レジェンド・オブ・ゾロ

【監督】マーティン・キャンベル
【出演】アントニオ・バンデラス/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/ルーファス・シーウェル/ニック・チンランド/アドリアン・アロンツ
【公開日】2006/1.21
【製作】アメリカ

【ストーリー】
1850年、カリフォルニアは自由と平和を手に入れるために、アメリカの31番目の州になろうとしていた。しかしそんな人々の夢を阻むように、ある闇の組織がアメリカ滅亡を企み密かに暗躍していた。
アレハンドロは妻エレナと息子ホアキンのためにゾロを引退しようと考えていたが、町の不穏な空気を感じ取り、再び悪に立ち向かうべくマスクを付ける・・・


【コメント】
はぁ~♪(´▽` )やっぱりゾロはツボハマりです♪予告編もカッコイイ演出と音楽で盛り上げてくれて、期待してた甲斐はありました。
夕日をバックに愛馬トルネードにまたがりお決まりのポーズ♪あれが絵になるっ( >▽<)b

自分は今も昔も仮面ライダーのようなヒーローものが大好きなので、この『レジェンド・オブ・ゾロ』のように、悪者をばったばったなぎ倒すストレートな勧善懲悪映画は嫌いじゃないんですよね♪むしろ大好物なので、こういう映画は私的に評価が甘くなってしまうのもご了承を(汗
それを置いといても、この映画は去年公開された『Mr&Mrsスミス』のような典型的娯楽作品の部類なので、個人的には深く考えずに観た方が面白いと思うんですよね☆

子分をゾロゾロ連れてくるお約束的な悪党や、アクションシーンでも血飛沫を出さなかったりと、残酷なシーンを極力抑えてる辺りも定番。
トルネードも前作以上に愛嬌たっぷりでプッ(=m=)と小笑いしてしまうことうけあいっ♪
それに加えて今回はゾロにも家族がいる為、ただのアクション映画ではなく、エレナと息子・ホアキンとの家族の絆を描いた人間ドラマでもあるんですよね。
仕方が無いとはいえ、家族をないがしろ同然でゾロ業に励むもんだから、遂にエレナもプッツン激怒!叫び声を上げながら、アレハンドロに思い切りビンタを食らわすシーンはかなり怖い・・( `皿´)シ(バシーン!
息子のホアキンもそんな父親に不満を抱いてしまったりと、正義のヒーローゾロも、私生活では悩めるヒーロー。そんな苦悩するアレハンドロも本作の見所の1つだと思いますね。

アレンハンドロ役のアントニオ・バンデラスも、前作以上に体を張ったアクションシーンを見せてくれますし、エレナ役のキャサリン・ゼタ=ジョーンズも凄いと唸るまではいかないけど、華麗な剣術シーンを披露してくれる。
そして何といっても息子ホアキン役のアドリアン・アロンツと言う子役が、もうゾロ顔負けの素晴らしいアクションを見せてくれるのです。子役ながらあの身のこなしには『おお~~!』と素直に驚いてしまいました。

続編確定。『サン・オブ・ゾロ』(マテ

とにかくストーリーのテンポ自体は結構良いので、それ程飽きない内容だとは思います。日頃ストレス溜まってる方などは、この映画を観てスカッ!!!!と気分を発散させてみてはどうでしょうかね♪あ、デート映画にも持って来いですね♪でも自分は1人で観に行ったぞ( ̄▽ ̄;)(爆

※ちなみに本作に出てきたゾロの愛馬トルネードは、実は11頭もの馬がシーンごとにキャスティングされて使われていたとの事です。

全部同じに見えた・・・・(^▽^;)

『レジェンド・オブ・ゾロ』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 庶民の味方ゾロから一転して家族を守るゾロになったのか?と思っていたら、実は、愛馬トルネードの物語だった! “ポロ”って決闘にも使われる格闘技だったのか・・・などと思わせる面白いシーンが徐々に増えてくる中盤から笑いが絶えない映画となってきた。序盤から中盤
東商ホール「レジェンド・オブ・ゾロ」試写会。 「マスク・オブ・ゾロ」の続編で、アントニオ・バンデラス、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ主演、マーティン・キャンベル監督も一緒。「続編」という字を見かけないので、全然別の映画なのか何か問題でもあるのかと思ってしま
アントニオ・バンデラスのゾロ第2作!!痛快娯楽活劇!! 面白かったぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(´∇`) 前作は見たけれどうろ覚え。。 でも知らなくても十分楽しめますっ!!&nbsp;アメリカの31番目の州になろうとするカリフォルニア。 だが合衆国併合を前に、中....
「レジェンド・オブ・ゾロ」評価 ★★★★☆(3.8)『あらすじ』 カルフォルニアがアメリカ合衆国の31番目の州になろうとしていた1850年。国民投票によってその賛否が決められようとしていた。しかし、その選挙を妨害しよーと現れたジェ...
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  ゾロファミリーが大暴れじゃ!
アントニオ・バンデラス、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ主演カルフォルニアが連邦国家アメリカの31番目の州になるちょっと前前作マスク・オブ・ゾロ THE MASK OF ZORRO の続編ですアレハンドロと妻エレーナの関係は前作でお判りだと思いますが亡き兄の名前を付けた息子ホア
2006年2作品目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「マスク・オブ・ゾロ」の7年ぶりの続編。今頃になって続編が出るとは思ってもみませんでした。これは娯楽映画として楽しめると思います。息子のホアキン演じるアドリアン・アロンソが可愛かったです。愛馬ト
2006年01月21日公開のアントニオ・バンデラス出演の映画「レジェンド・オブ・ゾロ」を観てきました。今作はゾロの悩みや問題を前面に出し、ゾロの家族全員での戦いとなってます
(原題:THE LEGEND OF ZORRO)【2005年・アメリカ】試写会で鑑賞(ともや評価:★★★★★)1998年に公開された冒険活劇アクション映画「マスク・オブ・ゾロ」の続編。物語の舞台は1850年のアメリカ。カルフォルニアはアメリカ合衆国31番目の州になろうとしていた。それは
レジェンド・オブ・ゾロ上映時間 2時間6分監督 マーティン・キャンベル出演 アントニオ・バンデラス キャサリン・ゼタ=ジョーンズ ルーファス・シーウェル アドリアン・アロンソ  「マスク・オブ・ゾロ」の続編。キャストもそのままです。 「Mr&Mrs...
1998年「マスク・オブ・ゾロ」の続編。前作では先代ゾロのアンソニー・ホプキンスがメッチャカッコいくて、2代目ゾロのアントニオ・バンデラスがズッコケ系って感じだった。その続編ということもあって、オープニングのカッコいいゾロを観て「8年の間にこんなに成長した...
2006年劇場観賞15本目。「怪傑ゾロ」の物語を映画化し、話題になった[マスク・オブ・ゼロ]の続編がついにスクリーンに登場。前作同様製作総指揮はスピルバーグ。マスクをかぶったヒーローの原点とも言うべくゾロの話というか家族3人+馬の活躍を描いたアクション映画だ。時
不思議な映画『マスク・オブ・ゾロ』の続編『レジェンド・オブ・ゾロ』の試写会へ行ってきました。何が不思議って、街にアントニオ・バンデラスぐらい顔長い(主に鼻から下)&声低い男は二人とおるまいに、正体がばれないっちゅうとこです。黒い布に目玉のとこだけ穴開けて
「スティーブンスピルバーグが、アクション映画の原点に帰った!」と謳われている今回の続編。ちょっと原点に戻り過ぎじゃないの~。戻り過ぎたのか、全く新鮮味はナイ、、、{/face_ase1/}前作「マスク・オブ・ゾロ」から10年後の話のはずが、ストーリーに限って言えば1
監督 : マーティン・キャンベル 主演 : アントニオ・バンデラス / キャサリン・ゼタ=ジョーンズ      公式HP:http://www.zorro-movie.com/ 「 マスク・オブ・ゾロ 」の続編「 レジェンド・オブ・ゾロ / THELEGENDOFZORRO」です。 ゾロと言えば、19..
『マスク・オブ・ゾロ』(1998)の正統続編・・・のはずなんですが、なぜか宣伝では全く触れられず(過去数回映画化されてきた~という表現)。大人の事情が絡んでいるであろうことが容易に想像できますが、そんなことに興味はないですし、あくまで『マスク~』の続編であると
ヒーローの原点「ゾロ」…時は1850年、カルフォルニアが31番目の州になろうとしていたところに、それを阻もうとする秘密結社と横暴な領主達。それに立ち上がった、ユーモアと闘志溢れるヒーロー「ゾロ」ジャ~ン…という、しつこいまでに感動的音楽たちで綴られている。聞い
とにかくアクションが派手。爆発が派手。キャサリン・ゼタ=ジョーンズがキレイ!昔の雰囲気を感じさせながら、新しい感じがする作品でした。アントニオ・バンデラスは、ずっとワイヤーで宙吊りだったんでしょうね。華麗なアクションの裏には大変な苦労があるんですね。それ
今回は、家族の愛がテーマになっているせいか、なんとなくゾロのアクションも迫力にかけていたし、1作目ほどカッコよく感じなくってちょっと残念でした。ただゾロの息子ホアキンくん(アドリアン・アロンソ)はなかなかの芸達者で、楽しませてくれます。将来は、りっぱなゾロ
『レジェンド・オブ・ゾロ』 公式HPはこちら ●あらすじカリフォルニアがアメリカ合衆国31番目の州になろうとしていた1850年。家族のため、危険が伴う“ゾロ”引退を考えるアレハンドロ。しかし・・・・・・・・・・・・・・・・・。●コラム古典的人気ヒーロ
【あらすじ】カリフォルニアがアメリカ合衆国への仲間入りをしようとしていた1850年。民衆の自由獲得を機に引退し、家族を愛する男=アレハンドロに戻ることを決意した正義の男・ゾ
映画「レジェンド・オブ・ゾロ」を観てきました。スティーブン・スピルバーグ監督が制作総指揮をとったアクション大作です。主演女優のキャサリン・ゼタ=ジョーンズさんがこの映画のプロモーションの為に初来日していましたよね。”初来日”とは驚きましたが・・・その割..
製作:2005年、アメリカ監督:マーティン・キャンベル出演:アントニオ・バンデラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズあすか的オススメ度:★★☆☆☆ストーリー
映画らしい映画。面白かった&amp;#63911;&amp;#63893; 前作を見ていないので話についていけるかどうか少し不安だったが、まったく心配のない作品でした&amp;#63733;
怪傑ゾロというキャラ 大好きです♪黒装束に黒マントに黒マスク~弱きを助け悪を斬る~教会の鐘が鳴り響いたとき・・・彼は颯爽と現れる正義の味方『レジェンド・オブ・ゾロ』観に行ってきました(*^_^*)アントニオ・バンデラスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズの...
二日続けて映画DAY♪♪ 今日は「レジェンド・オブ・ゾロ」を見てきたよ(#^_^#) ストーリー 家族のため、危険が伴う“ゾロ”からの引退を考えるアレハンドロ。だが、決心がつかないゾロは妻エレナと衝突し、家を出るはめに。そんな折り、街では米国転覆を掲げる秘密結社が
「スクラップ・ヘブン」を観てから、何日か後にこれを観て、思った事。話の中盤あたりで、「衝撃が加わると爆発する薬品」をチラつかせたなら、ラストではそれを大爆発させなきゃならないのだよ、李相日くん。マーティン・キャンベルを見習ってくれよ。***************スト
「怪傑ゾロ」には馴染みが無く、一作目の「マスク・オブ・ゾロ」さえ観ていない・・・こんなんで大丈夫か・・?と思っていたが、いやいや、十分楽しめた!初っ端からテンポよく突っ走るアクションシーン、とにかく痛快!全てがゾロの‘好都合’にモノが飛ぶ、人がぶっ飛....
ゾロ見てきました。今回はホアキン(チビゾロ)が大活躍で満足の出来る作品でした。頭を空っぽにしてただ楽しむことを目的にしたらとっても楽しい映画ですよ。カリフォルニアがアメリカ合衆国への仲間入りをしようとしていた1850年。民衆の自由獲得を機に引退し、家族...
そういえば、今日大阪では「マスクオブゾロ」が テレビ放映なんですよぉ~~。 久々に1作目のほうも見るとしますか。楽しみ~~。 セクシーなラテン男、アントニオバンデラスの「ゾロ」パート2ってことで。 キャサリンセタジョーンズのかっこよさ(?)がもいちど見たくって
レジェンド・オブ・ゾロ 「レジェンド・オブ・ゾロ」 勧善懲悪モノ、単純明快な、アクション・エンターテイメントを期待して観に行ったが、物足りなさが残った。1998年の「マスク・オブ・ゾロ」の続編。スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮、マーテ
★本日の金言豆★伝書鳩:紀元前約5000年から使用されていたと思われる古典的通信手段。人に良く馴れて飼いやすく、飛翔能力、帰巣本能に優れるカワラバトが使われるようになっ
●レジェンド・オブ・ゾロを鑑賞。 家族のため、危険が伴う“ゾロ”からの引退を考え
あらすじ:1850年、アメリカの31番目の州になろうとするカリフォルニア。しかし秘密結社がアメリカ滅亡を企て、ゾロが彼らと戦うことに。「マスク・オブ・ゾロ」の続編。監督:マーティン・キャンベル主演:アントニオ・バンデラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 他公式サ
アントニオ・バンデラスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演。「マスク・オブ・ゾロ」(1998)の続編。
1850年,アメリカで31番目の州になろうとしていたカリフォルニア.領主達の支配から解放され,自由を手に入れようという人々の夢が叶おうとしていた頃のこと.カリフォルニアに,悪名高いジェイコブ・マクギブンス(ニック・ティンランド)が,それを妨害しにやって来る....
レジェンド・オブ・ゾロ The Legend of Zorro (2005/アメリカ)同窓会ムービー監督マーティン・キャンベル Martin Campbell脚本アレックス・カーツマン Alex Kurtzmanロベルト・オーチ
  カリフォルニアがアメリカ合衆国へステイトとして仲間入りをしようとしていた折に、民衆のヒーロー、ゾロは自由獲得への道へと進むカリフォルニア州の治安を守る仕事から引退し、家族との時間を大切にしようとしていた。 しかし、裏ではアメリカ合衆....
ゼット!!ゼッ~ト!!!Zzzz!!!刻まれる鮮やかな、“Z”の文字がマブタの奥に焼き付きます。少々の暴走失礼。m(_ _)m不滅のヒーロー、快傑ゾロ、現代に甦る。『レジェンド・オブ・ゾロ』黒いマントを翻す、その華麗な姿を、目に止めて参りました。火花飛び散るガンア
レジェンド・オブ・ゾロ監督:マーティン・キャンベル出演:アントニオ・バンデラス キャサリン・ゼタ=ジョーンズ  ルーファス・シーウェル ニック・チンランド アドリアン・アロンソ ペドロ・アルメンダリス・Jr ジュリオ・オスカー・メチョソ ジュラー・ヘ
初めの予定では、レディースディは「フライトプラン」だけを観るつもりだったんですが、当日の朝になって「フライトプラン」が期待はずれだったときの保険として「レジェンド・オブ・ゾロ」を観ようと思い立ち、さっそく座席予約。シネコンの中でも小さい部屋で、しかも観客
『レジェンド・オブ・ゾロ』観て来ました!画像クリックで更にBIGサイズ~!▼ ▼▼ ▼原題The Legend of Zorro2005年/アメリカ配給松竹ブエナビスタインターナショナル巨大な闇の組織が守り続けた&quot;500年の予言&quot;に今最強のヒーローが立ち向かう!2006年ス
 キャサリン・ゼタ=ジョーンズをあらためて見直しました。この人にこんなひょうきんな面もあるのかと感心することしきり。  そしてアドリアン・ア
前作、『マスク・オブ・ゾロ』から10年経って、Mr.and Mrs.ゾロに倦怠期がやってくる・・・。 見るつもりはあまり無かったんだけど、地元の映画館では今日最終日だったし、無料チケットも持っていたし、バンデラス好きだし(それが、一番の理由だったりもするけど(^^;
7点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)アラン・ドロンの『ゾロ』が大好きだったワタクシにとって、バンデラスはちょっと違うんじゃないかなぁ~と思いながら観たのが前作でした。が、アンソニー・ホプキンスの起用が当ってたり、バンデラスもアラン
製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 126分 監督 マーティン・キャンベル 製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ 、ゲイリー・バーバー 、ロジャー・バーンバウム 脚本 アレックス・カーツマン 、ロベルト・オーチー 音楽 ジェームズ・ホーナー 出....
評価:★8点(満点10点)監督:マーティン・キャンベル主演:アントニオ・バンデラス キャサリン・ゼタ=ジョーンズ   ルーファス・シーウェル2005年 126minカリフォルニアがアメリカ合衆国への仲間入りをしようとしていた1850年....
「レジェンド・オブ・ゾロ」 2006年 米★★★★予想していたものより遥に面白かった!あまり、このぐらいの年代のアクション活劇ちゅうのには食指がわかないけど意外にも(期待していなかったせいか?)面白くて一気に観ました。(※家でDVD観る時は...
原題:The Legend of Zorro米墨戦争(1846年~1848年)により、メキシコからアメリカに割譲されたカリフォルニアが1850年に31番目の州となる。そんな時代背景の仮面ヒーローの物語 ゾロ/アレハンドロ・デ・ラ・ベガ(アントニオ・バンデラス)は、カルフォルニア開拓
WOWOWで鑑賞―【story】1850年、カリフォルニアは自由と平和を手に入れるために、アメリカの31番目の州になろうとしていた。しかし、人々の夢を阻む者がいた。アメリカ滅亡を企てる秘密結社だ。妻エレナ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)と息子のために剣を捨てたゾロ(アン
 今年初の試写会です!1/21にいよいよ公開されるコチラの映画は、ど~しても観たくって、試写会の応募は殆どネットのあたしも、2枚ハガキを書いちゃいましたぁ♪  その甲斐あってか、コチラは計3つ別口で当選しちゃいましたぁ。って当たりすぎ(^-^;) だったら、別の映?...

コメントの投稿

非公開コメント

11頭!!

そんなにいたのですね!
びっくりです。

ラストの絵は綺麗でしたねぇ~うっとり。

え?主役が11頭!?

 ども、たましょくです♪

 え~トルネードが11頭もいたんですか。あんなゴツくて、
頭良くて、おいしいところ総取りな馬が…そんなにw

 >『サン・オブ・ゾロ』

 同じこと、たましょくも考えましたwとーちゃんに柔軟性が
ありそーですよね♪

 たましょくもひとりで観賞でしたよ(ボソ

ゾロ ってお馬鹿っぽくて好きです
なんか ヒーローの間抜けさ
たいげんしてて

ハリウッドではこまったときの
ゾロみたいなかんじなのかなー

ゾロとバットマン

こんばんは、メビウスさん!
初めましてです。
今回この映画を観ていて、「ゾロ」って「バットマン」っぽいよねって強く感じました。
主人公はお金持ちだし、変身するときは地下の秘密基地に行くし、黒いし(笑)。
今年は「X-MEN3」や「スーパーマン:リターンズ」などといったヒーロー映画があるんで、楽しみですね。

芸達者馬

>kossyさんこんばんわ♪

自分も最初は1頭かと思ったのですが、とある映画雑誌に11頭と書いてありました。トルネードにも結構注目していたのですが、違いが全然分りませんでした


>たましょくさんこんばんわ♪

お酒を飲むトルネード役の馬、パイプをブカブカ吸うトルネード役の馬・・・と言った具合に分けて撮ったんでしょうね。芸達者な馬だな~と感心してたんですけどね。
うんうん・・・この映画はカップルでもオススメですけど、1人で観るのもいいですよね~♪(T▽T)(何故泣く

2面性

>カントナさんこんばんわ♪

そう言えば本作のゾロはカッコイイばかりじゃなく駄目オヤジっぷりも発揮して、お間抜けな所もあるんですよね~。
アクションではカッコ良く見せるけど、妻にビンタされたり息子に愛想つかされたりと、この2面性が中々面白いのです。


>ともやさんこんばんわ♪

確かにバットマンと類似点が結構ありますよね。2人とも同じヒーローと言う役柄だけに、似通ったところがあるのも事実ですね。
と言うことはトルネードはバットモービル・・・(笑

今年は洋画のヒーロー映画がこぞって来ますよね。自分もかなり楽しみにしています♪

TB&コメントありがとうございました!

こんにちわ!いつもお世話になっております!『カリスマ映画論』管理人の睦月です。
でたー!!『サン・オブ・ゾロ』
・・・・けど、睦月的にはもうこれ以上の続編はいらない(笑)
久々の単純なお祭り映画。普通に楽しめました♪

バンデラスだからこそ

>睦月さんこんばんわ♪

今度は大人になったゾロジュニアが大活躍!!・・・なんて事を勝手に想像してしまいましたが、これ以上続くとさすがにマンネリ気味ですね(汗
レジェンドも脚本が何度もボツになって時間がかかった映画ですし、それにバンデラスあってのゾロですしね♪

前作もトルネードがいい味だしていたようですね~。
見とけば良かったわぁ~。
見てないんです(^^;)
こういうノリの作品って、見ていて楽しいですね♪

こんにちは!
実はこういうヒーローものあまり得意じゃないと思ってました。
でも・・・実は意外と好きかもしれないと最近気がついたところです(笑)
11頭もいたトルネード君、私も全部同じに見えました~
おとなしくしていられる部類と、芸をする部類と、走る部類と色々いるんでしょうかねえ…大活躍でした!

デートにはいいですよね~。

TB&コメントありがとうございます。
息子ホアキンくんと愛馬・トルネードは、ホント楽しませてくれましたよね~。
何も考えずに楽しめるので、デートにはいい映画ですよね~。
もちろん!一人で観ても楽しめますけど・・・(笑)

前作未鑑賞でもオッケ

>えふさんこんばんわ♪

この映画は前作の繋ぎみたいなものが殆ど無いので、レジェンドだけ観ても問題は無いですね。でもアレハンドロがどういう経緯でゾロになったかや、トルネードやエレナとの初めての出会いを知りたいのなら、観た方がいいですね♪


>charlotteさんこんばんわ♪

一体11頭もどうやって集めたんでしょうね~?トルネードって結構独特なタテガミ持ってるんですよね。それともアレって作り物なんでしょうかね?
でもcharlotteさんの言うように、芸をする役、走る役と分けて撮影していたのは確かだと思いますね♪

新鮮

>ルナさんこんばんわ♪

ホアキンとトルネードの活躍は人一倍目立っていましたよね。ホアキンは本作初登場だから、新鮮さもあいまっていての活躍ぶりですが、ゾロやエレナは前作でもお馴染みですし、正直なところアクションがあまり変化していないので、新鮮さが足りなかったかな~・・・なんて思っちゃいました。

サンがね^^;

太陽だと思ってたら・・・息子のほうか、、、汗
そこに至るまでにアホなこと妄想してました(笑)
ゾロは実は未来のゴッサムシティのブルース・ウェインの祖先で
あの生き延びた生臭牧師は・・・アルフレッドに繋がったりして(笑)

デートもいいけど、1人でも十分!!!(握りこぶしつくって)
って、猫もひとりで鑑賞だったのよね、、、(ぼそそっ)

バンデラス~~・・・。

昨日たまたま大阪では「マスクオブゾロ」をテレビでやってまして、
ついつい比べてしまったとです。
かっこよさでは前作でしょうかね~。
剣さばきにしても、キレというか、身のこなしにしても。
限りなくお笑いになってしまいましたね~。今回は。
いや、パート1もクスッと笑えるとこはいっぱいあるんですが
今回のはちょっとおとーさんミジメ?笑いのテイストが変わったような・・・。

逆にキャサリンセタジョーンズは10年いい仕事してきたのねって
いうなんかオーラがでて、見違えるくらいキレイになって。
いや1作目からキレイでしたけど、充実してるなってのが
画面にも出てた。

おいしいとこはトルネードと息子ホアキンにもってかれて
・・・パート3ね~。だめだこりゃ。
せめてアンソニーホプキンスの品のよさみたいなもんが
も少し年とってから出てくればな~・・・。
永遠のワルって感じのバンデラスにはバンデラス風ゾロのまま
老けるんだろうな・・・レジェンドじゃなくてコメディやっちゅうに。

もしやトルネードは・・・

>にゃんこさんこんばんわ♪

まさか『ビギンズ』繋がりとはっ!!・・・確かにどちらも生身のヒーロー+黒尽くめ衣装ですもんね(^▽^;)
牧師がアルフレッドの祖先だとしたら・・・・ひょっとして、トルネードはバットモービルのルーツ?!(かなり無理がある・・


>Agehaさんこんばんわ♪

そうそう、全体的なカッコ良さで比べたら前作のほうが勝ってる気がします♪大御所アンソニー・ホプキンスが出演してると言うのもあって、当時はかなりスケールもでかかったのですが、やはりバンデラスとキャサリンのダンスシーンがかなり情熱的で、あのシーンは今でも印象に残ってます。

でもパート3は『ゾロ』じゃなくて、もはや『スパイキッズ』風になりそうで怖いです・・

こんばんは。

前作を観てないけど楽しめましたが、前作が気になる・・・
昨夜テレビでやってた「マスク・オブ・ゾロ」録画したのを早く観なきゃ!
ホアキンも大活躍だったのでパート3もありそうですね。

こんばんは

ね~あの子役は良かったですよね。
すごい印象に残る子でした~。

10年かかりそう・・

>未来さんこんばんわ♪

前作はアンソニー・ホプキンス版のゾロが見れるってだけでも面白いですよ♪ちょこっと太ってるし(笑
パート3は自分も望みますが、また数多くの脚本がボツになりそうですね。今度は10年かかるのでは・・(汗


>金言豆さんこんばんわ♪

厳しいオーディションから選ばれただけあって、子役ながら驚きましたね。
彼が出ている最新映画で『イノセントボイス』も気になっています。

メビウスさん、こんばんは~^^・
私もこういう勧善懲悪ものって大好物です!
バンデイラスの3枚目ぶりも、息子ちゃんも馬も最高でした♪
で、、、もっと良かったのは、この映画の悪役が『ホリデイ』でアイリスを苛めたジャスパーだった事。彼がゾロにヤラレタ時は、妙に嬉しかった私です(笑)

ダメパパ

>由香さんこんばんわ♪

由香さんもこういうヒーローものが大好物とは、好みが合いますね♪
『スパイキッズ』の時もそうでしたが、バンデラスって結構ダメパパもハマッてるような気がするんですよね。ダンディズムですけど、妙に抜けてると言うか、終始2枚目役にならないところも好感が持てます(笑

そうそう、そいえば本作でもジャスパーが出てきました(^▽^;)相変わらずの嫌な男でなんともオイシイ人です(笑

ホアキン君

かわいらしくて勇ましくて良かったですよねぇ~。
その後活躍してるのかなぁ?
是非息子オブ・ゾロやって欲しいです(´▽`*)アハハ

記憶に留めず・・

>miyuさんこんばんわ♪

そいえばホアキン役の子はこの映画以降観ていないような気がしますね(^^;)自分、子役って凄い有名な子以外、あんまり記憶に留めないんですけど、もしかしたら映画じゃなくアメリカのドラマなどで引っ張りだこかもしれませんね。

PAGETOP