ワンダーウーマン 1984



【監督】パティ・ジェンキンス
【出演】ガル・ガドット/クリス・パイン/クリステン・ウィグ/ペドロ・パスカル/ロビン・ライト/コニー・ニールセン
【公開日】2020年12月18日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
スミソニアン博物館に勤める考古学者のダイアナには、最強の戦士『ワンダーウーマン』というもう一つの顔があった。1984年、禁断の力を入手した野心家の実業家・マックスの企みにより世界のバランスが崩壊し、人類は滅亡の危機に陥る。人並外れたスーパーパワーを持つワンダーウーマンは、暴走するマックスと、彼が生み出した謎の敵・チーターに一人で立ち向かうが・・・。
 
【簡略感想】
DC作品の中だとワンダーウーマンは特に好きな作品でして、前作のおかげで自分のDC偏見の目も大分変ったため続編の本作もとても楽しみにしていた次第^^・・・個人的にですとその前作なんかはワンダーウーマン=ダイアナのダイナミックなアクションも然る事ながら、初めて現実世界に触れる彼女のコミカルさと悲恋も盛り込んだシリアスで切ないストーリーのバランスが両立されていたのでとても良いエンタメになっていた感じがしたのですが、今回は胡散臭い神様の遺産のようなものが絡み、『どんな願い事も一つ叶える』なんていう内容が割と古典といいますかレトロといいますか・・・言葉を悪くしちゃいますと少々使い古されたようなキーワードにも最初思えたかなと^^;(汗)
・・ただまあそういった要素も本作の80年代の忠実(?)な世界観と照らし合わせればあまり違和感を覚えないような気がしないでもないですし、それにこの願い事を悪用する本作のヴィランも演じてるペドロ・パスカルの好演もあってか欲望に溺れていく人間の醜悪な一面を上手く体現してる存在にもなっていた気がする。何時の時代でも尽きることのない人の強欲やその暴走も危険極まりないものですけど、それをまた人の道徳で以って正すといった感情論的な所なんかも前作とは違うというか、深い愛や悲しみを知って成長した今回のダイアナらしい綺麗な解決策にも見えましたね。

まあもっともイチドンパチスキーとしましてはちょっと派手さが足りないのも正直なところではありまして、昨今のアクションやSF、ヒーロー作品などのド派手アクションによって目が肥えてしまってもいる分、本作は迫力の面だと前作よりもボリュームに欠けるかなと思うのはもしかしたら自分だけではないかもしれませんね?
 

6 Comments

ボー  

そうなんです

敵が小物なのもあって、派手さは不足でした。敵というより、ダイアナが彼らを止めたいわけですよね。
ということで昨年は大変な年でしたが、今年はマシな世界になりますように(あ、石への願いか?)、またよろしくお願いします。

2021/01/01 (Fri) 13:54 | EDIT | REPLY |   
ノルウェーまだ~む  

明けましておめでとうございます

アクションほとんどなく敵を倒してしまいましたね。
派手さは別の所で無理やり展開していましたが、私も前作の方が好きでした。
それでもガルちゃんが美しく強くカッコ良かったので良しとします~♪
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2021/01/02 (Sat) 11:08 | EDIT | REPLY |   
ここなつ  

どんな願いでも…

メビウスさん、今年もどうぞよろしくお願いします!

「どんな願いでも」叶えてくれるというのなら(ただしひとつだけ)自分なら何だろう?と幼い頃ならわくわくしたかもしれないのですが、汚れてしまった大人としては「でも…お高いんでしょう?」位の気持ちになってしまうので、願いと引き換えに何かを奪われるという寓話的な設定にも、そりゃあそうだろうよ…でもその程度で済んで良かったじゃん、としか思えなくなっていて…。そんな汚れた自分に少々ショックを受けた作品でした(笑)。

2021/01/13 (Wed) 15:34 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

異質

>ボーさん♪

すんごい遅れてしまいましたが、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します^^;

今回のヴィランも強大な力を持ってはいましたけど、その力の方向性が今までのヴィランとは違っていた少し分異質に見えましたね。凶悪な性格でも無かったですし、ああいう体裁ばかり気にする感じも人の弱さや醜さをよく表していたかなとも思いますね。


>まだ~むさん♪

遅れましたが明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します^^

アクションやヒーロー映画の続編は大抵前作よりもアクション増し増しになりそうなものなのですが、本作はちょっと真逆な感じでしたね。でも決してつまらない感じではなく、ああいう『諭し』みたいなものでヴィランを退ける手段も女性ヒーローならではのようにも見えてしまいました。


>ここなつさん♪

願いを叶える代償として・・みたいな展開は映画に限らず漫画やアニメ諸々でも何かと使われてきたフレーズでもありますから、あんなぽんぽんと簡単に望みが叶っていく所に自分もピュアな目線では見れず、とても怪しげな視線を送りながら見てましたね。・・でもまあそう思うとドラゴンボールなんかは凄い優しい設定だな~とも思ったりで^^;(汗

2021/01/17 (Sun) 20:28 | EDIT | REPLY |   
ヒロ之  

こんにちは!

メビウスさん、こんにちは!
自分も、この「どんな願い事も叶う石」から世界が滅茶苦茶になる流れは、在り来たりやなあて思いました。
1作目は非常に楽しく鑑賞出来たんですけど、2作目はアクションに派手さが殆ど無いのと内容の薄さが重なって、平凡な印象にしかなりませんでした(^^;)

2021/04/26 (Mon) 15:38 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

もっと暴れて欲しかった

>ヒロ之さん♪

ワンダーウーマンは好きですけど、残念ながら本作では自分も一作目超えならずといった感じでした^^;
DC作品もMCUとは違う路線の作風にはなっていますが、それでもやっぱりアクションは突き抜けて欲しい部分もあったりなので、ダイアナにはもっと暴れて欲しかったところもありましたね。

2021/04/27 (Tue) 21:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

3 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  『ワンダーウーマン1984』(2020)
  • 「ワンダーウーマン」の続編で、今度の舞台は1984年。代償と引き換えになんでも願い事を叶える魔法の石が出現。その石に触れたことでダイアナは最愛の人の復活を願い、ダイアナの同僚バーバラはダイアナのようにありたいと願ってしまう。またTVで全米に顔を売っている投資会社社長のマックスは、その勢いとは裏腹に会社の経営は立ち行かず困窮しており、その石を盗み出し自らがその力を持つことを欲した。世界中の人々...
  • 2021.01.07 (Thu) 21:46 | 【徒然なるままに・・・】
この記事へのトラックバック
  •  「ワンダーウーマン1984」
  • 私に小学生の女の子がいたら、絶対に一緒に連れて行って観たい作品。これは別に本作が子供騙しだという意味ではない。娘を連れて行きたいと思ったのは、女の子の夢とロマンが溢れているから。一人の男をずっと愛し続けるというロマンも含めて。だが、実際には私には娘はいないし、では息子が小学生だったら連れて行ったかどうかは微妙な所である。だって女の人がみんな一人の恋人のことを一途に生涯忘れられないなんて誤解し...
  • 2021.01.08 (Fri) 11:58 | ここなつ映画レビュー
この記事へのトラックバック
  •  ワンダーウーマン 1984
  • “欲望が溢れる狂乱“の時代、1984年。 最愛の恋人スティーブを失い悲しみや孤独と向き合うダイアナの前に、死んだはずのスティーブが現れる。 それは世界の破滅の始まりだった…。 女性スーパーヒーローアクション第2弾。
  • 2021.01.13 (Wed) 11:51 | 象のロケット