TENET テネット



【監督】クリストファー・ノーラン
【出演】ジョン・デビッド・ワシントン/ロバート・パティンソン/エリザベス・デビッキ/ケネス・ブラナー/マイケル・ケイン
【公開日】2020年9月18日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
ウクライナでテロ事件が勃発。出動した特殊部隊員の男は捕らえられて毒を飲まされる。しかし毒はなぜか鎮静剤にすり替えられていた。その後、未来から「時間の逆行」と呼ばれる装置でやって来た敵と戦うミッションと、未来を変えるという謎のキーワード「TENET(テネット)」を与えられた彼は、第3次世界大戦開戦の阻止に立ち上がる・・・。
 
【感想】
さすがは驚愕する映像表現をどこまでも追求しているクリストファー・ノーラン監督ですね。本作もとても興奮するスパイ映画として楽しめた・・・と同時に、時間移動が忙しなく起こるSF要素も併せ持つとても難解な作品だなとも思った次第。
逆行する時間の中で過去と未来を巡りながら冷酷非道な武器商人の野望を阻止するといった内容も、まあ聞く分ですととても壮大であり興味もそそられますし、実際巻き戻っていくような銃弾や人、物を掻い潜りながらのアクション諸々は『インセプション』や『インターステラー』より更に不可思議さが増しているのが伺えて、観てて本当に独創的で革新的なものも感じてしまいますね。ノーラン監督は確かデジタルな手法をあまり使わない人だとも聞いてはいますから、ああいった逆再生みたいな場面をアナログでやっているのだとしたら、一体どうやってるんだろう?というのもまたその不可思議さに拍車をかけていたように思えます。
・・ただ本作における時間の逆光のメカニズムなんですが、自分の想像していた以上に複雑でして、劇中でも正規の時間軸と逆行した時間軸の度重なる往来に加え、その二つの時間軸も時には同時展開となったりしてましたし、そして未来での干渉が過去の色んなシーンにも伏線のように散りばめられてもいたので、逆行映像を楽しんでいた反面、その入り組んだストーリー性にも終始振り払われないよう必死になって食らいついてもいたというのも正直な所なので、心底楽しめたかなぁ・・・と言えばやっぱりちょっと違うかもしれませんね?^^;(汗)。『プレステージ』や『インセプション』の時も自分はそうだったのですが、一度の鑑賞ではとても理解出来たり納得出来なかったので本作も全体を把握する意味ではやはりリピートは必須のようにも思え、自分も後日に再鑑賞することで随所で背景のように何気な~く通り過ぎていってるシーンにも注視することができ、結果面白味も増したのを実感することが出来た気がしますね。
まあ個人的には単純明快な作品の方が大好物なので、ノーラン作品にしてもバットマンシリーズなどがやっぱり至高でもあったりはするんですが、ただそれでも『過去の先にあるのは未来』だとかそういう言葉で言うのもひどく当たり前に思える世間一般な常識なんかを、独自の解釈と視点でもって常識枠内を飛び越え全く異なる見方を促すような作品なんかも好きではあるので(直近では『メッセージ』とか)、このテネットも一見・・いや二見三見と回を重ねるたびに価値を増してくる作品なのかもしれませんね。
 

7 Comments

にゃむばなな  

こんばんわ

個人的には『メメント』を20年掛けて進化させた、クリストファー・ノーラン監督にしか撮れない作品だと思いました。
恐らくこの映画は見れば見るほど新しい発見があるのでしょうね。
果たして数年後にこの映画を100回見たとかいう方が何人現れるでしょうか?
それもある意味楽しみですね。

2020/09/21 (Mon) 23:27 | EDIT | REPLY |   
yukarin  

こんにちは、先日は15周年へのコメントをありがとうございました。
とても難解な作品でしたが150分もあっという間で面白かったです。
2回観ましたが観るたびに新たな発見がありそうで何回も観たくなりますね。
こんな作品を作ってしまうノーラン監督恐るべし..です。

2020/09/24 (Thu) 12:37 | EDIT | REPLY |   
ここなつ  

テネット

こんにちは。本作とても面白かったです。でも確かに複数回鑑賞すればまた違った視点で観ることができる作品なのかもしれませんね。
ストーリー云々とは関係ないんですが、音と映像の迫力が凄くて、普通の音響の映画館での鑑賞だったのに、振動が伝わってくるような感じでした。

2020/09/24 (Thu) 17:08 | EDIT | REPLY |   
風情☭  

こんにちは♪

もぅホントに難解すぎてついていくのに必死でした…。
と言っても周回遅れで、やっとこさついていってるってぇ感じでしたけどね。

解らないなり、中途半端に理解したなりにオモシロくあったのは確かなところ
なんすけど、おっしゃる通りまさに 「 心底楽しめたかなぁ 」 なんすよね。
中年にもなると難解な作品を2度鑑賞する気力もです…。
決してつまらないワケでも拒否反応示すわけでもなし、どちらかと言えば好き
と不思議な作品でした♪ (゚▽゚)v

2020/09/28 (Mon) 23:05 | EDIT | REPLY |   
ノルウェーまだ~む  

メビウスさん☆ご無沙汰しています
色々な方のレビューで予習してから観に行ってきました。
それでも難解な部分はやっぱり難解でした・・・
とはいえ、ノーラン監督が描き出す唯一無二の世界は十分楽しめて、色々な伏線の回収もほぼ確認できたので良しとします(笑
メビウスさんはもう2回ご覧になられたのですね?スッキリなさいましたかー?

2020/09/29 (Tue) 23:51 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

深く考察されそう

>にゃむばななさん♪

この作品は観た感じですと未来の事とか人物背景とかもそれほど深く掘り下げていない気がしましたので、故に想像を掻き立てられて観る人それぞれの色々な解釈が生まれてきそうな感じもしますね。それこそ100回以上鑑賞して数年後に深い考察が生まれていたら、それこそこの作品が本当に成功し愛されている証なのかもしれませんね^^

>yukarinさん♪

難解な内容でしかも上映時間も長いとなると敬遠しがちにもなっちゃいますが、色々な箇所に興味を持たせる伏線を多数用意して観る人の興味や刺激を絶えさせないような作りにしてる辺りはさすがノーラン監督かなぁといったところです。自分も全然飽きませんでしたしね^^

>ここなつさん♪

そういえば本作は効果音の使い方もとても良かったですね。緊張が走る場面などにとても腹に響くような重低音サウンドが使用されていて、そういった部分もまた本作の独創的な内容や映像を支えてる力になっていた気もします^^

2020/10/09 (Fri) 23:03 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

年は取りたくないもので・・

>風情♪さん♪

仰る通り、年齢を重ねていくと映画などでも周回が時折億劫になる時ありますね^^;本作も部構成の作品ではないですから一作完結な分どうしても色々ギュッと纏めすぎてもいて、説明の端折り感も無きにしも非ずではあったんですが、でもそういう少々の不満を打ち負かす映像パワーを持っているのも確かではありました。連続鑑賞は苦ですけど、気が向いたらの鑑賞ではまた別かもしれません。

>まだ~むさん♪

インターステラーの時そうでしたが、ノーラン監督は時間の見方というか捉え方が凄いですよね。常識外で荒唐無稽なれど劇中の壮大なスケールや濃い情報量が不思議とそれらに説得力を持たせているから、自分も含めて多くの人がノーラン監督の作品に魅かれているのかもしれませんね?

2020/10/09 (Fri) 23:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

3 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  「TENET テネット」
  • 難しくて複雑だという評判だったけれど、私には判ったよ(得意気)。多分空間とか方向とかは得意な分野なのである(自慢)。もちろん判ったといっても深く考察できたとかそういう訳ではない。ざっと表面的にではあるけれど、アレがああしてこうなって、だからソレをこうすればそうなるんだよ、うんうん、程度ではあるのだが。でも割とスムーズに理解ができたので、結構面白かった。なんと言ってもクリストファー・ノーランな...
  • 2020.09.24 (Thu) 17:03 | ここなつ映画レビュー
この記事へのトラックバック
  •  TENET テネット
  • テロ事件で生き残った特殊部隊に所属する名もなき男は、あるミッションを命じられる。 それは、時間のルールから脱出し、未来からやって来る敵と戦い、第三次世界大戦から人類を救えというもの。 未来では“時間の逆行”と呼ばれる装置が開発され、人や物が過去へと移動できるようになっているのだ。 ミッションのキーワードは<TENET テネット>。 その言葉の使い方次第で、未来が決まる…。 SFアクション。
  • 2020.09.26 (Sat) 00:54 | 象のロケット
この記事へのトラックバック
  •  「TENET テネット」
  • 「テネット」だか「トッテネ」だか知らないが、ワケわからなくて面白くなくて(面白いならいいが)これ解る?って監督の鼻持ちならなさが私には嫌いな映画。
  • 2020.09.30 (Wed) 22:51 | 或る日の出来事