県庁の星

【監督】西谷弘
【出演】織田裕二/柴咲コウ/佐々木蔵之介/和田聰宏/紺野まひる/矢島健一/酒井和歌子/石坂浩二/他
【公開日】2006/2.25
【製作】日本

【ストーリー】
野村聰はK県庁のキャリア公務員。エリート意識を持った上昇志向丸出しの男で、婚約者も地元大手建設会社の令嬢と人生も順風満帆。その今後は『特別養護老人施設建設』のビッグプロジェクトを足掛かりに更なるステップアップを狙っていた。そのプロジェクトの前に、野村は県政の目玉である民間企業との人事交流研修のメンバーに選出される。ところが研修先はやる気の無い三流スーパー『満天堂』。しかも野村の教育係・二宮あきは、自分よりも年下のパート店員だった・・・


【コメント】
この映画観て自分がいっつも行ってるスーパーも、賞味期限切れギリギリの食材が売られてたり、衣をパリパリに見せる為に二度揚げしたり、衛星状況悪くてGメンのチェック受けてるのかな~・・・なんて思ってしまう。スーパーも裏では色々苦労してるんですね・・・

『踊るムービー2』からおよそ2年半ぶりとなる織田裕二主演の本作『県庁の星』。
人情味溢れる熱血刑事青島がまだ印象深い彼ですが、今度は打って変わって書類第一で堅物な県庁のエリート官僚・野村を熱演。いやいや、やはり織田裕二って役作りが徹底してますね~。青島像が霞むくらい、もう前半の野村の態度は物凄いイラついてきますね。いい意味で。
そして野村の教育係で年下のパート店員二宮あきに柴咲コウ。三流スーパーを舞台に、全く正反対な2人が時にいがみ合いながら、そして時に協力し合いながらとコミカルな感じで描かれています。
でもコミカルと言っても、主人公野村の性格もあってそれ程ワハハと楽しく笑わせてくれるシーンはあまり見当たらなかったですけどね。せいぜい『洗つて』くらいかな?(笑

劇中では民間の意見や心情を理解しようとしない官僚の差別化したような問題発言なども取り上げられているのですが、やっぱり公務員ってどこかお硬くて、マイナスなイメージが持ち込まれているんでしょうかね?
『前向きに検討します』なんて言葉もよく記者団に取り囲まれる政治家などが十八番のように使いますけど、それも問題を鵜呑みにして真剣に取り組まず、結局は何もしないし何も変えない、その場凌ぎの言葉に聞こえるんですよね。この映画観てなんか改めて思った。それにあの知事・・最後の最後で思い切り期待を裏切りおって・・(`皿´♯)
でもそう簡単にポンポンと改革されても困りものですけどね。思い通りにならないって所が強調されてて結構印象的。・・・腹は立ちましたけど

そんな役人に憤慨しかねないシーンも多々ありますが、後半に全てを失って崖っぷち人生になった野村と二宮が満天堂の店舗改革を始める所はとても面白い♪査察官が来て条例読み上げる所とか『早く言ってくれ~!』とそわそわしながら心の中で催促しましたが、でもあれだけしどろもどろな感じじゃ覚えてる事にならないのでは?とも思ったり(^▽^;)

しかし一風変わった織田裕二の役所も見応えありましたし、個人的にはこの映画、2000円くらい出しても観る価値有ったかも♪
ラストもさっぱりしたような終わり方でしたし、結構楽しめる映画ではないかと思いますね♪野村は星にはなれませんでしたが、自分の評価は『☆』ですぞっ♪

『県庁の星』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
「県庁の星」評価 ★★★★☆『あらすじ』 県庁のエリート公務員として、巨大公共事業プロジェクトに加わることになった野村聡(織田裕二)。将来を約束され、プロジェクトの推進に欠かせない県議会議長とのパイプを太いモノにしよーと奮起する。...
「県庁の星」は県庁のエリート公務員が民間のスーパーなどに派遣され、物事の考え方が変わっていく姿を描いたストーリーである。さすが話題作という事で内容そのものは実に良い仕上がりになっている。
県庁の星監督:西谷弘脚本:佐藤信介出演:織田裕二 柴崎コウ 石坂浩二 佐々木蔵之介 和田聰宏 紺野まひる 酒井和歌子★★★★★★★☆☆☆ストーリー県庁のキャリア公務員野村。出世のため、県が勧めるビッグプロジェクト参加を狙う野村は、
●『県庁の星』2006年2月25日公開。織田裕二3年ぶりの映画は社会派コメディ。去年は番外編というよりスピンオフでとりあえずヒットした『踊る・・・』やらないのかな?今年は『北斗の拳』『日本沈没』と・・・大作続きの柴咲コウ。この2人がそろって東宝系な...
○裏切られた!   やはり、ラストの知事(酒井和歌子)の言葉。   『前向きに検討するって事は、やらないって事でしょ?』   思わず、いかりや長介のこのセリフが浮かんできました。   『正しいことをやりたければ、偉くなれ。』   これに尽きました。   
今日からです。けど、けっこうガラガラ……織田くんに汚点が(^^; (?????)
「官僚と民間」・・・かなり‘意識’は違うんだろうな。。。ましてや、エリート公務員と三流スーパーのパートとを比べたら当然のことかと。。織田裕二扮する野村聡・・ビシッとスーツを着こなし、頭はキレる、仕事は早い、書類作成は敏速的確、マニュアル通り、融通....
織田裕二・柴咲コウ出演『県庁の星』の舞台挨拶に行ってきた。客層は9割以上が30~40代女性。苦手な香水の香りがあちこちから漂って来る。。。いくらつけたところで、その香りは舞台上の織田裕二までは届きませんから(爆)まずは舞台挨拶の模様から。恒例?になった「暗が
柴咲コウは、織田裕二と映画「県庁の星」で共演中だ。柴咲コウは、織田裕二にかなりリードしてもらい、撮影したそうだ。[芸能人の美容整形のうわさ] [芸能人の豊胸]週間女性によると、柴咲コウは、レストランに入るや否や、「お~い...
織田裕二主演、エリートin民間スーパー。内容K県庁のキャリア公務員、野村聡(織田裕二)。プライドが高く、極端な上昇志向の持ち主。ある時彼は、県政の目玉プログラムである民間企業との人事交流研修のメンバーに選出される。ところが、派遣されたのは田舎の三流スー....
 スーパーが舞台となった映画では伊丹十三監督の『スーパーの女』が思い出されますが、『キャプテン・スーパーマーケット』も忘れてはならない・・・違う?
評価:75点{/fuki_osusume/}県庁の星想像以上にきちんと作りこまれた作品でした。ベースはベタなサクセスストーリー。エリートが一回挫折して、勝利を目指すってあたりベタベタです。ただ、県庁のエリートと3流スーパーのパート店員という全く違う立場の2人がお互いに影
映画館の予告編を観て、絶対に見たいと思った邦画の1つでした。本日、ダーリンと行って来ました。「県庁の星」です。
テンポの良い展開で見せる対立バトルは,熱くさせるものが無く,普通に楽しい映画。
県庁の星上映時間 2時間11分監督 西谷弘出演 織田裕二 柴咲コウ 佐々木蔵之介 和田聰宏評価 7点(10点満点) 織田さん主演最新作!実は踊るシリーズ、青島刑事のサラリーマン時代の映画!ではなく、県の役人でしかもキャリアなんで違いますね。 本....
   人間のココロを改革します。 今ノリに乗っている織田裕二&柴咲コウ主演のハートフルウォーミングなドラマです。 県庁のエリート公務員、野村(織田裕二)は200億円をかけた一大プロジェクトを踏み台に、キャリア躍進を狙っている。 プロ...
今年は邦画が豊作なり~というわけで県庁の星(公式サイト)観に行ってきたです。織田祐二が県庁さん役ということで 踊る(略)シリーズが大好きな私は期待せずにはいられませ
さすが!織田裕二の県庁の星という仕上がりになっていました。映画が始まるということで少し漫画をみたんですけど県庁の職員がスーパーって設定にイマイチ、ピンと来なかったんですけど、始まってみればいつの間にかに引きずり込まれて、最後は頑張れと応援したくなるそんな
織田くんの最新作。地方行政と民間交流にちょっとラブ要素を持ち込んだ作品。これも原作は未読。官民・・・両方の視点とどちらでもない消費者としての視点、納税として一般県民としての視点。様々な視点からこの作品を見ることができる私としては、それぞれ
当節、日本映画界において最大の集客力を誇るフジテレビの看板役者「織田祐二」と、これまた当代きっての人気女優「柴咲コウ」を主役に据え、『白い巨塔』でその手腕を発揮した「西谷弘」がメガホンを取った博報堂イチオシの話題作。広告屋どもの浅はかで愚劣で腐りきった脳
火曜日がレディスディの映画館で、「県庁の星」鑑賞しました。予告編を観た時から、こんなストリーじゃないかと想像してましたが、まったくそのとおりでした。原作は読んでないですが、原作の書評を読んでみたら、最初の30ページでストリーがわかるそうです。でも、...
「県庁の星」★★★☆織田裕二、柴咲コウ主演西谷弘監督、2005年混んだ劇場で画面を見つめ、皆と同じ場面で笑い、同じセリフにジーンと来る。驚くような展開は無いが、登場人物がそれぞれの場所にぴたりとハマってすごく楽しめた。このところ...
大きなプロジェクトのプレセンをしている、県庁職員野村は、そのプロジェクトへ民間の意向を取り入れようと提案した。その提案の研修メンバーにも選ばれた彼は、研修先のスーパーへと通い始めた。研修が終われば、一段階ステップアップに成ると思い、頑張るのだ...
「県庁の星」2006年 日本 監督 西谷 弘ファンや観客への受けは抜群!だが、スタッフと共演者の受けはメッチャ悪い 織田雄二映画・ドラマ・CDと各方面で大活躍。カマで人を殺
学生時代のアルバイトから長く接客業ばかりしている。今までの人生のほとんどをデパートやスーパーで過ごしてきた。だから、たくさんの店舗のバックヤードを見ている。今の職場にも、当然バックヤードがある。でも、こんなにひどいバックヤードは見たの初めてかも。あんな..
 織田裕二主演の最新作『県庁の星』見てきました。これまでの織田裕二の役どころを見てみると、”成り上がり”系が結構多かったように感じていたんですが、この作品では全く逆。県庁が偉いということは無いですが、民間のスーパーマーケット”満天堂”へ派遣され、そこで役
●県庁の星をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 K県庁のキャリア公務員・野村聡(織田裕
映画館にて「県庁の星」★★★☆原作がしっかりしているのか、映画も普通に誰でもお手軽に楽しめる作りになっていた。年配のお客さんが多かったのも頷ける。キャリア官僚・野村(織田裕二)とパート店員・二宮(柴崎コウ)の掛け合いはコミカルで楽しい。スーパーの裏側を覗
織田裕二さんは、あまり好きな男優さんじゃないんです。。。でも、演技は嫌いじゃないです。県庁の人間と、民間スーパーの店員。めぐり合うことの無い2人、、、って、別に実際は普通に知り合うことあるんじゃないのかなぁ~?そんなこと無いの??映画としては、...
「県庁」という所が良いですね。大都市にお住まいの方には伝わりにくいと思いますが、地方において県庁に勤めるってのはかなりのステータスです。それは大企業が無いことと、地方経済は公共事業の果たす役割が大きい事に起因しています。改革ムービーと謳っている以上、その
東宝が力を入れてPRしているのって・・・当たるときと、はずれるときあるからなぁ~(笑)でも、ちょっと面白そうだとは思えた織田裕二の映画『県庁の星』映画の日の今日、観に行ってきました。もう絵に描いたようないや~なエリート意識丸出しの上昇志向の強い...
前向きに検討します、ひと昔、いや、ふた昔くらい前のお笑い芸人が着てた衣装みたいな、青いスーツの件。
素直に謝る。素直に教わる・・・カイカクするのは、ココロです★
野村聡(織田裕二)は、県庁のエリート意識も強く上昇意識丸出しのキャリア公務員。「特別養護老人施設建設」の企画を提出し、それを足がかりに出世を狙っています。そのプロジェクトを前に、県が打ち出した「人事交流研修」のメンバーに選出され、スーパー「満天堂」に送り
おととい、『県庁の星』を見ました。まずは、Yahoo!Movie掲載あらすじを。----K県庁のキャリア公務員・野村聡(織田裕二)は、ある時、民間企業との人事交流研修のメンバーに選ばれるが、研修先は客もまばらなスーパー。しかも野村の教育係・二宮あき(柴咲コウ)は、年下..
織田裕二版 『スーパーの女』 かと思っていたら…、※ ネタバレ 注意! ※『満天堂ビフォーアフター』 でした。(笑)公務員って、県庁職員って、そんなに偉いの? という素朴な疑問が、頭から離れませんが、官と民をわかりやすく対比させるには、あのくらい極端なキ
2006/日本監督:西谷 弘出演:織田裕二、柴咲コウ etc・・・2006/3/4 映画館にて鑑賞 ★★★★ビシっときめたスーツ姿の織田ちゃんに[:ラブ:]   以下、ネタバレ感想
面白かった~。感動とかじゃないけど。きっとテレビドラマ化されるだろうね。じっくり描いてほしい「人の心と行動の改革」の物語だ!
 今回は県庁の星。ホワイトアウトでは、テロリスト相手に奮闘し、踊る大捜査線では、警察官僚や犯人達と戦う、あの織田裕二が三流スーパーのパートの柴咲コウに「お前の将来なんか知るかっ!」と怒られて、たじたじになってしまう、あの映画です。今までの作品と違ってちょ
カイカクするのは、ココロです★CAST:織田裕二/柴咲コウ/佐々木蔵之介/和田聰宏/紺野まひる/石坂浩二 他■日本産 131分DVDレンタルまで待とうか迷ったけど、せっかくチネで公開しているんだし、丁度ポイントでタダで観れるから会社帰りにフラっと観賞~。全国公開し
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ マニュアル通りにはいかない・・・人と政治 
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(97) 県庁の星-織田裕二は、熱き理想に燃える公務員になった。今週末公開の「県庁の星」を試写会で観た。試写会なんて、本当に久しぶり、10年以上前に行ったきりだ。いつ....
封切られたばかりの話題の映画を見てきました。なお、ボクは原作本は読んでいません。織田裕二は色々な役が出来るいい役者になったなあ、というのが一番の感想ですね。県庁職員が「民間交流」と称する研修に出ることになり、織田裕二が演じる主人公はスーパーに行くことにな
県庁の星なんて、元気の出る映画だ。まったく、予想通りの展開で、先が読めるのだが、なぜかワクワク、ドキドキ、ウルウルしてしまうw。織田裕二という役者は、相変わらずスゴイ。メチャクチャうまいのか、○○なのか良くわからないのだがw、刑事の青....
K県庁のエリート公務員・野村(織田裕二)は、200億円をかけた一大プロジェクトに必要な「県と民間の交流」をクリアするため、三流スーパー「満天堂」に半年間の研修に出されることになる。そこではパート従業員の二宮(柴咲コウ)から仕事を教わることになるが、役人
『県庁の星』試写会言わずと知れた、織田裕二×柴崎コウ共演映画です。ストーリー「書類第一でエリート街道を突き進む、県庁職員野村(織田裕二)が研修で派遣された先は、三流スーパー。しかも彼の教育係の二宮(柴崎コウ)はお客様第一の現場主義で、スーパーを裏...
「県庁の星」エリート公務員を織田裕二、スーパーのパート店員を柴咲コウ。悪くはないが、大絶賛というほどではなかった。映画化されるというこで原作は読みましたが、正直イマイチ。原作では、パート店員の二宮泰子は、バツイチで、20歳の息子と二人暮らし。映画では
映画館で観るつもりはなかったのだがチケットを頂いた♪(ラッキー)物語的には予告編で想像してたようなドラマティックな作品ではなく、どちらかというと軽いノリだったが、クライマックスでの主人公の演説にはちょっと胸が熱くなった何かを変えることはすぐには無理かもし
『県庁の星』 ★★★ 【監督】西谷弘 【出演】織田裕二/柴咲コウ
2週間ぶりの映画。 ここのところ、私にしてはハイペースで映画館に足を運んでいた日々だったので、2週間も見ていないと、シアターもずいぶんと久しぶりのような気がする。 久方ぶりの鑑賞となったのは織田裕二主演の『県庁の星』。 織田裕二もストーリーも、不思議なほど
 黒澤明『生きる』の現代版とでもいうべきか。  かの名作との誉れ高い作品に対しては、大いに反撥させられましたけど、この作品にはそういうところ
県庁の星「青島、正しいことをやりたいなら偉くなれ」和久さんの声が聞こえてきそうな気がしました
「県庁の星」★★★☆織田裕二、柴咲コウ主演西谷弘監督、2005年混んだ劇場で画面を見つめ、皆と同じ場面で笑い、同じセリフにジーンと来る。驚くような展開は無いが、登場人物がそれぞれの場所にぴたりとハマってすごく楽しめた。このところ...
先月「県庁の星」をようやく観てきた県庁に勤めるエリート職員の野村(織田裕二)が,公共の施設の建設プロジェクトのメンバーからはずされ,近所のスーパー「満天堂」に研修として派遣される.「民間の意見を吸収する」という名目で.そこで出会ったベテランのパ....
あの話題作を観てしまいましたぁ[:ラブ:][:イヒヒ:]県庁の星 売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools織田ゆうじ(県庁)[:雨:]vs[:雷:]柴崎コウ(パート店員)[:!?:]
前向きに検討します...【Story】K県庁のキャリア公務員・野村聡(織田裕二)は、200億円をかけたプロジェクトを踏み台に躍進を狙っている。プロジェクトに必要な「県と民間の交流」をクリアするため、半年間の研修に借
映画館でも観た「県庁の星」をDVDで観ました。2回目でもとても良かったです!テンポもキャストも良いし、話全体としてもよく出来ていて分かりやすい。でも映画にありがちな、有り得ないようなハッピーエンドではないトコロが良いです。大きなプロジェクトを変えるコトは
監督:西谷弘出演:織田裕二、柴咲コウ、井川比佐志、益岡徹、酒井和歌子、石坂浩二 評価:70点公式サイト(ネタバレあります)県庁の職員にあれだけのエリート意識があるのかと疑問に思ったが、最近の不祥事をいろいろと見ていると、映画の...
県庁の星2006年   西谷弘 監督織田裕二 、柴咲コウ 、石坂浩二 、酒井和歌子 、佐々木蔵之介 、和田聰宏この監督って、TVドラマ作ってきた人なのね。 で、映画デビュー作。いぁ、面白かったです。 古典的ストーリーなんだケド、題材が今風。警察を改革する...
全くの余談ですが私、福祉の大学行ってたんですよ。予告とかで「民間、民間」というのが何だか耳に懐かしくて。(笑) DVDで鑑賞。とある県庁のエリート公務員・野村は200億円をかけたプロジェクトを踏み台にキャリアの躍進を狙っている。「県と民間の交流」をプロジ
県庁の星 スタンダード・エディション (2006/日本)順風満帆の人生を歩むキャリア公務員・野村聡。ある日、人事交流研修のために三流スーパー「満天堂」へと赴くが、店員たちはやる気がなく、さらに野村の教育係・二宮あきは年下のパート店員だった。さまざまな不幸や困
県庁の星2006年 日本監督 西谷弘 出演 織田裕二 柴咲コウ 県庁のエリート公務員野村は、200億円をかけたプロジェクトを成功させキャリアアップを狙っている。そのプロジェクトを県議会に提案する。プロジェクトに必要な県と民間の交流をとりもつため、民間企業へ何
県庁の星 とクリスチャン織田裕二土曜日に“県庁の星”という邦画が放映された 感のいい方は分かるだろうが舞台の一つになるスーパーは 伊丹十三監督の“スーパーの女”が下書きとなっている“スーパーの女”は伊丹監督の遺作となった作品だが 大手スーパー進出に潰れ..
県庁の星は思ったよりは良かったけど何回も見たいと思う事は無くて10点満点で言うと6点ぐらいだし6月に鑑賞した映画の中では低くて BLEACHは妹のオカリナの音で敵を倒す事が出来て話が終わったしバンビ~ノはオーナーと伴がイタリアに行った事で話は終わったけど
県庁の星監督 西谷弘出演 織田裕二 柴咲コウ 日本 2006
 『カイカクするのは、ココロです★』  ってなワケで公開2日目のコチラの映画を観てきましたぁ~♪「THE 有頂天ホテル」の混雑ぶりを目の当たりにしちゃっていたので、朝イチに行ったのですが、割と楽~に入れてのんびりと観る事が出来ちゃいましたぁ(´▽`) ホッ  ...
2006年:日本 原作:桂望実 監督:西谷弘 出演:織田裕二、ベンガル、井川比佐志、奥貫薫、柴咲コウ、石坂浩二、矢島健一、益岡徹、佐々木蔵之介、山口紗弥加、酒井和歌子、紺野まひる、和田聰宏 県庁のキャリア公務員、野村聡は、プライドが高く極端な上昇志向を持...

コメントの投稿

非公開コメント

行政の怠慢と店のおざなり

 ども、たましょくです♪

 スーパーの描写がけっこーリアルで
働いてた身としては「アイタタタ…」
とwあそこまで、酷くはないですケド。

 織田さんは、徹底した役作りをする
タイプらしいですからね。それに、柴
咲コウさんは、ちょっと強気な役が似
合いますよねw

 野村は、星の欠片ってところですかね?w

こんばんは

民間サービス業が長い私は、前半の織田さんにムカつきながら観てました。
「前向きに検討します」・・・
よく使う‘対顧客ワード’なんですよね。。。
官僚のみならず、民間でも難しかったりするので
結構他人事じゃなかったですね(^_^;)

現実のスーパーも・・

>たましょくさんこんばんわ♪

この映画を同じスーパーで働いてる人が観たら、結構思い当たる節が見つかる映画なんじゃないでしょうかね?認めたくない所ですが、やっぱり劇中のように不正をしているスーパーってあると思いますね。


>未来さんこんばんわ♪

実際野村のような人材がサービス業やってたら、周りはかなりストレス溜まるでしょうね。融通が利かないにも程がある・・(汗
『前向きに検討します』って言葉、テレビでも信じられなくなりますね。

こんばんわ☆
まさに骨太の中々面白い映画でしたね。
期待してなかった分、最初から物語に引き込まれ結構あっという間でした。
織田裕二がこういう役をやると、ハマリますね~
官と民という私たちの生活に関わるテーマを人間にスポットを当てて描いたのも分かりやすくて良かったと思います。
二人の主役にも花がありますし、脇役陣・・・特に石坂浩二の憎憎しい演技はさすがだと思います。
また遊びにきますね~いつもどうもです。

こんばんは。

メビウスさん、どうもです。

>『洗つて』
「つ」を書き加えるのがおちゃめです。
作り直すか、上張り位してもいいような気がしましたけどねw

笑いの要素はもう少しほしかったですね~

『洗つて』

確か原作には無かったエピソードなので
脚本の段階で付け加えられたと思いますが、
県庁さんの頑なな性格を上手く表現したと思いました。

続・洗つて

>orangeさんこんばんわ♪

自分もここまでツボにはまるとは思ってなかった作品ですね。織田裕二も青島像が失せて、融通の利かない野村を好演してましたしね♪
憎らしいと言えば・・・自分は石坂浩二よりも酒井和歌子が憎かったです。


>たいむさんこんばんわ♪

洗つて♪徹底した野村の性格がこういう所では逆に面白味がありました。矢島健一も『洗つて♪』と皮肉っぽく言う所も中々お茶目。でもあそこが唯一の笑い所と言うのも惜しい気がします。


>Hiroさんこんばんわ♪

『洗つて』は原作に無かったんですか?だとしたら上手い配慮だったかも♪漫画には載ってるかな~?漫画もあるって事今日知ったんですが・・

TBさせていただきましたー
いろいろツッコミ所は多かったですが、結構楽しめたです。実際のスーパーもあんな感じなのかなw

ウチのスーパー

>manglerさんこんばんわ♪

この映画を観た後、何かとスーパーの惣菜に目が行くようになりました(笑
エビフライとか見ると二度揚げしてるんじゃないかと凝視してしまいます(^^;)Gメンとか発見してみたいです。

ちなみに・・・・

私は、営業の仕事をしていますが、
『前向きに検討します』は、本当に前向きに検討するのですよ。
地方によって、違ったりするみたいですが、
愛知県西部方面は、本当に検討する傾向がありますね。

TBありがとうございました

こんにちは♪
年配のお客さんがとても多かったですよ~。
さらっと楽しめて、しかも本当は考えなきゃいけない部分がある映画ですよね。
織田くん苦手ですが、こういう役は上手いな~と思いました。
せっかく「知事さん、ナイス!」と思ったらアレですものね、ガックリ。

善処する

>うぞきあさんこんばんわ♪

『前向きに検討します』って使い古されてるような感もあってか、実行しようとしない人が使う言葉のように自分も捕らえていたんですが、実際に検討して善処する所もありますよね。当然ながら(^▽^;)
愛媛県の皆様を見習いたい♪


>ミチさんこんばんわ♪

デート映画にも向いているのか、自分の時は老若男女様々でした。織田裕二か柴咲コウ観たさかな?
知事も最初は老後施設建設に難色を示していたように思えたんですが、手の平返すようにあのオチですからね(汗
出来れば理由が欲しかったですねー。

エリートというプライド

おはよーございます!
TBありがとうございます。
エリートのプライドという、ボディスーツを
装着したままの前半の野村のいやらしさ
観客がみんな、むかむかイライラしたんじゃないかな?
織田裕二 そういう意味ではうまいなぁ~と(笑)
”素直になること”大切ですよね~

猫にとっては、さらっとしてるけど、結構楽しめたことは確かです(笑)

条例読み上げ

条例の内容を理解しているかどうかより、丸覚えこそ大切だと言わんばかりの官僚主義的消防署員でしたね。

それにしても、店長の言葉がナカナカ出てこないものですから、織田くんとコウちゃんが心通わすシーンと同じくらい、「さっさと次のセリフ言えよー、そんなに間をとってるから2時間越えるんだよー」って思っちゃいました(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。

ハマリ役

>にゃんこさんこんばんわ♪

熱血刑事青島が印象を払拭するかのように、堅物な野村役も凄い上手かったですよね♪
何をやらせてもハマリ役になっちゃう辺り、織田裕二ってやっぱり凄いですね。


>にらさんこんばんわ♪

消防署員がスーパーをああいう風にチェックしてるって事、この映画で初めて知ったんですよね実は(汗
ああやってお客様が見てる前では実際やらないと思いますが、スーパーもちゃんと定期的な検察みたいなの受けてるんですね(当然か)
でも正直織田と柴咲のロマンスはいらなかったよーな・・・(汗

TBさせていただきました

こんにちは、jamsession123goです。
jamsession123goもこの映画は結構気に入っています。
実は織田裕二はあまり好きじゃないので、見ようかどうしようか迷ってはいたのですが、試写会ということと、原作がかなり楽しめたので、映画にも期待して観てみたわけです。
しかし、予想に反してというか、予想通り、面白い映画でした。
「県庁の」となってますが、「○○株式会社の」としてもかなりの部分で共通する話ではないでしょうか。
世の中、改革するって、なかなかうまくいかないものですね。

こんばんわ!TB&コメントありがとうございます!
睦月としては、゛洗て゛もかなり面白かったんですが、石坂さんのギラギラ色のスーツがかなりツボでした・・・。

ギラギラスーツ

>jamsession123goさんこんばんわ♪

あまり期待していない映画が大当たりだと嬉しいですよね♪自分も織田裕二はそれ程好きなほうじゃないですが、彼の役作りはかなり徹底してるので、それも映画が成功してる1つだと思いますね。


>睦月さんこんばんわ♪

マツケンサンバみたいにギラギラスーツ(笑)あんな県議長さんいるか見てみたいものですね(^▽^;)
でもスーツ自体はなんか高そうです・・

メビウスさん、今晩は☆
織田裕二は好きな俳優さんなので、面白かったです~♪
あ、査察のシーンでは私も同じ突っ込みを入れました。^^:
連ドラで描いたら面白そうな題材だななぁ~と思いますが、このメンバーはドラマじゃ揃わないかな?!
TBいただいていきます~

別な県庁の星

>ルーピーQさんこんばんわ♪

織田裕二好きな方なら、結構ツボに入る映画かと思いますね♪
連ドラでこのメンバーだったらさすがに豪華絢爛ですね。ただでさえ織田&柴咲は珍しいのに・・
でももしドラマ化になるのであれば、映画をそのまんま取り入れず、野村の他にも人事研修のメンバーがいたので、アナザーストーリー的なドラマにして欲しいですね。

知事の裏切りは見事でした!

こんにちは。
最後の知事はよかったです。
悲しいし、悔しい気もしますが、アレが現実と言う気がするし、あまり全てが上手くいき過ぎるのもウソっぽいと思えるので…(映画にどこまでリアルを期待するべきかは分かりませんが)
でもその分、県庁で飲むコーヒーにお金を払うことになったのが、小さいことでもいいから少しずつ変えていこうって気持ちが希望を持てました♪

しかし、2000円出しますか?太っ腹ですね!

実状

知事の最後の発言は、憤りを覚える所がありますけど、あれが実状でもあるんですよね。大きな改革はそれこそ巨大な権力で握りつぶされることがあるけれど、最後のコーヒーのように、小さな事からこつこつやっていくのもじゅうようなんですよね。

TBありがとうございました♪

鑑賞した後の爽快感はありますね(^0^* )
途中、少し退屈なとこもありましたが全体的に完成度の高い作品だと思いました~

エスプレッソ100円

>cherry@Cinemermaidさんこんばんわ♪

ラストのオチは個人的にすっきりしてる感があったので嫌いじゃなかったですね。エスプレッソは100円でもちょっと安いと思ってしまった自分です・・(汗

TBさせていただきました!

観ていて飽きはしないし面白かったのですが、観終わってなんだか歯がゆい映画でした。
いい人風にみせていた知事の最後の「前向きに検討します」にはやっぱり、いい人風の知事なんだなと思ってしまいました。

前向きに・・

>daiさんこんばんわ♪

今度から『前向きに検討します』って言葉を使う人は用心しなきゃいけなくなりましたね(^^;)でもああいう知事って実際いるんでしょうね~・・・自分の地元の県知事がそうでない事を祈りたいですけど・・

織田裕二

さんの作品って本当面白い作品が多いですよね。
最近はそれでもイマイチ興行が伸びないみたいですけど(;・∀・)
いよいよ?青島かしら?(´∀`*)ウフフ

青島出動

>miyuさんこんばんわ♪

そいえば織田裕二最新作の『椿三十朗』もあまり興行伸びてないと聞いてるのですが本当でしょうかね?未見なのであまり言えませんが、時代劇は恋愛モノの次に苦手ですから、椿もちょっと遠慮しちゃった自分です(汗

こうなると青島がそろそろ出て来て欲しいですねwスピンオフはもういいですから(笑

PAGETOP