ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ



【監督】アンディ・サーキス
【出演】トム・ハーディ/ミシェル・ウィリアムズ/ウッディ・ハレルソン/ナオミ・ハリス/リード・スコット
【公開日】2021年12月3日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
悪人以外を食べないという条件でエディの体に寄生し、彼と共同生活を送る地球外生命体<シンビオート>のヴェノムは、食欲の制限を強いられストレスの毎日を過ごしていた。そんな中、未解決事件の真相を追うジャーナリストのエディは、サン・クエンティン刑務所である死刑囚と再会する。その男の名はクレタス・キャサディ。これまで幾度となく猟奇殺人を繰り返し、収監されたシリアルキラーで、彼には死刑執行の時が迫っていた。「私の秘密を教えよう」と不気味にほほ笑み、エディに対し異様な興味を示すクレタス。突如その時、クレタスはエディの腕へと噛みつき、エディの血液が普通の人間とは異なることに気づく。そして死刑執行の時、ついにクレタスはカーネイジへと覚醒。世界を闇へと変えていく・・・。
 
【簡略感想】
映画のみならず2021年からはドラマシリーズも始まったことで作品同士の繋がりが強くなり過ぎてもはや一見さんお断り状態にもなりつつある昨今のマーベル作品の中で、唯一その要素が薄い本作。・・・まあもっとも次回からはそうじゃなくなる可能性が極めて強いものの、それでも少なくとも本作に至ってはそんな細かいことを気にせず前作同様、いやむしろそれ以上に底抜けに楽しめるエンタメ性があって面白かったですね^^
エディとヴェノムとの共生によるバディ関係なんかは前作だと世界観やシンビオートの解説とかで大分時間を割かれているような部分もありましたけど、その辺りが本作では割愛気味で終始楽しめる感が強くなっていたのが良かったんですよね。上手く適合したはいいものの、私生活諸々ではやはり何かとトラブル続きで、エディは(一部を除き)ヴェノムの自由奔放な行動でいつも気苦労が絶えないし、逆にヴェノムはそういう自身の存在を大っぴらに出来ない制限や脳みそが食べれないストレスなども溜まり、結果ケンカになるくだりとかが何やってんだかーみたいな感じでバカバカしく笑えてしまう。大元のストーリーとしても連続殺人鬼がシンビオートに触れた事でヴェノムよりも最凶なカーネイジが誕生したりで結構ヤバめでもあるんですけど、合間にエディとヴェノムのいざこざというかじゃれあい(?)が絡む事でそんな緊張感とは裏腹に小笑い浮かべながら観てた自分wしかしそれでいてシンビオート同士の戦いは何だかんだで凄かったですし、ヴェノムのパワーファイトも良かったですが、カーネイジの凶暴性が解き放たれたかのような獣のような暴れっぷりにも圧倒され、そういう派手さと緩さの塩梅みたいなのも良かったから個人的に前作以上に見応えがあり楽しく観れた部分かもしれませんね。
主演のトム・ハーディにしてもこのシリーズはある意味大部分が彼の一人演技でもあるので、それを踏まえてヴェノムとの掛け合いを見ると、彼のキレッキレな演技はどこか一人漫才を見ているかのようであってそれもそれで面白いwあと今回は上映時間もかなり短くて、コンパクトに内容を纏めて見易くしてたのも好感度大ですね。エンドロール後のマーベル作品お得意のサプライズもかなりの驚愕を与えてくれて、このシリーズも遂に上記の巨大な繋がりの仲間入りになってしまうわけなものの、それでも内心はやはりその次回作が今から物凄い楽しみになっているのでした^^
 

5 Comments

ノラネコ  

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
このシリーズ、決して年末ベストとかには入らないですけど、この午後ロー的ゆるさが好きです。
次にはMCUに組み込まれそうですが、テイストは変えないで欲しいな。
今年もよろしくお願いします。

2022/01/04 (Tue) 15:49 | EDIT | REPLY |   
ここなつ  

こちらにも

こちらにもこんにちは。

>作品同士の繋がりが強くなり過ぎてもはや一見さんお断り状態にもなりつつある昨今のマーベル作品の中で、唯一その要素が薄い本作。

ホント、コレいいですよねぇ。だからエンドロール前の予告シーンにはちょっとがっかりしちゃいました。
もう、単体でヴェノムのエンタメ性だけ楽しめればいいのに、です。

2022/01/06 (Thu) 10:42 | EDIT | REPLY |   
ノルウェーまだ~む  

明けましておめでとうございます

メビウスさん☆
明けましておめでとうございます。
1作目より楽しまれたのですね~?
私は1作目が予想に反して面白かったので、今回は逆に期待し過ぎちゃって、それほど・・・ってかんじになりました。
二人のわちゃわちゃぶりが笑えました!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2022/01/06 (Thu) 13:58 | EDIT | REPLY |   
SGA屋伍一  

本年もよろしくおねがいします

遅くなりましたが本年もよろしくお願いいたします。
これも大変に楽しかったんですが、いまやってる本家スパイダーマンが大フィーバーしちゃってるせいで、すっかり前座のような扱いになってしまいましたねえ
カーネイジがこれ一本で…してしまったのは残念ですが、必要になったらまたどっかのマルチバースから拾ってくればいいかなw

2022/01/11 (Tue) 22:07 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

遅くなりました(汗

>ノラネコさん♪

かなり遅れましたが、明けましておめでとうございます^^;
確かに傑作ではないですが、地上波でいつかテレビ放映とかされたら絶対見ちゃうような、そんな気楽さと面白さはありましたよね。サム・ライミ板のヴェノムとはもはやイメージが全然違うので、トムホスパイディとは出来ればいがみ合わずにMCU内で共闘などしてほしいですね。

>ここなつさん♪

MCU作品はもはやドラマシリーズも映画作品も大きな枠組の一つになっちゃってる所があるので、ヴェノムのように他作品と絡まないのは良くも悪くも貴重だったんですけどね。自分も正直言えばもう一作くらい作ってからMCUの輪の中に入って欲しかったかなーとも思いました^^;

>まだ~むさん♪

遅くなりましたがあけましておめでとうございます^^今年も更新頻度低いですが、宜しくお願い致します(汗

自分はシンビオートのヴェノムが人間に対して大分フレンドリーになったり、彼を知っているキャラクター達との掛け合いといった部分がアクションと並行して楽しめた感じがありましたね。ただ本作ではエディがあんまりヴェノムに操られてハチャメチャしてなかったので、その辺りは前作の方が面白かったかもしれませんね。生魚をムシャムシャ食べるシーンとかw

>SGAさん♪

SGAさんも明けましておめでとうございます^^今年も宜しくお願い致します。
ノー・ウェイ・ホームを鑑賞した後だと、本作を先に公開する必要があったのは理解できましたが、それでも確かにスパイダーマンの方が圧倒的ボリュームだったので、本作が前座的な位置になってしまったのがちょっと残念ですね。一か月前まではオマケ映像にとても興奮して最高ーっとか言ってたのに(汗
カーネイジもヴェノムが赤いやつが嫌だと言っていたくらいで、そこら辺の詳細も自分は分からなかったので、マルチバース後にまたなんらかの形で再登場して欲しいですよね♪

2022/01/13 (Thu) 20:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」
  • いやあ、面白かった!こういう系はたまに観るととても面白い。こういう系でも、壮大な、とか、抒情詩的な、とかが一切無くて気楽。気楽に楽しんで、特に何も残らない。でも、それがいいのだ。とはいえ、前作はもう少し重々しかったような気がする。それがそうでもなくなったのは、もうこのキャラに対しては笑っていいんだ、が明確になったからのように思う。ヴェノム自体は言うに及ばず、トム・ハーディー然り、ミシェル・ウ...
  • 2022.01.06 (Thu) 10:43 | ここなつ映画レビュー