初恋



【監督】三池崇史
【出演】窪田正孝/大森南朋/染谷将太/小西桜子/ベッキー/三浦貴大/村上淳/滝藤賢一/塩見三省/内野聖陽
【公開日】2020年2月28日
【製作】日本

【ストーリー】
欲望うずまく新宿・歌舞伎町。天涯孤独のプロボクサー・葛城レオは稀有な才能を持ちながら、負けるはずのない格下相手との試合でまさかのKO負けを喫し、試合後に受けた診察で余命いくばくもない病に冒されていることを告げられた。そんな時、あてどなく街を彷徨うレオの目の前を少女が駆け抜ける。「助けて」という言葉に反応し、少女を追ってきた男を咄嗟にKOしてしまうが、倒した相手の男は刑事だった・・・。
 
【簡略感想】
歌舞伎町を舞台にヤクザと中国マフィアの抗争劇、そして余命宣告された男と狙われる女二人の逃避行を濃密な一日の出来事として描いている三池崇史監督の最新作『初恋』。これは面白かったです^^
極道関係の作品なんかは個人的に正直あまり好みな方ではなく、三池監督のヤクザな映画なども・・・まあ実質殆ど観てはいないんですけども、ただ三池監督ってジャンル問わずに作品を多数手掛けてもいるせいか、こういったVシネな作風の中にも持ち味であるバイオレンスだけではなく、監督ならではのロマンスやらユーモアやらアニメやらと色んなエンタメ要素がぎゅうぎゅうと詰め込まれていて、その闇鍋みたいななんでもあり感が本作をとても見応えのあるものにしていたと思いますね。シャブを巡るヤクザと中国マフィアの抗争は表面上とてもシリアスなんですが、内野聖陽さん演じる昔気質な極道の権藤はともかくとして、ベッキーさんや染谷将太さんらが演じてるジュリや加瀬なんかは進行に連れて言動がどんどんとエキセントリック且つラリパッパにもなっていくので、この二人の過度な表現は良い意味で自分の苦手ジャンルのハードルを下げてくれてた気もするかなぁと。あと窪田正孝さんと小西桜子さんが演じてるレオとモニカにしましても、脳腫瘍で余命宣告だったり薬物依存で幻覚に苦しんだりとなかなかに重い現実を互いに持ってはいるものの、それでもその重さも音楽だったり留守電だったりでこれまた後からププッとさせる小笑いとして落とし込んでるのも面白かった次第w

・・しかしまあ二人ともああいった激動体験したから後日も何かと苦労しそうだななんて思っちゃう所でしたが、死にそうな体験をしたからこそ逆に生きる活力がみなぎって変わろうと努力もする二人の力強い意志が感じ取れるラストも救いがあって良かったですね。そしてちょっとだけですがささやかにも見えた幸福なんかも。
 

0 Comments

Leave a comment