ジョン・ウィック コンセクエンス



【監督】チャド・スタエルスキ
【出演】キアヌ・リーブス/ドニー・イェン/ビル・スカルスガルド/ローレンス・フィッシュバーン/真田広之/シャミア・アンダーソン/ランス・レディック/リナ・サワヤマ/イアン・マクシェーン
【公開日】2023年9月22日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
裏社会の掟を破り、粛清の包囲網から生還した伝説の殺し屋ジョン・ウィック。地下に身を潜め全てを牛耳る組織:主席連合から自由になるために立ち上がった。 組織内での権力を得た若き高官グラモンは、聖域としてジョンを守ってきたニューヨークのコンチネンタルホテルを爆破、ジョンの旧友でもあった盲目の達人ケインを強引に引き入れ、ジョン・ウィック狩りに乗り出す。そんな中、日本の友人シマヅの協力を求めてジョンが大阪のコンチネンタルホテルに現れる・・・。
 
傑作キリングアクションの4作目にして完結編・・かな?まあこのシリーズは独特な世界観と組織や裏社会の厳格なルールがとても面白いので作ろうと思えばまた作れるのかもしれませんが、ただ本作の終わり方を見るならば少なくとも伝説の殺し屋ジョン・ウィックの物語の終焉としては良い着地点とも思いましたし、敵をバッタバッタと爽快になぎ倒していくキリングアクションの最高峰としても凄く興奮して見応えがあった次第。
最初は愛犬を殺され、次は愛妻の思い出を奪われ、そして次は組織からの報復と、シリーズを重ねる毎に一作目とは比べ物にならないほどスケールも増してもいったので正直次作を鑑賞する度に終わりがあるのかな?という疑問も抱きはしましたけど、ただ今回その組織からの自由を得るために奮闘するジョンの物語はシリーズの中でも一番ドラマチックであったかもしれない。毎回魅力的なキャラクターが出てくるのもこの作品の醍醐味の一つですが、本作では敵味方の双方にジョンの旧友として真田広之とドニー・イェンがチョイスされ、その二人が本作の物語を上手く引き立ててくれてた気がする。二人が演じてたシマヅとケインには『娘』という家族の存在もあっただけに仁義と忠誠の狭間で葛藤する状況が良く描かれていたし、ケインに関してはジョンに立ち塞がる最強の刺客であると同時に最高の仲間にもなったりと、そのキャラクター性をいかんなく発揮してましたね。コンセクエンス(報い)という本作の意味も彼の結末を鑑みれば納得のできるサブタイトルのようにも思えましたし。

シリーズ最長の169分という長丁場な内容も、趣向を凝らしに凝らしたキリングアクションの数々のおかげで個人的にはだるさや冗長を感じず興奮を通り越して笑いが込み上げてしまうほどだったし、自由を得るためのジョンの奮闘も旧友との熱い絆、お馴染みのキャラクター達との信頼感ある掛け合い、そして伝説の殺し屋の報いの先にある真の自由など、ある程度予想してた結末でもとても胸を打たれてしまい、心の中でどこか『お疲れ様』という言葉も浮かんでしまった。
・・ただまあジョンの物語はこれで終わっても良いですが、前述の通りこのシリーズの世界観、特に裏社会に潜む数々の組織やそこに定められてる厳格なルールといったものは独特ながらとても魅力的なものばかりなので、サブスクの映像配信などを活用してスピンオフを上手く展開できれば、このシリーズはもっと広がりを見せるかもしれませんし、ジョンに次ぐ代表的なキャラクターも出てくるかもしれませんね。自分も組織の主席連合(ハイテーブル)に関してはもう少し詳しく知りたい部分もあったりするので^^
 

0 Comments

Leave a comment