ラーヤと龍の王国



【監督】ドン・ホール/カルロス・ロペス・エストラーダ
【声の出演】ケリー・マリー・トラン/オークワフィナ/ジェンマ・チャン/ダニエル・デイ・キム/サンドラ・オー/ベネディクト・ウォン
【公開日】2021年3月5日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
その昔、この王国は聖なる龍たちに守られ人々は平和に暮らしていた。邪悪な魔物に襲われた時、龍たちは自らを犠牲にして王国を守ったが、残された人々は信じる心を失っていった・・。500年もの時が流れ信じる心を失った王国は、再び魔物に襲われる。聖なる龍の力が宿るという<龍の石>、その守護者の一族の娘、ラーヤの旅が始まる。遠い昔に姿を消した “最後の龍”の力を蘇らせ、再び王国に平和を取り戻すために・・・。
 
【簡略感想】
映像と音楽の完全シンクロによる上質な短編作品でほっこりさせてからのディズニーらしい王道なファンタジーアドベンチャー作品の開幕♪観客を惹きつける流れのようなものが良くて個人的にはとても面白かったですね^^道中でラーヤと旅を共にする仲間がどんどんと増えていくような過程なんかはまるでロールプレイングゲームのような雰囲気があって良かったですし、その仲間たちにしても龍のシスーをはじめ結構濃いキャラクター性に楽しい掛け合いを持たせていたので、観てて全然飽きることは無く笑いも多くて楽しかった。ディズニー作品は実は結構取りこぼしも多いんですけど(汗)、それでも本作におけるラーヤのアクションなどは自分が今まで観たディズニー作品の中でもかなり激しい感じもしたので、あれだけ滑らか且つダイナミックに魅せる技術諸々も凄いと思い、その辺りも見応えがあった次第。
劇中でも何度も論じられる『相手を信じる』ということも、例え悪意無く接しようとも人間は知恵がありやはり深く考える事もしてしまう分そこに余計な疑心暗鬼もよぎってしまうから、互いを思いやるような難しさや大切さもラーヤとナマーリ二人の関係性からも感じ取ることが出来た気がします^^
 
 

0 Comments

Leave a comment