名探偵ピカチュウ



【監督】ロブ・レターマン
【出演】ジャスティス・スミス/キャスリン・ニュートン/渡辺謙/ビル・ナイ/ライアン・レイノルズ(声)
【公開日】2019年5月3日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
かつてポケモンのことが大好きな少年だったティムは、ポケモンに関わる事件の捜査へ向かったきり家に戻らなかった父親・ハリーとポケモンを遠ざけるようになってしまった。それから年月が経ち、大人になったティムのもとにある日ハリーと同僚だったというヨシダ警部補から電話がかかってくる。「お父さんが事故で亡くなった―」。複雑な思いを胸に残したまま、ティムは人間とポケモンが共存する街・ライムシティへと向かう。荷物を整理するためハリーの部屋へと向かったティムが出会ったのは、自分にしか聞こえない人間の言葉を話すピカチュウだった・・・。
 
【プチ感想】
同名の原作タイトルこそプレイした事はありませんが、それでもサトシが活躍しているアニメの方は自分も大分長く付き合ってきてますので、そのアニメとかで度々目にする事が出来る人とポケモンが街や都市で和気藹々として共存してる風景をハリウッドの本気技術で再現するとこうも凄いものになるのかというのを本作は見せつけてくれまして、未来都市風のライムシティの景観も含めてもう素直に驚かされるビジュアルばかりだった。もふもふのピカチュウや毛玉みたいなカビゴンなどなど、リアルな質感を追求した実写ポケモンにしても、当初は自分も眉をひそめて訝しげに見た時もありはしましたが、実際鑑賞してみるとその辺りは本当に些細なというか視覚的にもあんまり気にならない感じを個人的には抱きましたし、それよりもむしろアニメとまるで変わらぬポケモンたちの愛くるしさに注目が行き(特に頭痛持ちのコダックがLOVE♪)、鳴き声にしてもちょこちょこ動き回る仕草にしてもとても忠実で魅力的だったと思う。なので自分もこれまたアニメと同様に見入ってしまいましたね。

主人公のティムと記憶喪失のピカチュウが即席コンビを組んで行方不明の父親を探す事件に挑んでいくストーリーも、ピカチュウを演じてるライアン・レイノルズが声色を変えるわけでもなく本当にそのまんまのオヤジ声で喋るもんだから、見た目の可愛さとのギャップも激しく、そしてティムとの凸凹なやり取りもまた面白いので終始飽きなかったのは先ず間違いなくライアン・ピカチュウのおかげ(笑)。終盤になるとこの喋るピカチュウという不思議な現象の意味も、黒幕の陰謀が判明するとともに徐々に紐解かれていき、同時にライアン・レイノルズが声あてに起用されているという部分の意味も分かってくるので、その真相にもなるほどしてやられたぁと思ってしまった次第。他にも進行の過程でちょっと意外な人物のカメオ出演もあったりなので、そういったサプライズ要素がちょいちょい見受けられたのも本作が面白く観れた理由かもしれませんね。エンドロールにいたるまで日本発のゲームである事への敬意も込められたような映像になってましたので、実写化に際してのアレンジの中にもきちんと作り手のファンに向けた原作愛や情熱も感じ取る事が出来た内容に自分は見えたのでした^^
 

8 Comments

ボー  

ピカピカー

好みかどうか知らずに観るものじゃないなと思いました。

2019/05/07 (Tue) 23:24 | EDIT | REPLY |   
ノラネコ  

ピカー

ピカピ〜カ、ピカピカ!
ピカピ〜カ、ピカピ〜カ?

2019/05/09 (Thu) 22:15 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

ハードルも高し

>ボーさん♪

まあ息の長い作品でもありますので、初実写化とはいえどもやはり観る人にとっては敷居が高い感じは否めないかもしれませんね・・^^;


>ノラネコさん♪

中毒性の高いピカチュウのダンス動画を見続けたせいで言語にまで影響が出た・・・と思っておきます(笑

2019/05/11 (Sat) 07:44 | EDIT | REPLY |   
隆  

ピカチュウ、良い仕事してましたが、ミュウツーも凄いですね。囚われて研究材料にされても、平和を守る側の陣営に付いて、リベンジに向かわなかった。一握りの人間に痛め付けられて、全体を憎むのは、弱さゆえだと思います。

記憶を無くして尚、ティムに付くピカチュウも、潜伏生活を送るミュウツーも、賢者は平和に生きたいだけだからほっとけ、と言うか、それによる、共生のあり方も、相手を尊重する事だと思います。

2019/05/19 (Sun) 11:11 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

ミュウツーの存在

>隆さん♪

ミュウツーがどういう風に絡むか終盤まであまり分かりませんでしたが、フタを開ければなるほどといった所でした。ミュウツーが人間の・・しかも腹黒な側に協力するわけないのは良く考えれば理解できることでして、むしろ憎悪の対象として見てると言う部分も劇場一作目のミュウツーの逆襲の設定を踏襲してる感じがして良かったと思いました^^ビジュアルも個人的には申し分なしでしたし、ある意味ピカチュウと並ぶ本作の主役級の一体のようにも見えたのでした。

2019/05/26 (Sun) 23:00 | EDIT | REPLY |   
SGA屋伍一  

わたしもポケモンはよく知らない派なんですが、前番組の『天空のエスカフローネ』を観ていたので第1回の番宣は見た覚えがあります。あれからまさかこんなに続くシリーズになろうとはねえ…
やっぱりピカチュウが一番なんですが、カビゴンやコダックなどもかわいらしゅうございました。ビチビチ跳ねてたコイキングもよかった。なんか瞳孔がおっぴろがってるようなキャラが好きです(笑)

2019/06/12 (Wed) 21:55 | EDIT | REPLY |   
Nakaji  

No title

こんにちは。
この映画、ピカチュウを知らないNakajiは楽しめるのか!って思いましたが、なかなか面白かったです。

>面白いので終始飽きなかったのは先ず間違いなくライアン・ピカチュウ

間違いないって思いました。
ギャプがまたかわいくてたまらなかったです。

2019/06/18 (Tue) 22:58 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

変な中毒性

>SGAさん♪

自分も長く付き合ってると言ったものの、その殆どが劇場版であってテレビアニメは結構穴だらけでもあったりはしますね。ゲームに至っては自分も一切プレイしていません^^;・・そして懐かしきエスカフローネ(笑

劇中で路上にいたカビゴンはピカチュウ以上に毛むくじゃらで異質でしたし、あとその他では山のように巨大なドダイトスのインパクトも凄まじかったですね。あのシーンだけなんかディザスタームービーのようにも見えちゃいました^^;


>Nakajiさん♪

個人的に本作はポケモンをあまり知らない人にこそとっつき易い印象を自分は抱きました。やっぱりゲームやアニメの方を深く知ってしまうと、サトシじゃない主人公なんて~とか、なんでピカチュウがおっさんで~とかとか、嫌でも比較対象が増えてしまう気がして、自分も当初はそんな感じでした(汗
けどライアン・レイノルチュウは、仰る通り見た目の可愛さとおっさん声というギャップをずっと見ていくとなんか変な中毒性が出て来るんですよねぇwそこにストーリー上の謎も絡んでくるので、ホントオッサンピカチュウは上手く出来た設定だと思いました。

2019/06/20 (Thu) 03:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

6 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  名探偵ピカチュウ
  • 青年ティムは、長いこと会っていなかった父ハリーが事故死したという知らせを受け、人間とポケモンが共存する街ライムシティへ向かう。 ハリーの部屋には、ティムにしか聞こえない人間の言葉を話す記憶喪失のポケモン、ピカチュウがいた。 ハリーの相棒だったという自称“名探偵”ピカチュウとティムは、大事件に遭遇する…。 人気アニメ実写ハリウッド劇場版。
  • 2019.05.08 (Wed) 01:40 | 象のロケット
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ショートレビュー「名探偵ピカチュウ・・・・・評価額1600円」
  • ピカチュウ、おっさんかわいい(笑 ジャスティス・スミス演じる、探偵の父親との関係を色々こじらせて、ポケモン嫌いになってしまった主人公ティムが、なぜか喋るピカチュウ(というか、ティムだけがピカチュウの言葉が分かる)とコンビを組んで、父の失踪事件の真相を探る。 すると人間とポケモンが共生する理想都市、“ライムシティ”に隠されたダークサイドが浮かび上がるというワケ。 本来「ピカピ〜カ」としか言わ...
  • 2019.05.09 (Thu) 22:07 | ノラネコの呑んで観るシネマ
この記事へのトラックバック
  •  名探偵ピカチュウ
  • 世界的人気を誇る日本発のゲーム「ポケットモンスター」シリーズの「名探偵ピカチュウ」をハリウッドで実写映画化。「デッドプール」シリーズのライアン・レイノルズが名探偵ピカチュウの声を担当し、「ジュラシック・ワールド 炎の王国」のジャスティス・スミスが主人公ティム、渡辺謙がヨシダ警部補を演じた。また、日本語吹き替え版でティムの吹き替えを担当した竹内涼真が、ポケモントレーナー役で本編にカメオ出演も果...
  • 2019.05.11 (Sat) 21:52 | 映画に夢中
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  『名探偵ピカチュウ』トーホーシネマズ新宿7(ネタバレ気味)
  • ▲モフモフ魔。 このブログ記事は多少ネタバレ的な内容を含みますのでご注意ください(そのものズバリは書かんけどさ)。 五つ星評価で【★★★上手な映画だな】 一言で言うなら「上手い話を考えたね、君たち」。これに尽きる。 ただ、ラスボスが夢想するある意味素晴らしい世界が、それ本当に素晴らしいの?ってのは、よく考えれば考えるほど分からん。でも、映画の中のピカチュウのモフモフにやられてる観客が多数...
  • 2019.05.18 (Sat) 19:42 | ふじき78の死屍累々映画日記・第二章