樹海村



【監督】清水崇
【出演】山田杏奈/山口まゆ/神尾楓珠/倉悠貴/工藤遥/大谷凜香/塚地武雅/黒沢あすか/安達祐実/原日出子/國村隼
【公開日】2021年2月5日
【製作】日本

【ストーリー】
関わった者は全て死に至り、家系も途絶えてしまうと伝えられる呪いの箱『コトリバコ』が富士の樹海の奥深くに封印される。それから13年後、天沢鳴と妹・響の前にあの禍々しい呪いの箱が姿を現す。それ以来、姉妹の周囲で次々と異変が起こり始め、樹海で消息を絶つものが続出。やがて、その箱がもたらす凶悪な呪いが連鎖していく・・・。
 
【簡略感想】
まさか続編が出るとは思っていなかったので、となれば今度は一体どんなヤバい村が出てくるのだろう?という怖いもの見たさ臭いもの嗅ぎたさ精神で密かに楽しみにしていた作品w今回も割と怖かったですね^^;
・・でもまあお話の見せ方としては正直去年の『犬鳴村』とそう大差はなく、現実にある禁足地を題材にしてる所や、過去と現在の時間軸が時折交差して解決の糸口となったりする所、そして終盤はかなりぶっ飛んだ展開になったりする所など色々似通っていまして、二番煎じと言われてしまえばそれまでというのも無きにしも非ずではあります。ただこの行ってはいけない村シリーズとでも呼べばいいのでしょうか?このシリーズのストーリーはこういった流れがお約束みたいなものだという風にも逆に考えたりすれば、それはそれでエンタメとして面白い気もしますし、実際自分はこのシリーズの展開は今回も嫌いではなかった。コトリバコという都市伝説こそ初耳でしたが、それを舞台の一つにもなっている富士樹海と密接にする事で得体のしれない箱の不気味さも際立ってましたし、そこに犬鳴村と同じような禍々しい因習も加えることで呪いの説得力も増していたように思えたんですよねぇ。後半のぶっ飛びな展開にしましてももはやホラーというよりはモンスターパニックの類になってしまう辺りもお馴染みではあったものの、個人的には無数の怨念体が木へと変化していくビジュアルがとても好きで、怖さも然ることながらVFXの良演出も今回は評価したいなと思ったのでした^^
 

0 Comments

Leave a comment