ゴジラ キング・オブ・モンスターズ



【監督】マイケル・ドハティ
【出演】カイル・チャンドラー/ベラ・ファーミガ/ミリー・ボビー・ブラウン/サリー・ホーキンス/渡辺謙/チャン・ツィイー
【公開日】2019年5月31日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
神話の時代に生息していた怪獣のモスラ、ラドン、キングギドラが復活する。彼らとゴジラとの戦いを食い止め世界の破滅を防ごうと、生物学者の芹沢やヴィヴィアン、考古人類学者のアイリーンらが所属する未確認生物特務機関モナークが動き出すが・・・(シネマトゥディ)。
 
【感想】
2014年に公開されたハリウッド版ゴジラの続編であり、『キングコング 髑髏島の巨神』に次ぐモンスターバースシリーズの三作目にもなっている本作。ハリウッドの最新技術で生み出されている巨大怪獣たちのビジュアルはそれはそれはもう圧巻なため、最新作が出る度に右肩上がりの面白さを感じているのですが、今回もその流れは断ち切っていない気がしましたね。個人的にはとても楽しめた次第^^

前作ではオリジナル怪獣だったMUTOとゴジラは激しく戦っていましたけど、本作からはモスラにラドン、そしてゴジラ最大のライバルでもあるキングギドラといった東宝版の怪獣達がこぞって集結するので数の面においても大きくパワーアップしてるのが分かりましたし、そしてその中においてもちゃんと作り手がオリジンに向けたリスペクトやこだわりなどを盛り込んでいるのも色々感じる取る事が出来た。自分が鑑賞しながら気付いた限りですと、ゴジラとモスラの登場シーンの音楽はアレンジこそしてましたがそれでもオリジナルにかなり寄せた風に聴こえましたので、まさかハリウッド版であのお馴染みの音楽を聴けるなんてぇと、かなり気持ちを高揚させてくれましたね。
渡辺謙さんが演じてた芹沢博士なんかもこだわりという点に関して言えば正にそれで、本作でも前作同様ゴジラの発言を『ガッジィーラ』ではなく終始『ゴジラ』で徹していたのも素晴らしかったですし、ゴジラに最接近するとあるシーンでもその過程が54年度版のクライマックスを彷彿としてるかのようだったんですよねぇ。・・・あと個人的に特に気に入ってしまったのがクライマックスで登場するバーニングゴジラで、これがとてもカッコ良かった♪東宝版の方も勿論カッコ良くて大好きなんですけどハリウッド版もそのオリジナルに負けず劣らずの迫力がありまして、ウォンウォンウォン・・・と力を解放する前に発せられる重低音サウンドがもうツボにハマってしまいましたね。力の解放の破壊力も含めてもう最後は圧倒されてしまったのでした^^;


マイケル・ドハティ監督が手掛けた『キング・オブ・モンスターズ』は、前作のギャレス版ゴジラ以上の怪獣バトルが展開されて凄かったですし、オリジナルの長い伝統にも敬意を込めたオマージュも散りばめてそれを発見した時の楽しみなんかも感じ取れたので、総じて評価すれば個人的にはやはりとても見応えがあった内容だったかなとも思います。人間ドラマの向上の方も見受けられればそれはそれで嬉しかったですが、正直そこはあんまり楽しみにはしていなかったので、まあこんな感じかと期待ダメージ軽微なのも功を奏したのかなぁと(汗)。
・・ただオキシジェン・デストロイヤーのようにオリジナルよりも遥かにぞんざいでしかも割と簡単に使用されてしまった辺りは『う~ん^^;』と唸ってしまう所なんかもありはしたものの、モンスターバースというシリーズの枠組みでもある以上、後々の最新作でもしかしたらデストロイアのような突然変異種が現れるのかも?という将来性も見込むならば、あの軽さも今はまあ許容範囲に留めようかなとも思っちゃったのでしたw
 

10 Comments

ボー  

前作はすごく好み

だったのですが、今回…たんに、怪獣大行進みたいな…そもそもが日本の怪獣映画ってガメラくらいしか見てこなかったので、熱意度の薄さのせいかも、なんて思ったり。

2019/06/05 (Wed) 08:43 | EDIT | REPLY |   
yukarin  

こんにちは

ちゃんと「ゴジラ」と発音してくれてるのがいいですよね。
人間ドラマはいまいちでしたが、怪獣たちの暴れっぷりは壮絶だったので楽しめました。
ゴジラとモスラのテーマ曲も流れたのはうれしいですね!

2019/06/05 (Wed) 17:41 | EDIT | REPLY |   
maki  

こんばんは。

ラストバトルのバーニングゴジラの格好良さはたまらないものがありましたね!
なんですかあの無双っぷり。
王は俺だと言わんばかり。
「エモい…」とかおもってしまいましたもんね。

相変わらず人間側ドラマがつまらないうえ今回の人型主人公一家が
今ひとつ魅力薄だったので、(チャン・ツイィーの双子設定も今一つ)
前作のほうがまだわかりやすくて良かったかなあ…と思ってしまう次第

男前ゴジラがぬるぬる動くだけで凄くときめいちゃったんですが、
モスラの鱗粉からの~は(コメントの最初に続きます)

2019/06/05 (Wed) 23:14 | EDIT | REPLY |   
隆  

日本生まれのゴジラが、とても上手く活かされていましたね。ゴジラ愛、というか、怪獣の危険さだけでなく、白くも黒くもなる力の本質は、規格外の怪獣達の暴虐によって、人間こそがその問題の主人公だという事が、いまいち見え辛く、ドラマとして昇華するのもどうかと思いました。

プロレスのようなもので、力というのは、その暴発とかがあっても、観る側をスカッとさせるもので、理論とか、歴史における位置付け、ただの破壊者ではないかといった、怪獣達への評価よりも、その受け皿となっているのがゴジラという力の象徴で、レジェンドの特別さなんでしょうね。

2019/06/06 (Thu) 20:45 | EDIT | REPLY |   
風情☭  

こんにちは♪

オリジナルをリスペクトした作りは高評価、ストーリーは「うむ…」
良くも悪くもでごくごく普通に楽しめたといったところです。

>バーニングゴジラ

これはオリジナルとはまた違ったゴジラの新しい魅せ方ですごい
ヨカッタですよね。
発する高熱で周りが溶けていく様はかなりアガりました。
おそらくCGなんだろうけど、どことなく円谷印の特技感を感じら
れたのもです♪ (゚▽゚)v

2019/06/08 (Sat) 10:42 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

怪獣>人間

>ボーさん♪

こういう作品は巨大怪獣が暴れ回る姿だけでもそれなりの迫力を味わう事ができますけど、まあそれでもやっぱり思い入れが薄いと気持ちあっさりなのは確かに否めませんね。オマージュなどもスルーしちゃう可能性がありますもんねぇ・・(汗


>yukarinさん♪

個人的に今回のドラマ部分などはエマ博士のどっち付かずな立ち位置に違和感を感じました。敵対する側としても存在感が弱くて、まだあの環境テロリストの老齢なボスの方が覚悟も決まってて良かった気がします。ゴジラたちの暴れが凄かっただけに、人間ドラマも秀逸なら文句なしでしたねホント。


>makiさん♪

バーニングゴジラは東宝のVSシリーズでも何度か出て来て放射熱線も赤くなって破壊力も段違いになるんですが、本作のバーニングゴジラはその本家とはまた違うカッコ良さがあって確かにエモかったですねぇw何かを放出する前のようなあのサウンドを取り入れたドハティ監督も良いセンスしてるなーなんて思っちゃいました^^

・・というか、チャン・ツィイーが演じてた博士って双子の設定だったのですか?自分全く気づきませんでした(汗

2019/06/12 (Wed) 19:51 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

>隆さん♪

あらゆるものを破壊する巨大怪獣たちの暴れぶりは興奮もする一方で、確かに人間側の謀略や愚かしさといった問題を殺してると言うか削いでる印象も無きにしも非ずでした。良くも悪くもゴジラたちが全てをかっさらっているので、騒動の元凶でもあったエマ博士の行動もどこかちっぽけに見えちゃうのが残念ですよね^^;


>風情♪さん♪

まあ人間ドラマの方も良ければそれに越した事はありませんでしたけど、少なくとも自分はゴジラにそちらの秀逸さはあまり求めていませんでしたので、然程ガッカリな気持ちにはなりませんでした^^;日本のゴジラ作品もそんな感じで観てましたので(苦笑

あとバーニングゴジラはさすがハリウッドと言うべきクオリティでしたね^^メルトダウン寸前のようなグラグラ煮えたぎっているゴジラの姿は圧巻でした

2019/06/12 (Wed) 20:21 | EDIT | REPLY |   
ノラネコ  

いい意味で昭和ゴジラ。
ラドンのロキっぷりが話題ですが、あの若干擬人化されたあたり、「三大怪獣地球最大の決戦」でゴジラとラドンをモスラが説得するあたりを思い出しちゃいました。
昭和ゴジラ好きな人が作ったんだなあというのがビンビンに伝わってきますw

2019/06/14 (Fri) 22:24 | EDIT | REPLY |   
SGA屋伍一  

わたしもオキシジェン・デストロイヤーの無力っぷりはちょっとひっかかりました。いまネットでは「バーにングゴジラ」の扱いを巡って論争が起きてますが… ともかく、ドハティ監督ってVSシリーズとか好きだったんだろうな~というのが色々うかがえる作りでした。渡辺さんはなるたけ日本語の発音に寄せたとのことですが、「ラドン」だけは向こうでは「ロダン」というので苦労したとか

2019/06/18 (Tue) 21:40 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

ちょっと軽い使い方・・^^;

>ノラネコさん♪

自分は『三大怪獣~』を未見ではあるのですが、ちょうどツイッターでその作品でラドンとゴジラの戦いにモスラが仲裁に入るというのを知りました(笑)
本作におけるラドンの最後の手のひら返しなんかも、ドハティ監督はそういった往年のゴジラ作品の要素お取り入れたのかもしれませんね。


>SGAさん♪

ストーリーの進行上オキシジェン・デストロイヤーの早急な使用はまま仕方がなかったとはいえ、それでもやはり54年度版が記憶にあるとあのサクッと感が少し鼻に付く感じではありましたね^^;(汗

あ、そういえば自分もラドンが英語表記だと『ロダン』になっているのは初めて知って驚きました。正直『ン』しか共通点ないので、謙さんが苦労したのもちょっと分かる気がします。

2019/06/20 (Thu) 03:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

4 Trackbacks

この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
  • 【概略】 神話の時代に生息していた怪獣のモスラ、ラドン、キングギドラが復活する。彼らとゴジラとの戦いを食い止め世界の破滅を防ごうと、生物学者の芹沢やヴィヴィアン、考古人類学者のアイリーンらが所属する未確認生物特務機関モナークが動き出すが…。 アクション .0★★★★☆ 映画館鑑賞。 「モンスターバース」シリーズ第三弾として『GODZILLA ゴジラ』と『キングコング 髑髏島の巨神』に次いで...
  • 2019.06.05 (Wed) 23:09 | いやいやえん
この記事へのトラックバック
  •  『ゴジラ/キング・オブ・モンスターズ』(2019)
  • 2014年公開の「GODZILLA」の続編で、「キングコング/髑髏島の巨神」に続く<モンスターバース>の第3弾。あれから5年、その存在が公になった秘密機関モナークは、怪獣の存在を秘匿していたと世間から非難され、存続が危ぶまれる事態に陥っていた。その頃中国のモナーク基地では、エマ・ラッセル博士と娘のマディソンが孵化した幼虫のモスラとのコンタクトを試みていたが、環境テロリストのアラン・ジョナが率...
  • 2019.06.07 (Fri) 15:04 | 【徒然なるままに・・・】
この記事へのトラックバック
  •  ゴジラ キング・オブ・モンスターズ・・・・・評価額1700円
  • 怪獣王の覚醒。 レジェンダリー・ピクチャーズの手がける怪獣クロスオーバー企画、モンスターバースの第三弾。 2014年版「GODZILLA ゴジラ」と「キングコング:髑髏島の巨神」と世界観を共有する「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」は、ゴジラ映画としては日米通算35作目。 実写作品としては、2016年の「シン・ゴジラ」以来3年ぶりとなる。 本作で描かれるのは、小出しにされてきた謎の組織モ...
  • 2019.06.14 (Fri) 22:19 | ノラネコの呑んで観るシネマ