ターミナル

【監督】スティーブン・スピルバーグ
【出演】トム・ハンクス/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
【製作】2004年/アメリカ

■ストーリー■
クーデターによって事実上祖国が消滅し、パスポートが無効になってしまった東ヨーロッパのクラコウジア人ビクター・ナボルスキー(トム・ハンクス)は、空港に降り立った途端アメリカへの門戸を閉ざされてしまう。
やがて彼は何時まで続くか分からない”滞在期間”中、何処の国にも属さない無国籍の人間として、空港ターミナル内だけでの生活を始める。
アメリカなのにアメリカではなく、しかし最もアメリカ的な場所で、彼はかけがえのない小さな『約束』を果たす為待ち続けるのだった・・・

■コメント■
スピルバーグとトムが再びコンビを組んだ今作は、観た後非常に心が温まるヒューマンドラマ。
ビクターに扮するトムが、最初英語もろくに話せず空港職員を困らせながらも、必死にターミナル内での生活を模索する姿を、ユーモア溢れる笑いや仲間の協力等で盛り上げてくれる。
コメディをかじっていたトムだけに、劇中内での取る笑いもホント自然体です。
異国の仲間との友情、恋の手助け、そしてアメリア(ゼタ)とのロマンス・・・
日々目まぐるしく変わる空港の様に、色々な小さな物語も盛り込まれているのも今作の魅力。
後半、アメリアにビクターが自身の目的を告げる場面もその1つ。

その真実を知った後は、もう自分もスクリーン越しで『ビクター、早く(NYに)行ってくれっ!!』と言いたくなっちゃいました(笑


でもこの映画、某映画雑誌で見たのですが、何でも実在のモデルがいるとか・・・?

『ターミナル』公式サイト
監督:スティーブン・スピルバーグ出演:トム・ハンクス、キャサリン・ゼダ・ジョーンズ予告編から気になっておりました。私が飛行機好きということもあり、なじみのクイックマッサージ(ファッションではない)のS嬢の勧めもあり、初日ダッシュ。夜の忘年会の都合で、いつ
久しぶりの映画レビューは辛口です。感動したという感想の方が多いようなのでなんかちょっと肩身狭いかも…。監督確か、スピルバーグ…だったよね?!見終って一番の感想です。STORY、台詞、リアクション等、全て予測の範囲内。NYにきた動機付けも弱いし、彼を取り巻く人々の
それにしても、『がんばれ!ベアーズ』は、地方ではひどい扱いをされてます。
 『彼は空港<そこ>で待ち続けた。 約束を果たすために…』  コチラの「ターミナル」は、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」のスティーヴン・スピルバーグ監督とトム・ハンクス主演のコンビのヒューマン・ドラマです。  だけど、個人的には「ニューヨーク東8?...
スティーブン・スピルバーグが監督、トム・ハンクス主演の無国籍ヒューマン・ドラマ。その他のキャストは、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、スタンリー・トゥッチ他。 <あらすじ> 東欧クラコウジアからニューヨークに来たビクターは、入国ゲートで職員に呼び止められた?...
彼は空港(そこ)で待ち続けた。約束を果たすために・・・

コメントの投稿

非公開コメント

トムトムトム

トム・ハンクスとは3度目ですけど、トム・クルーズとも組んでて、最近のスピルバーグはトムづくしですね。
「カキのフルコース料理」を頼んだら、牡蠣と柿が交互に出てくるようなゼイタク・・・なのかどうかよくわかりませんが、どっちがどっちのカキなのかは、わかってても言っちゃダメです。

てなわけで、TBありがとうございました。

次のトム

>にらさんこんばんわ♪

トム・ハンクス、トム・クルーズ・・・・・と来れば次はトム・ウィルキンソンでしょうか?(笑
『恋に落ちたシェイクスピア』観てから、結構好きになった俳優さんなので♪
でも牡蠣と柿を両方いっぺんに食べると、腹部で反発しあってトイレに直行しそうですね(^▽^;)

でもどっちも今が旬♪

PAGETOP