STAND BY ME ドラえもん2



【監督】八木竜一
【声の出演】水田わさび/大原めぐみ/かかずゆみ/木村昴/関智一/宮本信子/妻夫木聡/バカリズム/羽鳥慎一
【公開日】2020年11月20日
【製作】日本

【ストーリー】
ある日のび太は古いくまのぬいぐるみを見つける。それは、優しかったおばあちゃんとの思い出の品だった。『おばあちゃんに会いたい!』ドラえもんの反対を押し切り、タイムマシンで過去へ向かうのび太。おばあちゃんは突然やってきた少年を、のび太と信じ、受け入れてくれる。 そして、『あんたのお嫁さんをひと目見たくなっちゃった』と言うおばあちゃんのこの一言から、ドラえもんとのび太の大冒険が始まる・・・。
 
【簡略感想】
イチドラ好きというのもあり、六年前の公開時は劇場で大の大人が大粒の涙を流して涙腺を壊していたドラえもんCG作品『STAND BY ME』。・・なもんですから今回の続編もドラえもん50周年記念とも絡んでいた分期待という意味では結構敷居高めでしたが、選りすぐりのエピソードを盛り込んだ今作もまた良い感動作に仕上がっていた気はしますね。
『お嫁さんを一目見たくなっちゃった』というおばあちゃんの一言をきっかけにして大人のび太も巻き込んでいくちょっとしたハラハラの冒険劇になってましたが、やっぱり観てて今回も各エピソードの繋げ方が上手いなとも思いました^^。『おばあちゃんの思い出』のエピソードなんかは、自分も大山ドラのアニメの方をまだ少し記憶に留めてもいたのでここから一体どう広げていくんだろうと不思議がりながら鑑賞もしていたのですが、その旧作のエピソードを捻りつつのプラスアルファで本作オリジナルのタイムトラベル要素も混ぜ込むことで本当に一つの物語のように違和感なく見せているのが良かったんですよねぇ。入れ替えロープでの騒動やしずかちゃんとの結婚に怖気づいてしまったりと、どっちかと言えば本作では子供ののび太ではなく大人ののび太にフォーカスが当たっていた辺りも前作と対照的のように見えてしまいましたし、『ぼくの生まれた日』のエピソードなども大人のび太がドラえもん達と一緒に追体験することで最後の結婚式での挨拶にも説得力が出ていて感動的でした。・・・ただ個人的にですがその最後の結婚式場でのおばあちゃんのシーンだけはちょっと蛇足かなとも感じてしまい、直に見るよりは写真での確認の方が雰囲気的にもしっくり来たんじゃないかなぁ?と思ってしまったのでした。まあこればっかりは自分の好みですね^^;
 

0 Comments

Leave a comment

1 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  STAND BY ME ドラえもん 2
  • <現在>の小学生のび太は、ドラえもんと共にタイムマシンで3歳だった頃の<過去>へ行き、亡くなったおばあちゃんと再会。 「あんたのお嫁さんをひと目見たくなっちゃった」 と言われ、今度は<未来>へと出発するが、結婚式当日だと言うのに、青年のび太は行方不明となっていた…! 人気冒険アニメ「ドラえもん」50周年記念作品。 ≪おばあちゃん、僕は誰かを幸せにできるかな?≫
  • 2021.01.05 (Tue) 10:19 | 象のロケット