ドクター・スリープ



【監督】マイク・フラナガン
【出演】ユアン・マクレガー/レベッカ・ファーガソン/カイリー・カラン/カール・ランブリー/ザーン・マクラーノン
【公開日】2019年11月29日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
40年前の惨劇を生き延びたダニーは、心に傷を抱えた孤独な大人になっていた。父親に殺されかけたトラウマ、終わらない幼い日の悪夢。そんな彼のまわりで起きる児童連続失踪事件。ある日、ダニーのもとに謎の少女・アブラからメッセージが送られてくる。彼女は特別な力(シャイニング)を持っており、事件の現場を目撃していたのだ。やがて事件の謎を追っていく二人は、ダニーにとって運命の場所、あの呪われたホテルに辿り着く・・・。
 
【感想】
『シャイニング』はスティーヴン・キングの原作小説もそれこそ未読であり、スタンリー・キューブリック監督の手掛けた映画作品も確か自分は2~3回くらいしか観てないかそうでないかの薄っぺらさではあるのですが、それでも本作の『ドクター・スリープ』にはそんなかつての恐怖演出を多数散りばめてもいましたから、どこか懐かしさもふつふつとわきつつ、それでいて新たな惨劇の内容にも結構見入ってしまいましたので、個人的にはそんな薄っぺらさも逆に手伝ってかそれほど深い洞察なしにも鑑賞できてとても面白い続編作品になっていたかなと思えた次第。
閉鎖的な舞台ともなっていた呪いの展望ホテルの不穏さに、独特なビジュアルを持っていた邪悪な存在達の恐怖演出、あと明確な解もさほど表示されなかった分観た人それぞれが想像を掻き立てるような背景といったものがシャイニングでは印象に残っているんですけども、本作ではその前作とは真逆というか、結構異なった内容にもなっていた気がしましたね。州をまたぎながら広大な舞台で繰り広げられるダニー達と能力者を喰らう人ならざる異形者との戦いにしても、善悪の対立のようなものがとても明確になっていましたから分かり易い進行にもなっていましたし、正直曖昧(汗)だったシャイニングの能力なんかも強力な力を持つヒロインのアブラを介して派手な演出として見せてもいたので、全体的にはかなりエンタメ寄りにさせた作りにも見えましたね。ドンパチエンタメ系は大好きなので個人的にこの辺りはとても好感を抱く展開でもあった。
・・・まあこう並べるとキューブリック監督の前作とは相反というか反発してる作風にしてるようにも途中までは見えなくもなかったですけど、それでも後半からクライマックスにかけてはちゃんとその前作をリスペクトしたシーンが次々と出て来るから、ファンの方にとっても多分喜ばしい作りにはなってるのではないでしょうか?にわかな自分でも再びあの展望ホテルが姿を現した瞬間心臓のドクドクサウンドさながらに凄い興奮というか高揚感もありましたから、エンタメ寄りな作風にしつつもホラー作品の代表格たる所以もちゃんと取り入れてる感じにも見えました。

あと本作で個人的に強く印象に残った出演者たち・・とりわけ二人の子役がとても良くて、ヒロインであるアブラ役のカイリー・カランは強大なシャイニング能力者なだけに、ユアン・マクレガーが演じてたダニー以上に存在感があった気もしましたね。不気味な異形者にも物怖じせず、むしろ外道許すまじ!と能力を巧みに活かして果敢に戦いを挑んでいくタフな精神力に自分も魅了されてしまったw
もう一人は異形者の犠牲になってしまうブラッドリー少年を演じたジェイコブ・トレンブレイで、この子の断末魔や苦しみの表情はもう脳裏や耳にこびりついてしまうほどにヤバ過ぎた。ジェイコブくんは『ワンダー 君は太陽』でも素晴らしい演技をしてましたけど、本作でもその才能を短い時間ながらもいかんなく発揮していたと思いますね。

3 Comments

ボー  

おもしろし。

ホラーというより、念力対決でしたねー。
おもしろく観ました。
あの役で、まさかのジェイコブくんですから、驚きです。
あのシーンは残酷でした…。

2019/12/13 (Fri) 17:18 | EDIT | REPLY |   
ノルウェーまだ~む  

原作シャイニング

メビウスさん☆
私としてはキングがキューブリックにバッサリ切られてしまった原作のシャイニングの大切なパートをしっかりとこの映画に入れ込んであるところに好感を持ちました。
映画シャイニングもキングの原作も愛する監督に拍手です~

2019/12/22 (Sun) 15:09 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

正に迫真

>ボーさん♪

前作よりも大分作風が変わってるように見えて、仰る通り超能力モノにも見えましたが、自分もああいった異能バトルは大好きなので楽しめました♪・・でもあの野球少年のシーンはきつかったですね--;演じてたジェイコブくんは正に迫真だと思います。


>まだ~むさん♪

キューブリック版は原作と内容が大きく異なっていると言うのを自分も聞いた事があるだけに、マイク・フラナガン監督も本作を手掛ける際には苦労したんじゃないかと思っちゃいますね。キング寄りかはたまたキューブリック寄りか・・ですが結果としてそのどちらにもリスペクトした出来映えにしてるのもさすがといった所ですね。

2019/12/24 (Tue) 21:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

3 Trackbacks

この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  「ドクター・スリープ」
  • 超絶怖面白かった。「シャイニング」を観ていなくても充分面白いが、観ていたら特に後半はより楽しめることだろう。少しネタバレします。特殊能力を持った人々がコロニーを作り、同じ能力を持つ主に子供を探して拉致する。殺して生気を吸うためだ。生気を吸うことによって、彼らはより長くより強く生きられる。生気はその子供が持つ能力の多少や質によってグレードが変わり、更に殺す際には残酷な手段であればあるほど生気の...
  • 2020.01.03 (Fri) 10:05 | ここなつ映画レビュー
この記事へのトラックバック
  •  ドクター・スリープ
  • 40年前、雪山のホテルでの惨劇を“特別な力(シャイニング)”で生き残り、今は人を避けるように暮らしている中年男ダニー。 彼のもとに殺人を示唆する謎のメッセージが届き、幼き日の記憶が鮮烈に蘇る。 そんな時、彼の前に“シャイニング”で「事件」を目撃した少女アブラが現れ、更に謎の狂信的な集団による児童の連続失踪事件が発生。 事件の謎を追うダニーは、昔いた呪われた場所へと向かう…。 ホラー。 PG12
  • 2020.01.09 (Thu) 11:00 | 象のロケット