アルキメデスの大戦



【監督】山崎貴
【出演】菅田将輝/柄本佑/浜辺美波/笑福亭鶴瓶/小林克也/小日向文世/國村隼/橋爪功/田中泯/舘ひろし
【公開日】2019年7月26日
【製作】日本

【ストーリー】
1933年。欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。海軍省は世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていたが、省内は一枚岩ではなく、反発する者もいた。航空機が主流になるという自論を持つ海軍少将・山本五十六は、巨大戦艦建造がいかに国家予算の無駄遣いか、独自に見積もりを算出して明白使用と考えていた。そこで山本が目を付けたのが100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直。だが櫂は数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者だった・・・。
 
【簡略感想】
本作の公開時は個人的な勉強期間とも重なっていたので鑑賞するタイミングが大分遅れてしまいましたけど、これは見逃さないで正解でしたね。とても興味深くそして面白い作品だった^^
戦争を題材にしている作品は内容がやはりどこかデリケートであったり重厚にもなったりする分、色々言葉足らず且つ知識が足りない自分にとってはあまり率先して観ようとする感じではないのも正直な所ではあるんですが、ただ本作はそうして敬遠してしまうとこを少し崩してくれているような要素もあってか、良いエンタメにも仕上がっていたんですよねぇ。・・興味深かったのが戦争そのものというよりは、その戦争をする上でも必要な軍事費・・当時の切迫していた国の予算といった経済面に焦点を当てている部分であって、そこから軍組織内での航空機主力派と戦艦建造派の対立のお話も濃密に絡めてて見応えアリ。原作となっている漫画作品の方は生憎と未読ではあるものの、原作者があの『ドラゴン桜』などを手掛けた三田紀房先生とも知ると、作風にもどこか納得が出来た次第。戦艦大和自体にしても、日本国民全体の戦争意識を変えるための言わば人柱的な役目を背負った存在と、他の戦争映画作品とは随分異なる視点で捉えていたのも斬新なのですが、この辺りもまた妙に説得力のあるものに聞こえてしまったものですから、それが手伝って後半までずっと見入ってしまったのでした。

あとキャスティングも主人公の櫂直役を演じていた管田将輝君の演技はお見事でしたね。数学を偏愛するあまりに突飛で異常な行動を取る事も多いので、その変人のような人物を時に喜々として演じてもいれば、終盤の会議室では大御所俳優らが一堂に介している場において白熱の大舌戦を繰り広げるので、彼の熱演もやはり本作の見応えに一役買っていた気がします。

2 Comments

隆  

艦隊決戦という古い成功体験に固執したがゆえの、戦艦大和の莫大な建艦に至ったのでしょう。数学者って、余り接点は無いのですが、優れているものは優れていると思います。それが、変わり者とか、個性があるから異端だと切り捨てるのは、どうかと思います。大人は総合的な資質があって認められるものですが、一発芸というのは、そうした主流の大人に対して、安定とか規範という事には欠けるかも知れません。

山本五十六との掛け合いも面白そうですね。彼も物好きな奇才だと思いますので、案外意気投合するんじゃないでしょうかね。将軍との対峙、あるいは、英雄的な理解によって、変わり者の数学者の意見が説得力を持つ事もあるでしょう。権力的には門外漢なんでしょうが、大勢に反対する愛国心もあると思います。人の本意を読む力、一見放言であっても何を考えているか類推する、と言うのは、組織力学の強い旧軍などでは処世に関わったのではないでしょうか。

もう、地元のシネコンでは上映期間は過ぎてしまったのですが、是非観たいと思います。

2019/10/05 (Sat) 13:56 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

引き込まれました

>隆さん♪

自分は戦争映画全般に大分重苦しいという固定観念も付きまとっていましたので、こういう作風で見せる戦争映画は結構珍しくみえてしまい、とても興味深く鑑賞できました。史実にとても説得力のあるフィクションが盛り込まれるとこうも引き込まれるかと思い見応えがたっぷり。
そういえば舘ひろしさんが演じてた山本五十六も、確かに奇をてらった才を劇中で見せていて油断が出来ない人でした。

2019/10/11 (Fri) 20:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

2 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  アルキメデスの大戦
  • 1933年(昭和8年)、軍拡路線を歩み始めた日本。 海軍省は、戦いの軸となるのは砲撃戦だとして世界一の巨大戦艦建造を進める嶋田繁太郎らと、今後は航空戦が主流になるとして航空母艦建造を推す山本五十六らの戦艦建造反対派に分れていた。 山本は、元帝国大学の数学者・櫂直(かい・ただし)に命じて、巨大戦艦がいかに無駄遣いであるかを明らかにしようとする…。 人気コミック劇場版。
  • 2019.09.30 (Mon) 09:37 | 象のロケット
この記事へのトラックバック