サイレン

【監督】堤幸彦
【出演】市川由衣/田中直樹/阿部寛/西田尚美/松尾スズキ/高橋真唯/西山潤/嶋田久作/森本レオ
【公開日】2006/2.11
【製作】日本

【ストーリー】
1976年、日本の孤島夜美島(やみじま)で、一人の男を残して全島民が突如消失した。その事件から29年後・・天本由貴は、弟・英夫の転地療養の為、父親と共に夜美島に引っ越してくる。しかし隣人から『サイレンが鳴ったら外に出てはならない』という謎の警告を受ける由貴。そればかりか島全体に漂う不穏な空気に、由貴は不安に駆られていく。そして由貴は29年前、この島の唯一の生き残りが書き残したと思われる1つの手記を発見する・・・


【コメント】
その独特且つ陰鬱な世界観で、ホラーゲームの中でも一際異彩を放ったと同時に、まるでプレイヤーを思い切り突き放したかのような極悪過ぎる難易度も当時何かと話題を呼んだホラーアドンベンチャーゲーム『SIREN』。
ゲーム開始早々、1分とかからず屍人警官に銃で射殺された人は数多くいると思います。自分もその1人(^▽^;)ええホント良く死ぬゲームですよ・・・(汗
なので後半に『シャサツシマス・・・』と言いながら出てくる屍人警官を見た瞬間、『また出て来やがったなコノヤローーー!!!』と言う懐かしさと怒りがブレンドした微妙な感情がふつふつと沸いて来たのです。でも別に嶋田久作がムカつくって意味じゃありません。

そんなクソゲー一歩手前な同名ゲームの映画化なわけですが(でも『2』は最高に面白い♪)、本作はこの公開2日前に発売された『SIREN2』の世界観をベースにし、ゲームとは似て非なる『もう1つのサイレン』とも言えるような映画に仕上がっています。
新感覚の『サウンド・サイコ・スリラー』と言うものを謳ってるだけはあり、劇中に流れる『音』は観客の神経を逆撫でするような気持ち悪いものから、ビクッ!!と肩を震え上がらせるものまで多岐にとんでおり、臨場感のようなものが普通の映画とは違う事を実感してしまいます。

映画初主演でありながら市川由衣の絶叫もまあまあ気合は入ってましたし、ココリコ田中の演技も普段見せないシリアスな雰囲気。森本レオに至っては屍人になってからがかなりインパクト大です。屍人レオのドアップフェイスで声を上げた人も多いはず(笑

また、これはゲームをプレイした人限定で理解できる部分なのですが、劇中にはゲームに出てくる色々な要素が取り入れられており、その部分は観ていて結構楽しかったんですよね♪
他者の視界を『幻視』し、様々な危機を回避したり謎を解く上で必要不可欠だったゲーム版サイレンの『視界ジャックシステム』。
この斬新なシステムをどういう風に取り入れるのかな?と思ったら、劇中では由貴の姿を屍人の主観視点で見るシーンが何箇所かあり、上手く活かしていると思いました。
更に劇中の至る所には、これまたゲームにも出てくる古文書や日記帳・古ぼけた写真等、随所にサービスカットが盛り込まれており、少しニヤけてしまいました。森本パパがフリーランスライターとして務めているオカルト雑誌『アトランティス』もゲームからの引用ですし、何だか製作陣の遊び心がかなり出ていました。

しかしこの映画、自分はあまり『怖い』と言う感情がこみ上げてこなくて、せいぜい『びっくり』と言う感情の方が正しいかも?確かに『音』がもたらす不気味さは存分に発揮されていたと思うのですが、『サウンド・サイコ・スリラー』もシネコンのような音響設備の良い場所だからこそ可能なものであり、DVDが発売されたらその辺りはどう改善するの?と疑問も残ってしまう。ホームシアターとか持ってる人とかならいいですけど・・・(--;)
それに、サイレンの謎もあのようなオチでは自分はちょっと納得がいかない。変に謎が残りもしますし(赤い服の少女の事とか)、もしかしたら1回観ただけでは物語全体を把握出来ない人もいるかもしれません・・・ひょっとしてまた観に来いってことなんでしょうか?(汗

とまあ、個人的にこの映画版のサイレンは『ゲームをやった事のある者の観点』として自分は観てしまったので、新鮮さは皆無。怖くも無くのめり込みもせずといった感じで、あまり印象に残る映画でも無いかも・・

でもサム・ライミはこの映画をどう料理するのだろう?そちらもある意味不安がいっぱい・・・

『サイレン』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
「サイレン」はプレイステーション2のゲーム「SIREN2」がベースとなっておりゲームと連動した違って世界感で作られている映画になっている。この映画もホラーというより謎解きなので色々なキーワードを考えながら観ると良いかもしれない。
サイレン FORBIDDEN SIREN~BEGINNING~ 「サイレン FORBIDDEN SIREN」堤幸彦監督が仕掛ける世界初サウンド・サイコ・スリラー久しぶりに試写会で鑑賞。ホラー映画にしては、怖いというほどではない。ビクッとしたのは1回だけ。1976年、夜美島(やみじま)
「サイレン/FORBIDDEN SIREN」評価 ★★★☆☆(2.8)『あらすじ』 1590年、アメリカのロアノーク島で全島民117人が突然の消失。1872年、大西洋上で漂流中のマリーセレスト号が発見されるも、全乗務員の姿は確認されなかった。そし...
不安な空気で支配される87分。面白いけれど,後味は良くない。
 サイレンが鳴ったら鉄塔の辺りには恐ろしい動物が出てくるんだぞ!そ、それはもしかして”八丈島のきょん”ですか?! 
舞台挨拶の感動冷めやらぬままですが本編の感想いきたいと思います☆堤監督の映画作品は去年観た「EGG」以来。もぅ堤監督の新作映画、切望しておりました!待ってました!!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!みたいな?(何「サイレン」2006年公開・邦画 監督...
病弱な弟の静養のため、父と3人で夜美島へ引っ越してきた由貴(市川由衣)。主治医の南田(田中直樹)に島を案内されたが、由貴はなぜか島民たちの奇妙な視線に居心地の悪さを感じていた。そんな矢先、隣家の女性から「サイレンが鳴ったら外へ出てはだめ」と忠告を受ける・
予告をはじめて見た時に・・・これはもしやシャラマン監督の『ヴィレッジ』の2番煎じ?なんて思ったら・・・ほんっとはPS2のゲームソフトだったんですね(笑)『サイレン』観に行ってきました。とりあえず、阿部ちゃんがまた胡散臭く出てるのかなぁ?と思ったら登...
久々に試写会。本当は悪霊だの怨念だのそういった作品が苦手です。”リングシリーズ
29年前、謎のサイレンの音と共に一夜にして全島民が消失するという未曾有の怪事件が起きた夜美島(やみじま)。事件は未解決のまま、いつしか闇に葬り去られた――。すっかり平穏を取り戻した現在の夜美島に、病弱な弟の転地療養のためフリーライターの父と共に引っ越してき
満足度★★最恐ゲーム「サイレン」の映画化。途中までは良かったけどオチにちょっとガッカリ。ゲームの方が面白そうと思わせる点では優秀なのかな?あらすじ舞台は1976年
●サイレンをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 1976年に夜美島でひとりの男を残して
知り合いの人が「面白くなかった」と言っていたので、全然期待しないで観てきました。はじめのうちは、不気味な村人、宗教的、というところから「奇談」に似てるかも~と思って観ていました。そのうちに、これはゾンビ映画か?なんて思い始めました。どんな理由で襲っ...
----「サウンド・サイコ・スリラー」?これなんのこと?「タイトルが『サイレン』と言うだけに音の恐怖にこだわったと言うことらしい。5.1chシステムを利用してどうのこうのと書いてあるけど、それはあんまり気にしなくてもいいと、個人的には思うね。最近のホラーは音で驚
『サイレン』の試写会に行ってきましたー失敗した。期待しすぎた。だって監督・堤幸彦、出演はココリコ田中、阿部寛、森本レオ、松尾スズキ、西田尚美、島田久作とくれば、どーしても期待しちゃうでしょうなんて豪華なメンバー(あくまでも私の中でだけど)ストー...
【もろネタバレにつき注意】この映画はゲームの『サイレン』を原作としている・・・公式にはそうなっているが、本当だろうか?
ストーリー:病弱な幼い弟の静養のため、フリーライターの父と3人で夜美島へ引っ越してきた由貴。青年医師の南田に迎えられ、島を案内されながらも、由貴はなぜか、島民たちの奇妙な視線に居心地の悪さを感じていた。早速、隣家の女性から島で暮らすための忠告を受ける。彼
 ジャンルを問わずあらゆる映画を観ているつもりですが、それでもどうしても偏りはあります。  ホラーは観ない部類の代表。シネクリシェで紹介する
新感覚((((サウンド・サイコ・スリラー))))(ヘッドホン限定)
なんかゲーム発の映画というと、どうしたって『バイオハザード』とか『トゥームレイダー』と比べてしまうわな。いや比べないでください!といくら言われても比べてしまう、つーか比べることをやめるわけにはいかない。で、結果は、、、またしても日本映画の惨敗。。。『弟切
ゲームが映画になる、とロクな事にならない。と言うのは、私の中でのジンクスような物です。その昔「弟切草」と言う映画を見た。最悪の出来だった。「バイオハザード」これはテレビで見た。途中で寝た。でも「サイレン」には期待した。堤幸彦が監督だったから。堤幸彦。ド..
●真面目なのか笑わそうとしているのか微妙な雰囲気のサイコ・スリラー(ホラーではない)●「森本レオ~眼鏡の奥への招待状~」みたいなタイトルなら観客もっと増える?
「サイレンが鳴ったら外に出てはいけない・・・」ケイゾク・TRICKなどの堤幸彦監督作品。脚本は、着信アリ・世にも奇妙な物語などの高山直也氏。DVD派の私には珍しく映画館まで足を運びました。ホラー映画というカテゴリで判断するにはビクッとさせられるシーンが少なす
 映画「サイレン FORBIDDEN SIREN」について。 いろんな方のブログを読んでいる限り、評判はあまりよろしくないようです。あまのじゃくな僕は、評判の悪い作品ほど好きになる傾向があ
サイレンが 鳴ったらお耳を 塞ぎましょう  「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」に続きまして、「なんじゃあ、こりゃあ」の第2弾。映画版「ケイゾク」が面白かったので、堤監督のこの映画を観に行ったのですが、これは、「東京ゾンビ」の八丈島版ですかあ。それにしても、
4回目のサイレンが鳴った時・・・映画『サイレン』監督 : 堤幸彦 出演:市川由衣/田中直樹/阿部寛/西田尚美/松尾スズキ/高橋真唯/西山潤/嶋田久作/森本レオサイレンが鳴ったら外に出てはならない今から29年前の1976年、南方に浮かぶ小さな島『夜美島』でその事件は起こった
「スペランカーより死にやすい」と評判の極悪難易度ホラーゲーム「サイレン」。「怖すぎるんじゃボゲェ!!」というイチャモンがついて、CMが中止になったという過去を持つこのゲームの劇場版が、今回の鑑賞作でございます。ちなみに現時点でゲーム版は2本出てますが、劇
サイレンが鳴ったら、表に出てはならない[:雷:]サイレン スタンダード・エディション市川由衣 堤幸彦 田中直樹 東宝 2006-09-22売り上げランキング : 941Amazonで詳しく見るby G-Tools~PS2で人気の斬新なホラーゲームの劇場作品~
>映画『サイレン』(堤幸彦監督)★★★ 1976年、日本夜美島。謎のサイレンの音とともに全島民が突如消失した。事件から29年、天本由貴は父・真一と弟・英夫とともに夜美島に引っ越してくる。由貴は、南田医師とともにサイレンの謎に迫ろ
1976年、日本の夜美島(やみじま)で、一人の男を残して全島民が突如消失した。事件から29年後、天本由貴が家族とともに夜美島に引っ越してくる。隣人から「サイレンが鳴ったら外に出てはならない」との警告を受ける由貴。家の外をとりまく邪悪な気配と得体の知れない視線に
ホラー映画邦画 ホラー映画初心者のすけきよです。7位の四谷怪談ですが、レンタルが見つからなかったので飛ばします。ゴメンナサイm(_ _)m 6位のサイレン見ました。 サイレン スペシャル・エディション高山直也 堤幸彦 市川由衣 東宝 2006-09-22by G-Tools Toy Cross
サイレン FORBIDDEN SIREN2006年   堤幸彦 監督 (HP閉鎖中)市川由衣 , 森本レオ , 田中直樹 , 阿部寛そか、、、音が問題なのね。 サウンドサイコスリラー? そしてゲーム??あたしは、大画面よりも、音響重視なんですが、これは、劇場で見ないとだめなの...
\'06年製作 監督:堤幸彦  主演:市川由衣 共演:森本レオ、田中直樹、阿部寛、西田尚美ほか(敬称略) 弟の病気療養のため、孤島の夜美島にやってきた由貴(市川)。しかし、到着早々、島のただならぬ雰囲気を感じ取り、彼女は、奇妙な胸騒ぎを覚える。しかも...
ゲーム「SIREN」の第二弾「SIREN2」をベースしたサイコ・ホラー。監督は堤幸彦、キャストは市川由衣、森本レオ、田中直樹、西田尚美、阿部寛、松尾スズキ他。 <あらすじ> 病弱な幼い弟の静養のため、フリーライターの父と3人で夜美島へ引っ越してきた由貴。青年医師の...

コメントの投稿

非公開コメント

 ども、たましょくです♪

 「1」をすぐに投げ出した軟弱者なたま
しょくですが、映画はそこそこ期待して観
に行ってきました。

 やっぱ森本パパ凄かったですよねwあと、
「1」では序盤に出てくる屍人警官役の嶋田
久作さん、雰囲気ソックリw

 オチは「6センス」よりは2段階ぐらい上
だったかな。それでも、やはり多少「?」な
部分あったかと。

ゲームは凹む

>たましょくさんこんばんわ♪

『1』は『2』と違って難易度設定できないので、挫折する人はかなり多いでしょうね~(^▽^;)自分も何度売ろうと思ったことか・・(汗

そう言えばシックスセンスにかけている所がありますよね。犬の名前が正に♪(笑
でもバレバレですよね・・・

こんばんは

TBありがとうございました!
TB返しさせていただきます~。

うおー!ホントですね!!
DVDになったらこの作品どうなっちゃうんだろう?
とりあえずヘッドホンで聴いて下さい
とかですかね?(笑)

ヘッドホンで・・

>あさひなさんこんばんわ♪

やっぱりヘッドホンとかで臨場感出すしかないですね(^▽^;)
堤監督はそこまで考えてこの映画を作ったんでしょうかね?でも自分のヘッドホン、古いタイプですから、時々音飛びするんですよね・・(汗

屍人

レオさんが・・・レオさんが・・・
あまりにも似合ってたのでひとりで受けてました(爆)
きゃーーー!!!(怖)というよりも
ぎゃはははは!!!!(爆)←ぉぃぉぃ
笑顔で追っかけてくる松尾スズキのほうが猫には怖かったのよね~(笑)

TBありがとうございました~

なるほど。

メビウスさん、こんばんは。

なんでもそうだけど、知識をもってみるのと、スで観るのとでは全然違いますよね。
ましてやこのジャンルでは。
私はそこそこ楽しかったです。

芸能人屍人

>にゃんこさんこんばんわ♪

屍レオ、屍人スズキ、屍人田中と見慣れた芸能人がゾンビのような屍人に扮すると、ちょっと違和感ありますね。
でもゲーム版でも松尾スズキのようにへんな奇声発しながら迫ってくる屍人がいたので、自分はそれを思い出してしまいました(笑


>たいむさんこんばんわ♪

ゲームからの映画化も、小説のからの映画化と同じですよね。原作を未読か既読かによって観る所が違ってきますからね。
今思えば、ゲームを売らないで最後までプレイした甲斐がありました(^▽^;)

ゲームやりたい

さわわですこんにちわ★
ゲーム2は面白いんですか??
1発売当初からやってみたい・・でも難しそう怖そう・・とぐるぐるしてるさわわなので(悩んでる期間長っ)2が面白いのであれば頑張っちゃおうかな!と思っておるデスよ~
どうですか、操作性は楽ですか??
って全然映画の話してなくてごめんなさい(汗)
映画はー・・オチにちょっと不満でやんす。。

あ、また映画とは違う話なんですけどテンプレート変えられたんですね~
シックでかっこいい!

30回くらいゲームオーバーしてください

>さわわさんこんばんわ♪

2は1よりも断然面白いですよ♪でも1は2と違って難易度設定が無いので、もう激ムズなんですよー!
もしやってみようかな?と思うのであればオススメはしますけど・・絶対10回や20回のゲームオーバーであきらめないで下さいね(^▽^;)それくらい良く死にます。中古ゲーム屋で多分1500円くらいで売ってます(笑

※あ、テンプレ変えたのは実は訳がありまして。
先々週辺りにFC2のTB制限機能の変更があったじゃないですか。あの時、自分の方も全く反映されなくて、テンプレ変えたら反映されたと言うコメントを見たので止む無く変えた次第です。実際反映されました・・・ワケ分かりません(汗

ゲームは気になる

メビウスさん、今晩は☆
いつも押しかけTBしているのにコメントまで戴いて有難うございました!m(__)m

この作品、ゲームをプレイしていないと分からない遊び心があったんですね~。^^:
思ったよりは怖くなかったですが、森本レオさんのシーンだけはビクっと体が動いてしまいました(笑)
ゲームもやってみたいんですが、なんだか難しくて怖そうなので手が出せません(汗)

危機回避

>ルーピーQさんこんばんわ♪

いえいえ、こちらこそいつもお世話になっておりますです。
この映画はやはりゲームからの実写映画化という事で、ゲームの要素をかなり含んでいたんですよね。

鉄塔に向かう最中に屍人尚美から隠れるシーンがあったじゃないですか。で、携帯電話で注意を反らしてから脱出する。
あの行動も、実はゲームで良くするんですよ~。なんせゲームじゃ屍人は死なないので、色々と知恵を絞って危機回避する。その辺りも映画に見られましたね。

森本レオ

序盤の森本レオが、あまりにも森本レオっぽい口調、つまりモノマネで再現されたときのような森本レオ口調でセリフを喋るので、本当に森本レオなのか疑ってしまいました。

森本レオ口調を完璧にマスターして、コンパや飲み会で披露したい人と、水沢アキを襲ってる森本レオの姿を想像してみたい人は必見の作品ですね。

てなわけで、TBありがとうございました。

レオボイス

>にらさんこんばんわ♪

森本レオの口調ってなんか常に一定なんですよね・・いい意味でも悪い意味でも。彼の声を聞くといつも『セキスイハイム』のCMを思い出してしまうんです(爆

でもレオがもしホラー系の映画に出るとしたら、実際イイ不気味さを醸し出すのではないかと言うことを確認できた映画でもありますね(笑

コメントありがとうございます

こんにちは。
おっしゃるとおり『怖い』より『びっくり』でしたね。
で、その『びっくり』にも食傷気味のため
個人的に厳しい評価になってしまいました。
新作のゲームは面白いんですけどね(^^;
でもメビウスさんの書いてることも十分理解できます。
ボクはちょっと期待が高かったのかも。。。

消化不良

>Yin Yanさんこんばんわ♪

最近ゲームの映画化で最高に面白い!と唸らせる作品が少ないだけに、サイレンもゲームを知らない人には首傾げな内容になってしまったかも・・?
こうなればハリウッド版に期待したいところですが、それも一抹の不安がありますね(汗

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは!先日夜中に放送されたのを観ました!ゲームはプレイしたことがないのですが、たしか数年前、CMが怖すぎるという理由で、中止になったような気が・・・。怖い上に、ものすごく難しいのですね!?

本作は、ホラーというより、なんだかもの悲しいお話でしたね~。わたしは、ぜんぜん伏線に気づかず、あのオチに驚きました!そして、悲しい気持ちに(TーT)そんなわけで、評価芳しくないようですが、わたしは、けっこう楽しめました。でも、解けない謎がいっぱい残ってます(笑)

呆気・・

>JoJoさんこんばんわ♪

これが夜中に放送されていたんですか?それだとちょっと怖いですね(^^;)でも自分もゲームのCMを見た事ありますが、インパクトあるのは最初だけだったような気がします。個人的には怖さよりもゲームバランスを調整して欲しかったですね~(汗

しかしあのオチはドンデン返し的な展開でしたね。自分も最後まで全然わからなかった結末でしたが、驚いたというより『え?』と呆気に取られて、最後に突き放されたような印象を受けました(苦笑

PAGETOP