マイ・ボディガード

【監督】トニー・スコット
【出演】デンゼル・ワシントン/ダコタ・ファニング/クリストファー・ウォーケン/ミッキー・ローク
【製作】2004年/アメリカ

■ストーリー■
元CIA特殊部隊員であるジョン・クリーシィ(デンゼル・ワシントン)は、”暗殺”と言う名の特殊任務を重ねる内に見も心も傷つき、生きる目的を失っていた。そんな時、友人のすすめで誘拐事件が多発するメキシコシティに住む実業家の娘、ピタ(ダコタ・ファニング)のボディーガードとしてクリーシィは雇われる。
ピタと心を通わせていく内に、クリーシィの中で生きる事の喜びが再び芽生え初めてきたその時、事件は起きた・・・

■コメント■
中々に濃厚な作品でした。今のメキシコシティの犯罪の現状を風刺したかのような内容にも見え、『誘拐』と言う犯罪が1種のビジネス、そしてそれが法の目を掻い潜り組織化されていると言うのがちょっと怖かったです。日本じゃ絶対に有り得ない事ですね・・・
前半はクリーシィとピタの交流みたいな雰囲気が描かれ、とても和やかな感じにさせます。苦悩するクリーシィを癒すかのように、ピタがひたむきに話しかける様は『愛』を感じますね~♪

でもこんな情感溢れる作品なのに、なんでR-15指定なの?と疑問に思ってたのですが、後半のクリーシィの復讐劇で納得しました(^_^;)
前半とはもうガラリと変わって、元特殊部隊の真価を発揮するが如く冷徹に復讐を果たしていくクリーシィ。
うむ、確かにエグイですわ・・(・_・;)

前半が癒しのピタとなるなら、後半は復讐のクリーシィと、内容がホントはっきりしていて個人的には良かったです☆

ただ『オチ』がなんとなく気に入りませんでした。時間が無かったのか、中途半端に見えなくも無かったです。


※でもダコタ・ファニング・・・やっぱりかわいいですな~!!(〃▽〃)
あれじゃ、守りたくなっちゃうのも無理無いですね♪
 
デンゼル・ワシントン演ずる対テロ部隊出身の退役軍人クリーシーが、メキシコに住むお金持ちの娘ピタ(ダコタ・ファニング)の護衛を依頼されるところから話は始まります。物語の前半は、長い軍人生活で、すっかり心が荒んでいるクリーシーが、子供らしい愛らしさと率直さで

コメントの投稿

非公開コメント

原作はもっといいですよ。アル中で死にそうになってたクリーシィと、天使のようなピンタの交流が前半のメインになってます。
「困っている大きな熊のまわりをじゃれまわる子犬のようなピンタ」といった描写や、「クリーシィは生まれなかった子供のようにピンタを思っている」みたいな関係が描かれていて。

「オチ」ですが、小説版のほうがはるかにスッキリとしています。映画版はどうも脚本が良くないです。

A・J・クィネルの『燃える男』
オススメです。

PAGETOP