ターミネーター ニュー・フェイト



【監督】ティム・ミラー
【出演】リンダ・ハミルトン/アーノルド・シュワルツェネッガー/マッケンジー・デイビス/ナタリア・レイエス/ガブリエル・ルナ
【公開日】2019年11月8日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
メキシコシティの自動車工場で働く21歳の女性ダニーが、弟のミゲルとともにターミネーターREV-9に襲撃される。だが彼らを守ったのは同じく未来から送り込まれた強化型兵士のグレースだった。かろうじて工場から脱出する3人だったが、REV-9の執拗な追跡に徐々に追い詰められてしまう。しかしその先に待ち構えていたのは、ターミネーターを宿敵として人生を送ってきた女性サラ・コナーだった・・・。
 
【簡略感想】
今まで観てきたシリーズ作品を否定するつもりはありませんし、過去作は過去作で色んな未来設定や結末、そして多様なターミネーターも見れたりは出来ましたからそれはそれで面白く観れてはいたのですけど、それでも傑作『T2』の正統続編とも大々的に推していれば興味や期待もやはり自然と底上げされてしまうわけでして・・・・ゆえに観終った後のどっかで見た事あるような感には若干の違和感も入り混じるような少々複雑な気持ちも残ってしまったのも正直なところという次第ですね(汗

良く言えば懐かしさが満載なオマージュのオンパレードであり、そしてちょっと言葉を悪くすると焼き増しといった所が鑑賞した印象でもありまして、何度やっても懲りないみたいな弁を劇中のサラ・コナーも呟いてたように、例え審判の日を防いで未来を変えたとしても、人間は同じ過ちを犯して結局また別のスカイネットのような存在を生み出して滅びの運命を歩んでいくというどこか無限ループにも近いような内容は、T2のラストで僅かながらの希望も想像してしまった一人としての目線だと結構お先真っ暗な展開でもありますよねぇ。もしかしたら3のバッドエンドよりも悲惨かもしれない^^;
・・・まあこのシリーズは絶望の未来が待っている結果が示されている分、その過程である過去の出来事のみで色々と工夫を凝らすしかないから作り手の話を繋げる苦労みたいなのも分からなくはないんですけどねぇ。冒頭の映像なんかもどうやって作り込んでるんだろうと言う驚きもあり見入ってしまった反面、T2での努力が正に一瞬で水の泡になってしまうような悲劇も盛り込んで唖然となってしまうものだから、途端に虚しさがこみ上げてくるのも然もありなん・・。だからなんだか力技で無理矢理心機一転を図ってしまったという風にも見えてしまいましたね(汗

・・・しかしながら見応えがなかったと言えばそうでもなくて、やはりこのシリーズはターミネーターの脅威を掻い潜りながら戦っていく激しいアクションなどが醍醐味でもありますから、その辺りは相変わらず素晴らしい映像で堪能できたと自分も思いました。様々なバリエーションや形状を持つ新型ターミネーターは観る度にワクワクした気持ちにさせられてしまうっていうのもこれまた正直な所ではありますし、今回の敵ターミネーターであるREV-9にしても液体金属とエンドスケルトンの融合と、要はT-800型とT-1000型がコンビを組んで襲い掛かってくるようなタイプで、その斬新なデザインも好きな方だった^^
あと上記でも言ってますが、随所に過去作のオマージュ描写・・・自分が気付いた辺りですと特に1~2を意識したシーンや人物設定が割と見受けられましたし、まあそれを二番煎じのような目線で時々見てはいたものの、それでも胸中には懐かしさもまたこみ上げていたので顔はおそらく少しニヤけていたかもしれないですねw一作目のエンドスケルトンが初めて姿を現したシーンなどは今でも好きなので、本作のクライマックスでもそれを彷彿としたシーンにしてたのも個人的には良い演出だったかなと思いました♪

5 Comments

隆  

こんばんは。

T2の続編ともなれば、過大な期待もしますよね。長年のファンにとっては、T800にもっと活躍して欲しいですね。T2以降の3とか見ていないんですが、女性のターミネーターが居たと思いますが、そのトラウマからか、最初はグレースが敵にしか見えないというか、彼女の恐さに慣れてから、ダニーが将来の強いリーダーとして成長して行く過程が、サブプロット気味ながら、見られたのは良かったと思います。

敵のRev9は、液体金属とのハイブリッドなんですよね、やっぱり。これを、ネタ切れと見るか、2のオマージュと見るかは感想が分かれそうですね。グレースは人間ながら、T800と余り変わらないタイプだと思いました。ですが、その機械に近いと見るか、はたまた、老熟して屈強な戦士になったサラに近いと見るか。これは、答えの無い問答みたいですが(笑)、強面に成長したサラに対して、T800は大人しく紳士的になっていましたね。これは見た目通りという処で大いに納得が行きましたよ。

2019/11/26 (Tue) 20:15 | EDIT | REPLY |   
ボー  

前作群を見ずに、

いきなり本作から見たら、新鮮!(当たり前か)
ちゃんと続きをやるとなると、似たようになるのは仕方がないのか、とも思いますが…。
このへんの判断は、次作が生まれるかどうかにもかかわってきそうです。

2019/11/27 (Wed) 07:05 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

初見ならばw

>隆さん♪

他の方もそうかと思いますが、やはり自分もT2がシリーズの中で一番の傑作なので、過度な期待はどうしても~な感じでしたね。オマージュやリスペクトと言ってしまえば聞こえはいいのですが、それでもジェームズ・キャメロンならもっと斬新な方法で出来たんじゃないかな~とこれまた過度な想像をしてしまったのでした^^;


>ボーさん♪

なるほど、初見の人ならば面白く観れますね(笑
けど一応本作も新シリーズと銘打ってはいるので、確かにこれ一作で判断するのも違う気がしますね。新しい未来で脅威になっている『リージョン』というのも気になるので、この辺りも次作があれば盛り込んで欲しいですね^^

2019/12/03 (Tue) 20:54 | EDIT | REPLY |   
SGA屋伍一  

ども。この映画の公開と同じころにT2を地上波でやってましたが、そっちが傑作だっただけに返って評価が低くなってしまった感はありますね~ CG技術だけならニューフェイトの方が断然上だろうに。やはり映画は技術だけでなくパッションが大事ですね。
ところで新型ターミネーターの二人羽折り的ギミック、わたしは『ガンダム00』のガンダムセラヴイーとか思い出しましたw

2019/12/17 (Tue) 22:01 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

これが正統・・・

>SGAさん♪

既視感もあっただけに、残念ながら世間の評価の低さも納得せざるを得ない部分が自分も多かったですね。T2の正統続編とも言っちゃっただけに尚更え~って思った方も多いのではないでしょうか?--;

でもセラヴィーネーターこと(笑)REV-9は面白い敵だったと思いますねw

2019/12/24 (Tue) 21:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

3 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  ターミネーター ニュー・フェイト
  • ジェームズ・キャメロンが生み出したSFアクション「ターミネーター」のシリーズ通算6作目で、キャメロンが直接手がけ、名作として人気の高い「ターミネーター2」の正当な続編として描かれる。キャメロンがプロデューサーとなり、「ターミネーター2」以来にシリーズの製作へ復帰。「デッドプール」を大ヒットさせたティム・ミラー監督が新たにメガホンをとった。リンダ・ハミルトン演じるサラ・コナーも28年ぶりにカム...
  • 2019.11.20 (Wed) 16:50 | 映画に夢中
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ターミネーター:ニュー・フェイト
  • メキシコシティの自動車工場で働く21歳の女性ダニーが弟ミゲルと共に、ターミネーター“REV-9”に襲われる。 彼らを守ったのは、同じく未来から送り込まれた強化型女性兵士グレースだった。 ターミネーターを宿敵としてきたサラ・コナーも加わり、一行は国境を越えテキサス州エルパソを目指すが、そこで待っていたのは、あの男だった…。 傑作SFアクション第6弾。
  • 2019.11.24 (Sun) 02:20 | 象のロケット