南極物語

【監督】フランク・マーシャル
【出演】ポール・ウォーカー/ブルース・グリーンウッド/ムーン・ブラッドグッド/ジェイソン・ビッグス
【公開日】2006/3.18
【製作】アメリカ

【ストーリー】
米国科学財団・南極基地。超一流の南極ガイドであるジェリー・シェパードは、大自然の知識、的確な判断力、そして素晴らしい8匹の犬ぞり犬達との強いパートナーシップにより、これまでに奇跡のような冒険を可能にしてきた。だが南極が記録的な猛吹雪にさらされた時、ジェリーらスタッフは一時的に基地から全面退去をさせられてしまう。自らも重い凍傷に掛かっていたジェリーは、後ろ髪を引かれる思いで犬達を残し南極を後にするのだが・・・


【コメント】
自分が観た吹き替え版では、ポール・ウォーカーの声優さんは平田広明氏が担当していました。今週の木曜日にFF12を買っていたので、バルフレアを思い切り意識してしまった自分( ̄▽ ̄;)
でもこの人は『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズチェスト』で、またジャック・スパロウの吹き替えを担当して欲しい♪と個人的に思っている声優さんだったりします。

この映画のオリジナルである邦版の南極物語はかなり前に何度か観た事があるんですが、やっぱりちょっと変わってる所がちらほらありましたね。
渡瀬恒彦がリキ達の頭をポコポコポコポコ叩いてるシーンまで再現して、動物愛護団体等からヒドイ!!とかクレーム来たらどうしようかと思っちゃったんですけど・・(^^;)
でもその辺りはやっぱりディズニー製作ですから、あまりにひどいシーンはリメイクの名の下にクリーンなイメージに仕上がっています。
どっちかと言えばオリジナルは全体的にちょっと暗いイメージがありますし、最後まで生き残るタロやジロを除けば、他の犬達はみんな南極の過酷な環境に耐え切れず力尽きてしまったり、極寒の海の底へ消えていったりしてしまうので、見ていてちょっと辛かったシーンとかあったんですよね~。

それに対しハリウッド版は全体的に観ると妙に明るいムードを感じさせます。前半では南極の厳しい環境特有のハプニングシーンがあって結構ハラハラさせる所がありますが(でも博士は災難)、8匹の犬達の卓越した演技力もあって、楽しい雰囲気にもさせてくれます。
自分が観た時は吹き替え版だったので、8匹の犬達の名前を全部覚えられなかったんですが、この8匹全員ホント拍手贈りたい程に演技が上手いんですよねっ♪
特に犬達のリーダーのマヤの演技には目を惹かれるものがあり、博士を助けるためにロープ銜えながらゆっくり近づいて行く所とかも上手かったですし、それにヒョウアザラシに足を噛み付かれてひょこひょこ歩く所なんて、邦版のリーダー犬だったリキが血まみれになりながらひょこひょこ歩く所を彷彿とさせてるようでした。

でも犬達の演技がちょっと過剰すぎて、リアリティが希薄に感じられるのも否めませんが、個人的には許せる範囲でした。
と言うのも、オリジナルでは犬達が活躍するシーンで要所要所に感情のこもってないナレーションが犬達の様子を説明するのですが、ハリウッド版ではそれが殆どすっぱ抜かれてます。だけどそのナレーションの代わりに、犬達がその素晴らしい演技力で『あ、ここは餌取られまいと怒ってるな』とか『仲間の為に悲しんでるな・・』と言った感情を、ナレーション不要とばかりに観客へ説明しているように感じられたんですよね。もしそういう狙いだったら高く評価したいですね♪

突出したような面白さは感じられませんでしたが、8匹の犬達の演技力はオリジナルと同等、或いはそれ以上なので見応えあり♪
でも犬達とは別に、ケイティの恋人に対するぞんざいな扱いにはびっくりです。ジェリーが自分のライフスタイルもあってケイティとうまくいかなかったと劇中で言ってましたが、それは新しい恋人が出来るなり『もう会わないって決めたの・・』なんて爆弾発言をさらりと言うケイティにも問題があると思いますよ。

『南極物語』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
8匹のハスキー犬、ポール・ウォーカー主演日本映画 南極物語(1983)のリメイク映画ジェリーは南極探検家で南極基地でレポーターをしていますそして ハスキー犬を飼い犬ぞりを扱う事に長けています冬の間近 地質学者ディビス博士がこの地に隕石の調査にやってきます案内は
「南極物語(リメイク版)」評価 ★★★☆☆(犬たちに対しては★★★★★)『あらすじ』 全米科学財団の南極基地で働くジェリー・シェパード。観測をする一方で南極ガイドとしても一流な彼は、犬ぞりの犬たちを家族のように愛していた。厳しくな...
映画館にて「南極物語」★★★☆1983年公開の『南極物語』をハリウッドがリメイク。ハリウッドもアイディアのネタ切れが甚だしいのか盛んに他国のリメイクをやっているね。リメイクとはいえ、日本版からは「犬を置き去りにした」という事実だけを拝借したようなハリウッド版
1983年日本の「南極物語」のリメイク。この作品を観る前日に、日本版を見てしまったのでミョーに薄っぺらく感じてしまいましたぁ。。。エンターテイメント性の面で言えば、こちらのほうが楽しめるのかもしれませんが。。。どうしても比べてしまう、日本版とディズニ...
 犬たちを救助したいことがテーマであるこの映画。リメイク権を買い取ることによって、ライブドア株で痛手を被ったフジテレビを救助する意味があったのかもしれない。
字幕版はどこも上映していないので、吹替版。先日、ディズニー版「南極物語」にあわせるように、TV放映された日本版を見てからの鑑賞。(とはいえ、23年前にちゃんと劇場で観た記憶あり) 今回のコレは、さすがにディズニー!宣伝文句のとおり、”明る
日本で大ヒットした『南極物語』のハリウッド版リメイク。 3月9日に九段会館で行われた試写会に行ってきた。 リメイクとはいっても、ストーリーは日本版と少し違っているし、何が起きるか分かっていても泣いちゃったよ・・(T-T)ウウ <STORY> ジェリー・シェパード(ポー
先日の土曜日に、フジTVで放映された日本の『南極物語』を懐かしく再観した。この作品を、あのディズニーがリメイク!が、しかし[:!:]リメイクとは言っても、日本版をモチーフにしたに過ぎず、細かい部分は少し違っている。日本版では企画で参加した角谷優氏が、本作で製
つまらないわけじゃないけど・・・実はオリジナル版を見たことないので比較したり出来ないのですがそれでも何か違うような気がします。2匹しか残らないよね?けどまぁディズニーだからね。ってか何かまたツッコミどころが満載でストーリーが浅い。中途半端に恋愛を織り交ぜ
『南極物語』ディズニー版 公式HPはこちら ●あらすじ米国科学財団の南極基地で働く一流の南極ガイドのジェリー・シェパードは、活動中、驚異的な猛吹雪に見舞われ撤退の決断を余儀なくされる。しかし小型飛行機には、8匹のそり犬を乗せる事が出来ず取り合えず
全米科学財団・南極基地のジェリー(ポール・ウォーカー)は、超一流の南極ガイドだ。8匹の犬ぞり犬と共に、数々の冒険を成功させてきた。しかし記録的な猛吹雪が南極に近づき、調査遠征で重度の凍傷を負ったジェリーらは一時的に基地から避難する。犬たちもすぐ迎えに
1983年に公開された邦画『南極物語』をハリウッド版として、リメイクした作品です。
もう一度 逢いたい人がいる。もう一度 聴きたい声がある。 ■監督 フランク・マーシャル■脚本 デイヴ・ディジリオ■キャスト ポール・ウォーカー、ブルース・グリーンウッド、ムーン・ブラッドグッド、ジェイソン・ビッグス□オフィシャルサイト  『南極物語』 全
「南極物語」 もののけ姫に抜かれるまで、邦画の興行収入一位であった作品 「南極物語」のハリウッドリメイク版である。 アメリカの科学財団南極基地で働く主人公が、嵐のせいで 避難しなくてはならなくなり8頭の犬を南極に置き去りにしてしまう。 残された犬たちはサバ
『南極物語』ハリウッド版鑑賞レビュー!原題Eight Below2006年2月17日公開(アメリカ)2006年3月18日公開(日本)「南極物語」リメイク版が全米興収トップ ▼ ▼▼ ▼★ポチッとナ! 実話を基に高倉健主演で映画化され記録的な大ヒットとなった「南極物語
公開された日にオリジナルが放送された『南極物語』ディズニーのリメイク版吹替えをレディースディに観に行ってきました。日本のオリジナルは、重く切なく長く・・・観ていてちょっときつかったりするんですがアメリカ版南極物語は・・・トーンも明るめ 結構楽しく鑑賞...
監督が、『生きてこそ』 のF・マーシャルというのが、なにか、意味深ですが、これは、ディズニー映画。 本国アメリカでは、結構ヒットしているみたいですね。※ ネタバレ 注意! ※健さんとタロジロの、あの、『南極物語』 のリメイクということでしたが、リメイクと
米国科学財団・南極基地。ここで働く超一流の南極ガイド・ジェリーは、優秀な8匹の犬ぞり犬とのパートナーシップで、これまで様々な困難を克服してきた。だが、南極が記録的な猛吹雪に襲われたとき、ジェリーらは半ば強制的に基地から退去させられる。「...
 先週テレビで日本版の南極物語をやっていました。初めて見ました。ならばディズニー版も見なくては!と言うわけで今回は南極物語を見てきました。
「南極物語」★★★ポール・ウォーカー、ブルース・グリーンウッド出演フランク・マーシャル監督、2006年アメリカ南極の大自然と犬の演技が見所。何もかもがスマートに進行して大自然の厳しさもいまひとつ伝わらない。昨年公開のペンギンのようにじ...
1983年公開当時、約59億円という配給収入記録を打ち立て、『もののけ姫』がその記録を更新するまで十数年間にわたり日本映画最大のヒット作の座をキープしてきた『南極物語』(高倉健、渡瀬恒彦、夏目雅子、荻野目慶子他、出演)が、ディズニーによってリメイクされ、3
ディズニーが『南極物語』を製作したらこんなにハッピーな映画になってしまうんですね。日本版との何の関連性も考えないで観たらそれなりには面白いし感動も出来ただろうと思いますが、ハスキー犬たちが演じすぎていてなんだか横にトレーナーが餌を持って支持してる姿なん..
「米国科学財団」という団体の南極基地で働くジェリー・シェパード(ポール・ウォーカー)は,大自然に対する詳しい知識やあふれる行動力などで,一流の南極ガイドとして知られていた.そして,彼には8匹の「犬ぞり犬」という素晴らしい相棒がいた.ところがある日,南極を記...
アメリカナイズされた日本映画。主演は、『ワイルド・スピード』、『イントゥ・ザ・ブルー』、『NOEL~ノエル~』のポールウォーカー。監督は、『生きてこそ』のフランク・
『南極物語 / EIGHT BELOW』公式サイト:http://www.disney.co.jp/movies/nankyoku/原題:EIGHT BELOW製作:2006年アメリカ監督:フランク・マーシャル出演:ポール・ウォーカー/ブルース・グリーンウッド/ジェイソン・ビッグス/ムーン・ブラッドグッド 全米科学財団...
『南極物語』この作品は1983年に高倉健主演により映画化され、当時の日本映画における興行収入記録を塗り替えた空前の大ヒット作と言われています。今回観てきたのはディズニー製作によるリメイク版ですが、もともと日本版を観ていなかったせいか特に先入観なく楽しめま
6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)殆ど邦画を観ないワタクシでも観ている、邦画史上に残る名作『南極物語』のハリウッド・リメイクです。果たして、アメリカ人にあの作品の本質が理解出来るのか・・・ましてや、製作はディスニー・・・そんな不
本日は出勤でした。で、会社で記事を書いております{/face_ase2/}(PM10:00現在)最近は、映画、テレビ放送されたものも含めると結構観ているんですが、ブログになかなかアウトプット出来ません{/face_hekomu/}とりあえず今日はレンタルした映画から(会社で仕事中に{/face_
「南極物語」 2006年 米★★★★感動です!!やっと観ました^^このDVDもレンタルで観ようとして4度借りてきてやっと観ました。こうなりゃ意地です(笑)実はオリジナルは観ていません・・・・。(なんとなく内容を知ってしまったけども)...
もう一度逢いたい人がいる。もう一度聴きたい声がある。
原題:Eight Below (2006)高倉健が主演した"南極物語"、ドキュメンタリー風で、樺太犬のタロやジロを供出した人々の家を訪ねるシーンなど、日本人の機微に富む感動作品だった・・ 全米科学財団の観測基地で働く南極ガイドのジェリー・シェパード(ポール・ウォ

コメントの投稿

非公開コメント

博士がね…

 ども、たましょくです♪

 動物好きとしては「犬観るか?キツネ観る
か?」で悩んだ結果こちらにwんーたましょ
くは、「あの博士」が…ダメでした。身勝手
過ぎるとゆーか、なんとゆーか。

 ヒョウアザラシシーンは、すっごり迫力あ
りましたよね。氷下を泳ぎながらマックスを
追うシーンは手に汗握ってしまいました。

博士が憎い!

>たましょくさんこんばんわ♪

キツネの方も同時公開ですからね~♪動物好きな方は確かに迷ってしまう所ではありますね。博士の身勝手な行動は観てて自分も小憎たらしいと思っちゃいましたね。後半いい人っぽくても前半の罪は全て拭えません(汗

ヒョウアザラシ・・・みんなあそこでビビッテましたよ・・シャチの死骸シーン(苦笑

こんばんは♪

ヒョウアザラシのシーン、飛び上がってしまいました(爆)
ああいうふうに脅かすのもいかにもディズニーですね~。
これって吹き替え版しかないのかしら?
ポール・ウォーカーの声が「ER」のカーターの声だったので気になっちゃいました。

モロビビリ

>ミチさんこんばんわ♪

ミチさんも飛び上がっちゃいましたか(笑)自分もあそこは迂闊でしたね。警戒していなかったので、ヒョウアザラシが出て来た瞬間モロビビリしてしまいました・・

そう言えば平田広明ってカーターの声も担当してましたね♪あの頃とは、ちょこっとだけ声の感じが違うようにも感じるんですけどね。

メビウスさん、こんばんは。

犬の演技はほんと、拍手ですよね。
素朴な演技のないタロジロたちも良かったけど、ディズニーならこのくらいの役者じゃないとねw 特にマヤ。

とにかく(古い)日本とアメリカの文化の違いを感じましたね。
夏目雅子が待つ女なら、ケイティは「来ちゃった♪」タイプ。コレもまさしくね!

こんにちわ

もともとオリジナルを知らないのでこの間観てたらあんなに暗い映画だったとは!でびっくりしました。
どんどん犬達が死んじゃうのは観ていて辛かったです。その分こっちは明るかったので今ではそれでもよかったかなぁって感じです。
オリジナルより軽く楽しめるって感じで。
あんな素敵な犬達を見れただけでもよかったんですけどね♪

比較

>たいむさんこんばんわ♪

そう言えば夏目雅子もオリジナルに出てましたよね。と言う事はハリウッド版のジェリー・シェパードが渡瀬恒彦になるんでしょうか?・・・だとしたら健さんは・・・?(汗
でもケイティは夏目雅子のように、男に尽くすようなタイプに見えませんね・・(^^;)


>なななさんこんばんわ♪

オリジナルを観なくても十分に楽しめる映画ですけど、比較するとかなり違いますからね~。と言うよりむしろオリジナルを観ない方が良いかも?
これでオリジナルの興収60億を超えたら改めて凄いって認めたいですね~。

メビウスさん、今晩は☆
犬たちの縁起にはもう脱帽ものでした~♪
犬好きにはたまらなかったです(笑)
オリジナルに比べると描写がちょっと軽く感じてしまいましたが、ディズニーだったら仕方ないかな~。^^:

ライト南極物語

>ルーピーQさんこんばんわ♪

ディズニー製作だと暗く重い映画はご法度みたいなものですし、変更が加えられるのは致仕方なかった所ではあります、こういう明るめな南極物語というのも新鮮な感じがします。

オリジナルと違う場面も見られて、楽しく見れましたしね♪

猫だけど犬も好き♪(ぉ

マックスくんの、暴走から、過酷な世界での
仲間を守り成長していく姿が
言葉がなくっても雄大に語ってくれる・・・
そんなとこが好感持てました(笑)
オリジナルのドキュメンタリータッチもいいけれど
ディズニーのリメイクの変化球もまた味があってよかったです。
やっぱり国民性の違いかなぁ~(笑)

演技が凄すぎて・・

>にゃんこさんこんばんわ♪

ディズニー版の犬達のシーンをドキュメンタリー風にしなかったのも、やっぱり8匹の犬全員の演技が凄すぎて、ナレーションを入れる必要が無くなったという線も有り得ると思うんですよね~。
リメイクは色々な所が変更してあったので、オリジナルを知ってる人にはかなり新鮮に映ったと思いますね♪

ディズニーらしいですよね~♪

こんにちは!コメントありがとうございました(^^♪
日本版の方は重~い感じで観ているのが辛かったですけど、本作は軽め。。。というか明るめに仕上げてあって、精神的にラクでしたね!
とはいえ、ヒョウアザラシが飛び出してくるシーンでは、気を抜いて観ていたので、思いっきりビクッとしてしまいましたが。。。(苦笑)

ヒョウアザラシ反則

>honuさんこんばんわ♪

ヒョウアザラシは反則ですね・・・(^▽^;)あんな所からガバーーーッと出てくるとは全然思いもしませんでしたからね~(汗
でもあのシーンは子供にはびっくりどころじゃ無いかもしれませんね。もしかしたら泣いてしまう子もいるんじゃないでしょうか?

こんばんは~♪

ワンコ達が猛烈に可愛かったです!
でもって、ヒョウアザラシが尋常じゃないくらいに怖かったです。:゚(。ノω\。)゚・。
オリジナルとは全く別物になってしまってましたが、ディズニー映画と割り切って観たので十分楽しめました^^

ではでは~、TBさせて頂きましたので~♪
これからもよろしくお願いします♪

犬のほうが凄い

>Akiさんこんばんわ♪

ディズニー版ですから、オリジナルと比べてどこか明るいですよね。犬達も殆ど生き残りましたし。
それに犬達の演技もオリジナルのタロやジロ達に負けないくらいでしたし、甲乙付け難いですね。ポール・ウォーカーも一応主人公ですけど、どことなく犬達に食われちゃってません?(汗

PAGETOP