ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー VOLUME 3



【監督】ジェームズ・ガン
【出演】クリス・プラット/ゾーイ・サルダナ/デイブ・バウティスタ/カレン・ギラン/ポム・クレメンティエフ/ヴィン・ディーゼル/ブラッドリー・クーパー/ショーン・ガン/チュク・イウジ/ウィル・ポールター/シルベスター・スタローン
【公開日】2023年5月3日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
サノスとの戦いで最愛の恋人を失ったショックから立ち直れないピーターが率いるガーディアンズに、銀河を完璧な世界に作り変えようとする最凶の敵が現れ、ロケットは命を失う危機に。大切な仲間の命を救うカギは、ロケットの過去に隠されていた。全銀河の運命とチームの存続を懸けた、最強の落ちこぼれチームvs最凶の完璧主義者の感動のラスト・バトルが今、始まる・・・。
 
【簡略感想】
フェーズ5の開幕ではアントマンの活躍に自分は感動と興奮をもらっただけにこのガーディアンズシリーズもとても楽しみにしていましたが、やっぱりジェームズ・ガン監督の作品つくりも一貫して素晴らしいの一言ですね。右肩上がりの面白さ維持しつつ涙も誘われた前作に続き、今回もその涙の量も個人的には半端ないくらい出ちゃいまして、それくらい傑作だった次第。

冒頭で重傷を負ってしまうロケットを救うべく奮闘するガーディアンズがマッドな科学者の危険な野望を阻止する傍ら、ロケットの悲しい過去の物語が並行して描かれるストーリー構成が秀逸で、原作コミックの方を知らない分ロケットはアライグマの顔に似ているミュータントの類という風にもどこか思っていた手前、彼の過去で描かれている真実には自分もとても感情を揺さぶられたと同時に衝撃も受けてしまいましたね。加えてピーターの方も自分を全く知らないガモーラにショックを受けたりで、こちらもこちらで大切な人との絆を失う喪失感に悩まされている様は、あのエンドゲームも観たからこそ理解できる部分ではある。・・まあこういったシリアスさも時折のユーモア交えて脱力させてはくれますが、それでも締める所は締めてちゃんと泣かせるから今回も上手い演出ばかりでお見事♪監督お墨付きの選曲の数々に関してはまあちょっと世代が違うせいか前作同様アーティストや楽曲こそ殆ど分からないものの、それでも場面ごとに良く活かされてる選曲だというのは映像を通しても感じ取ることが出来ますし、そのイカした選曲をバックに悪漢どもをチームプレイでバッタバッタとなぎ倒していくガーディアンズたちのアクションもとにかくカッコイイ^^MCUのヒーローアクションの数々は最新作が出る度に驚かされてはいますが、ガーディアンズたちが乱舞する後半のアクションはカメラワークの絶妙さも相まって、個人的にはMCUのアクションの中でもトップクラスな感じもしてとても気に入って大興奮してしまったのでした♪

そんな騒がしくも可笑しいユーモアの数々に、知らなくても(一応)ノれる劇中楽曲、スタイリッシュなアクション、そして胸を打つストーリーと、ガーディアンズ達の活躍を最高の結束力と絆で魅せてくれた本作は、シリーズ随一のエンターテインメントに仕上がっていて見応えが十分でしたね。フェーズ6辺りでロケットが率いる新生ガーディアンズにもまた再会できれば嬉しい限りですね^^

0 Comments

Leave a comment