ミュウツーの逆襲 EVOLUTION



【監督】湯山邦彦/榊原幹典
【声の出演】松本梨香/大谷育江/林原めぐみ/三木眞一郎/犬山イヌコ/市村正親/小林幸子/山寺宏一
【公開日】2019年7月13日
【製作】日本

【ストーリー】
「清らかな心と、会いたいと強く願う気持ち」の2つを持つ冒険者の前にだけ現れるという幻のポケモン・ミュウ。全てのポケモンのはじまりと言われ、世界中のポケモン研究者が行方を追う中、遂に一人の科学者がミュウの化石を発見。それを元に、神をも恐れぬ禁断の行為に手を染めてしまう。最強のポケモンを作りたいと言うそうした人間のエゴによってこの世に生み落とされた伝説のポケモン・ミュウツーは、存在する理由も分からないまま最強の兵器としての実験を繰り返すうちに、その心の中に自分を生み出した人間に対する憎悪の念を宿していく・・・。
 
【プチ感想】
劇場版ポケットモンスターは一応毎年鑑賞をしていますので、それこそ20年以上前の今時期にも『ミュウツーの逆襲』を鑑賞した記憶は自分も残っていますねぇ^^人間を激しく憎悪するミュウツーの復讐心や自身の存在意義を悶々と問い続けるあの重くも深いテーマは今のポケモンムービーと比較すると結構な異質さもあるにはあるのですが、ただその分思い出深い作品として強く刻まれたのも然りで、その原点にして最高峰な初代作品をまた劇場で観る事が出来るというのもやはりイチファンとしては嬉しかった次第♪

本作の内容は98年度版の旧作を本当に忠実に再現した感じになっており、違いがあるとすればフジ博士の娘のコピーであるアイツーが登場しない事だけでしたね。アイツーは成長途中のミュウツーに外の世界の事を教えてくれるキャラクターでしたからこの辺りも出来れば入れて欲しかったという気持ちも無きにしも非ずではありましたけど、ただまあそれを抜きにしたとしてもお話の方は別に破綻するわけでもないですし、それ以外だったらほぼ全編旧作そのまんまでしたから、今世代の子供たちに当時の作品の良さをきちんと伝える意味として捉えるならば、リメイク作品にありがちなオリジナルキャラの追加だとかそういう事を何一つやらなかったのも正解だったかもしれない。
唯一大胆な変更が見受けられたとしたらそれはやはり全編をフル3DCGで描いてる点で、こちらの方は多分旧作を観てない人と観てる人双方にも良い見応えを与えていたんじゃないかと思いますね。今の子供達の世代を前者として仮定するならば3DCG作品の方が流行というか、今の劇場アニメーションにも多く活用されてて見慣れてる部分もあるでしょうからとっつき易いとも思いますし、逆に20年前既に経験した大人の人達を後者とするならばまた違った雰囲気で旧作を楽しめるようにもなってましたし、3Dならではのダイナミックな演出も活きてて個人的には良かった♪キャスティングもミュウツー役の市村さんをはじめとしてゲストメンバーも続投されてる方が多くこれまた皆さん変わらず安定してましたし、カスミとタケシの初代メンバーもとても懐かしくて、もうすっかりなおじさんになってしまった自分も当時を思い返して色々感慨深くもなってしまったのでした^^;(笑
 

4 Comments

隆  

No title

これと「名探偵ポケモン」の二作しかポケモンシリーズ見ていませんが、こちらの方がピカチュウが目立ってましたね。ゲームでも人気のキャラなんでしょうが、物語ではミュウツーが復讐に燃えていて、それを止める必要があるのですが、善悪定かではないし、話も分かるミュウツーに対して、結局、その自負の動機となっている力で力を止めるしかない事で、キッズ向け映画にも、正義とか戦いとかを通じて間違いの正し方というのは、大人と変わらない。極めて、本能的なものなんじゃないかと思いました。

「キミに決めた」も面白そうだなと思っているんですが、キッズが描く処の理想郷とはまた違って、侵入者であるミュウツーの野心や夢のようなものが見れたと思います。子供というか可愛いピカチュウに対して、大人のように物を語るミュウツーの老熟さが気になりましたし、ピカチュウと言葉を交わし合う前提から両者は全く違うのではと思いました(笑)。

2019/07/16 (Tue) 13:31 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

一作目故・・

>隆さん♪

お返事が遅れて申し訳ありません--;(汗

ミュウツーの逆襲はポケモンムービーの一作目と言うのもあってか、この時はやっぱりどこか劇場版の方向性と言うものがまだ定まっていなかったのでは?と自分は思っていますね。復讐を題材にしたハードな物語はかなり異彩を放ってますし、市村正親さんが声優を担当してるせいかミュウツーの存在感も今思えばキッズを遠ざけるような圧を放ってますね(笑

主義主張のぶつかり合いという点でも、むしろ本作の雰囲気に近いのはガンダムなのかもしれませんね・・^^;

2019/07/24 (Wed) 21:44 | EDIT | REPLY |   
ノラネコ  

アイツーはやっぱり生かしたかったですね。
あのキャラクターはミュウツーに悲しみを教えてくれましたもん。
全体に進化系としてよく出来ていただけに、ここだけ退化してしまったのが残念。

2019/07/25 (Thu) 22:02 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

違和感

>ノラネコさん♪

カットする理由がちょっと分からなかっただけに、アイツーの出演なしというのはやはり惜しいですよね。尺もそんなに取っていないシーンだと思いましたから冒頭であれ?とも感じました^^;

2019/07/31 (Wed) 03:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  ショートレビュー「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION・・・・・評価額1600円」
  • 私は誰だ?なぜ生まれてきたのか? 記念すべきポケモン映画第一作「ミュウツーの逆襲」の21年ぶりのリメイク。 表現手法は手描きから3DCGに変わったが、監督、脚本はオリジナルと同じ湯山邦彦と首藤剛志だから、内容は非常に忠実。 というか、台詞からカメラワークに至るまでほとんど同じだ。 「名探偵ピカチュウ」のモフモフバージョンも良かったけど、こちらのCG化されたポケモン世界は、ゲームで見慣れたビ...
  • 2019.07.25 (Thu) 22:05 | ノラネコの呑んで観るシネマ