かわいい方言手帖

自分の地元・青森の津軽弁の1つに『ほだれる』と言う言葉があります。
これは『だらける』と言う意味があるのですが、実は自分、地元人でありながらこの『ほだれる』と言う言葉がつい最近までさぱ~り意味が分からなくて、職場の先輩がこの言葉を使ってきて『えっ?何?すんません・・もう1回・・・』と聞き返したら・・・

『お前それでも青森県人かっっっ!!!』

などと一喝されたのもあって、↑の本を購入するまでそのような意味合いがあったなんて全然知らなかった今日この頃です( ̄▽ ̄;)実際、自分の知らない津軽弁も数多く載っており、まだまだ方言不足だと実感してしまいました。
しかしこの本を見ると、日本の方言も面白いものから難しいものと多種多様に存在します。

しかも青森弁って鹿児島弁と並ぶ二大難解方言とも呼ばれてるそうで、更にその青森弁の中にも津軽弁・南部弁・下北弁の3つに派生し、方言の中に方言があると言うから驚き・・・・・と言うか初めて知った・・・方言って奥が深いですね~(滝汗


でも最近思うのは、自分の地元で津軽弁があまり聞かれなくなった事に違和感を感じます。
年配の方などは津軽弁で喋る事がもう当たり前ですから問題なく聞く事が出来るのですが、若い世代に限っては別で、津軽弁の中に標準語を交えて話している人が多くなっている気がします

ゲーセンなどによく行くと、それを間近で感じるんですよね。中には標準語オンリーで話してる輩もいたりと、青森県人なのかはたまた東京から来た人達なのか分からなくなる事があります。

これも時代の流れなんでしょうかね~?将来的に方言が使われなくなる・・・・何てことも感じずにはいられないです・・(--;)

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪

コメントの投稿

非公開コメント

南部弁地域に住んでおりますが、未だに慣れないの。南部弁のイントネーションに。
まだ津軽弁のイントネーションのほうが聞きやすいなぁ…。
高校のときは津軽弁バリバリでした(高校は青森市内)。

「ほだれる」…初耳だわー。
「いが、ほだれでらな」とか言うの?

南部弁も難しい!

>あむろさんこんばんわ♪

八戸や三沢は南部弁なんですよね。『私』とかを意味する言葉も津軽弁じゃ『わ』だけど、南部弁じゃ『おれ』とかですもんね。自分も時々八戸に行ったりしますけど、南部弁独特の方言は自分もまだ聞き慣れませんね~(汗

『ほだれる』の使い方は・・・確か前先輩が言ってた風に言うと『ほだっちゃまいやー』だったような・・・??
でもこの言葉、語源が未だに不明なんだそうです(汗

こんにちは。

方言っておもしろいですよね~。
↑にかかれている用例は読んでもさっぱり解りません(笑)

私は福岡なのですが、福岡の言葉も北九州弁、博多弁、筑豊弁、久留米弁(筑後弁)、大牟田弁と分かれるように思います。
メビウスさんの考察どおり、こちらでも生粋の方言を使うのはある一定の年齢以上と高校生まで。それ以外の人たちはかなりライトな方言を使います。(私も含め)

あ、ちなみによくテレビでエセ九州人がいう「うまかぁ」は、かなり違和感のある言葉です。
方言って奥が深いですね~。

堂々と喋るべし

>アキさんこんばんわ♪

おおっ♪福岡の方言も枝分かれ的に色々な方言があるんですね。しかも青森より多い・・
やはり他の地方でも純粋な方言を使ってる人って、年齢が若くなるにしたがってやや減少傾向になっているようですね。方言を恥じずに自信を持って喋りまくって欲しいものですね(^^;)

PAGETOP