ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密



【監督】ライアン・ジョンソン
【出演】 ダニエル・クレイグ/クリス・エバンス/アナ・デ・アルマス/ジェイミー・リー・カーティス/マイケル・シャノン/ドン・ジョンソン/トニ・コレット/クリストファー・プラマー/他
【公開日】2020年1月31日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
NY郊外の館で巨大な出版社の創設者ハーラン・スロンビーが、85歳の誕生日パーティーの翌朝に遺体で発見される。名探偵ブノワ・ブランは、匿名の人物からこの事件の調査依頼を受けることになる。パーティーに参加していた資産家の家族や看護師、家政婦ら屋敷にいた全員が第一容疑者。調査が進むうちに名探偵が家族のもつれた謎を解き明かし、事件の真相に迫っていく・・・。
 
【感想】
今年はアカデミー賞の授賞式前に地元でも結構ノミネート作品が公開されており、本作に関しては脚本賞の方にノミネートされてたからという興味からの鑑賞ではあったものの、いやはやこれは面白かった^^富豪のミステリー作家の謎の死に遺産巡りのドロドロなお家騒動と、日本でもこういうのは割と使い古されていそうな展開なれど、主演のダニエル・クレイグをはじめとした実力派の俳優陣による演技に加え、色んな伏線が張られた謎解き要素に自分も釘づけにされた次第♪

監督のライアン・ジョンソンはなんでも本作をアガサ・クリスティに捧げる意味でも作ったそうなんですが、残念ながら自分はアガサ・クリスティの作品はあんまり詳しくないですし、むしろ最初に犯行をつま開きにして名探偵がどんどんと事件の謎を紐解きながら真相に向かっていくような進行が個人的には刑事コロンボのそれに近いものがあったので、アガサ・クリスティよりも自分はコロンボの雰囲気を真っ先に思い浮かべてしまったりなわけで・・w。
犯行の手口も観てる側からすればすでに理解しているので、いつバレるとも知れない犯人側の焦燥感を一緒に体験する感じもそう見えてしまった理由でもありますが、ただ本作はそこにもう一工夫の謎が仕込まれており、一見して真実がすでに明らかになっているものの、実はその裏に更なる思惑が覆い隠されていて、その全てが明らかになった時は見落としていた伏線も一つの線のようになってなるほどと納得っ。『通』ぶるほどミステリー映画作品を網羅してるわけではないですからこの真犯人の正体にしても普通に驚いちゃいましたし、そして知った上で改めてその真犯人の態度や言動を振り返るとストレートな物言いなんかも色々なヒントになっていた感じで面白かったですね。・・・もっとも、あれでピンと来て怪しいと思う人がどれだけいるかは分かりませんけど・・^^;


クラシック漂う作風ながらもセンスある演出や会話劇にはかなりのめりこんじゃいましたし、舞台となる屋敷のデザインもこれまた観てて飽きず且つ富豪一家の騒動も『あっちゃ~』とか思いつつもそのお約束のような展開をほくそ笑みながら楽しんでいた自分もいたりだったので、総じてとても見応えがあったと思うナイブズ・アウト♪・・・ただまあ欲を言っちゃいますと、主人公であるブノワが劇中だと結構有名な名探偵でもあるからでしょうか、いささか説明不要の体もあって人物像が不明瞭にも思えたのもありましたので、少しばかり掘り下げる名目でも彼を中心にしたシリーズ化を望みたい部分も無きにしも非ずではありますね。ダニエル・クレイグも個人的にはハマリ役に見えちゃいましたから、ボンド役の次は名探偵としてまた活躍するのもよいのではないでしょうか?
 

3 Comments

ノラネコ  

こんばんは

クリスティといえば、単純に誰が犯人か?という推理より、犯罪計画そのもののギミックが面白いので、本作は見事なオマージュだったと思います。
パラサイトほどではないけど、風刺が適度に効いているのもなかなか。
続編も決まったようで楽しみです。

2020/02/09 (Sun) 16:10 | EDIT | REPLY |   
ここなつ  

ダニエル・クレイグ

こんにちは。弊ブログにコメントをいただきありがとうございました。
ダニエル・クレイグは、007でのアクションがもう難しくなったら、是非こっちの探偵家業に鞍替えして欲しいものだ…と思っていたら、続編をやるみたいではないですか!!
うわーっ楽しみ!!と思いました。

2020/02/12 (Wed) 12:44 | EDIT | REPLY |   
メビウス  

祝♪続編

>ノラネコさん♪

そういえば本作でも舞台となる屋敷には隠し部屋や窓があってそれを活用した犯行が行われていたので、クリスティにリスペクトしてるであろう監督のこだわりもなんだか感じました。移民の話題なんかにも触れて時事性を盛り込んでいるのにも注目出来ましたね。

あとブノワの経歴や背景がちょっと曖昧だった分、続編はぜひ彼にも焦点を当てて欲しい気もしますね^^


>ここなつさん♪

おそらく公開時ではもともと続編の意図は無かったと思うのですが、ああいう本格的なミステリー作品を好きな人がやはり多いのでしょう、第二弾が決定したのは自分もとても嬉しいですね^^主人公のブノワにしても、本作ではある意味何の前触れもなく登場しているので人物像の掘り下げをする意味でもシリーズ化は望みたいですよね。ダニエル・クレイグもボンドの次はブノワで当たり役になってほしいものです♪

2020/02/12 (Wed) 20:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

2 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」
  • 極上の作品。古典的とも言える位にベタベタな推理モノ…とはなっていない。一見そう見えるのだけれど、ユーモアがまぶされていて、それが多少は下品混じりのものになっていたとしても、かなり愉快である。さすが「アガサ・クリスティーに捧げるオリジナル脚本」だけのことはある。そういえば、どことなく「ねじれた家」のテイストがあった。似ているのは豪邸とそれを取り巻くキナ臭い家族、という設定だけなのかもしれないけ...
  • 2020.02.05 (Wed) 13:22 | ここなつ映画レビュー
この記事へのトラックバック
  •  ショートレビュー「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密・・・・・評価額1650円」
  • ドーナツの穴から見えるものは? これはすごく面白い! 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のライアン・ジョンソン監督が、アガサ・クリスティーにオマージュをささげた、オリジナル脚本のミステリ映画。 ニューヨークの豪邸で、世界的な人気ミステリ作家のハーラン・スロンビーの85歳のバースデーパーティーが開かれる。 ところがその翌朝、スロンビーは喉にナイフを突き立てられて死亡。 状況から警察は自殺だ...
  • 2020.02.09 (Sun) 15:50 | ノラネコの呑んで観るシネマ