子ぎつねへレン

【監督】河野圭太
【出演】大沢たかお/深澤嵐/小林涼子/松雪泰子
【公開日】2006/3.18
【製作】日本

【ストーリー】
春の陽射しが輝く北海道で、東京からやってきた少年・太一は、ある日道端にうずくまったまま動かない一匹の子ぎつねに出会った。太一は寂しそうな子ぎつねの姿を、カメラマンの母親に置いて行かれたった1人で森の中の動物診療所に預けられた自分と重ねてしまい、子ぎつねを抱えると彼は診療所に持ち帰り、その子ぎつねの名前を『ヘレン』と名付け一生懸命に育てようとする・・


【コメント】
『南極物語』ではシベリアンハスキーのマックスらを観て、トドメはへレンでアニマルヒーリング全開な3月と行きたかったですが・・・なんか癒されたというよりも、どっちかと言えば考えさせられた?(??;)
予告編じゃ結構癒されたのに・・

これもまた実話を基にした原作の映画化。しかし主人公が小学生の子供となってる辺り、またちょこっといじってるみたいですね。原作では獣医からの視点らしいですが、小学生にした方が子供向けにも適してるからだと思いますね。
ストーリーはヘレンと出会った太一が人間的成長遂げる様子を主に描いているのですが、子供+動物って来たら何かもうそれだけで『癒し』の定番みたいになっちゃいますね。北海道の広大で美しい自然も相乗効果を与えています。

また、太一の成長物語の他にもペットを飼ってる人達に忠告を促しているようなシーンも見られ、美鈴役の小林涼子が『飼い主の身勝手な都合で動物達が辛い目にあってる』と言うシーンがあるのですが、身に覚えのある人にとっては結構グサリと来る言葉なのでは?

映画に出てくるヘレンは確かに可愛い。でもペットを飼う人って殆どがその『可愛い♪』って言う第一印象で飼う事を決めちゃったりする人が大多数だと思います。しかし結局は飽きちゃったり、飼う事が難しくなって捨ててしまったりするのが現状なんですよね、(ごく一部ではありますけど)
この映画を観て、ペットを飼いたいって人もおそらくはいるとは思いますが、だけど『可愛い』と言う安易な目的だけじゃなく、ちゃんとその後も見据えて飼う事を決めないと、劇中の矢島動物診療所のような所は増え続ける一方だと思いますね~。太一の成長物語よりも、自分はそっちの方を考えちゃったり。

後、この映画でも動物達の演技は結構上手かったです♪ヘレンが暴れたり苦しんだりするシーンもなんか演技とは思えないくらいでしたし、ヘレンの他でいったら犬のロッシやオウムのカネコさんも中々良かった♪特にカネコさんは『タスケテ!タスケテ!タスケテ~!!』と誤解を招くような人間の声マネを発してて面白かったです。でも飼い主のカネコさんって人は一体どんな環境でこのオウムに言葉を教えていたんでしょうと、カネコさんのサイドストーリーをちょっと考えてしまいました(^▽^;)

ただ、子供向け前提にこの映画を作ったのだとしたらちょっと失敗かなとも思いますね。
子供が見るとしたら、太一の成長物語じゃなくおそらくヘレンだと思いますので、そこに家族の絆やら諸々加えて108分我慢できるお子さんは限られてくるんじゃないでしょうか?凄っっっごく単純にヘレンとの触れ合い映画みたいなのにすれば良かったのでは?とも思いましたがそれじゃ映画にならないし・・・

う~ん、動物映画って意外に難しい?

『子ぎつねへレン』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
思わずギュッと抱き締めたくなる、フカフカの毛並。パタパタとほっぺたに触れる肌触りも心地良さそうなフワフワの尻尾。見ているだけで愛らしく思えてしまう動物の赤ちゃんの魅力。そんな愛らしい魅力に見せられて劇場に足を運んだ、『子ぎつねヘレン』ですが…、映画の魅力
今日、和歌山のジストシネマで「子ぎつねヘレン」を見てきました。内容は盲目で耳が聞こえない子ぎつねを小学生が拾い、おまわりさんの紹介でとある獣医で預けられて、その小学生とキツネ、それと獣医の一家との暮らしを描いた物語ですが、私はこの映画を見て、ものすごく感
子ぎつねヘレン上映時間 1時間48分監督 河野圭太出演 大沢たかお 松雪泰子 深澤嵐 小林涼子 田波涼子評価 6点(10点満点) 特集HP 試写会会場で1番よいと思うスペースFS汐留ホールで。今回の試写会は視覚障害者の方へのバリアフリーを主旨とし...
僕は一生忘れない。あの春、かけがえのない友達と出会ったことを・・・■監督 河野圭太■脚本 今井雅子■アニマルトレーナー 宮 忠臣■原作 竹田津 実 (「子ぎつねヘレンののこしたもの」偕成社刊)■キャスト 深澤 嵐、大沢たかお、小林涼子、松雪泰子、藤村俊
母親の仕事の関係で、単身北海道にやってきた太一。預けられた動物病院には、色々な動物が居た。学校の帰り、道ばたでポツンと一人いた子ぎつね。太一は、見捨てることが出来ず、動物病院に連れてきてしまった。動物病院の院長・矢島は、野生動物は預かれないと...
本日二作目は子ぎつねヘレンをYちゃんと鑑賞しました。まず映画の予告のガメラで泣きそうになっちゃたので本日の涙量は多そうで覚悟して見ることにしました。ある日少年は、ひとりぼっちの子ぎつねに出会った。待ち望んだ春の陽射しを浴びて緑に輝く北海道の大地で…...
竹田津実原作によるエッセイ『子ぎつねヘレンがのこしたもの』を基にオリジナルストーリーとして映画化したモノ。上向き加減の鼻とふくふくの耳が可愛い深澤 嵐クン演じる少
ここではネタバレを極力さけて、子ぎつねヘレンのメッセージを受けて僕が感じたことを綴ります。ひとりのマイナス思考な人間が、こんな風になるんか、と感心したら、是非映画館に足を運んでください。ちなみに僕が今日いった映画館は梅田ピカテリーとかなんとかいう松竹のデ
『子ぎつねヘレン』  公式HPはこちら ●あらすじカメラマンとして世界中で活躍する母、たった一人で東京から北海道の森の動物診療所に預けられた少年、太一。夢想家の太一はその元気のない子ぎつねを拾ってきた・・・・●コラム管理人は、日テレ系の初め
●『子ぎつねヘレン』2006年3月18日公開。なぜか春になると動物ものの映画があるような・・・。『クイール』『白い犬とワルツを』『102』とか・・・犬ものが多い!と思ったらディズニーの『南極物語』がぁ!だけど『子ぎつねヘレン』は映画チ....
実在した耳、目が不自由だったキタキツネのヘレンの物語をオリジナルストーリーとして映画化したもの。少年とキタキツネのヘレンの物語なのですが、最初の方は少年・太一の妄想の世界がアニメで出てきたりしてお子様向け作品だと思い観ていました。獣医師を演じる大沢...
涙腺ユルユルのmake56です。 [監]河野圭太[原]竹田津実[脚]今井雅子[音]西村由紀江[歌]レミオロメン[出]大沢たかお 松雪泰子 深澤嵐 小林涼子 藤村俊二 吉田日出子 阿部サダヲ 田波涼子東京から、母親と再婚予定の獣医・矢島の住む北海道へやって
『子ぎつねヘレン』 ★ 【監督】河野圭太 【出演】大沢たかお/深
4月3日(月)『子ぎつねヘレン』観てきました。監督:河野圭太出演:大沢たかお、松雪泰子、深澤嵐、小林涼子原作は、竹田津実さんの子ぎつねヘレンがのこしたもの。キタキ
忘れない・・・。あの春、かけがえのない友だちと出会ったことを。北海道を舞台に、目と耳が不自由なキタキツネを育てる少年と家族の絆を描く感動の物語
 ちょっと最近暖かい涙を流してないなぁ~。そう思って、今回は子ぎつねヘレンを見てきました。
はい、こんばんは。動物飼ったことありますか?私はないんですね。ちっちゃい犬でも、ぐるーっと遠回りして、避けるほど。ごめんよ、嫌いなの。あっちでも嫌ってると思う・・・避けてるのにいやがらせしにくるもん。そんなの飼ってご苦労さんなことだなあって思....
子ぎつねヘレン観ました!
今日はお休みだったので彼女と映画を見に行きました。昔は映画は好きじゃなかったけど最近はとても好きです。今日はタイトルの子ぎつねヘレンを見ました♪南極物語と迷いましたが時間の都合でこっちを見ることにしました。動物を飼っているせいか動物の感動系は最近メッポウ
ある日の,春の北海道.東京から引っ越してきて間もない太一(深沢恵)は,道端にうずくまった子ぎつねを発見する.「お前のお母さんも,自由人か?」世界中を飛び回るカメラマンの律子(松雪泰子)を母に持つ太一は,母ぎつねのいない子ぎつねと自分を重ね合わせていた....
「どんな名優でも、動物と子供には敵わない。」CM業界で良く言われる事だそうだ。場数を踏んで来た名優の演技ですらも、CMに於いては愛らしい動物や子供の姿に敵わないという事なのだが、なるほどくぅ~ちゃんや子供の愛らしい笑顔等をCMで見ると、つい頬が緩んでしま
レディースデイ2本目。 高槻R170にて。 さっきの「V・フォーヴェンデッタ」が9:45. で、こちらが12:30の回。 切り替えられるかよ~というくらい違うのを見てきました。(笑) (・・・↑どうでもいいですが、これは前に梅田に行ったときに たまたま見かけた
今日は某テレビ局で当選した 『子ぎつねヘレン』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★★
子ぎつねヘレン(2005/日本) オススメ♪ 春の北海道。カメラマンとして世界中を飛び回る母に置いていかれ、たった一人で東京から北海道の森の動物診療所に預けられた少年、太一。ある日、彼はひとりぼっちの子ぎつねと出会う。母ぎつねがいる様子はなく、太一はその元気
子供と動物。これは最強コンビですが、実は私は、両方とも嫌いです。( ^ _ ^;でもこの作品は割りとよい評価を聞くので観てみることにしました。テレビで放映してたからというのもありますが。( ^ _ ^;少年・太一は、カメラマンである母親が仕事で海外に行っている間
 『忘れない。小さなヘレンがのこした、大きな贈り物。』  ってなワケで北海道を舞台に目も耳も鼻も不自由な幼いキタキツネを育てる少年と家族の絆を描く感動の物語。。。3/18にいよいよ公開されるコチラの映画の試写会に行ってきましたぁ~♪  もうこの映画は何回と...

コメントの投稿

非公開コメント

○も納得です。

私は日曜日に見ましたよ。
そちらサンの評価で○って言うのも納得できるくらい、ジーンと来る映画でしたよ。特にエンドロールは感動します。

最後まで癒し♪

>かなやすさんこんばんわ♪

エンドロールはレミオロメンの『太陽の下』に乗せての子ぎつね達の無邪気な姿。最後まで癒しを与えてくれますね。

あ、でも自分の評価の○って言うのは実は『普通』っていう評価だったりします・・・(滝汗

こんばんわ~
この映画はやっぱり親子で見るべき映画ですね。
あたしも評価は○(普通)です。
新鮮なところはそれほどなかったからな。
動物は大切にしないといけない、子供は
感受性が豊かだから幼いときからいろんな経験を
させてあげるのがいいんだなとか教訓めいたとこ
はいっぱいありましたね。
登場動物の中で金子さんが一番賢かったりして!

子供向けでも大人向けでもなかったのでやっぱり
親子で見てその後にいろいろ映画のことを話し合うってのがこの映画の最高の見方かもね。

また遊びに来ますね!

教育映画

>ALICEさんこんばんわ♪

生命の尊さを扱っている映画でもあるだけに、この作品は子供の教育などにも役に立つ映画かもしれませんね。
観た後絶対『ヘレンがかわいそう・・』と思う子供もいると思うので、その事で色々と話し合ったりするっていうのも、確かに良い見方でもありますね♪

メビウスさんTB&コメント有難うございました

『映画と秋葉原とネット小遣いと日記』のhideです
メビウスさんTB&コメント有難うございました
>この映画の予告編って、もしかしたら本編よりも癒されるかもしれませんね。

(。・・。)(。. .。)ウン(。・・。)(。. .。)ウン
TVのCM版は、Jポップ(アーティストの名前は知りません)の音楽で、それほどでもなかったのですが。
( ̄▽ ̄人)♪映画予告編は、良かったですね。癒されました
MOVIX川口は公開後、モチロン違うタイプのシールは売ってました。

癒し予告編

>hideさんこんばんわ♪

ヘレンの予告編は最初に流れたピアノ調のゆったりした音楽に乗せたバージョンが自分は一番好きですね♪
単純にヘレンの可愛さをスクリーンいっぱいに映していて、あれは編集の仕方も上手いな~♪なんて思っちゃいましたね~(笑

ちょっと

ビミョーではあったけど、
こうゆう映画は子供に見て欲しいと思うような
映画ではありました。
命の大切さは伝わってきましたね。

理解できる子は・・

>miyuさんこんばんわ♪

命の大切さを伝えると言う点では確かに子供に観てもらいたい作品でもありますが、恐らく子供はヘレンの可愛さばかりに注目してしまいそうな予感もしますね(汗)それに映画のテーマを理解できるお子さんもちょっと限られそう・・(汗)
でも早い内からこういう映画を観るのは教育的には良さそうですね♪

PAGETOP