アド・アストラ



【監督】ジェームズ・グレイ
【出演】ブラッド・ピット/トミー・リー・ジョーンズ/リヴ・タイラー/ルース・ネッガ/ドナルド・サザーランド
【公開日】2019年9月20日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
時は近い未来。宇宙飛行士ロイ・マクブライドは、地球外知的生命体の探求に人生を捧げた科学者の父・クリフォードを見て育ち、自身も宇宙飛行士の道を選ぶ。しかし父は探索に出発してから16年後、太陽系の彼方で行方不明となってしまう。・・だが父は生きていた。ある秘密を抱えながら。
父の謎を追いかけて地球から43億キロ、使命に全身全霊をかけた息子が見たものとは・・・。
 
【プチ感想】
本作に関しては個人的に思っていた内容と実際の内容が異なって肌にあまり合わなかったせいもあってでしょうか、もう一度観てみたいなぁという気持ちも残念ながら沸かず終いの印象になり果ててしまいましたけど、ただその世界観だけは少し興味深く観る事は出来た気はしますね(汗)。・・・まあ『思ってたもの』というのは本作のストーリーやチラシ等の情報から自分が勝手に想像を膨らませてたものではあるんですが、それこそ長年行方不明の父親が生きてたとか、その父親が何故か地球人類全体の脅威になりつつあるとか、そういったサスペンスのような雰囲気も気になってた次第であり、そしてその謎もどういったものなのだろうかという興味もあったから鑑賞したわけなのですが、フタを開けてみたら然程驚愕する真実でもなく、ロイのようなドライな気持ちでその内容を受け止めていた気がする--;
確かに一つの物事に対して究めている方や熱心に取り組んでいるような方を見ますと、職種は違えど自分もイチ仕事人としてどこか尊敬の念を抱きはするものの、でもそれは何かしらの成果が伴ってればだとも思うし、40億キロも離れた地でしかも何十年も成果が出ていない・・・という現実を踏まえるならば、やはり我や信念を貫かず引き際も考えるべきだったのでは?と、自分も普通に考えてはしまうんですよねぇ。なもんですから、ロイの父親が取った行動にもなんだか自分はあんまり同情が出来なくて・・(汗)偉業を成し遂げる事を何よりも優先した結果、人との対話を拒絶し孤独を最後の最後まで貫いてしまったのが息子であるロイとの違いなのかもしれませんね。


宇宙の神秘や未知云々といった食指が動きそうな要素は生憎と皆無ではあったものの、個人的には上記でも言っております本作の世界観は結構興味深く観る事の出来た部分がありまして、特にロケットを使用して衛星や惑星間の長距離を移動するのが面白かったですね。ああいった航行手段が50年か100年後・・・本当に近い将来実現しそうな未来予想を感じさせてくれる所は良かった気がします。

2 Comments

ここなつ  

こんにちは。

こんにちは、幣ブログにコメントをくださってありがとうございました。
宇宙を舞台にした、父子の心の変遷という感じでしたかね…。父はその心根を生涯変えることなく、息子は気づいて軌道修正をした、と。
本作のように宇宙旅行を気楽に楽しめる時代がもうすぐそこまで来るのかもしれませんね。

2019/10/29 (Tue) 10:35 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

現実味

>ここなつさん♪

親父さんの初志貫徹の心意気や良しなのですが、その人物描写や背景がちょっと曖昧にも見えてしまった部分もあるせいか、やはり自分はどうしても船内の悲劇致し方なしと思う事は出来なかったですね・・--;(汗

そういえば現実の宇宙旅行に関しても宇宙旅行用の宇宙服も完成したりと、徐々に現実味を帯び始めていますね。惑星間航空も何十年先かは分かりませんが、本作に近い航空手段ならばどこか面白い気もしますね^^

2019/11/04 (Mon) 19:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

3 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  アド・アストラ
  • 宇宙飛行士ロイ・マグブライドの父は、地球外知的生命体の探求に人生を捧げた英雄だが、32億キロ離れた太陽系の彼方で行方不明となっていた。 ロイは、父が生きており、しかも太陽系の全てを滅ぼす力を持つ実験“リマ計画”に関わっていた事を知らされる…。 SFアクション・アドベンチャー。
  • 2019.09.25 (Wed) 02:33 | 象のロケット
この記事へのトラックバック
  •  『アド・アストラ』トーホーシネマズ日本橋9
  • ◆『アド・アストラ』トーホーシネマズ日本橋9 ▲画像は後から。 五つ星評価で【★★ブラピはかっこいいけど、おらホモじゃないからその辺はどうでもいい】 この映画のブラピはかっこいいと思う。なのでホモ、ノンホモに関わらず、このかっこ良さに浸れる人には評判いいんじゃないだろうか。私は浸るにしては長いなと思ってしまった。これ、ブラピじゃなく、安田大サーカスの黒ちゃんの外見と声で作ったら大失敗するだ...
  • 2019.10.01 (Tue) 22:47 | ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
この記事へのトラックバック
  •  「アド・アストラ」
  • 宇宙やブラッド・ピットやトミー・リー・ジョーンズのどれか一つでも好きでなければひょっとしたら退屈な作品なのかもしれない。だが私はこの三者は三者共に好きなので、とても面白かった。ちょっと宇宙遊泳させてもらえた気分にもなったし。太陽系の月や火星にはほぼフライト気分で行けて、さらなる高みへ、地球外生命体の存在へと探索を続けるそんな時代のお話。月の資源を巡って、彼の地では争いが勃発している所などはリ...
  • 2019.10.25 (Fri) 17:00 | ここなつ映画レビュー