ロード・オブ・ウォー

【監督】アンドリュー・ニコル
【出演】ニコラス・ケイジ/イーサン・ホーク/ジャレッド・レト/ブリジット・モイナハン
【公開日】2005/12.17
【製作】アメリカ

【ストーリー】
1980年、ユーリー・オルロフは、崩壊寸前のソビエト連邦ウクライナから自由の国アメリカへと渡り、武器の密売に手を染める事になる。
混沌とする世界情勢が追い風となり、いつしか彼はその独特の商才を持って世界中の政府を相手にするまでに昇りつめる。しかし、『死の商人』として世界を操る彼の動向を嗅ぎ付けたインターポールのバレンタインが、刻一刻と彼を追い詰めていく・・・

【コメント】
冒頭で武器の製造工場みたいな所で弾丸が作られ、それが様々な場所に運ばれると言う見せ方は、『チャーリーとチョコレート工場』の始まり方に近いものを感じましたが、最後はやはり弾丸も兵器としての当然の役割を果たした後に本編が始まる。このオープニングでかなり本作の魅力を引き出しているのではと思いますね。

その卓越したビジネス方法で天才的な武器商人となるユーリー・オルロフの生涯を描いた物語で、普通の人があまり知る事の無い世界の裏で暗躍する武器商人の実態、そして武器を売買する際の大国との知られざる関係などを赤裸々に描いている。
主人公であるオルロフ自体は実際には存在しませんが、彼のモデルとなった何人かの武器商人達のエピソードを元に作り上げてるだけに、そのノンフィクションならざるノンフィクションな内容は自分の知らない事ばかりで、かなり内容の濃いものでした。
彼らの売った武器が戦場で使われるとそれがまた新しい紛争や内戦を起こし悲劇を生む。しかし武器が無いとこう言った紛争を鎮圧する事も出来ないし、軍需産業の目覚しい発展ぶりも彼ら武器商人達無くして有り得ないものでもあると思うし、商人達もその武器が売れないと商売があがったりとなる。
この矛盾した一連の流れの中心にいるユーリーは自身を『必要悪』と説いているのですが、その言葉が妙に納得させられてしまうのです。
自分がポップコーンを片手にこうして映画を観てる間に、彼らはどれだけ武器を売買し、そしてその武器が一体どれだけの命を奪うのかと思うと、やりきれないものを感じてしまいます。

ユーリーを演じたニコラス・ケイジは『ナショナル・トレジャー』の時の冒険野郎な服装から一転してパリッとしたビジネスマン風になってるのがちょっと新鮮。頭の後退具合も見るからに怪しくなってきてるので、そっちの方はかなり心配です。
ユーリーを執拗に追うジャック刑事役のイーサン・ホークも何だか久々に観た気がします。多分『トレーニング・デイ』以来かも・・(・_・;)
更にこの映画ではニコル監督の息子が、ユーリーとエヴァの息子のニコライ役として出演し、ケイジの最初の妻であるクリスティーナ・フルトンとの間にできた、息子のウェストン・コッポラ・ケイジもヘリの整備士役として出演しています。
隠れた所で息子達をちゃっかり出演させているのも面白いです♪


重いストーリー展開ではありますが、思いのほか見所な部分が随所に見られ、それなりに面白かった映画でした。劇中で使用されている銃も殆どが本物なので、ユーリーの解説も入れるとちょっとしたドキュメンタリー映画にも観れてしまう。
最後に国連安保理の常任理事国である5つの某国が、実は最大手の武器ディーラーだと言う事も、何とも皮肉めいていますね。

『ロード・オブ・ウォー』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
「ロード・オブ・ウォー」 よみうりホールで鑑賞日本人に全くなじみのない武器商人のお話。文化の違いというか、映画を見ているだけで日本人の私たちには知らない世界が多いです。この前の「明るい離婚計画」でも『離婚通達人』などというお仕事は全然知らないですものね。
「ロード・オブ・ウォー」-史上最強の武器商人と呼ばれた男-評価 ★★★★☆『あらすじ』 ソビエト連邦時代のウクライナで生まれたユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)。幼少期に両親、弟と共にユダヤ系と民族を偽り、アメリカ合衆国に移住...
ロード・オブ・ウォー上映時間 2時間2分監督 アンドリュー・ニコル出演 ニコラス・ケイジ イーサン・ホーク ブリジット・モイナハン ジャレッド・レトー 実際の話を基に製作された武器商人の物語。「ナショナルトレジャー」以来のニコラス・ケイジ主演作!...
 「ランボーが使ってた銃をくれ!」「1、2、3・・・どれ?」「1しか観てない」「じゃ、M60だ。それ」 僕は弾丸。真鍮板から生まれたんだよ。検査を受けて、箱に詰められ、遥かな異国の地アフリカに渡って来ちゃった。今まさに銃に込められ撃たれたんだ。あっ、ぶつかる!
製作開始の声を聞いてからかなり首を長くして待っていた。楽しみにしていた甲斐がある
評価:75点{/fuki_osusume/}ロード・オブ・ウォー 史上最大の武器商人と呼ばれた男 「武器商人」をニコラス・ケイジが演じるという予備知識しかなかったのですが、かなり社会派で、しかも面白い映画になっています。適度にノンフィクションなので、実際に起こった武器売
一つの弾の行方を追ったオープニングの映像が面白い。武器商人という職を知りたい方は一度観てみると良いでしょう。
Lord of War ソビエト連邦崩壊前のウクライナに生まれ、少年時代に家族とともにアメリカに渡ったユーリー・オルロフ(Nicolas Cage)。やがてニューヨークにレストランを開いた両親を手伝い、そこで働くユーリーはある時、ギャング同士の銃撃戦を目撃する。この時彼は、食事
      無数の弾丸の上を歩いてたニコちゃんが、突然振り向く。「今、世界には5億5千丁の銃がある。 ざっと12人に1丁の計算だ。残る課題は1人1丁の世界」ジュードロウをこの世に知らしめ、(たぶん)ユマサーマンとイーサンホークを出逢わせてしまった(別れた
期待値:59%  ニコラス・ケイジ主演。 武器商人というなじみのないセールスマン
『ロード・オブ・ウォー』公式HPはこちら ←旧ソ連ウイクライナ生まれのユダヤ系アメリカ移民のユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)。父のレストランを手伝って居たが。上昇志向の強い彼はやがて銃の密売に手を染め始め、自分の商才に目覚める・・・・●コラム
 昨日は映画ファンなら忘れちゃいけない映画の日、という事で昨年の元日同様、盟友N
2005年 アメリカ ヒューマンドラマ、サスペンス2006年1月1日 川崎チネチッタ監督・脚本 アンドリュー・ニコル(ターミナル)出演 ニコラス・ケイジ(ナショナル・トレジャー、マッチスティック・メン、フェイス/オフ、月の輝く夜に) イーサン・ホーク(ヒマラヤ杉に降
LORD オブ ウォーを本日見てきました。正月はさしてすることも無いので、一度は映画に行こうと決めていました。実は物凄くこの映画を、見たかったという訳ではありません。行こうと決めていた、映画館にあまり見たいものが無く消去法にて決定しました。
「ロード・オブ・ウォー」★★★ニコラス・ケイジ主演最初は古い銃を売りさばくせこい売人だった主人公。だんだんとコネクションを広げ、でかい商売で莫大な利益を上げていく。もちろんその一方でその武器で人が死んでいく描写もある。その頃、...
武器商人、これが天職と考えている主人公ユーリー・オルロフが世界各地で武器を転売する傍ら、幼馴染みで憧れのモデルとの結婚生活、インターポールとの知恵比べのようなイタチごっこで、観ている者を引き込ませる。波乱に満ちた人生、いかにも映画向きだから、のストーリ..
去年の暮れに観た作品だが、そのままにしていて越年アップとなった。その訳は、余りに現実的なやりきれないテーマで気が重くなったことと、その重さとは裏腹な軽さを装った娯楽映画風な作りに戸惑ったからである。個人的な好みからすれば、徹底的にドキュメンタリー・タッチ
ニコラス・ケイジ、イーサン・ホーク主演武器商人の物語 ロード・オブ・ウォー=戦争の主ニコラス・ケイジのナレーションで 銃弾の製造過程が弾の視点にたっていますそして アフリカの子供に・・・・ユーリはウクライナ出身でブルックリンのリトル・オデッサで暮らしてい
ロード・オブ・ウォー監督・脚本・製作:アンドリュー・ニコル出演:ニコラス・ケイジ イーサン・ホーク ジャレッド・レト イアン・ホルムストーリーウクライナで生まれたユーリーはニューヨークに移住後、家族の経営するレストランを手伝っていた。ある日
2006年1本目の劇場鑑賞映画。戦争物は余り得意じゃないけど・・・この映画は武器商人の話らしいし・・・今のニコラス・ケイジじゃ、シリアスな戦争物は作らないだろーーし。
今世界には5億5千万丁の銃がある。ざっと12人に1丁の計算だ。私が目指すのは・・・”1人1丁の世界”
劇場レイトショーで観ました。2006年初の劇場鑑賞です。鑑賞した日は偶然にも主演のニコラス・ケイジにお誕生日でした。この映画を戦争アクション映画を期待して観ると、期待ハズレになると思います。冒頭の弾からの視点で、工場で弾が作られてアフリカに渡りカラシニコフか
※少しネタバレがあります。見ていない方はご注意ください。 公式サイトはコチラ→ 【原題】Lord of? War【制作年】2005【制作国】アメリカ【監督】アンドリュー・ニコル【主なキャスト】○ニコラス・ケイジ(ユーリー)○イーサン・ホーク(インターポ
監督: アンドリュー・ニコル 出演: ニコラス・ケイジ 、イーサン・ホーク、ジャレッド・レトー、ブリジット・モイナハン 原題: LORD OF WAR 制作: 2005 アメリカ 評
新年から観た映画が2本続けて戦争物。いやドラマの「里見八犬伝」も戦の話だから、三連チャンか。つくづく人間てのは戦う事が好きなんだねえ。もっとも、実在の武器商人たちの物
見落とされてる作品のような気がするんですがこれ・・・何気にアカデミー賞では!?!?!?すごい、面白かったですよ!!!!!!!!公式サイト: http://www.lord-of-war.jp/監督: アンドリュー・ニコルあらすじ: goo 映画キャスト:ニコラス・ケイジ、イーサン・ホ
監督:アンドリュー・ニコル出演:ニコラス・ケイジ、ブリジット・モイナハン、ジャレッド・レト、イーサン・ホーク、イアン・ホルム、ドナルド・サザーランド評価:95点(100点満点)公式サイト強烈。軽く繰り出されたように見えるのに、と...
★本日の金言豆★USSR AK47:製作者ミカエル・カラシニコフの名をとって”カラシニコフ”とも呼ばれる、アメリカのM16、ドイツのG3とあわせて3大突撃銃と並び称される銃。シンプルな構
帰省中冬休み映画観まくり計画、第1弾は「SAYURI」、第2弾は「ディック&ジェーン 復讐は最高!」、第3弾は「キング・コング」と観てきました。次は・・・ってところですが、前、映画を観た時にやってた予告編で気になってたのが、この「ロード・オブ・ウォー -
これも原作のほうなんで、 頭の中ではニコラスケイジが多分こんな風に動いてるんだろうなと 想像はしつつも、実際の映像はDVD待ち。あ~あ。 ロード・オブ・ウォー―史上最強の武器商人と呼ばれた男Andrew Niccol 鎌田 三平 竹書房 2005-12by G-Tools 「個人経営の武器
「ロード・オブ・ウオー」監督・脚本:アンドリュー・ニコル出演:ニコラス・ケイジイーサン・ホークジャレッド・レトブリジット・モイナハンイアン・ホルム特別調査官のイーサン・ホークはニコラス・ケイジに云う。「世界の平和を願うなら核の密輸を追えと人は言うかもし..
『ロード・オブ・ウォー』公式サイト:http://www.lord-of-war.jp/index2.html原題:LORD OF WAR製作:2005年アメリカ監督:アンドリュー・ニコル出演:ニコラス・ケイジ/イーサン・ホーク/ブリジット・モイナハン/ジャレッド・レト/イアン・ホルム《公開時コピー....
ストーリー:ソビエト連邦崩壊前夜のウクライナに生まれたユーリー・オルロフは、少年時代に家族とニューヨークへ渡り、両親が営むレストランを手伝いながら育った。ある日ロシア人ギャングの銃撃戦を目撃したユーリーは、レストランが食事を提供するように、戦場に武器を供
史上最強の“武器商人”と呼ばれた一人の男の実像をシニカルなタッチで描いた社会派ドラマ。主演は「シティ・オブ・エンジェル」「ナショナル・トレジャー」のニコラス・ケイジ。共演に「ビフォア・サンセット」「テイキング・ライブス」のイーサン・ホーク、「リクル...
≪採点(読むなび!参照)≫合計:94点 採点内訳へ≪梗概≫ウクライナの農村で生まれたユーリーは、ユダヤ系と偽り家族と共にアメリカに移民する。彼は地道に働こうとした
ナイチンゲールが白衣の天使なら、 ユーリ・オルロフはスーツを着た死神ってとこですか? 自分がどっちに多く武器を売るかでその戦争の勝敗すら もしかしたら支配してしまうわけですし・・・。 前に書いたbooksのレビューはこちら。 →「ロード・オブ・ウォー 至上最強の武
6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)色んな媒体でアクション扱いされてますが、これって全然アクションじゃないですよねぇ。劇場は分からないけど、少なくともレンタルでは人間ドラマよりもアクションの方が出が良いので、そーゆー扱いなんでしょ
story史上最強の“武器商人”と呼ばれた一人の男の実像をシニカルなタッチで描いたニコラス・ケイジ主演のアクション・エンタテインメント。監督は「ガタカ」「シモーヌ」のアンドリュー・ニコル。共演に「トレー
監督 アンドリュー・ニコル 主演 ニコラス・ケイジ 2005年 アメリカ映画 122分 ドラマ 採点★★★ “民主主義VS社会主義”という建前も冷戦の終結と同時に意味を成さなくなる。大儀を失った現代では、“圧制から人々を救う”という見え透いた嘘で戦争を続ける大国。その
「ロード・オブ・ウォー」2005年 米★★★☆80年代から世界中の紛争地帯で武器を売り込み巨万の富を築いたウクライナ系アメリカ人ユーリー・オルロフの半生。実在する武器商人をモデルにした物語。少年時代に家族と共に渡米したウクライナ人ユーリー(ニ...
2005年 アメリカ 2005年12月公開 原題:Lord of War 監督、
ソビエト連邦崩壊前のウクライナに生まれ、家族とともに少年期にアメリカに渡ったユーリー・オルロフ。
ロード・オブ・ウォーposted with amazlet on 06.12.17日活 (2006/06/09)売り上げランキング: 4722Amazon.co.jp で詳細を見るおすすめ度:★★★★☆【STORY】ソビエト連邦崩壊前夜のウクライナに生まれたユーリー・
弾丸[タマ]の数だけ、札束[カネ]が舞う―――。
原題:Lord of War 実在する5人の武器ディーラーから抽出したキャラクターを融合して構築されたという、死の商人・・虐殺が繰り返される紛争地への武器密輸という問題作・・ ユーリー(ニコラス・ケイジ)は家族と共にウクライナからニューヨークへと移住して?...
 『史上最強の武器商人と呼ばれた男』  今日は、多分今年の劇場鑑賞納めという事でコチラの映画を観てきました♪多分ってのは、明日は今のところお家でDVD鑑賞しながら、夜のPRIDEに備えようと思ってるからですヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ  いつもお世話になっているこっち...
「今、世界には5億5000万丁の銃がある。ざっと12人に1丁の計算だ。残る課題は――一人1丁の世界」 夥しい薬きょうの上に立つユーリー。 いかにも典型的なサラリーマンという風情。 ユーリーは、幼い頃、家族と一緒にアメリカに渡って来た。 20歳を過ぎ...
作品情報 タイトル:ロード・オブ・ウォー 制作:2005年・アメリカ 監督:アンドリュー・ニコル 出演:ニコラス・ケイジ、ジャレッド・レト、イーサン・ホーク、ブリジット・モイナハン あらすじ:レストランで働く平凡な男ユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)は?...

コメントの投稿

非公開コメント

新品のみの扱い

 ども、たましょくです♪

 年内最後の劇場観賞作品に選んだのですが、随分と思い
テーマな作品を選んでしまったと…wふんだ、誰も?目にする
ことのない「武器商人」の世界があれほどのものとは、思って
もみませんでした。

 飛行機の着陸→銃の処分→飛行機の解体のシーンは、心
の中で大爆笑wあのシーンだけは、思いっきり笑っていいと感
じました。(銃の処分の方法には、問題あるかもしれないケドw)

 ライバルの武器商人に「エイリアン」のシメオン・ワイズが演じ
ていたのが、個人的には凄い嬉しかったです♪

飛行機のシーン

>たましょくさんこんばんわ♪

武器商人も意外と普通のビジネスマンなんですよね。自分はそこに驚き。もうちょっとダークな部分を想像していたので・・
武器を密輸する際のあの銃の処分や飛行機が分解されるシーンは面白いですよね♪弱肉強食な世界のアフリカならではの発想で中々上手い♪
1夜で骨組みだけになってしまった飛行機は本当に自然に還ったみたいです(笑

こんばんはー

そうなんですよーーー
オープニングでもうこれは来たぞって感じでした。
実際にこんな人がいるってことですね。
スーツ着てビジネスバック持って戦地で武器売ってる彼らが。
それでも息子のピストルの玩具を捨てるところには
せつないものがありました。
ニコラスケイジ、今後ずっとヅラり続けるんでしょうかね?
最近は錠剤の育毛薬も出てきたことだし医療の発展のおかげでどうにかなるかな・・・

ですよね~重すぎ!

一度読み込んじゃえば、あとは行ったり来たりする分にはスムーズなんですが、全部読み込むまでが長すぎです。
しかも、ほとんど文章で読む情報ばっかりなんですもん・・・

激重

>haryさんこんばんわ♪

公式サイトを見て映画観に行こうと思う人もいるだけに、あの重さはちょっと致命的ですよね。
自分なんてeiga.comのリンク集から飛んで、すぐサイトに入ったはいいものの、そのちんたらぶりにストレスが若干溜まりました・・・と言うより自分のパソは古いので、処理速度の問題もあると思うんですけどね(^▽^;)(汗

はじめまして、こんにちは!
この映画、結構私的には注目してたんですが、世間的には今ひとつ盛り上がってない気がして残念です。
武器商人が主人公って、受け入れ難いんでしょうか??
アメリカ批判ってとこもダメ?

正義の味方っぽい、インターポールのバレンタイン刑事が、視点が変わると滑稽にさえ見えて、面白かったです。

斬新過ぎる?

>AIさんこんばんわ♪

武器商人を題材に扱った映画は少ない(或いは無い?)だけに、斬新過ぎて受けが悪いのでしょうかね~?自分は結構面白かったですけどね♪
ああいう普段公にされない武器商人の姿などは『世界まる見え』くらいでしか見れないと思ってた・・(笑

武器が食べ物みたいに見える・・。

ニコラス・ケイジが苦手・・と言う理由で
敬遠してた「ナショナルトレジャー」も「ロードオブウォー」も
あけてみれば映画の内容はかなりゴキゲンでした。
めちゃくちゃ面白かった。

・・・面白かっただけにこの話はコワイヨコワイヨで。

オープニングの弾丸の旅も
飛行機の解体シーンもなんだか社会や理科の授業みたい。
工場でつくられた食品が人の手に届くまで(それが頭を貫通するまで・・だし)みたいに見えたし、

君を24時間拘束すれば、誰かが1日生き延びるんだと
両手を縛られたユーリの目の前で
バーゲンセールにきたオバちゃんみたく
武器をうばいあって帰ったひとらが今度は
ハイエナのように飛行機をバラバラにして文字通り
骨までしゃぶってるという感じでコメディに仕上げる。

嫌われ松子と同じように
重いテーマをここまで笑いにもっていって、
ケラケラ笑ったあとゾーッとする映画でした。

弾丸の先

>Agehaさんこんばんわ♪

あのオープニングは凄く凝ってますよね。1発の弾丸の行き着く先を詳しく表現しているシーンなんですけど、その行き着き先がなんとも酷で・・・工場で何万発も生産されていた弾丸の殆どがあの結果に行き着くと思うとなんかやりきれませんね~・・・

テーマは

重くってもニコラス・ケイジらしい軽やかさが加わって
娯楽性に富んだ社会派映画に仕上がってましたね!
面白いといっちゃ不謹慎かな?ってぐらいのテーマだけど
とても興味深く見れましたね~。

物騒だけど面白い

>miyuさんこんばんわ♪

武器の密売とか麻薬とか物騒な内容ばかりでしたけど、確かにエンターテインメントとしての面白さは確立していたと思いますね♪
特にあの飛行機の解体シーンなどは、ユーリーの窮地を脱する発想が凄い大胆でちょっと面白かったんですよね~♪

PAGETOP