親に内緒で飼い始める。だが、火を噴いて空中を飛び回り、急速に成長するトト。そんな中、凶暴な巨大生物・ジーダスが出現した・・・


【コメント】
怪獣映画でジ~ンとしてしまった事はこの映画が初めてかも・・
脚本が良かったのか、はたまた自分が涙脆くなってしまったのか。子供と一緒に観に行くと、逆に親御さんの方が感動してしまうかもしれないです。

ガメラ生誕40周年記念の節目として製作された新たなガメラ映画。
自分のガメラデヴューは金子監督が務めた平成ガメラシリーズからなんですが、怪獣映画にしては奥深いストーリーや、子供に見せてもいいの?と思えるほどの残虐描写が当時は斬新だな~と思ったんですよね~。
そして本作『小さき勇者たち~』では視点を変えて、全体的に子供向けな作品になってますが、ガメラを通じて、主人公の透の成長物語や親子の絆なども描いており、これまた結構奥深かったです。

本作のガメラことトトは、最初はもう怪獣というよりまんまカメですね。しかもペット感覚(^▽^;)そこがちょっと面白かった♪
でも日が経つにつれどんどん急成長を遂げ、巨大怪獣ジーダスが現れる頃には体長8m、最終的にはビル程の大きさに成長するのですが、ぱっちりした目なので、ガメラになってもどことなく愛嬌があったりします。

↓ちなみにガメラ3と比べるとこんなにギャップが・・・↓
怖っ!ぱっちり♪


また主役の富岡涼をはじめ、子供達の演技も涙を誘うものがあり、ただの怪獣映画として終わらせない所にも好感が持てました♪お父さんの役で登場したツダカンと寺島進のやりとりもフツゥ~~のオヤジっぽくてこちらもイイ演技してます♪

・・・ただ、最後の赤い石を子供達が順々に渡していくシーン。『トトのためにっ!』っていう子供達の想いはヒシヒシ伝わるのですが、なんかいきなり過ぎません?麻衣から小さな女の子に渡す経緯は分かりますが、途中の子供達は一体・・?と無理やりな感じが出ていました。
そう思うとジーダスの登場も唐突過ぎるし、なんでジーダスって名前にしたの?と言う1番の疑問も浮上してきたり。レギオンやイリスだって劇中で名前の由来が分かるのに・・・って子供はそんな細かい事気にしないと思いますけど、大人になってくるとこういう映画の背景も気になってきちゃうのですよ・・・

とまあ突っ込んじゃう所も多いんですけど、感動もそれ相応に与えてくれた作品♪
前の平成ガメラがまだ抜け切れてないけど、シリーズとか重ねるとどんどん好きになれるかもしれない。

続編などは一応希望(^▽^;)

『小さき勇者たち GAMERA』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]        (公式HP) (公式ブログ) (壁紙)泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 癒し度[:おはな:][:おはな:]満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】田崎竜太【出演】富岡涼/津田寛治/夏帆/寺島進/奥貫薫/石川眞吾/成田翔吾/石
「小さき勇者たち」GAMERA評価 ★★★★☆(3.5)『あらすじ』 1973年、ギャオスの群れとの攻防戦の果てに、「自爆」をすることでギャオスを消滅させたガメラ。その後の日本では、巨大生物も確認されず、政府も巨大生物に対する研...
ついに”ガメラ”デビュー!いままで”ガメラ”どころか”ゴジラ”だって観たことないのに(^^;) 予告編での”ガメラ”の急速な成長に爆笑し『あれはもうトトじゃない。ガメラなんだ!』と瀬無さんにお話したら。。。>「ねえ、ガメラは?」>「ガメラ
 公式HPはこちら ●あらすじ母親を亡くし、父親と海沿いの町で暮らす少年・透。ある日、奇妙に光る卵を見つけた彼は、生まれてきた子亀にトトと名付けて育てた。その頃、近郊の海では漁船の遭難事故?事件が頻発していた。 ●コラム以前の怖いガメラ映画を
小学生の相沢透は最近母親を事故で亡くし、父親の孝介とは以来どこかギクシャクしている。そんなある日、透は生き物の卵を見つけた。卵はほどなく孵り、中から出てきたのは愛らしい子亀だった。透は子亀をトトと名付け、トトを育てることで悲しさを紛らわせる。...
 4月26日、金沢でTOTO来日コンサートがあった。学生時代から一番好きなバンドだったのに行かなかった・・・
「平成ガメラ」好きとしては物足りない映画でした。何もかもが中途半端すぎる・・・
鳥羽の海辺の町・・・かつて巨大生物に襲われ、なぜかわからないがガメラに守られて壊滅を免れた土地そのときガメラは自爆した・・・見つめ続ける少年そんなオープニングで始まった『小さき勇者たち~ガメラ~』予告から、なんとなく好きな感じだとは思っていたけど...
金子監督のよるガメラ3部作、「平成ガメラ」と呼称されてきましたが、今後は「金子ガメラ」と呼ぶことになるんでしょうか。その金子作は日本の特撮技術の底力を示す傑作となりましたが、本作はジュブナイル路線に回帰。クリッとした目が印象的なガメラとなっています。
 今作のガメラは弱い。それはもう、悲しいほどに弱い。 第一、最初に敵怪獣・ジーダスと戦ったときには、身長が8メートルしかない。非常に小さいわけです。対するジーダスは、最
ガメラ~♪ ガメラ~♪つぉいぞガメラ つぉいぞガメラ つぉいぞガメラ~♪ガメラは少年のために。少年はガメラのために。
小さき勇者たち ~GAMERA~田崎竜太 監督ありがとう! あたしのG3 に対する昔年のわだかまり、ほぼ解消しました!京都から志摩まで、ず~っと戦ってきたんでしょ? その間に、あれだけいっぱいいたギャオスも、残りわずかになったんでしょ? そして最後に、...
字が汚いのもいつもの事だけど…にしても、コレは… に、似てねェ…富岡涼、夏帆両氏の関係者、及びファンの方はモニターの上部を手で覆いながら読んで下さい。やはり三次元の人物は厳しいぜ…いや、二次元だって満足行くもの描けてないというのに。安パイで怪獣だけという
ブログをり移転したはいいが、いくら忙しくとも「リニューアルのごあいさつ」以外、新
監督 田崎竜太 主演 富岡涼 2006年 日本映画 96分 特撮 採点★★★ 「こんな怪獣映画が観たかった!!」と唸らせた平成ガメラシリーズ。“怪獣はおっきくて怖い”という基本を思い起こさせた怪獣表現の素晴らしさのみならず、現実に怪獣が現われた場合の国家の動きをシュミレ
先日 小さき勇者たち -ガメラ- を観た!対象年齢15歳以下?の、ずいぶんメルヘンチックな映画にしたんだな~ なんて思いながら・・・しかしこの映画で、平成ガメラ三部作以来、自身の中でくすぶっていた一つの謎が解かれました。そういう意味で言うと、この映画は 平...
>映画『小さき勇者たち~ガメラ~』(田崎竜太監督)★★★ やっぱり見せ場は、ガメラのでかい顔がビルにのめり込むところでしょう。そこかΣ( ̄□ ̄;)いえいえ、最後の光る甲羅のバトンです。子供たちが走りますよ。何も言わず、無言で

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
ツッコミどころは満載ですけど感動できますよね☆
僕も泣いちゃいました。
残虐なシーンもありますけど、良質なファンタジーって感じでした♪

ジーダスの名前の推測

 ども、たましょくです♪

 たましょくも怪獣特撮でこれほど「ホロリ」と
なってしまうとは思ってませんでしたw冒頭の
ガメラの自爆から(←そーじゃないだろ!)

 ジーダスの名前って、なんだか「ジーザス」
に似ているなぁ~とw特に根拠はないです。
子供リレーは、多分タイトルの意味を強調し
たかったでしょ~ね。

なんてこった!!な由来

>こーいちさんこんにちわ♪

怪獣映画で興奮はあると思うのですが、感動は無かったですね。
子供と動物と言うのは癒しの定番ですけど、子供と怪獣でも遜色ないですね(笑

やっぱり脚本が良かった?


>たましょくさんこんにちは♪

なんてこったい!!ジーザスがジーダスの由来だったなんて!!(笑
でもパッと見そんな感じしますよね。しかしジーダスの名前はレヴューとかを書くときに、誤字ってジーザスと書く人の方が多そうですね。なんにせよまぎらわしいです(汗

ダメだわ。私。

メビウスさん、こんばんは。

>なんでジーダスって名前にしたの?
私もそこは気になってました。なんですかね?
パンフには書いてあるのかな?

脚本の龍居さんはTVドラマでも視聴者を泣かせる第一人者。
うまいなぁーとは思いましたが・・・
どうも一般ウケする、子供と動物映画が苦手な私。
もっとコメディタッチかと思っていたので、入り込めませんでした。
妖怪大戦争くらいのノリならイケルのですけど。
怪獣映画初心者というのもあるかなぁーと思ったり。

(^_-)-☆メビウスさんマタマタ、コメント本当に有難うございます。

『映画と秋葉原とネット小遣いと日記』のhideです
(^_-)-☆メビウスさんマタマタ、コメント本当に有難うございます。
じつはメビウスさん『V』の所でTBはこちらも失敗したのですが。いまは全部メビウスさんにTB出来ました。
確かに全体的に好感が持てる良い映画でしたよ。良い環境(迫力の有る音響、画面)で観た性か、、怪獣映画としては満足できました。
トトと少年・透の交流と言う意味では、『子ぎつねヘレン』のガメラ版のような感じがして若干感動できましたし(笑い)

当方の記事は若干追記して、前売り券のオマケの写真など追加しました。

ヘレンのガメラ版

>たいむさんこんにちわ♪

脚本の龍居さんはあの『砂の器』の脚本を担当していた方ですよね。自分もあのドラマは見てました。
自分は特撮とか怪獣映画が結構好きなのもあって、楽しんで見れたんですが、やっぱりジャンル的に見ると子供向けですからね。苦手な人や合わない人も絶対いると思います。試しに平成ガメラ3作を見てはどうでしょうか?


>hideさんこんにちは♪

どうやら連続TBなどをすると反映されない事が多いみたいで・・(汗
これからはちょっと間をおいてTBをしますね。

子ぎつねへレンのガメラ版♪ウマイッ!座布団1枚(笑)へレンがガメラになっただけですもんね。(そういうのもどうかと・・)

こんばんは

本作の最優秀演技賞は「小さい亀(本物)」じゃないでしょうかw。
子供向けなのは間違いないですが、大人でも充分いけると思います。

本物・・?

>キャストさんこんばんわ♪
自分は平成ガメラがまだ抜け切れていないので、前作のガメラのほうが好きなんですが、本作は泣ける怪獣映画と言う事で逆に新鮮で面白かったですね♪

でもあの亀って本物なんでしょうか?表情が凄く豊かだったから、ずっとCGかと思ったんですが・・あれで本物だったら尚更凄い!

ジーダス

出版社にジーダスという名の会社があるみたいですね。
関係あるのかどうかはさっぱりわかりません。
やっぱりジーザスからかなぁ・・・

本物

だめだ・・・どうしてもTB出来ない・・・。全部livedoorが悪いんです。

ある映画誌の監督インタビューによると、最初の子ガメ(空飛んだり火吹いたりする前の段階)は本物だそうですよ。「キュ~」という声はアフレコでしょうけど。

名前の由来

>kossyさんこんばんわ♪

試しに検索したらホントだ・・ジーダスという出版社が・・(^▽^;)(笑
名前の由来って案外気になりますよね。ホントにジーザスからだったら笑うというより、拍子抜けですね。


>キャストさんこんばんわ♪

あれ?TB出来ませんでした?・・・まさか、また不安定になったかも・・fc2も不調が多いので、もしかしたらこちらのせいかもしれません。お手数掛けます(汗

やっぱり子ガメは本物も使ってたんですか♪CGにしてはリアルな質感だと思いました。

こんばんは!

TBさせていただきます☆
どうしても細かいところが気になってしまいましたが、鑑賞後にチラシをじっくり見てみると「冒険ファンタジー」となっていたので、妙に納得してしまいました(笑)
トトの愛らしさに助けられた部分もあるかもしれません。

ファンタジー

>かりめろさんこんばんわ♪

この映画は、ファンタジー映画として観た方がしっくり来るのかもしれませんね。怪獣映画ってやっぱりどこか迫力がなければ、いけませんし、逆に『小さき勇者~』は、迫力というよりもトトと子供たちの交流が主でしたしね。

ここまで(笑)

泣かされるとは思っていませんでした(笑)
単純なので、けなげに一生懸命な姿って、ついついぐっときちゃうんですよね^^;
ジーダスの名前の由来はそんなに気にならなかったんだけど
怪獣同士の戦闘中に、着ぐるみ着て中でがんばってる役者さんの
姿が
連想できちゃったビル登りのシーン(爆)
涙押さえながら・・・そういう突っ込みしてるって、やっぱり微妙におとなだからでしょうか?^^;;;

人間臭いです

>にゃんこさんこんばんわ♪

ジーダスってあまり肉質が無かったので、結構動きが人間臭く見えてたんですよね(笑
あのビル登りは、やっぱりカメラの向きを逆にしたりして撮影してるんじゃないでしょうか?登り方にもどことなく違和感があったので・・

こんばんは!

いつもありがとうございます!
赤い石のリレー含めて、この映画に理由なんて必要ないです。
ジーダスも、あれはジーダスだから! うへへ、、
ギャオスってどうしてギャオスだかご存じですか?
きゃお~って鳴くからですyo。
またよろしくお願いしますね。

理由とか

>猫姫さんこんにちは♪

大人から観たらあれこれ詮索してしまいますけど、もともとは子供に焦点を当てた映画だから、理由なんて必要ないのかもしれませんね(^▽^;)
と言うかギャオスのネーミングって結構単純なんですね・・(汗)
でもトリビアになりました♪

こんにちは。
『映画とアートで☆ひとやすみひと休み』の、まりです。
私はこの映画がガメラデビューでしたが、子ども向けの感性が自分に合っていたせいか(^_^;)、とても良かったと思いました。
ガメラがヘンに生っぽくないところが特に良かったです。

ところで私のブログ、つい先日、ココログの方へ移転してリニューアルオープンしました。
今後ともよろしくお願いします。(^^)

ドン引き?

>まりさんこんにちは♪

子供に焦点を当ててる映画ですけど、大人な自分も結構楽しめましたね♪
前作・平成ガメラのようなメチャ怖なガメラだと、逆にドン引きしちゃうのではないでしょうかね?(笑

それと、ブログ移転お疲れ様です。こちらこそ、これからも宜しくお願い致しますです♪

PAGETOP