シャン・チー テン・リングスの伝説



【監督】デスティン・ダニエル・クレットン
【出演】シム・リウ/オークワフィナ/メンガー・チャン/ファラ・チャン/フロリアン・ムンテアヌ/ベネディクト・ウォン/ミシェル・ヨー/トニー・レオン
【公開日】2021年9月3日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
アメリカ・サンフランシスコで平凡なホテルマンとして暮らすシャン・チー。彼にはかつて父が率いる犯罪組織で最強の武術を身に付け、組織の後継者になる運命から逃げ出した秘密の過去があった。しかし、悪に染まった父が伝説の腕輪《テン・リングス》を操り世界を脅かす時、彼は宿命の敵となった父に立ち向かうこととなる・・・。
 
【簡略感想】
『ブラックウィドウ』もようやく公開されましたし、インフィニティ・サーガという名目で長く続いていたMCUの物語もこれで一先ずの区切りとなりましたので、最近は『エンドゲーム』を観終わった時のような喪失感もまたもたげてはきていたものの、『シャン・チー』はそんなポッカリな心を払拭し新たなるサーガへと誘う、アクションに怪獣にとエンタメ盛り盛りなパワーを持ったような内容で非常に楽しめた次第^^
初のアジア系主人公である事やそして個人的に映画館でカンフー映画を観るのも随分と久しぶりだったという二重の新鮮さなんかも相まってか、新世代のマーベルヒーローであるシャン・チーの活躍は本当に面白く、特殊能力こそ無いんですが幼いころより仕込まれた戦闘術は驚異的で、ドンパチにすでに肥えてるであろうマーベルファンの目を再び興奮させてくれるくらい、ことアクション面においてはまず間違いなくMCU随一だったように思う。新世代マーベルヒーローの筆頭(?)でもあるからかストーリーの方は割とシンプルな親子ドラマではありましたけど、新しいヒーローに新しいサーガの始まりと、ある意味本作は新しいこと尽くめにも見えた作品でもあったので、MCU作品をここから観始めるという方にとってもこのシンプルさは逆に丁度良い感じなのかもしれない。・・まあかと言ってこれまでのMCUの繋がりがないと言えばそうじゃなかったですし、敵組織のテン・リングスやアボミネーションとウォンが戦ってたりと、長年のファンにとってもニヤリとするシーンが沢山。知ってたら知ってたで楽しめるし、知らなかったら知らなかったで今回はストーリーに然程影響しない程よい演出にされてる辺りも個人的に上手い工夫の仕方だなとも感じました^ー^

主演のシム・リウに関しては生憎と本作で初めて知る俳優さんだったので無知もいいとこなのですが(汗)、ただあの地味な顔立ちは他のマーベル俳優さんにはない素朴さも感じ取れたので、個人的には好印象♪吹き替えのリピート鑑賞もしましたが、声優さんがこれまた個人的に好きな細谷佳正さんだったのも嬉しい所でしたね♪『アイアンマン』のダウニーJrのように、シム・リウも新世代マーベルを牽引し皆に慕われる存在の一人になって欲しいものです。

0 Comments

Leave a comment