男たちの大和

【監督】佐藤純彌
【出演】反町隆史/中村獅童/鈴木京香/松山ケンイチ/蒼井優/長島一茂/渡哲也/寺島しのぶ/白石加代子/仲代達矢/他
【公開日】2005/12.17
【製作】日本

【ストーリー】
2005年4月、老漁師の神尾は内田と名乗る女性に乞われ、戦艦大和が沈んだ場所まで船を出す事になる。
真っ直ぐに前方の海を見据える神尾の胸に、鮮やかに、そして切々と60年前のかつての光景が蘇ろうとしていた・・


【コメント】
戦後60周年を記念して製作された本作ですが、思えば今年は何だか戦争映画や昭和の時代背景を元にした映画が数多く作られた気がします。
ハズレも多かったですが、その中でもアタリと呼べるものは『ALWAYS 3丁目の夕日』か、この『男たちの大和』くらいなものじゃないでしょうか?

ストーリーは現代の神尾が60年前の当時を回想しながら進んで行く展開。現代と過去が行き来すると言う流れは『カーテンコール』にちょっと似てましたが、本作は過去である60年前の戦時の昭和に焦点を当て、戦艦大和が水上特攻を敢行・死地に赴くまでと共に、乗組員達の家族や恋人との涙溢れる人間ドラマを中心に描かれている。
戦争の残酷さや悲惨さを訴える映画でもありますが、劣勢を強いられていた当時の日本でただ祖国の為、愛する人の為に命を懸けて戦った男たちの姿に自分はかなり胸を打たれました。タイトルにも恥じない内容でそこは高く評価したいところ。

涙を誘う演出も上手く、妙子を演じた蒼井優、常田の母を演じた高畑淳子、そして現代の神尾を演じた仲代達矢。この3人の涙にはかなり目頭を熱くさせられました。仲代達矢が最後に涙を流し生きる意味を悟ったシーンで、場内一斉に鼻をすする音が聞こえた辺り、やはり大御所の涙は訴えかけるものがあります。

そして6億円を掛けて作られたと言う戦艦大和のセットや、血飛沫が飛び交う壮絶な戦闘シーンも圧巻。
しかし米艦載機が絶え間なく攻撃してきて、乗組員も雪崩式に死んでいくものですから、主要人物の散り際が少し分り辛かったように思えます。長島一茂が演じた臼淵大尉なんてどこでやられてしまったのか困惑してしまいましたし、結局最後の沖縄戦では神尾と森脇と内田ばかりに目がいっていた自分・・(・ロ・;)
CGも少し浮いてる所があったり、本物と見間違うとまで行かなかったのですが、これは多分この映画を観る前に『キング・コング』を観てしまったせいでもあるかと思います(笑)
ハリウッドと比べる事自体間違ってますけど(^~^;)

でも個人的な不満点は技術的・演出的に『ん?』と思った上記の2つくらいなもので、全体的に観れば些細な事なのかもしれません。戦争映画としては完成度がかなり高いようにも思われ、拍手を贈りたいくらいです。
音楽面でも久石譲や主題歌を歌う長渕剛がバックアップしてくれてるので、手抜きを感じさせません。

今年最後の邦画はこれを見納めにしてもいいかも。

『男たちの大和』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
評価:75点{/fuki_osusume/}男たちの大和「壬生義士伝」を読み終わった後に、この映画を観たのですが、相通じるものがあったような気がします。男の生き様とか、生きることの意味とか。長嶋一茂が、大和が特攻して玉砕することの意味について、薩摩藩や長州藩は一度外国に
●『男たちの大和 YAMATO』2005年12月17日公開。公開まで後一ヶ月。なんだか地元広島では盛り上がりつつあります。呉の大和ミュージアムもかなりの動員があるらしいです。同日公開になった強敵『キング・コング』とどう勝負するのか?(その前にハリー...
昭和19年の春。特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾たちは、憧れの大和を前にし目を輝かせていた。しかしその喜びも束の間、彼らを待ち受けていたのは厳しい訓練の日々だった。神尾たちは上官である森脇・内田の叱咤激励のもと訓練に励んでいたが、彼らの努力もむな..
「男たちの大和/YAMATO」 千代田区公会堂で鑑賞上映中から会場内はぐずぐずしている音が聞こえてきます。泣いているんだなあ。そういう私は…、今日も泣くまでには行きませんでした。物語は現在の枕崎港。一人の女性が漁船に大和の沈んだ海まで連れて行って欲しいと
 愛する人を守りたい男がいた。思いをよせる男に死んでほしくないとすがる女がいた。そして不沈艦の映画を観て泣き崩れるkossyがいた。こんな不謹慎なブログ記事を書くkossyに不信感を抱く読者も・・・ 「北緯三十度四三分、東経一二八度四分へ行きたいのです」と船頭を探
昭和20年4月6日、「水上特攻」の命を受けた大和は3000余名の乗組員を乗せ、最後の出航をしました。『男たちの大和/YAMATO』であります。「宇宙戦艦ヤマト」を見て、戦艦大和のプラモを作り海や船に憧れて育った者としては観なくてはならない映画であります。
最近はテレビでは戦争もののドラマはあるのに、邦画の大作の戦争映画が少ない。でも今年になって「ローレライ」「亡国のイージス」などの大作も公開され、自分は最後のこの映画を期待していた。戦争は反対だがこういう映画で心を繋いでいくべきで、アメリカの戦
今年が戦後60年という事で制作された「男たちの大和」だが、実話という点ではやはり戦争の過去は忘れてはならないと常に思う。戦艦大和は60年経た今でも伝説の戦艦として語り継がれているが、ある意味で時代から取り残された戦艦だったとも言える。
※明日が祝日なので一日繰り上げます 急遽内容を変更して贈ります 水上特攻って知ってますか? 大切な何かを守るために命をかけたことはありますか? ●大和 以下をクリック↓↓↓↓↓↓ http://www.jyohoku....
2005年の終わりに届けられた力強い戦争映画。
待ちに待った映画「男たちの大和/YAMATO」を観て来ました。世界最大級の超弩級戦艦大和の最後を乗組員に焦点を当てて描いた作品です。原作は戦艦大和の生存者や遺族へ取材した辺見じゅんの傑作ドキュメント私は予告編を観たときから涙が出そうになったので本編を観た....
「男たちの大和」★★★☆反町隆史、中村獅童、松山ケンイチ主演佐藤純彌監督、2005年日本あえて言うなら無駄な死を目にして悔しくて堪らなかった。無駄な死というより無残なと言い換えた方が正しいのか。戦争に行くということは死ぬかもし...
「戦艦大和」存在は知っていましたが、日本史が嫌いな私はどの時代のことなのか知らずにいました。父が観たいと言っていたので、父と一緒に観に行ってきました。戦闘機の時代に日本が一生懸命作った戦艦大和。負ける戦争だと分かっていても戦わなければならなかった。...
《男たちの大和/YAMATO》 2005年 日本映画 昭和20年4月7日、東シ
<戦後60周年記念作品>と銘打たれた戦争巨編!! 嗚呼、日本男児たるもの、これを観ずにいられましょうか!!! ということで観てきました。うーむ、困ったな。なぜ困ったのかというと、まったくグッと来なかった! のであります。うーむ、 Oh! イッツ・ザ・非国民
YAMATO浮上!-ドキュメント・オブ・『男たちの大和/YAMATO』- ?「男たちの大和 YAMATO」正月映画の中で、製作発表時から、ダントツ期待値が高い2作品、「キング・コング」と?「男たちの大和 YAMATO」どちらも期待を裏切らない、素晴しい出来ばえだった。
「敵機は、1秒間に160mの速さで突っ込んでくる。死んだら戦えん!生き抜くために、戦うんだ!」1945年4月6日3333名の男たちは、最強最大の不沈戦艦大和と共に、決戦の海へと向かった・・・「大和は沖縄に行くんじゃろ。死んじゃら...
世界最大の戦艦『大和』の誕生から撃沈までを描いた映画.原作となった辺見じゅんの同タイトルのノンフィクション作では,当時の生存者や遺族に対して膨大な時間を割いて取材を行い,命がけで巨大な戦艦に乗り込む男たちの生き様や,恋人・家族との別れを,主演の反町隆史や中...
男たちの大和/YAMATO上映時間 2時間25分監督 佐藤純彌出演 反町隆史 中村獅童 鈴木京香 松山ケンイチ 新橋の金券ショップ街で900円で売っていたので迷わず購入。そして本日渋谷に見に行った。  やはり客層は年配の方が多かった。戦争を知らない子供は...
期待値:76%  日本の戦争映画。 テレビCMで長渕兄貴が「くろーずうゆあいず」
男たちの大和 YAMATO
Trackback ありがとうございます。またのTBをお待ちしています。
これが、今年最後の映画。 邦画だったっていうのが、自分では結構意外だけど、またしても号泣しちゃった。 私、戦争モノは苦手なので、泣くとは思ってなかったんだけどね~。 <STORY> 鹿児島県枕崎の漁港で、神尾(仲代達矢)は内田真貴子(鈴木京香)に依頼され戦艦大和
新春はやはり邦画で…ということで「男たちの大和」を見に行って参りました。桜…日本の美学の象徴なんだろうか。ここでは人が潔く散っていく様が生々しく描き出されていた。「潔さ」・・・これは私が男性に対しどこか求めてしまうところ。武士道精神は日本の美学の一つであ
あけましておめでとうございます。新年の一発目は角川春樹の起死回生の一打。実妹の辺見じゅんのノンフィクション「男たちの大和」の映画化だ。どうもヒットしているらしい。
尾道で戦艦大和の映画用セットを原寸大(艦首から190mまで)で作成しているというニュースは随分前から流れていたので興味があった。 物語は戦後60年、ちょうど大和が沈んだその海のその日に真貴子(鈴木京香)が亡き父の散骨のために船を探すシーンから始まる。そこに
[ 男たちの大和 YAMATO ]@吉祥寺で鑑賞。今年最初の映画は、邦画と決めていたので迷わず[ 男たちの大和 YAMATO ]を観ることに。作家辺見じゅんが大和の生存者や遺族に膨大な取材を行い書き上げたドキュメント「男たちの大和」の映画化。監督は佐藤純彌。今までには[ 
8割男性。2割女性。そんな中で見たのにすすり泣きがたくさん聞こえました。ちょっと低いすすり泣きがたくさん・・・ちょっと難点は何だか感動の余韻が残らなかったって言うか色んな人が出てくるから感動場面で場面が移り変わるのが早いような気がしました。ぶつっぶつっと切
もう会えない君を、守る。       YAMATO浮上!-ドキュメント・オブ・『男たちの大和/YAMATO』- 1945年4月7日北緯30度43分 東経128度04分に大和が沈没する前後と60年後の現代の物語で後半に アメリカ軍の攻撃を受けての激しい戦闘シーンがありますが
 見てきました。 もうね、ずっと泣いてましたよ。 横に警視庁時代の同期がいるのに、涙が止まらないもんはしゃあない。 人前で見せた初めての涙。 ・・・だと思いますよ、小学校時代にあったかも知れませんが。 未成年で召集された兵隊たちが大和に乗り込....
ホントはこの映画に関してなんだかんだいうと 戦争をしらないくせに・・ってことにもなるし、 右だ左だ・・なんてことにもなるんであんまし触れないほうがいいのかなと 思いながら書いてます。とりあげといて気の利いたコメントが 書けないとは思いますが、やっぱり感想を・
今年一本目の邦画は俺たちの大和にしました。前々から長渕の『CLOSE YOUR EYES』が耳について早く見なくては洗脳されてしまう~って思っていた映画です。それに反町隆史のファンなんですよね。昭和19年の春。特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾たちは、憧れの...
監督、佐藤純彌。2005年日本。戦争映画。出演、中村獅童(内田守・第七分隊四番機
試写会へお誘いいただきました(またもや他力本願)。<戦後60周年記念作品>と銘打たれておりますが、華やかさ豪華さとは無縁の力作です。登場人物が多く、それを演じるのも若手で馴染みのない役者ばかり。その彼らが一様に坊主頭に水兵服なので、誰が誰やらわかり難く、個
男たちの大和/YAMATO昭和19年の春。特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾たちは憧れの大和を前にし目を輝かせていた。しかしその喜びも束の間、彼らを待ち受けていたのは厳しい訓練の日々だった。神尾たちは上官である森脇・内田の叱咤激励のもと訓練に励んで...
なんか、興行収入50億見込んでるらしいので・・・遅まきながら観てみる事に。ひらりん、戦争映画苦手なんだけどなぁ・・・・・・・・・・。
映画「男たちの大和/YAMATO」が40カ国からオファー
自動車学校に設置されていた情報発信テレビで、ひたすらCMしていた映画。 基本的に平和主義者なので、戦争モノはあまり好かないが、出てくる女の子の仕草がかわいらしく、長渕の魂を感じさせる歌が印象的で気になっていた。 movixがメンズデイで1000円だったので、観てきま
ストーリー:昭和19年の春。特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾たちは、憧れの大和を前にし目を輝かせていた。しかしその喜びも束の間、彼らを待ち受けていたのは厳しい訓練の日々だった。神尾たちは上官である森脇・内田の叱咤激励のもと訓練に励んでいたが、彼らの
 映画「男たちの大和」を鑑賞。これまた年末から観に行く話をしていたのだが、なかなか日程調整がつかず、違う相手と観に行くことに。 やっぱり戦争は辛いものですなぁ。{/hiyo_cry2/}個人個人では何ともならない大きな力で戦争という流れに飲み込まれていく、当時の人々
すでに公開されて2ヶ月たつのに、ロングラン中の「男たちの大和」観賞しました。12月の「月イチゴロー」でもランキングに入っていたんだけど。その時は、観たい映画がいっぱいあって、後回しにしてました。レディスディで2本観るのに、「サイレン」「ミュン...
大和の全長は263mです。今回はそのうち160mを再現しています。艦橋は15mの高さまで再現、何人かのスタッフの方ともお話しましたが、実際の映画ではCGとこのロケセットの合わせ技で撮影が進んだらしいです。実物大だけあって迫力は満点です。「時空を超えて」19
今日は「男たちの大和」見て来ました。2回目です。先週尾道の大和ロケセットを見た直後なので、とてもリアリティがありました。自分が立った大和ロケセットが写るのはとても感慨深く、CGもとても上手く作られているなぁと思いました。最後の大和の巨大な雲を噴出しながら
どうも気が乗らないのは、戦争モノだったからなのか時間が結構長いなぁ~っと思ったせいなのか体調がいまいちだったせいか、、、12月公開だったのに、観たのは3月1日・・・結構公開長くなってくれてありがとーーー(ぉ『男たちの大和』 ほんっと駆け込み鑑賞...
集中砲火を浴びる大和が、伝承したかったことはなんだろう。小さい頃、父の書斎にあった一冊の写真記録集。横長のアルバムサイズで、海軍の太平洋戦争の記録であった。日本の連合艦隊をはじめ、主たる戦艦は、巡洋艦クラスまで収められていたが、やはり旗艦「大和」と姉妹艦
日下公人・伊藤洋一両氏の共著「上品で美しい国家」に、実にいいエピソードが載っていますので紹介させて頂きます。BLOGランキング参加中。ぽちっとご協力お願いします!m(._.)m
辺見じゅんのノンフィクションを「敦煌」の佐藤純彌監督が映画化した戦争スペクタクル・ドラマ。昭和20年4月、3000余命の乗組員とともに東シナ海に散った戦艦大和の壮絶な運命を描く。およそ6億円をかけて大和の原寸大のセットが組まれ、大きな話題に。反町隆史と中村獅...
今日は『男たちの大和/YAMATO』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★★★★》 座席数407の映
評価:★10点(満点10点) 監督:佐藤純彌主演:反町隆史 中村獅童 松山ケンイチ 仲代達也     蒼井優 鈴木京香2005年 145min大和の仲間こそ本当の戦友だった、、、昭和19年の春。特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾(...
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]     2005/12/17公開  (公式サイト)泣き度[:悲しい:][:悲しい:]迫力度[:ダイヤ:][:ダイヤ:][:ダイヤ:][:ダイヤ:]満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】佐藤純彌【脚本】佐藤純彌【音楽】 久石譲【主題歌】長渕剛 『CLOSE
監督;佐藤純彌出演:反町隆史、中村獅童、松山ケンイチ、渡辺大、内田謙太、崎本大海、橋爪遼、山田純大、長嶋一茂、渡哲也、蒼井優、高畑淳子、余貴美子、鈴木京香、寺島しのぶ、白石加代子、奥田瑛二、仲代達矢 評価:85点公式サイト(ネタ...
男たちの大和 / YAMATOCAST:仲代達也、鈴木京香、松山ケンイチ、蒼井優、中村獅童、反町隆 他STORY:2005年4月、内田真喜子(鈴木京香)という女性が鹿児島県枕崎の港を訪れ、昭和20年に戦艦大和が沈んだ場所に連れて行って欲しいと漁師の神尾(仲代達也)に願い出る
守り抜くと、誓った。死なないでと、祈った。
男たちの大和監督 : 佐藤純彌 出演 : 反町隆史 , 中村獅童 , 鈴木京香 , 仲代達矢 レンタル開始日 : 2006-08-04製作 : 角川春樹 脚本 : 佐藤純彌 原作 : 辺見じゅん 音楽 : 久石譲 収録時間 : 143分 【story】辺見じゅんの原作を『敦....
ある日、老漁師のもとを若い女性が訪ねてきた。その女性は、60年前に沈んだ戦艦大和が眠る場所まで船を出してほしいと老漁師に告げた。昭和19年2月、10代の特別年少兵達が大和に乗組む―厳しい訓練の始まりであった
ハリウッド映画のDVD化が約4ヶ月後というスピードに対して、邦画のDVD化もどんどんスピーディになる傾向にあるけれど、最近はTVの地上波放送も早くなったものだ。昨日は、「男たちの大和」と「あらしのよるに」の2本が地上波放送された。特に「男た
4月10日(火)◆407日目◆会社の先輩Wさんから『男たちの大和 YAMATO』がつまらないという話を聞く。日曜にテレビでやっていてそれを見たそうだ。わりと評判がいいだけに意外。ボクはそれまでこの作品を見る気がなかったが、逆に見てみたくなった。早速、TSUTAYAで借りて見
 コレはいい意味で、学校のイベントなんかで映画鑑賞に行くのに、最適な映画でしょうね。  最近、”いい意味で”ってつけたら、なんでも許されると思っている節がありますが、コレは含みなくそぅ思ってます(*\'-\'*)エヘヘ  邦画好きさんの感想にありますように、戦?...
ストーリー  2005年4月6日、一人の女性・内田真貴子(鈴木京香)が鹿児島県枕崎の漁港を訪れ、老漁師の神尾(仲代達矢)に北緯30度43分、東経128度4分まで船を出してほしいと懇願してきた。その位置は、60年前の昭和20年4月7日に戦艦大和が沈んだ場所である。まっすぐに...

コメントの投稿

非公開コメント

あけましておめでとうございます!
新春第一弾はこの作品を選びました。
・・・女性達の言葉に涙…でした。
散り際がおっしゃるように分かりづらかった(汗)
音楽も涙を誘いましたね。最後はもう少し穏やかな曲調でも良かったかなあとは思いましたが。
今年もよろしくお願いします。

早い展開

>charlotteさんこんばんわ♪明けましておめでとうございます♪

女性達の『死んだらあかん』と言う言葉等は印象に残りますよね。
最後の大和での戦闘シーンは、出来ればもう少しゆっくりやってほしかったんですよね。各シーンがかなり速く進むので目が少し疲れたと言うのも本音です(汗

あ、こちらこそ今年も宜しくお願い致します♪

新年早々

この映画が観れてよかったと思いました。
個人的には一茂の演じた役がよくて「死ニ方ヨウイ」とかすごく良かったです。
彼は一人でいいトコ取りでした!
これを観てつくづく戦争だけはもうして欲しくないと切実に思いました。

名セリフ言い過ぎ

>なななさんこんばんわ♪

長島一茂が演じていた白淵は、結構重要なシーンを任されていましたよね。主要キャラとはいかないまでも、『死二方ヨウイ』や『敗れて目覚める』、そして武士道とは何か等を語るシーンでかなり存在感のあるキャラを演じてましたしね♪

でも最後はどこで死んだのか今となってはうろ覚えです(汗

『白淵大尉』『臼淵(うすぶち)大尉』
彼の配置されていた場所は爆撃されて全員即死状態。
映画では爆撃により左下のほうに吹き飛ばされたように見える。

臼っ!!

>bs-yamato.jrさんこんばんわ♪

あっ!!!ホントだっ!!『白』じゃなくて『臼』でしたっ!!(汗汗汗
な・・なんとゆー初歩的なミスを・・・(^^;)でも他のブログでも『白』になってた辺り、自分と同じミスをしてる方結構いるみたいです(笑

修正有難うございました♪

TBありがとう。

仲代達矢ですが、奥様がなくなられて以降、一人暮らしで、セリフの記憶もあやふやになってきて・・・というNHKでの老化のドキュメント少し前に見ました。
セリフはみじかかったのですが、その番組と、戦後を生き延びた役どころがダブって、泣きそうになりました。

演技を越えた何か

>kimionさんこんばんわ♪

仲代達也も恐らく戦時を体験した人物ですから、彼の流す涙などは演技を超えた何かを感じさせてくれるようでした。
でも記憶とセリフがあやふやとは思えないほど、素晴らしい演技を見せてくれたと思いますね♪大御所はやはり違いますね。

こんばんわぁ~☆
TB&コメントありがとぉ~ございまぁ~す!

「男たちの大和」ホント観て良かったです!
命を懸けて国、大切なものを守る姿には涙が止まりませんでした。
それを送り出す家族や友の姿にも胸が痛くなりました
今では半減しているこれらの思い・・・少しでも取り戻せたらいいですね




>リリーさんこんばんわ♪

自分もこの映画は自然と涙が流れてきましたね。特に仲代達矢の男涙と女優陣の涙は鬼気迫るものがありました。
悲惨な歴史ですけど、忘れたくはないですね

やっと観ました。

メビウスさん、こんばんは。
心に響く作品でしたね。
映画館で観なかったことをすごく後悔しましたよ(涙)
戦闘シーンは邦画では観たことがないくらいのド迫力で
本当に圧巻でした!

音響が凄いから・・

>こーいちさんこんばんわ♪

映画館だとやっぱり音響が凄いですから、戦闘シーンは実際かなりうるさかったですね(汗)しかし血飛沫飛び交う大和で繰り広げられるあの戦闘は本当に迫力あります。
凄惨な光景もありましたが、それが逆にこの大和の歴史を真摯に描いている証拠だと思いますね

評価が割と高いのは知っていましたが・・

ども~。
劇場で見てこそ、かもしれません。
自宅でまったり・・という点ではDVDも同じですけど、TV放送はCMがちょこちょこと入るし集中しませんから。
涙しつつも、いまひとつ入り込めず。
音楽もね、悪くないのだけど、巨人の星?というようなフレーズ耳につき、久石さんはファンタジー向けかなーという気が少し。
海猿やローレライの佐藤直紀さんが好きです。

アリの件、ありがとうございました。
動かなければまだよいのですけど、黒いのがごそごそと・・( ▽|||)サーなんですよ、ムシ嫌いなものですから。
タイピング、やってみました。
私もCランク。まだまだですね(^^;)

臨場感とか雰囲気とか

>たいむさんこんばんわ♪

自宅でのDVD鑑賞やテレビでのロードショーは気軽に見れますけど、映画のような臨場感や迫力が欠けてますもんね。自分も映画観る上ではその点は重視する方なので、どっちかと言えば無理してでも映画館で観る方ですし。それにテレビはCMが途中で入っちゃいますから、雰囲気が台無しになるのは同感です。

※たいむさんもCランクですか?BとかAはどんだけ早いんでしょうね?
虫嫌いというのも脳内補完。今度ムシっぽいブログツールあったらまた載せますね(コラ

邦画にしては

結構お金がかかってるんでしょうが、
ハリウッドの大作を観てしまってる観客には
とてもじゃないけど通用しないですよね。
だからこそ、ドラマ部分で邦画は勝負するべきだし、
して欲しいと思うのですが、
本作はなかなかしっかりとしていたので、
良かったですね。

一級品

>miyuさんこんばんわ♪

戦争映画ってデリケートな題材でもあるので、なんか間違った要素があればすぐ非難轟々になってしまう部分もありますけど、本作はそういう非難があまり無かったような気がしますね。それくらい徹底した脚本と役者さんの熱の入った演技が見所でもありましたね。
ロングラン上映もされていましたし、戦争映画としては一級品だったと自分では思いますね。

松山ケンイチが演じる、神尾克己は、親友や、恋人が、目の前で亡くなると言う、辛い現実なのね、凄く可哀相です

沈痛

>堀川さんこんばんわ♪

お国のために死ぬのが当然と言う時代に生まれた神尾にとって、親友や上官、恋人が死に、そして自分だけが生き残ったという現実は耐え難いものだったのかもしれませんね~。名前忘れちゃいましたが、神尾の親友の母親の前で『生きて帰ってすいません!』と土下座をする姿がひどく沈痛で、今でも印象に残ります・・。

PAGETOP