泣きたい私は猫をかぶる



【監督】佐藤順一/柴山智隆
【声の出演】志田未来/花江夏樹/寿美菜子/小野賢章/千葉進歩/川澄綾子/大原さやか/浪川大輔/小木博明/山寺宏一
【配信日】2020年/6月18日
【製作】日本

【ストーリー】
笹木美代はいつも明るく陽気な中学二年生の女の子。空気を読まない言動で周囲を驚かせ、クラスメイトからは「ムゲ(無限大謎人間)」というあだ名で呼ばれている。しかし本当は周りに気を使い、「無限大謎人間」とは裏腹に自分の感情を抑えて日々を過ごしていた。そんなムゲは熱烈な想いを寄せるクラスメイトの日之出賢人へ毎日果敢にアタックを続けるが全く相手にされない。そんなめげずにアピールし続ける彼女には誰にも言えないとっておきの秘密があった・・・。
 
【感想】
気鋭のアニメーションスタジオ『スタジオコロリド』が一昨年に手掛けた『ペンギン・ハイウェイ』は個人的にも印象に残っている良いアニメーション作品でしたので本作も楽しみにはしていたのですが、こちらも新型コロナウィルスの影響を受けて残念ながら劇場での公開が叶わなくなってしまったのはとても残念な次第でした。・・・しかしながら映像提供の場を劇場の代わりに動画配信のNETFLIXに移したことで、幸いにも延期などをせずに視聴できたことだけは喜ばしい事なのかもしれませんね^^
スタジオコロリドの長編作第二作目でもある今回の作品には脚本に岡田麿里さんも参加されているせいか、関連作品に見られる少年少女たちのもどかしい気持ちやその周囲の環境を描いた人間ドラマが本作にも同様に盛り込まれていたので、『あの花』や『ここさけ』、『空青』が好きな方にも興味を持ってもらえるものになっているとも思えますし、不思議なお面を偶然手に入れたことで猫に変身することが出来るようになったムゲ(無限大謎人間)こと美代の日常なんかも、猫パートでは想いを寄せる日之出とのイチャイチャさが少々ムズがゆくなるほどですねw人間時でも彼女の日之出に対する一直線な恋模様は眩しいくらいですが、その一方で家庭環境がやや複雑で、取り繕いばかりの大人たちの対応に煩わしさや嫌気なんかもストレートに出て、思春期の子供らしいリアルな感情も結構描かれていました。
・・・まあそういった大人たちのやりとりなんかが嫌でムゲの現実から逃げ出したいみたいな気持ちも鑑賞してるとまあ理解できなくもなくで、その大人たちの描かれ方・・・特にムゲの両親たちの離婚の経緯や婚約者である薫の背景も曖昧なものですからどこか鑑賞者の想像に委ねてる体でもあり、だからなのか自分も途中までムゲの両親たちを見てずいぶんいい加減だなぁ~とか自分たちの子供の事なんにも見てないんだな~とかかなりネガティブな観方をしちゃってましたね^^;もっと込み入った理由があるとは思いますけども、まあだからこそ;出来ればムゲの家庭内事情をもう少し掘り下げて欲しかった気もしました。

ただ前作『ペンギン・ハイウェイ』でのペンギン然り、本作でも猫が重要な存在でもあっただけに、劇中に出てくる猫たちは魅力的で良かったですね。ムゲをそそのかして寿命を奪おうとする悪役のような立ち位置の猫店主も、掴みどころがないミステリアスな雰囲気のようなものを山寺宏一さんも声の演技で上手く表現してましたし、後半の猫島なんかも自分の好きなジブリアニメの猫の恩返しとラピュタが融合したかのような感じに見えたので、神秘的で美しかったとも思えたのでした♪
 

0 Comments

Leave a comment