フリー・ガイ



【監督】ショーン・レヴィ
【出演】ライアン・レイノルズ/ジョディ・カマー/ジョー・キーリー/タイカ・ワイティティ
【公開日】2021年8月13日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
ルール無用、何でもありのオンライン・ゲーム<フリー・シティ>のモブ(背景)キャラとして平凡で退屈な毎日を繰り返すガイ。ある日彼は新しい自分に生まれ変わるため、ゲーム内のプログラムや設定を完全に無視して自分勝手に立ち上がる。ありえないほど“いい人”すぎるヒーローとして。ゲーム史上最大の危機が迫る中、はたしてガイに世界は救えるのか・・・。
 
【簡略感想】
ゲーム世界が舞台の作品こそもう多々ありますけども、NPC側の視点に立っている作品というのはそうそう無いような気もするし、また何の能力も無い無個性なキャラクターがヒーローのようになっていくという展開も自分が今現在ハマっている『僕のヒーローアカデミア』に近しいものも感じてしまった分、ゲーム好きも相まってとても面白く観れた次第ですね^^
『グランド・セフト・オート』のようなオープンワールドを映像化したようなフリーシティの外観も、キャラクターや背景を全部リアルにするというより、ゲーム特有の『質感』や『カクカク動き(笑)』なビジュアルを大事にしているように見えた部分が自分は何だか凝ってるな~wなんて思っちゃったりもしましたし、またゲーム内と現実世界の同時進行も多かっただけに、そのビジュアルの差が隔たりを明確にもしてて返って見易くしてたようにも感じた。オンラインゲーム内でAIが自我を獲得していくというまるでソード・アート・オンラインのような設定も、昨今のFPSゲームやMMORPGでの複雑で高度化してるなんていうAIとも照らし合わせればガイの誕生にもまあ妙な説得力(?)があるってもんですし、モブ(背景)と呼ばれるようなキャラクターたちのアイデンティティーやその存在の重要性など、最終的にはゲームの枠を超えて強く大切なメッセージ性を打ち出す辺りも良かったですね。

ロックバスターもあればSWやマーベルのネタも多く、そしてそれを主演のライアン・レイノルズが披露するもんだからまるで『デッドプール』の延長線上のようなノリが『いいのかよっw』と心の中でツッコミつつも、それでも最後まで面白く可笑しかった『フリー・ガイ』。清々しいまでの悪役をハイテンションで演じたタイカ・ワイティティ監督や特別なカメオ出演者といった脇のキャスティングも豪華且つ楽しかったと思いますね♪・・・ただまあゲーム実況者の方達はほとんど分かりませんでしたけど^^;(汗
 

0 Comments

Leave a comment