銀色の髪のアギト

【監督】杉山慶一
【声の出演】勝地涼/宮崎あおい/古手川祐子/濱口優/布川敏和/遠藤憲一/大杉漣
【公開日】2006/1.7
【製作】日本

【ストーリー】
アギトが暮らす世界は遺伝子操作の失敗によって『森』が人と都市を襲うようになってしまった300年後の未来。そこにはたくましく愉快に生きる人々の姿があった。アギトはある日、300年の眠りから目覚めた少女トゥーラと出逢う。
彼女は文明社会を復活させる使命を背負っていた。そんな彼女を命がけで守るために、アギトは『森』から禁断の力を手に入れ、銀色の髪へと変わっていく・・


【コメント】
GONZO製作のアニメは好きなのですが、この『銀色の髪のアギト』はど~にも内容自体が薄すぎて、レイトショーの1000円でもお釣りがちょっと欲しいな~・・なんて思ってしまいました(^^;)
今回も『戦闘妖精雪風』を超えるアニメとはならなかったようです・・・

GONZOは3DCGと2Dのアニメを融合させ、その独特なデジタルアニメーションにファンもかなり多く、アニメ界でも結構有名な存在。今回そのGONZO初の劇場オリジナルアニメと言う事で、自分も初めてこの映画の予告編を観た時は凄く期待をしていたのですが、やはり現実と想像は違うわけでありまして・・・(汗

確かにこの映画は映像面で観ればかなり高い評価です。GONZOお得意のCGと手描きのアニメを取り入れた演出は健在で、いつもはテレビ越しの美麗映像も大画面のスクリーンで観るとやはり迫力が違います。
生き物のように激しく『うねる』森もCGでリアルに表現し、機械等も重量感を醸し出していますし、キャラと合わせても『浮いて』ないのでここら辺は全然問題ありません。流石GONZOと言いたいですね♪

しかし褒めれるのはやはり上記のような高い映像技術だけのようでもあり、内容自体はかなり首傾げでした。
アニメや特撮系の映画に良く見られるんですけど、やっぱり展開が急ぎ足風なんですよね。物語が進むにつれてどんどん加速していって、例えるならウォーキング→競歩→マラソンみたいな?(汗
特にアギトが森と契約して超人的な力を得てからはもうマラソンマラソン!(エイホエイホ
契約の仕方も突飛過ぎるし、文明世界で育ったヒロインのトゥーラが、荒廃した世界の現状を受け入れる様子等ももう少し丁寧に描いて欲しかった。
それに後半のでっかい兵器みたいなものを手に入れて森を破壊してやるみたいな所は雰囲気的に何だか『ラピュタ』に似通ってました。
シュナックが裏切ってトゥーラと一緒に兵器起動させて、トゥーラを助けるために単身乗り込むアギト。これってまんまパズーとシータとムスカの構図じゃあ~りませんか?それとも深く考えすぎですかね?(^▽^;)(汗

声優も主人公のアギトに勝地涼、ヒロインのトゥーラに宮崎あおいと、去年ブレイクした若手俳優を起用・・・・したのはいいものの、やはり棒読み(又は感情があまりこもってない)箇所幾つか有りです(--;)頑張ってるのは凄く良くわかるんですけどね・・。
そしてシュナック役に我らが遠藤憲一兄貴が担当しててこれは個人的に嬉しかったんですが、でも映画の予告編によく使う声色ばっかりで変化に乏しー!ちょっと勿体無い・・
何でプロ(の声優)に任せないのかと言うのも疑問の1つですが、主要キャラを俳優で固める辺り、やはり無意識的にスタジオジブリを意識してるんでしょうかね?

とまあ初陣のように満を持して公開されたGONZOの劇場アニメとしてはいまいちなものでしたが、今度は宮部みゆきの『ブレイブストーリー』で巻き返しを願いたいですね。

『銀色の髪のアギト』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
映画の情報サイト、フィルムナビです。当サイトの銀色の髪のアギト情報のページから、このブログへリンクをはらせて頂きました。他の映画の感想など書かれた時には、お気軽にフィルムナビの方へもトラックバックして下さい、お待ちしております。
銀色の髪のアギト上映時間 1時間35分監督 杉山慶一声 勝地涼 宮崎あおい 古手川祐子 濱口優 布川敏和 ドラマの電車男のOPアニメでお馴染みのGONZO製作のアニメ映画。GONZO作品では「SAMURAI7」が面白かった。 今回の試写会も事前に商品の宣伝があ....
立ち直ったので感想書きまーす!!今日は銀色の髪のアギト見に行ってきましたwwrすごいです!!本っ当にすっごいです!!!続きはネタバレを含みます。
期待値:29%  最先端映像スタジオGONZOがおくる超大作だそうです。 近未来が舞台の森と話せる少
----これってアニメでしょ?原作のコミックとかあるの?「いやいや、これが久しぶりのオリジナルものなんだ。ただ、ストーリーラインはどこかで聞いたことのあるようなものなんだけどね」----どういうお話なの?「舞台は300年後の地球。そこでは人間の遺伝子操作の失敗によ
1月にはいって初めての映画公開日・・・でっもお仕事なのよね^^;;;この土曜日、、、しかも月締め処理のど真ん中とはいえ、レイトショーなら観られる終わり時間♪公開になった映画は『輪廻』と『銀色の髪のアギト』どちらにしようかなぁ~っと・・・胡散臭そうな...
映画「銀色の髪のアギト」の感想です
今年の一本目がこれ。アニメってことで私らしい?だけどホントはそんなにアニメには
【シネマミラノ@新宿】 遺伝子操作の失敗によって“森”が意思をもち、人を襲うようになってしまった300年後の地球。そんな環境にもめげずに、たくましくも愉快に暮らす少年アギト(声:勝地涼)はある日、300年の眠りから覚め、文明社会を復活させる鍵を握る少女トゥーラ
つ・・・月がぶっ壊れた! 【作品紹介】 『銀色の髪のアギト』 監督 : 杉山慶一 声の出演 : 勝地涼、宮崎あおい、古手川祐子、大杉漣、濱口優、布川敏和 ストーリー : 遺伝子操作の失敗によって“森”が意思をもち、人を襲うようになってしまった300年後の地球。
 森を守ろうとした銀髪の男が過去に戻そうとする軍隊好きの男に倒されそうになる話?最後にはチルドレンまで登場する・・・ もちろん政治ドラマではない。多分、自然破壊をなくそうというメッセージも含まれているアニメなのでしょう。しかし、主人公のモチベーションも弱
4点/10点満点遺伝子操作の失敗によって“森”が意思をもち、人を襲うようになってしまった300年後の地球。そんな環境にもめげずに、たくましく暮らす少年アギトはある日、300年の眠りから目覚めた少女トゥーラと出会う。アギトは彼女が文明社会を復活させる使命を背負っ..
ゲットオン~♪……おいおい、そっちのアギトじゃねぇよって、うわぁお約束すぎて恥ずかしい掴みですいません。やーねぇこれだからヲタクって。▼ 銀色の髪のアギトをこっそ
久々に劇場でアニメを鑑賞ハウルの動く城以来?なんかナチュラルな気分になりたくて・・・・で、実際見た後の気分としては、ビミョ~~確かに内容はナチュラルなんだけど、自然との共生というテーマもわかるんだけど、見ていて常に何かの作品とかぶ
遺伝子操作の失敗によって森が意志を持って人々を襲い、 都市を破壊するようになった300年後の地球を舞台に、 300年の眠りから目覚めた少女を守るために立ち上がる少年の奮闘を描く SFファンタジー・アニメーション。 主人公アギトに勝地涼、ヒロインのトゥーラに宮崎あおい
新年早々公開されたアニメで、ホントはとっても見に行きたかったんです。 なにせ、 この映画のキャラクターデザイン、緒方剛志さんでしょ? ブギーポップシリーズのイラストですもんね。(そんな理由かよ) ペパミンの由来でもありましてエントリでも書いてるんですが。 →
>映画『銀色の髪のアギト』(GONZO)★★★ 未曾有の大災害が地球全土を覆ってから300年。森が意思を持って人を襲うようになってしまった地球で、人類は森と共生すり人々と敵対する人々に分かれて生き延びていた。ある日、アギトは300年
 行こう、僕たちの未来のために  来年1/7に公開されるこちらの映画の試写会に行って来ましたぁ♪邦画好きさんの感想も好感触っぽかったので、安心して楽しむ事が出来ました。  舞台は、遺伝子操作をして植物を操ろうとした地球緑化計画の失敗により、森が意思を持ち?...

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックありがとうございました!
また機会がありましたら遊びに来たいと思います^^

もしこのコメントがご迷惑でしたら削除してください。

私も結構GONZOのアニメが好きなんですけどこれは・・・。ブレイブストーリーに期待したいけど、これも確か俳優さんが声をやるそうで。しかも公開時期にゲト戦記とかぶってるそうで・・・。

あら~・・・・

>SO-RENさんこんばんわ♪

こちらの方こそ、TBとコメントをしてくださり、有難うございます♪まだまだ拙い映画ブログですが、暇なときに見ていただけるだけでも自分は幸せでございますよ♪(笑


>メルブロさんこんばんわ♪

あ~・・ブレイブも俳優さんなんですか~・・・(汗
声にあまり感情がこもってなかったりすると、観てる方もあんまりのめり込めない時があるんですよね~。実力派の俳優を起用してくれる事を願いたいですね。
ゲドと被るのでしたら、自分は取り敢えずブレイブですね(笑

トラックバックありがとぉございます!!
映画の事をよく知らない私には、アギトはとても楽しめた作品で、トゥーラが木になってしまったアギトに「私を一人にしないで!!」っと泣いて訴える場面では涙を流したりしたのですが…そんなにィィ作品ではなかったんですね(>_<)
メビウスさんのや他のブログさんのコメントを読んで「なるほどなぁ」っと沢山思いました。そして、映画の魅力にとても興味を持ちました。
今回は、アギトの製作したGONZOと言う会社(??)や監督さんの事などほとんど何も知らないで観に行ったのですが、これからはそぉいった事にも意識して、映画を観たいと思いました。
次は、「輪廻と」少し先になるのですが、「B型の彼氏」を観たいと思ってます。

また遊びに来ますねぇッ♪♪ありがとぉございましたm(цωц*m)

メビウスさんへ
こんばんは。うちのブログ内にコメントのお返事も書きましたが
トラバありがとうございました!
アギト、構成がラピュタに似てますよね(笑)
私も話が若干薄いな、と思ってしまいました。
(もうちょっと丁寧に各キャラクターの心情を描いて欲しかったです。)ブレイブ、楽しみですよね。
それでは、失礼します。

上映時間短い故に・・

>フリィさんこんばんわ♪

この映画は映像に凄い力を入れてた分、ストーリーを犠牲にしちゃった感が否めなくも無いんですよね~・・
でも、やっぱり映画の評価って言うのは観る人それぞれ違いますから、面白いと言う人もいれば面白くないと言う人も絶対いますからね。フリィさんが面白かったと思えればそれでイイのです♪
自分もストーリー以外は高く評価したい映画ですし、主題歌歌ってるKOKIAのCDやらパンフやらクリアファイルやら買ってしまったクチです(笑


>あんずさんこんばんわ♪

アニメ映画はやはり上映時間が短い故に、どうしても切り詰めたり、無理に詰め込んだりする展開が多い時などがあるんですよね。
限られた時間でどこまで印象に残る作品に出来るか・・・そう考えると、やはりアニメ映画って作るのが難しいんだと思っちゃいますね。ブレイブストーリーはどうなるんでしょうね。期待半分不安半分な気持ちです。

感想はほぼ同じですね

メビウスさん、こんばんは!今年はお初です! 

映像が良かっただけに少し残念です。
月の画はすごく気に入っているのだけど、よく考えると、これも銀河鉄道999とか、宇宙戦艦ヤマトか何かで見たことの有るような・・・そんな気もしてきてます。
作っている人間がその世代だとそうなっちゃうのかな?なんて思ったりして。

今年もよろしくお願いします!

プロだったら・・

>たいむさんこんばんわ♪

掘り起こしていくと、まだまだ似たり寄ったりな作品が出てきそうですね(笑)
個人的に、せめて声優を普通にプロの方に任せていればもう少し評価は高かったと思います。

ホシノルリ・・・・・じゃなくて(^^;)、南央美がちゃっかり出演してたのが、せめてもの救いでしょうか・・(苦笑

GONZO

液晶ディスプレイのEIZOと関係あるのかと思ってしまった。
火山とかの背景も3DCDにしてもらいたかったなぁ・・・

ZO繋がり

>kossyさんこんばんわ♪

GONZOとEIZO。『ZO』つながりで確かに似てますが別ものです(笑
日本のフルデジタルアニメーションの先駆け的な存在で、代表作としては『青の6号』っていうアニメが有名なんですけどね。
ウィキにも詳しく載ってましたので一読ですハイ♪

始めまして!

私も見に行ってきました!
やはりラピュタに見えますよね?!私も見えました( ̄∀ ̄;)笑
感想、よく分かります!
あともう少し・・・というところですよね。
でも、基本的に私は面白かったです(*^ー^*)

頑張れGONZO

>さくらさんこんにちは♪

色々なアニメがダブって見える映画ですが、GONZOの初長編作としてはあれくらいが無難だと思いますね。
最初から良作作ったら、後々それを超えるアニメ作らなきゃみたいな感じでプレッシャーにもなると思いますし。GONZOにはどんどん場数を踏んで、良いアニメを作ってもらいたいものですね♪

こんにちは

はじめまして、「アギト」の感想を求めて彷徨っているものです。
ネットを渡り歩くと、どうも不平不満の声の方が大きいような気がしますが、いったいナニがそんなに不満なの、と私は言いたいです。
一時間半の劇場アニメとして、飽きることなく楽しめる良い作品だと思うのに。
多分みんな、違う方向に期待しすぎなんだと思うな。

「展開が急ぎ足」とおっしゃられてるので気になっったのですが。
「山月記」って小説ご存知ですか?これがまさに「ウォーキング→競歩→マラソン(というか全力疾走)」という展開をしていますが、これは読者を高揚させ、飽きさせないための手法なのです。と、学生の頃習いました。「アルジャーノンに花束を」もこの手の展開で、ソレがすごく効果的に感じました。・・・・話がそれましたが、多分作り手はの方はそういう効果を狙っていたんだと、私は思っています。
作り手がそう描いたからって、受け取り手が「不満だ」といえばそれまでなんですけど(苦笑)
それに私も、「こういうシーンがもっと見たいのに!物足りない!」
という気持ちはすごくよくわかります。
ただ、私はこれもひとつの手法だと思うのですよね。
見せるところは見せる。でも、全部は見せない。少し匂わす程度に情報を与えておいて、あとは見ている側に自由に想像していただく。
(もしくはサイドストーリーだの解説本だのを買っていただく。・・・商戦略にまんまと引っかかったやつがここにいます(苦笑))
そうすることで、余韻が残るのです。
・・・ちょっと話がずれたかも。
とにかく、展開を急いでいるのは、テンポを殺ぎたくないからだと、思うのです。

なんだかんだといいましたが、結局好きだからヒイキ目に見てるだけかもしれませんが。

やっぱり敗因はジブリ作品の影響を受けすぎてるところですよね・・・ジブリ信奉者に徹底的に叩かれてる気がする・・・
どうして容易にジブリを連想できる配置にしちゃったんだ・・・
やろうと思えばもっと外した描写はいくらでもできたはずなのに・・・
それだけが悔やまれます・・・

長々と駄文失礼しました。

急ぎ足な展開

>とめさんこんばんわ♪

『山月記』と言う小説は読んだ事が無いのですが、成る程♪急ぎ足な展開でストーリーを観せる映画を、自分は今まで上映時間の都合上や無理に内容を縮めてるといったマイナス面でしか見ていなかったような気がします。
アギトのストーリー展開も、もしかしたら本質は観客を飽きさせない為に敢えてそう言う手法を取っているのかもしれませんね。

製作陣のコメント等を参照していない、自分独自の観点なので、本当は自分の考えがずれている・・・かもしれませんよね。

何だかとても参考になってしまいました。こう言う展開が見受けられたときは、とめさんの言った事を参考にレヴューを書いてみようかと思います♪

いつもなら基本的にオススメの姿勢でレビューを書くんですが
これはちょっとキツかったです。
ストーリー展開にしても声優陣にしても。
オリジナルなのにオリジナルじゃない、ベンベン♪

「命を粗末にするやつなんて大嫌いだ!」
この映画みたあとで、
「ゲド戦記」の予告で何度も聞いてると
あんなふうにひとことしゃべることに
気持ちを込めることの大変さがなんだかわかったような気がします。
ブレイブストーリーも正直心配。
俳優さんを声優に使うことにこだわらなくてもいいと思うんだけどな。
勝地涼も宮崎あおいも好きなんだけどイマイチピンとこなくて。
エンケンさんも声はやたら渋くてかっこよかったけど
あのキャラの顏にあってたかなと・・・。

心配です

>Agehaさんこんばんわ♪

『ブレイブストーリー』は宮部みゆきが原作なので、さすがにパクリの心配は無いと思いますけど、そうなるとやはり声優面が心配になってきますね。
特にミツル役のウェンツ瑛士。予告編で聞いたんですが、彼が一番の不安です。実力の面をちゃんと確認して選んだのでしょうかね~?(汗

そういや

ジブリが発端なのかしら?
タレントを声優に起用するブームは。
まぁ話題性でだいぶ興行が変わってくるという
現状が変わらなくちゃその方向性も変わらないんでしょうね。

メリットデメリット

>miyuさんこんにちは♪

少なくとも自分はジブリが発端だと考えております>タレント起用
でも確かにプロの声優よりも、顔が知れてて有名なタレントを起用した方が興収も伸びが良さそうですからメリットもあるんですけどねぇ~。その分下手すると実力が伴っていない人が起用されることもあるのでそれがまた逆にデメリットでもあるんですよねぇ~。

PAGETOP